プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

犬豚程度で済めばまだましかと

絶叫し抗議する韓国デモ隊を米兵が笑いながら撮影、THAAD配備で=韓国ネットは怒りとため息「まるで犬や豚を見るような視線」「本当に哀れな国」

2017年4月27日、韓国・中央日報などによると、韓国での高高度防衛ミサイル(THAAD)配備作業開始に配備地周辺の住民らが反発する中、敷地への装備の搬入を防ごうと米軍車両に詰め寄るデモ隊を車内の米兵が笑いながら撮影する姿が公開され、物議を醸している。

米兵の姿は、27日、あるネットユーザーが動画サイトYouTubeで公開した3分24秒の動画に収められていた。動画は、26日午前7時前、駐韓米軍がトレーラーやトラックにTHAADの装備を載せ、配備地である星州(ソンジュ)郡の元ゴルフ場に搬入する様子を映したものだ。搬入を防ごうと集まった周辺住民らは盾を手にした警察隊に阻まれ車列を見送るしかなく、抗議する叫び声やすすり泣く声も聞こえる。警察隊に無理に車列から遠ざけられた人々からは「けが人が出ています」「押さないで」といった悲痛な声も上がった。

そうした住民らの姿を、トラックの助手席に乗っていた米兵が笑顔を浮かべながらスマートフォンで撮影していたのだ。動画を見た住民からは怒りの声が噴出、当時、現場にいた住民の1人は「哀れな住民たちが警察に押されて絶叫しているのに、それを見て笑って通り過ぎるとは、人間としての基本的な礼儀がないのではないか」と米兵を批判した。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「楽しんでるみたいだな!」「命を懸けて反対してるのに、それを面白がるなんて」「まるで犬や豚を見るような感じじゃないか」「僕らにとっては命に関わる問題なのに、やつらはゲームくらいに思ってるんだろう」「どれだけ韓国をばかにしてるんだ?」など怒りの声が相次いでいる。

しかし一方では、「悲しいの一言」「韓国は完全にカモ国家」「本当に哀れな国だ。同盟国に姿を借りた、米国の植民地」「そういう扱いをされる韓国に問題がある」「いつまでこんなふうに生きなきゃいけないんだろう?」と諦めのようなため息交じりのコメントも多数寄せられた。(翻訳・編集/吉金)


犬豚程度に見られるだけで済むのならばまだましな方でして、敵のシンパだと見られないだけありがたいのでは。ひょっとしたら、雨さんの方でも内心ではそのように不快に思っている者もいるのではないでしょうか。建前上韓国とは同盟国だから、そのような不快感が出せないだけで、単なる占領地や植民地であったならば、その程度では済まないでしょう。その点では我が国における沖縄のパヨクも同類でして、ともに「朝鮮人」であると言う風に主張している所もあるくらいでして、こんな有様だと、なるほどいろんな意味で納得できる話ではないかと。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

韓国では「酒テロ」が頻発しているのかと

酒席で同僚を暴行致死、46歳ハンギョレ新聞記者逮捕=ソウル中部署

ソウル中部署は26日までに、酒席でけんかとなり、同僚を死亡させたとして、ハンギョレ新聞記者のA容疑者(46)を暴行致死の疑いで逮捕した。

 調べによると、A容疑者は22日午前2時20分ごろ、ソウル市中区の飲食店で同僚のS記者(53)と飲酒中に口論となり、S記者を転倒させた。S記者は胸部を椅子に強くぶつけ、周辺の病院に搬送され、緊急手術を受けたが、同日午後4時ごろ死亡した。

 A容疑者は同日午後9時ごろ、警察に出頭して取り調べを受け、翌日午前1時ごろに緊急逮捕された。2人は1年前から文化部の同僚として勤務していた。事件当時2人は公演関連の記事をめぐり言い争っていたという。A容疑者は遺族に謝罪し、責任を負うため、逮捕前の被疑者尋問への出席を見送った。

イ・ジュンウ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


いつぞやは、日本のすし屋で起こった事に関して、韓国ではそれは「わさびテロ」などと称した物ですが、アニメの「ど根性ガエル」で梅さんが個人的な嫌がらせでやっていた程度なのですがねぇ。それですら韓国での出来事に比べれば、ちょろい物じゃないかと。
こんな有様だと韓国の場合は「酒テロ」とでも言った方かよさそうな物ですな。そして、韓国では、別段酒乱によらずとも酒乱のような体をなしたケースも決して少なくない訳でして、何かと騒動の度合いが高い国であります。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


普段でも使用しないからますます敬遠だな

鎌倉「江ノ電」観光客殺到で通勤・通学で乗れない!連休中は住民優先



ゴールデンウイークの鎌倉・江ノ電(江ノ島電鉄)の混雑ぶりは異常だ。乗るのに1時間待ちもあって、これが目当ての観光客は仕方がないとして、住民は大迷惑だ。「早朝と夜遅く利用する」「GWは外に出ない」「他所へ旅行に行く」とやり過ごすのだが、通勤・通学など生活時間帯に乗らなければならない人も大勢いる。
乗客の7割が観光

そこで、鎌倉市は社会実験をすることになった。「江ノ電沿線住民等証明書」を見せると、駅外の乗車待ち行列をスキップして、改札を入ったコンコースに並ぶことができる。ただし、今回は実験なので、5月6日(土)鎌倉駅西口のみ。

司会の羽鳥慎一「江ノ電乗りたいものね」

野上慎平アナ「年間1700万人が利用するのですが、うち1200万人が観光客です」

乗客の7割が観光目的というわけで、観光客の反応はいかがか、鎌倉市は気をもんでいる。



そう言えば江ノ電なんて久しく乗っていなかったなぁ。「ブラタモリ」や「スラムダンク」のようなネタでしか関心を持たず、今では乗る事がなくなったから、普段でも関係ないかと言う風に割り切ってしまう物です。湘南モノレールですら、去年久々に乗った物ですが、それだからこそ、ある種の新鮮さを感じてしまった物です。神奈川県では珍しい部類に入る単線で、しかもパスモが使えない物だから、電車バスで珍しく現金を使用した物です。
ちなみに鎌倉へ行く事自体は決して久々と言う訳ではなく、自分の場合は、余人に比べて歩きのウェイトが非常に大きい物だから、一区間が短い江ノ電やバスは必要がないと。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


絶える事知らず・3

今回の「嫌韓替え歌集」は、「六神合体ゴッドマーズ」のエンディング「愛の金字塔」を元歌とする「絶える事知らず」の5番から6番までをお送りします。
( ゜∀゜ノノ"☆パチパチパチパチ

5番
常にー 隣の半島で―
すさまじ悪臭ー  鼻ももげるほどーに
衛生ー はなはだ欠いてー ばい菌蔓延 言語道断―
それでも見た目はよろしくせんと
見栄を張る事 余念がないのが姦酷塵さー
かーんこく かーんこく 奴らは害毒なのさ
かーんこく かーんこく 奴らは害毒なのさ
姦酷ー 世界の害毒だー

6番
常にー 隣の半島で―
あらゆる暴走ー 絶える事しらーず
秩序― そんな物はなーい 身勝手ばかりがー幅を利かせるー
他人押しのけ― 世界中にて―
己のエゴを最大限に振りかざすのさ―
かーんこく かーんこく 奴らは害毒なのさ
かーんこく かーんこく 奴らは害毒なのさ
姦酷ー 世界の害毒だー


今回の替え歌はいかがでしたかな?(´∀`)アハハン♪


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









絶倫ロボに見る男女の性差34

「絶倫ロボに見る男女の性差」第34回目です。
田安斉匡の「斉」が示すように、慶之丞の田安家への養子縁組は治察死亡後の末期相続と言う事であります。治察存命中の養子縁組であれば、将軍世子として賢丸を送り出すための身代わりと言う前提で行われる可能性だってあったでしょう。いくら田安家を一橋家の血統の下に収める事が出来たしても、治済としては将軍家そのものを収める事ができないのであれば意味がないのです。ただでさえ御三卿は将軍家の部屋住みでしかなく、それそのものに関しては大して価値がないと言っても良いのです。将軍家を収める事こそ第一義であって、田安家なんぞは二の次でして、豊千代が将軍になってからでも遅くはなかったと言う事なのです。
さて、田安斉匡自身も子だくさんの人間でして、本来ならば、将軍家の意向の下にそうした多数の子女の養子あるいは嫁として送り出す事が求められていたのですが、いかんせん兄たる家斉がその上を行く子だくさんだったために、そちらの方こそ最優先視される状態だったために、斉匡のほうは後回しになって行きました。そのために、とりわけ女(むすめ)が有り余っていた状態にあったのが、売れ残り状態に近い状態へとなって行ったのです。
この時期の嫁入りは今に比べて早い物でして10代で決着が付くと言うのが当たり前でしたのですが、上記のようなありさまゆえに、遅れに遅れて20代でと言う事が目白押しだったのでした。
一方の家斉は将軍ゆえに最優先で子女の縁組が推進された訳ですが、当然、そこにはいろいろな悲喜劇があった事は否めませんでした。幕府の側としても、将軍の子女を送り出してしまえば、そうした家に対してはおいそれと邪険にできない訳ですから、受け入れる大名の側としても、幕府のそうした態度ゆえに、養子や姫をありがたがる、少なくともありがたがるふりをする物でした。
さて、送り出すのが将軍の子女ともなれば、本来ならば、送り出す先はどこでも良いと言うはずもなく、それなりに良い所でなくてはならないはずでして、まずは御三家のような所に食指が行く物でして、小藩などは決して選んではいけないはずなのでしたが、家斉があまりに子だくさんな状態では、必ずしもこれまでのように、そのようにこだわってばかりもいられないのでした。果たして本来ならば見向きもしないで置くべき小藩にすらも養子先の矛先が向いたのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE