プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

別に韓国にとっては機会ではない

韓経:【社説】揺らぐ日本とドイツの製造業神話、韓国には機会だ

「メイド・イン・ジャパン」「品質日本」などの神話が揺らいでいる。東芝、富士ゼロックスなどの会計不正に続き、タカタ、三菱自動車、日産自動車、神戸製鋼など日本の製造業を代表する企業で製品の品質不正と関連したスキャンダルが相次いで出ている。日本メディアが「企業で組織的に強行される『かび型不正』により日本の製造業が腐り崩壊している」と嘆くなど批判があふれている。

特に神戸製鋼事件はその波紋が世界に広がる兆しだ。自動車、鉄道、飛行機などで神戸製鋼の部品を使ってきたグローバル企業は大騒ぎとなった。米法務省は神戸製鋼に資料提出を要求し、欧州連合(EU)傘下の欧州航空安全機関(EASA)は関連企業に神戸製鋼製品の使用を中断するよう勧告した。外信もまた「日本の製造業の品質に疑問に感じる」として一斉に注視する雰囲気だ。

神話が揺らいでいるのは日本の製造業だけではない。排出ガス不正などいわゆるディーゼルゲートでドイツ車の品質に対する幻想を一挙に崩してしまったフォルクスワーゲンスキャンダルが起きたのはついこの前だ。これもまた個人の逸脱ではなく組織的な不正だった。「メイド・イン・ジャーマニー」と「品質ドイツ」に同時にひびが入る普通ではない状況が広がっている。

製造業強国と呼ばれた日本とドイツのスキャンダルは韓国としては他人事のようではない。新興国の台頭で長く守ってきた競争優位を維持しにくい環境から来る現実と目標の狭間のために不正が行われているという分析に至ってはさらにそうだ。一部では中国が反射利益を得るという見通しが出ている。だが、日本とドイツを反面教師とするならばむしろ機会は韓国にあるとみる。韓国は日本とドイツが掌握していた先端製造業の空席を埋める最も良い位置にいる。成功すれば中国の追撃を引き離すと同時に製造業を高度化する絶好の機会だ。

いまこそ企業と労組、政府が「メイド・イン・コリア」「品質韓国」に向けて手を握る時だ。人工知能、ソフトウェアなど製造業のスマート化はさらに言うまでもない。グローバルバリューチェーンで見れば韓国製造業が伸びていく機会はまだ多い。


何とも安直な考えですなぁ。単純に言って、元々日独の神話と言う物が存在していた以上、それにとって代わり得るのは、それに見合った物を提供する国だけだと言う事です。よその国が占めていたポジションが空いてしまったとしても、はなからそれれにふさわしくない国にはそれにとって代わるだけの資格はないのです。そして韓国にはそうした資格がないと言う事に足る実績では豊富だと。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト

暴力団猖獗地の国もどき

「法は無視しろ、頼るべきは暴力だけ」北朝鮮でヤクザと半グレが増殖中

国際社会の制裁が強化される中、北朝鮮の市場ではヤクザや半グレ集団が暗躍している。保安員(警察官)とグルになって、トラックドライバーから桁外れの駐車料を巻き上げているというのだ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、その手口は次のようなものだ。
抗争で死者も

彼らは、清津(チョンジン)にある全国有数の流通の拠点、水南(スナム)市場に、茂山(ムサン)、会寧(フェリョン)などから荷物を積んでやって来たトラックを主なターゲットとする。

ドライバーが市場周辺の道にトラックを停めて荷降ろし、荷積みをしようとすると、半グレ「ここはうちの駐車場だ」と難癖をつけて、駐車料をふんだくる。その額は1台あたりなんと中国人民元で1000元から1500元(約1万6400円~27400円)というボッタクリ料金だ。巻き上げたカネは、水南区域保安署の市場巡察隊と6対4の割合で山分けする。

(参考記事:「良心を捨て、狼のように生きろ」北朝鮮ヤクザの無慈悲な戦い)

地域は異なるが、両江道(リャンガンド)の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の部隊が、資金稼ぎに行っている駐車場の料金は、1時間2000~4000北朝鮮ウォン(約26円~52円)。恵山(ヘサン)長距離運送事業所の駐車場は、1ヶ月の駐車料金が270元(約4400円)。それも兵士が24時間体制で警備してくれてこの値段だ。半グレ駐車場がいかにボッタクリかがわかる。

(関連記事:女性兵士の「性上納」とカネ儲け…北朝鮮軍の「ポンコツ」な実態)

半グレ集団の横暴は、自分の車を持たない人にも及ぶ。ソビ車(民間人所有のバスやトラック)に乗ろうとする卸売業者や行商人から、根拠不明の料金をふんだくるというのだ。払わなければ車には乗せない。このような状態にあるため、トラックやバスが市場に近づこうとせず、商人らが買い込んだ品物を運べない有様だという。

当局は対策を立てるどころか、ボッタクリに加担しているため、被害が後を絶たない。トラックドライバー、市場の商人、地域住民の間では怨嗟の声が渦巻いている。

半グレの横暴は今に始まったことではない。道内の端川(タンチョン)では昨年、港で水揚げされる海産物の利権をめぐり、傷痍軍人からなる2つの半グレ集団が抗争を繰り広げ、死者が出る事態となった。

(関連記事:北朝鮮で「半グレ抗争」勃発…レンガやショベルで無慈悲に滅多打ち)

さらにはこのような状況が、秩序を守るより暴力に依存する悪循環を生んでいる。半グレやヤクザがのさばる市場での熾烈な競争に生き残るには「良心を捨てて、狼のように無慈悲に」「法は無視しろ、頼るべきは暴力しかない」という認識が広まっているというのである。


「北斗の拳」の世界がリアルにある国とすれば北朝鮮はまさしくその通りとしか。政府からしてまともに統治をすると言う自覚だか使命感と言う物を持たずに、暴力団状態ですからな。自身も暴力団になって、近くの警察とつるむのでなくとは到底やってられないのだと。お上の方も、しかるべき上納さえしてくれれば、普遍的な秩序なんかは野放し状態でも構わないのです。
こんな国ですが、韓国のようにすり寄ろうとしないだけましだと言えるわけですが、もっぱら内にこもっているだけにとどまらず、外にまで脅威をまき散らすから必ずしもそうとも言い切れないのです。それがなければ、ある意味勝手に汁なのですがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 














キンキラキンは見た目だけ

【萬物相】「油断」と「テキトー」が招いたタワークレーン事故

中国の文豪・胡適の作品の一つに「差不多先生」という小説がある。「差不多」(特に違いがない)とは中国人が普通によく使う言葉だが、これを自らの名前とした人物の生涯を描いたのがこの小説だ。差不多先生はその名の通り生涯を「テキトー(適当)」に生きた。幼い時に母親から黄色い砂糖を買ってくるように言われた時は白い砂糖を買い「甘いのは同じ」と言い訳した。大人になってから働いたある店では、帳簿に「十」と「千」を区別せず交ぜて書いた。画数が一つしか違わないので大きな差はないというのがその理由だ。重い病気にかかった時に呼んだ医者は獣医だった。獣医も医者もさほど変わらないと言ってテキトーに治療を受けたが、結局はそれが原因で死んでしまった。

 韓国では最近タワークレーンの崩壊事故が相次いでいる。今年5月に京畿道南楊州市のある工事現場で起こった事故は3人が犠牲となり2人が負傷する大惨事となった。警察の捜査によると、建設会社は作業中のクレーンの調子が悪くなった際、スペイン製の純正品を購入せず、ソウル市内のある鉄工所に同じ形の部品を注文して使っていたことが分かった。破損した元の部品に紙を押し付けてイラストを描き、それを参考に鉄工所で製作したというのだ。タワークレーンの部品はほぼ完璧な精密さが求められる。ところがこの建設会社は純正品も模造品も差はないと軽く考えていたのだから、これでは事故も起こるべくして起こったと言わざるを得ない。

李陳錫(イ・ジンソク)論説委員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


要するに見た目さえ良かればと言う事なのでしょう。韓国と言えば美容整形が目立っていますが、それからしてひたすら見た目にこだわると言う話なのです。
今どきの「妖怪ウォッチ」の主題歌の中にも、歌詞の中に、「キンキラキンは見た目だけ」とありました。そしてその続きとして「中身がキラリと光って欲しい」とありましたが、韓国の場合は、後者の方になる事は至難の業のようですな。もっぱら見た目だけをよろしくするだけで、依然として中身が駄目のごまかしばかりがまかり通っている有様なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 














国内でひたすらそれを他人にさせる事を目指しているような物だからな

【コラム】「三田渡の恥辱」に学ばない韓国政界

「三田渡の恥辱」は380年も昔の事件だが、これは今もなお韓国人のプライドを大きく傷つけている。秋夕(中秋節、今年は10月4日)連休の間に丙子の乱(1636-37年、清が朝鮮を制圧した戦争)を題材とした映画『南漢山城』の観客動員数が最も多かったのもそのためだ。非常に高い壇上に座った清の皇帝ホンタイジの前で、3回膝を突き9回頭を地面に付けさせられ、額に土が付いた仁祖の姿に観客は悲哀を感じたことだろう。

 東アジアの覇権をめぐる争いが激しくなり、満州族が建てた新興国の清が明を圧迫していた激動の時代、そのはざまに立たされた朝鮮が多くの困難に直面したのは歴史的事実だ。しかしこのような歴史的体験を絶対視することが本当に必要か疑問に感じる。結果的に行き過ぎた自己卑下や敵対心ばかりを呼び起こし、失敗から学ぶ機会を失いかねないからだ。また「皇帝の国」を名乗ってきた中国の歴史を振り返っても、「三田渡の恥辱」以上にひどい恥辱の歴史はいくらでもある。例えば4世紀に西晋の3代皇帝・懐帝が匈奴に首都の洛陽を包囲され、直後に処刑された「永嘉の乱」、あるいは1449年に明の正統帝がモンゴル軍の捕虜となった「土木の変」などはまさにそうだ。

 中国・宋の時代、1127年に起こった「靖康の変」も三田渡の恥辱以上の大事件だった。女真族が建てた金の軍隊に押された宋の徽宗は息子の欽宗に譲位して金の歓心を買おうとしたが、それでも破滅を防ぐことはできなかった。首都の開封は城門を開き、降伏した徽宗と欽宗は平民とされ、1万5000人以上の女官、画家、音楽家らと共に北の金に連行された。牛車に引かれて黒竜江省の北の奥地に連れられた欽宗と徽宗は金の太祖の前で礼を強要され、徽宗は昏徳公(仁徳がない)、欽宗は重昏侯(ばか)という屈辱的な別名で呼ばれた。徽宗と欽宗と共に連れられた数万人の捕虜は再び故郷に帰ることができないままこの世を去った。

文化部=金基哲(キム・ギチョル)部長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


>額に土が付いた仁祖の姿に観客は悲哀を感じたことだろう。

そうでしょうな。映画の中でだからこそ、悲哀を感じられるのであって、現実の世界でならば、新しい支配者に迎合してそうした屈辱のポーズをとる元の支配者を嘲笑したり罵倒したりと言う事が過去にはよくあったのではないでしょうか。現実の世界では、旧来の支配者に連なる人間が粛清される事は往々でしたからね。そうなりたくなければ、敗北した者をとっとと見限って新しい支配者に迎合する事こそ賢明なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















ねたみの心理47

「ねたみの心理」第47回目です。
自分自身に関して言えば、比較的ねたみを持たない方だと思っていますが、だからと言って全くそうした物がないとも言えません。大抵の場合はもっぱら他人が得をしたり成功したりしても、それによって自分が割を食らうような事がなければ、そうした事は自分にかかわりのないよその事だと割り切るのですが、それでも自分に割を食らう形で他人の利益が成り立てば、ねたみに至らないでもありません。自分ならずとも、余りねたみの感情を持たないと言う自覚を持っている多くの人間でも、自分が損をするような事態には不快に思って、それが転じてねたみに至る事は良くある事でしょう。
前回取り上げた郵便営業に関しても、結局そう言う事でして、もっぱらしかるべきセクションおいてのみ営業成績が詮索されて、できの良い者に対して報労があてがわれる事に関しては、自分としてはもっぱらよそでの事だとして知った事かとそっぽを向いてもいられるのですが、その種の負担をこちらに持ち込んで来られると業腹足らざるを得ません。その時でも、いかなる他人が営業成績優秀で褒められるような事態に関しては、知った事かと言う事で変化が生じる事はないのですが、プロパーの連中はよその業務の負担に関しては無関心なまま、自分の負担や責任をよそへ転嫁した上で、従前どおり自分らの固有の業務に関する権限に関してはよその連中よりは有利な状態で行えるのですから、それに関しては業腹にならざるを得ないのです。。
建前的には、よその連中に対しても報労が得られる機会を開放したつもりなのでしょうが、その実態は、他人に対して空き地の開墾をすればいいじゃん程度の発想でしかなく、決して本気でそう言う物を開放する気がないのです。むしろよそに責任転嫁をするのではないと言うであれば、自分らの「畑」こそよそに対して提供するべきであって、よその業務に対して何もする気がないのであれば、奴ら自身こそ最も面倒な形で従来の業務に従事すべきではないでしょうか。
そもそもそのようによそに責任転嫁するようなありさまでは、そのような報労を従前どおり享受する資格などないはずです。むしろよその負担を転嫁する分の償いがあってしかるべきなのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE