FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

異なる色を「持つ」戦士たち

日本であまり知られていない往年の「戦隊もの」が、中国で大人気を博した理由=中国メディア


 中国メディア・今日頭条は14日、「日本ではほとんど知られていない日本産の特撮作品が中国で高い人気を得たのはなぜか」とする記事を掲載した。紹介されたのは「恐竜戦隊コセイドン」だ。

 記事は、日本にはアニメとは別に「特撮もの」という映像作品が1つのジャンルとして確立されており、「ウルトラマン」、「スーパー戦隊」、「仮面ライダー」が3大特撮作品と言われ子どもたちの人気を博しているとする一方、中国ではウルトラマン以外あまり知られていないと紹介。「なぜなら中国人の心の中には『恐竜戦隊コセイドン』があるからだ」と伝えた。

 そのうえで、中国では「恐竜特急克塞号」というタイトルで1989年に放送開始された「恐竜戦隊コセイドン」のストーリーについて、2001年に日本が超低温の災害に見舞われ、スーパーコンピューターの解析で7千万年前の白亜紀に原因があることが判明、派遣されたタイムマシーン・コセイドン号の隊員たちが恐竜の時代に降り立ち、地球制服を目論むゴドメス星人と戦闘を繰り広げるという内容だったと紹介している。

 そして、当時はSF系の映像作品がほとんどなかったため、子どもたちはコセイドン号の隊員たちの活躍にすっかり夢中になり、当時発売された「コセイドン帽子」がヒーローになりたいという子どもたちの夢を叶えるアイテムになったとした。

 記事は、同作品が中国で大人気となった一方で日本では知名度が低い理由として、日本では66年にウルトラマンが、71年に仮面ライダーが放送開始したほか、この時期にありとあらゆる戦隊もの、特撮ものの作品が制作されており、78年に放送開始した「コセイドン」は先行作品と比べて内容的に革新的な部分がなく、すでに日本の視聴者は新鮮味を感じられなくなっていたことを挙げた。

 一方、中国で「ウルトラマン」が放送されたのは「コセイドン」から4年遅れた93年だったと紹介。この「逆転現象」により、中国では「コセイドン」のほうがより強いインパクトを与える結果になったと分析している。

 特撮ものといえば「ウルトラマン」より「コセイドン」、高倉健の映画といえば「網走番外地」や「昭和残侠伝」ではなく「追捕」(君よ憤怒の河を渉れ)、スポ根ドラマといえば「サインはV」ではなく「燃えろアタック」。日本の往年の「代表作品」に対する日本人のイメージと中国人のイメージには、興味深い「ずれ」がある。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


自分にとっての「戦隊物」の寿命は仮面ライダーよりも短かったなぁ。「秘密戦隊ゴレンジャー」が最初で最後の視聴作品でした。この次期作として「ジャッカー電撃隊」があるのですが、その存在に気付いたのは、YouTubeで、ささきいさおが主題歌を歌っていた画像を発見した事による物でした。
「秘密戦隊ゴレンジャー」は5人の戦士が、それぞれ別の色を「持っている」と言うのが特徴となっていましたが、それを言うなら、「勇者指令ダグオン」も、「鎧伝サムライトルーパー」もそれが当てはまりますな。ちなみに「科学忍者ガッチャマン」の場合は、残念ながら5人がそれぞれ別の色を「持っている」とは言えない状態でした。ケンとジュンは白でした。
後は、アメリカ映画の「桜NINJA」なんかは、主人公側の3人のニンジャがゴレンジ―状態と言っても良い、異なる色を「持って」いました。要するに異なる色の服を着用していたと言う事ですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



単にでかければいいって物じゃない

中国とはここが違う?日本の小さな公園が持つ大きな役割―在日中国人


中国メディア・解放日報は13日、「日本では小さな公園が大きな役割を担っている」と題した記事を掲載した。筆者は日本に20年以上住んでいるという中国人の趙(ジャオ)さん。

趙さんは「日本の街のいたる所で目にする小さな公園は、とても印象的だ。とりわけ住宅街の片隅にあるような公園は、『小さなスズメにも全ての臓器が詰まっている(小さいけれども、全てそろっている)』と言うにふさわしく、住民たちから深く親しまれている」と指摘。その上で、日本の公園が持つ2つの役割を紹介した。

1つ目に挙げたのが、災害時などにおける役割。趙さんはまず、日本では「都市公園法」で全国の公園が管理され、各都道府県の「公園条例」で各地域の公園の具体的な役割が定められていることを指摘。東京都を例に挙げ、区や市町村もさらに各自の「公園条例」を定めていると説明した。

その上で、「日本の公園は、大きさに関わらず、どこも地域の防火や避難場所としての役割をある程度担っている。多くの公園が防火水槽(もしくは消火栓)を設置していて、火事が発生した際には消防隊がそこから地下の水道水を汲んで消火活動に当たることができるようになっている。大きい公園の中には、災害時用の毛布や簡易トイレが入った防災倉庫を設置しているところもある」と紹介した。

次に挙げたのが、人々の憩いの場や子どもたちの遊び場としての役割。趙さんは自宅近くにある公園の様子から、「公園には大抵ベンチがあり、通りかかった人はそこで休憩や日光浴をしたり、お弁当を食べたりお茶を飲んだりして過ごすことができる。また、中国と異なり、日本の公園には必ず水道が設置されている。上下に蛇口があり、上は飲用(日本の水道水はそのまま飲むことができる)、下は手洗い用になっているのが一般的だ」と説明した。

続けて、「公園はサクラやサザンカ、サルスベリといった木々に囲まれているほか、ツツジやアジサイといった花も見られる。市は定期的に落葉を掃除したり枝の剪定をしたりしている。樹木が多すぎて防犯上良くない場合、住民たちは環境課や建築課に電話して枝木の刈り取りを依頼することもできる。緑の木々があるおかげで、公園は1年を通して生命力に満ちており、特に色とりどりの花が咲く春には多くの家族連れが遊びにやってくる」とした。

さらに、「子どもたちにとって大切な遊び場である公園には、たくさんの遊具がある。砂場と滑り台、ブランコが公園の“三種の神器”だが、大きな公園にはアスレチックなどもある」などと説明。このほか、趙さんは自宅近くの公園ではよく子どもたちがわんぱくに、時に試行錯誤しながら遊んでいると紹介し、「公園には環境緑化の作用があるだけでなく、住民の生活に役立ち、特に子どもの成長にポジティブな影響を与えている」と結んだ。(翻訳・編集/岩谷)



中国的な発想からすれば、単にでかい小さいにこだわる所でしょうが、逆を言うのならば、中国の場合は国がでかいのだから、それに合わせて大きくある事が当然でして、国が小さい日本が公園がまた小さいと言うのも当然と言うべきですな。
また、公園の場合は、鉄道に加速から各駅停車の普通列車があるような、大小織り交ぜと言う事も必要でしょう。もっばでかいと言う事が必ずしも好まれるはずもなく、そもそもそのように大きな物は限られた条件の下でしかつ造る事が出来ず、むしろ小さいながらも近くにあった方が良いと言う場合も少なくないと言う物でして、それ故に、往々にして、都道府県と市区町村とで、そうした役割を担って公園造成で住み分けが行われている物なのです。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












ある意味では左翼連中も似たような物かと

日本がすごい国という勘違い-すごくないと愛せないネトウヨ的愛国心


「日本のここがすごい!」というテレビ番組が、多い気がします。私は、テレビは殆ど見ませんが……(汗)
 日本すごい系番組が流行るのは、それなりに視聴率が取れるからでしょう。
 こういった「自画自賛」は、ネット用語では「ホルホル」と言います。

 ネトウヨにも「日本はすごいんだ!」という人が多いです。というか100%、ですね。
 アニメであったりJ-POP、和食などの食文化、技術etc……。

 私には上記は、違和感があります。私だって、日本の食文化は大好きです。自分で出汁も引きますし、ラーメンもスープを取ります。
 天ぷらも作りますし、刺し身も魚をまるまる買ってきて三枚おろしにします。寿司だって、じつは握ります(笑)

 でもこれは「自分が食べたいから、覚えた」だけで、外国人に対して褒められたいからじゃありません。別にすごかろうか、すごくなかろうが「どうでもいい」が本音です。

 最近の風潮、「日本のここがすごい!」がウケる訳を分析し、解説してみます。(以下略)



自分に言わせれば、左翼だってある意味では似たような物じゃないかと思う次第です。一方では日本を悪しく言う割には、外国人の人権の事になると、すぐに国内で完結するような形で物を考える所なんかは、彼らもどこかで、「日本のここがすごい!」と思い込んでいるからなんじゃないでしょうか。
そうだからこそ、とりわけ外国人の子供に事になると、「イリュハラ」なんじゃないかと思えるような内容になってしまっているのです。
わが国のどこかの会社では人手不足と言う事から、社員の誰かが退職したくとも、それを阻止しようと言う企てが進行していて、それを「イリュハラ」と称する訳ですが、外国人の子供の場合も似たような事が左翼連中によって行われていると言っても良いのではないでしょうか。
仮に外国人子供にとって日本が居心地がよくなくても、日本側の差別やいじめにばかり「責任転嫁」して、結局の所が日本に閉じ込める方向で解決しようとして、決して帰国させた方が良いのではないかと言う発想をおくびにも出さないとしたら、改めて「イリュハラ」がまかり通っていると言うべきではないでしょうか。
左翼連中にしてみれば、せいぜいの所が日本でどんなに苦労しようとも、元の国よりはましなはずだと言う思い込みが存在しているからこそ、さように「イリュハラ」に「ふけって」いるのです。まあ、そこまで勘繰らずとも、彼ら外国人子供に対する差別やいじめがあれば、それで日本けしからんと主張するネタに事欠かない事でありがたがっているのかも知れませんがね。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












大企業への「仕官」にこだわるはずだ

韓国の若者の厳しい失業問題、失業期間が長くなっても大企業に入りたがる―中国メディア


2020年1月13日、中国メディアの中国新聞網は、「韓国の若者の厳しい失業問題、失業期間が長くなっても大企業に入りたがる」とする記事を掲載し、次のように伝えている。

韓国・亜洲日報の報道によると、2018年の韓国の全失業者のうち25~29歳の失業者が占める割合は21.6%で、経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国で最も高かったことが、13日に発表されたOECD統計で分かった。

25~29歳の失業者が全失業者に占める割合で、韓国は12年から7年連続OECD1位となっている。統計によると、韓国では15歳以上人口のうち25~29歳が占める割合は7.8%にすぎないが、全失業者に占める割合は20%を超え、若者の失業問題は厳しい状況にある。

韓国統計庁が昨年末公開した賃金労働雇用別所得に関する報告書によると、17年の中小企業労働者の月平均所得は223万ウォン(約21万円)で、大企業の488万ウォンの45.7%にすぎなかった。

韓国経営者総協会の分析報告によると、18年の韓国の大企業新入社員の初任給は3万6228ドル(約398万円)で、日本の2万7647ドルより1万ドル近く多い。

韓国LG経済研究院の専門家によると、大企業と中小企業間の賃金格差が大きいため、就活生は失業期間が長くなっても大企業に入ろうとしたり公務員試験を受けようとしているという。(翻訳・編集/柳川)



わか国で言うのならば、江戸時代に、浪人がどこかの藩に仕官を望むのとおんなじ感覚と言う事でしょうか。少なくともドラマを見る分では、仕官にこだわっているとしか言いようがないような状態が蔓延していて、口入れ屋に行って、何かしらの仕事を求めるのも、所詮は臨時の行為であって、決して恒久的な物とはしない。何しろ、口入れ屋での仕事は必ずしも安定しているとは言えない、何しろ臨時の代物ですからね。そこを行くと、どこかの藩に仕官してしまえば、後は世襲で勤める事ができる訳だし。韓国でも、どこかの大企業では、組合がごねて、一種の世襲制度を要求したとか。なるほど、そのような有様ならば、よしんば失業状態が長かろうとも、大企業への「仕官」にこだわりますよねぇ。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












雌鳥

その雌鳥は変ね

複数あると、変念


何やら複数形だと僧侶の名前みたいです。

Henne(女性名詞) 意味:雌鳥。 複数形:Hennen


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE