FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

役職・身分の掛け持ちと転籍90

「役職・身分の掛け持ちと転籍」第90回目です。
ドイツ第二帝国においては、統一がなっても、諸領邦が有している既存の外交権が維持されると言う事でした。その事は、プロイセンにおいても例外なしと言う事であります。それはよしんば統一がなっても、それを完璧な統一国家とするよりは、国家連合的な要素を多分に残した物だと言う事を示す物でありました。
とは言え、それでも依然として不可解な面がないとも言えません。何しろプロイセン外務省の存在を維持したまま、帝国外務省が立ち上がったのです。いっその事参謀本部並みに、プロイセン外務省が帝国外務省の機能を兼ねてしまえば、その方が理解もしやすかったでしょう。何しろビスマルク自身がプロイセン外務大臣でもあるのです。そのような状態で別個に帝国外務省を立ち上げても、結局の所、彼によって牛耳られるしかなかったのです。
20年以上前に購入した、山川出版社のドイツ史第2巻と第3巻ですが、ビスマルク時代には帝国外務長官とプロイセン外務大臣に誰が就いているかと言う記載がなかった一方で、ヴィルヘルム時代の始まるたるカプリ―ヴィの時には、帝国外務長官としてアドルフ・マルシャルが就き、プロイセン外務大臣としてカプリ―ヴィの兼務だったと記載がありました。
改めて、ビスマルク時代においてはビスマルクが外交の主導権を握っていて、別に誰が帝国外務長官であったかなどは大して重要ではなかったと言う事を裏書きする事だったのです。しかも別段、この時代、ビスマルクが帝国外務長官を兼ねていたと言う訳でもありませんでした。
帝国外務長官のポストが設定されたのは、1870年、まだ北ドイツ連邦の頃に、ヘルマン・フォン・ティーレなるプロイセン外務省の人間が任命されたのが始まりでして、それから20年間、最後にはヘルベルト・フォン・ビスマルク(ビスマルクの息子)まで都合9人が任命されていました。
結局それは、ビスマルクのパシリか代理人程度の意味合いしか持っておらず、ある意味では依然としてプロイセン外務省の存在が重要視されていた時代だったと言う事が言えるでしょう。それならば、帝国外務省の存在価値って何なのでしょうかと言う疑問が尽きないのです。帝国を代表するプロイセンが、よしんばそれが当たり障りのない物だとしても帝国と別個の外交などできるはずもないし、必要もないのではなかったではないでしょうか。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



















スポンサーサイト



余人はかなわない・5

今回の「嫌韓替え歌集」は「Wir lagen vor Madagaskar」を元歌とする「余人はかなわない」の13番から15番までをお送りします。
( ゜∀゜ノノ"☆パチパチパチパチ

13番
奴らは常に内訌 妥協をしーらーず
お山のたーいしょう とことーん目指す
内訌 内紛 内輪―もめさ 内訌 内紛 内輪―もめさ
内輪もめではまーけない 奴らはろくでなしなのさ
奴らの内訌ぶりーには 余人はかなわない

14番
奴らは常に不払い 返済しーらーず
無心をしーたーなら 後は―知らぬ
不払い 踏み倒し 返済―せぬぞ
不払い 踏み倒し 返済―せぬぞ
踏み倒す事ではまーけない 奴らはろくでなしなのさ
奴らの不払いぶりーには 余人はかなわない

15番
奴らは常に転嫁 責任しーらーず
責任感なんてー物 ありはーしない
ウリは無謬だ 他人にー転嫁 ウリは無謬だ 他人にー転嫁
責任転嫁じゃまーけない 奴らはろくでなしなのさ
奴らの転嫁ぶりには 余人はかなわない


今回の替え歌はいかがでしたかな?(´∀`)アハハン♪


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










余計な物を加える事で却って自国が愚かだと宣伝する中国

人口は広東省ほど、国土面積は雲南省ほどなのに、日本のGDPはなぜ世界3位なのか=中国


国内総生産(GDP)で世界一の規模を誇る米国の人口は3億2000万人を超え、GDP2位の中国の人口は13億人を優に超えている。日本の人口は1億2600万人ほどだが、それでもGDPで世界3位の座にあることが、中国人からすると不思議でたまらないようだ。

 中国メディアの百家号は13日、日本の人口は中国の広東省と同程度であり、国土面積は雲南省ほどしかないというのに、世界有数の経済規模をいかにして構築したのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本と広東省の人口はほぼ同じであるとしながらも、広東省のGDPは日本の3分の1ほどにとどまっていると指摘し、日本がいかに効率よく付加価値を生み出しているかがよく分かると主張。だが、世界的に見れば日本は決して人口の少ない国ではなく、ドイツは8279万人、英国は6644万人ほどと、いずれも日本の方が人口は多いと強調したほか、国土面積においてもドイツよりわずかに大きいほどであり、人口でも国土面積でも日本は決して小国ではないと論じた。

 一方、日本が中国や米国ほど恵まれていないなかでも、GDPで世界3位にあるのは揺るぎない事実であり、日本がバブル崩壊後に経済成長を失ってもドイツやフランスに追いつかれずにいられるのは「製造業や素材産業などにおいて、特に付加価値の高い分野で高い競争力を持っているため」であると主張。半導体産業で韓国は世界的に大きな競争力を持っているが、韓国の半導体産業ですら日本の半導体材料に依存していたことは、日本経済の競争力を示す事例であったと指摘した。

 さらに記事は、日本は産業用ロボットや工作機械、光学機器、化学工業などの分野で世界的な競争力を持っており、これが日本のGDPで世界3位の座を支えていると言っても過言ではないと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


日本はなぜ○○なのかと疑問がるのはともかくとして、中国の場合は、往々にして、それに対して人口や面積を引き合いに出す事が多いですな。そうした余計な物を付け加えるなよな。そう言う事をすると、却って、ますます中国が愚かだと言う事を自ら強調するような結果になって見苦しいと言う物です。
なまじそう言う物を加えていると、却って中国の場合は、自国の「偉大さ」がある種の人海戦術によってのみ成り立っているのに過ぎないと「宣伝」しているような物ですよ。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












議員や大臣は単なる雇われ人と同じではない

高須院長、進次郎議員の育休取得に「歓迎できない」「公務優先は公僕の義務」


高須クリニックの高須克弥院長が16日、ツイッターを更新し、小泉進次郎環境大臣が2週間の育児休暇を取得する考えを表明したことに「僕は公務より育休を優先させる空気なんか歓迎できません」と進次郎大臣の育休取得に反対の意向を示した。

 高須院長は進次郎大臣の育休取得表明の記事を添付。その記事には進次郎大臣が「制度だけではなく、空気を変えないと、取得する公務員も増えていかない」とコメントしていると紹介している。

 これに高須院長は「僕は公務より育休を優先させる空気なんか歓迎できません」とピシャリ。「公務を辞任して育休に専念するか、育休を返上して公務に専念することを望みます。公務を優先するのは公僕の義務だと思います」との持論を展開した。

 進次郎大臣の妻・滝川クリステルが今月、出産予定であることから、進次郎議員は15日、第1子誕生後の3カ月間で勤務時間の2週間分を育児に充てるとの考えを示した。



議員のような特別職は、歳費と言う給与が出ているものの、その特殊性からしたら、純然たる雇われ人と言うよりは、事業者、経営者の範疇で物を考えるべきではないでしょうか。議員もまた単なる雇われ人のような、頭数さえそろえばの程度で済むのであれば、特定の名前を有した個人がその地位にとどまる必要はないのです。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












脱北も案外裏取引で成り立っている部分もあるのだろう

金正恩の「秘密警察」が手を染める悪徳三昧の新商売


北朝鮮では、様々な「権限」が利益を生み出す。取り締まりの権限を持っている機関は、取り締まりを行うよりも、その権限を振りかざし、ワイロをせびり取る。

中国と国境を面する地域の保衛部(秘密警察)は、今起きている違法行為にとどまらず、過去の違法行為で人々を脅迫し、カネを巻き上げていると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

鉱山都市の茂山(ムサン)に住む李さんは2年前、若い母親とその子どもを中国に売り払った事件に加担した容疑で保衛部に連行された。情報筋によると、李さんは人身売買のブローカーではなく、何らかの成り行きで事件に加担してしまったようだ。家族が1万元(約16万円)のワイロを払ったおかげで無事釈放された。

ところが昨年12月、当時の捜査担当者が再び李さんのもとを訪れ、「事件はまだ終わっていない」と告げ、「中国に送ったのは2人だから、1人あたり1万元だ、さらに1万元をよこせ」とさらにワイロを払うよう脅迫したというのだ。李さんは、再び連行されて処罰を受けるかもしれないとの恐怖心から、頭がおかしくなってしまった模様だ。

それもそのはず、北朝鮮の捜査機関は、暴言や拷問で容疑者を痛めつけ、時には「処刑する」と脅しながらワイロをむしり取るのが常套手段だからだ。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…)

保衛部がなぜこんなことをするのか。それは、違法行為が減少しているからだ。

当局は、国境地帯の統制を強化し、脱北者、ブローカー、密輸業者への締め付けを強めている。こういうときはおとなしくして嵐が過ぎ去るのを待つのが北朝鮮の人々が体得した生活の知恵だ。そのため、違法行為が影を潜めてしまった。保衛部は、違法行為が減って喜ぶどころか、ワイロをせびるネタが減ってしまい、苦境に陥った。その打開策が、過去のネタでカネをむしり取るというものだった。

茂山の人々はかつて、鉱山が生み出す莫大な利益の恩恵を受け、北朝鮮の中では豊かな暮らしをしていたが、制裁で鉱山の操業が止まったことで、苦境に立たされた。労働者は子どもを置き去りにして、相次いでヤマを去る有様だ。経済的苦境が保衛部の職員の暮らしにも影響を与え、さらなるゆすりたかりに走らせる。

1万元ものワイロを支払う経済的余裕がない李さんは、金策のために家を売り払うしかない。しかし、こんな真冬に家を失えば命にもかかわる。一体どこに行けばいいのかと頭を抱えているという。

家族の誰かが脱北して韓国に住む人は、保衛部の格好の餌食となっている。

両江道の金正淑(キムジョンスク)郡に住む女性は、韓国に住む夫から仕送りを受け、裕福な暮らしをしていたが、自身も脱北しようとした容疑で保衛部に逮捕された。半年後に5万元(約81万円)ものワイロを渡してようやく釈放された。

保衛部は、定期的に上納金を払う条件で見逃す場合もあれば、逮捕して拷問で痛めつけた上で多額のワイロをむしり取る場合もある。前者の場合、定期的に決められた額のワイロが入ってくるというメリットがあるが、取り締まりの強化で、韓国に住む脱北者と北朝鮮の家族の間の通話や送金が困難になり、「ネタ」が減ってしまった。そこで、一気に多額のワイロが手に入る方法を使った模様だ。

韓国から北朝鮮への仕送りの総額は、わかっているだけでも2018年の1年間で3億ウォン近い(北韓人権情報センター調べ)。

そんな保衛部のやり方が知れ渡り、地域住民は「メンツをかなぐり捨てて、住民の過去の罪まで持ち出して金儲けに没頭している」と激しい非難の声を上げている。



北への仕送りの元が日本を含めたそれ以外の国であれば、日本の場合は、在日と言う、北も認め住人が存在している以上、そこからの仕送りは北としても公式に認めているのでしょうが、韓国からと言うのは、しかも、脱北者からと言う事が明らかになっていると言う状態での仕送りがまかり通っていると言うのは、北の建前としてはいかがな物でしょうか。
結局の所、それは建前としてはともかく、本音レベルでは、そうした物を抑止しようなんて事は本気で思っていないと言う事ではないでしょうか。結局金になればと言うのが本音で、そのためならば、脱北もひそかに認めていると言うのがこの国の本音だと言う事なのですな。
そもそも、その脱北自体が、スパイを潜入させるための偽装的な要素だってあり得る訳だし、脱北に連なる諸所の悲劇と言うのも、案外、そうした金のやり取りありきのなれ合いで成り立っているのではないでしょうか。
保衛部とやらが、金のためにありきで、必ずしも本来の然るべき役目に対して真剣になっていないと言うのであれば、脱北に関しても、どこかで裏取引があるのではないかと勘繰っても間違いないでしょう。そこには必ずしも残った家族、親せきに対する威嚇と言う物が必要とは限りません。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE