FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

滑るまで至らずとも大したものだ

水着でスキー?ギネス記録に挑戦 ロシア

外交交渉でも華々しいイベントでも「常識」や「理屈」をいとも簡単に超えてくる国、それがロシアです。

 白銀のゲレンデにカラフルな水着が映える光景。ロシア南部の都市・ソチ郊外にあるスキー場です。水着のスキーヤー・スノーボーダーがどれだけ一斉にゲレンデを滑るかを挑戦しているイベントで、2016年以降に毎年1000人以上が滑り、イベントを行う度にギネス世界記録を更新してきました。

 参加者:「寒いし、冷たい!」「(Q.まだ引き返せますよ?)そうだけど…やるわ」

 ただ、今年は雨や風、霧に見舞われ、チャレンジしようと集まった約2500人のうち、実際に参加したのは870人ほどで記録更新はなりませんでした。


ソチと言えば、最近オリンピックが行われた場所ではありますが、どこにあるのかと言う点では思い付きません。ウィキペディアによれば、クラスノダールの近くにあると言う事ですが、クラスノダールならば、ブラウ作戦の中でも登場した場所ですから、だいたいあの辺りと言う事は思いつきます。
さて、我々とは寒さに関する感覚が違うロシアの事ですから、またぞろ、このようなぶっ飛んだことをやった訳です。実際に滑る事を断念しようとも、現場において水着姿になっただけでも大したものだ。

サムイヨー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

その内なんとかなるだろうじゃ駄目なんだ

【ブラジル】EUに「拒否」されたブラジル人6割増 大半は準備不足

欧州連合(EU)への入域を断られたブラジル人の数が2018年に大きく増加した。

 欧州対外国境管理協力機関(Frontex)の情報として伝えた7日付伯メディアによると、18年1~12月に欧州連合域内の国に入国しようとして当局に入国を拒否されたブラジル人の数は、17年の1898人に対して61.1%増の4984人に上った。この数はウクライナ(5万7593人)、ロシア(2万5953人)、アルバニア(2万4546人)、ベラルーシ(7953人)、セルビア(7662人)、モルドバ(6368人)に次いで世界で7番目に多い。

 同機関は、欧州連合への入域を拒否されたブラジル人の多くは有効な査証(ビザ)もしくは居住許可を持っていなかった、または旅行もしくは滞在の条件を正当化する書類を持っていなかったとしている。つまり、欧州域内の国々へ入国する際に必要とされているものを用意していなかったという、極めて当たり前の理由で入域を拒否されたということだ。

 同機関によると、昨年は中東から欧州域内へやって来る不法移民の数が減った。ただし、ギリシャとスペインにおいてはこの傾向は見られなかった。また、飛行機でやって来るラテンアメリカの人達を受け入れるポルトガルでは、不法に入国しようとして見つかった人達の大部分をブラジル人が占め、その数は17年の2倍に上った。


下のコメントにある
>行けば何とかなるという甘い気分で行くのだろうな。

と言う事は、なにも、あらかじめビザを用意しなかったと言う事にのみ言える事ではなく、いろんな事にも言えるはずです。先日のリタイヤ続出の留学生の話にしても、結局、そう言う事が言えるのではないでしょうか。とにかく日本に行ってしまえば何とかなる。そんな思いでやって来た手合いが少なくないのでしょう。
まあ、それに関しては留学生に限った事でもないでしょう。家族帯同して来日した連中に関しても、そんな安易な考えに子供の生活をかけたのです。
植木等の歌のように考えられてはみんなが迷惑と言う物ですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










兄より勝る弟も少なからずいた

屈辱の涙に濡れた戦国時代のお兄ちゃんたち

「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!」

 言わずと知れた漫画『北斗の拳』に登場する北斗四兄弟の三男が世紀末に残した名言の1つです。しかし、この発言をした当人が四男に返り討ちにされるなど、弟が兄を立場や実力で逆転してしまう例は古今東西よくみられます。

 日本の戦国時代においても同様です。江戸時代と比べて長子相続が徹底されていなかったこともあり、存命中の兄を差し置いて弟が家督を継いだ例がいくつか存在します。

 そこで今回は、戦国時代から江戸時代初期にかけて家督を継げなかった有名な大名家の長兄と、その継承の顛末についてご紹介しましょう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]
養子ロンダリングされた結城秀康

 戦国時代において、存命中の兄を差し置いて家督を継いだ最も代表的な人物といえば、徳川家2代目将軍の徳川秀忠(1579~1632年)の名が挙がるでしょう。

 秀忠は徳川家の三男でありながら、存命中の次男・秀康を差し置いて1605年に徳川家の家督を継承しています(長男の信康はすでに亡くなっていました)。

 なぜ年長の秀康を差し置いて、秀忠が家督を継ぐこととなったのか。2人の父である家康が秀忠の政治センスを見出したとも言われますが、単純に母親の家格が影響したというのが通説です。

 名家出身だった秀忠の母に対し、秀康の母は地位の低い家の出身でした。そのため、秀康は誕生後もしばらくは家康との対面が許されなかったなど、出生時点から後継者とは目されていなかった節があります。

 なお秀康は、小牧・長久手の戦いを経て徳川家康と豊臣秀吉の間で和睦が成ると、秀吉への人質として養子に差し出されています。しかし、養子先である豊臣家でも秀吉の実子・鶴松が生まれると、厄介払いとばかりに今度は結城家へ婿養子に出されるという養子ロンダリングに遭っています。

 結城家での「結城秀康」という名称が現在の秀康の通り名として定着していますが、関ケ原の合戦(1600年)後には越前(現福井県)に封ぜられ、松平姓に復帰しました。そのため秀康が生前使用した苗字は「羽柴」「結城」「松平」と3つもあります。家督を継げなかったこと以前に、振り回されてばっかりの流浪の人生に同情を禁じ得ません。
弟の誕生によって後継者から外される

 東北の雄・伊達政宗の長男である伊達秀宗(1591~1658年)も、前述の秀康と似たような経緯で家督を継ぐことができませんでした。

 政宗の正室・愛姫は結婚後、女児こそすぐ産んだものの、男児がなかなか産まれませんでした。そのため、政宗の側室から長男として生まれた秀宗が当初、伊達家の後継者として扱われていたようです。しかし、愛姫に待望の男児、次男・忠宗が生まれたことで秀宗の運命は一転、あっさり後継者の路線から外されてしまいます。

 もっとも、父親である政宗は、秀宗の処遇を気にしていたようです。大坂の陣の後に徳川家から宇和島10万石を拝領するとそのまま秀宗に譲り、別家を立てることで秀宗の大名としての地位を確保しました。こうして秀宗は2代目仙台藩主とはなれませんでしたが、伊予宇和島藩(現愛媛県)の初代藩主となりました。
父親に思いのたけをぶちまけた秀宗

 ところが話はこれだけで終わりません。秀宗の宇和島へのお国入りの際、政宗は自分の重臣数名を与力(陪臣)として付けたのですが、その与力同士が派閥を作って対立するようになります。最終的には、秀宗に肩入れされた与力が秀宗の指示で相手方を襲撃し、一族もろとも殺害するという内乱にまで発展します(和霊騒動)。

 秀宗は当初、この事件を政宗にも幕府にも報告していませんでしたが、事件を知った政宗は激怒し、また仙台藩への影響波及を恐れてか自ら幕府へ報告し、秀宗を勘当した上で宇和島藩の改易(解体・取り潰し)を申し出ます。しかし当時の幕閣首脳であった土井利勝は事を荒立てず、秀宗側の和解工作もあってか両者を必死にとりなして、政宗に改易願いを取り下げさせて事を収めました。

 一連の騒動の後、政宗・秀宗親子は対面を行いました。その席で秀宗は「子供の頃には豊臣家に人質に出され、長男なのに家督も継がせてもらえず、今までずっと恨んでいた」と、父・政宗への思いのたけをぶちまけたそうです。これにはさすがの独眼竜もほろりと来て、秀宗への勘当を解いて仲直りしたそうです。

 ただ秀宗は父親とは仲直りはしたものの、仙台藩(現宮城県)を継いだ弟・忠宗に対しては複雑な感情を持ち続けたようです。江戸城の控室などで秀宗と忠宗が同席すると秀宗はいつも、宇和島藩の方が仙台藩に対し石高で劣っているにもかかわらず、「俺がお兄ちゃんだから」と言って、忠宗より上座の席につこうとしたというエピソードが残されています。
妻を庇って廃嫡に

 以上で見た通り、結城秀康、伊達秀宗は母親の出身が影響して家督を継げませんでした。それに対して、「正室の長男」という申し分のない立場でありながら家督を継げなかった人物がいます。肥後熊本藩の藩祖である細川忠興(ただおき)の長男・細川忠隆(ただたか、1580~1646年)です。

 忠隆は、細川忠興と、その正室であり明智光秀の娘であったガラシャ(玉子)の間に生まれました。忠隆は若い頃から文武に優れ、自他ともに細川家の後継者として目されていました。

 しかし、ある出来事をきっかけに父親・忠興と息子・忠隆の関係が破綻します。それは、忠興が忠隆に離婚を要求したことです。

 関ヶ原の合戦の際、忠興の妻・ガラシャは西軍の人質となることを拒否して自害しました。それに対して、前田家出身で忠隆の妻だった千世(春香院)は大阪屋敷を脱出しました。それを忠興は良しとせず、千世との離婚を要求したのです。

 父からの離婚要求に対し、忠隆は妻・千世をかばって敢然と拒否します。その結果、忠隆は忠興によって1604年に勘当、廃嫡されることとなりました。

 ちなみに忠興は本能寺の変の後もガラシャとの婚姻関係を維持し、ガラシャが自害したと聞いた時は大いに嘆き悲しみ、西軍に降伏した父親の藤孝に対してすらも逆恨みしたといいます。忠興とガラシャは若干サイコパス気味な性格同士なだけに、夫婦仲は相当良かったようです。
文化人として名を馳せた忠隆

 話を戻すと、細川家では忠隆を勘当した後、江戸へ人質に出され徳川秀忠の知己を得ていた三男・忠利(ただとし)を後継者として定めます。この処置に納得しなかったのが間に挟まれた次男・興秋(おきあき)です。よっぽど不満だったのか、細川家を出奔してしまいます。なお、のちに興秋は大阪の陣で西軍に与し、戦後は父・忠興によって切腹に処せられています。

 一方、忠興に勘当された忠隆は、祖父・藤孝の庇護を受けながら京都に滞在しました。藤孝の死後も細川家から援助を受けながら京都での生活を続け、公家衆とのサロンの中で文化人として名を馳せるようになります。

 そして勘当から実に20年超も経過した1626年、感情も和らいだのか、忠興は京都の忠隆の下を訪れると勘当を解き、親子は感動の和解を果たします。

 また忠興は1642年に忠隆を所領である熊本に招くと、やはりその処遇を気にしていたのか、数万石の領地を与えるので熊本で暮らさないかと提案します。しかし忠隆はこれを拒否すると、そのまま京都へ帰り、4年後の1646年、父・忠興の死からわずか8カ月後に京都で没しました。

 後継者として将来を嘱望されながら政治の大きなうねりによって廃嫡された忠隆でしたが、風雅で鳴らす細川家の長男らしく、その後、文化人として大成しており、彼にとっては結果的に悪い人生ではなかったのかもしれません。

 なお、今回取り上げた徳川、伊達、細川家で兄を差し置いて家督を継いだ2代目たちはいずれも「守成の名君」として高い評価を受けています。そういう意味では、彼らを後継者に選んだ初代の目はあながち間違っていなかったのかもしれません。


「北斗の拳」の世界観は、登場人物の名前からして、必ずしも日本的な物とは言えないのですが、ジャギの発言に見られるように、あにおとうとと言う発想は日本的な物であります。
欧米などは格別、あにおとうとと言う概念は少なくとも日本ほど強いとは言えないのですが、王位継承に関しては長子優先がまかり通っていた傾向がありましたが、それも江戸時代のように、未然に争いを防ぐ意図からの物だったのでしょうか。
とは言え、中には弟のおかげで兄がしかるべき地位に立てる場合もあったりします。スペイン国王のホセ一世なんかも、ナポレオン一世のおかげで即位できた訳でしょう。
結城秀康自身は優れた人物だったようですが、彼の子孫の段階で改易が連発していましたから、彼が将軍になったら、後々、史実よりも江戸幕府が乱れていた可能性はありますね。ただ逆に、秀康は秀忠と違って子だくさんだったから、彼が将軍になったら御三家が無用の状態になっていた可能性もあります。秀康の血統によって御三家のような物ができ上がっただろう事は否めません。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










平成ノブシコブシは吉村で持っているのか

ノブコブ、コンビ名に「平成」使えない説浮上 新元号へ思わぬ余波「ちょっと大変です」


お笑いコンビの平成ノブシコブシが19日、都内で行われた『タイムスリップTVer』キャンペーンPR発表会に出席。5月1日より新元号になることにちなんで特許庁が1月30日、新旧の元号を商標として使えないよう改訂したことを受けて、コンビ名に「平成」が使えないのではないかと疑心暗鬼になっていると明かした。

【写真】ノブコブ・吉村、指原莉乃とキス!

 吉村崇は「法律が出たんですよね。権利としてダメだから。元号は使わないっていうのがあって。そうなると、平成ノブシコブシだけじゃなくて、昭和のいるこいる師匠もダメかもしれない。ちょっと大変なんですよ」と告白。「僕らは平成が好きなんですよ。レジェンドもいらっしゃるし、霜降り明星とかの新勢力も出てくるし、これまでの歴史で一番多くいるんじゃないかなと思います。だから(コンビ名に平成を使えるように)ちょっと粘ってみますけど、大人に怒られたら、さすがに考えないといけないので、ひょっとしたら公募するかもしれないです」と思わぬ余波を語った。

 新元号を予想するコーナーでは、徳井が「栄愛(えいあい)」との文字を選び「これから、AIの時代になるということで、宮内庁の方も何とか文字っぽくして、その気持ちを伝えるんじゃないかな」と推察。続いて、吉村は「横文字にしてもいいんじゃないかということで『crystal』にしました」と発表するも「相方の出来が良すぎましたね。これは順番を間違えました」と頭を抱えた。

 「平成最後に相方に言いたいこと」とのトークテーマでは、吉村が「ちょっと、これは真面目に病院に行ってほしい。これまで、サインをする時にずっと僕が右で相方が左に書いていたのですが、きょう急に相方が右に書き始めて、おかしいなと感じて詳しく聞いたら『忘れていた』と。この間も、ネクタイの締め方を忘れて、1時間ボーッとしていたこともあったみたいで、ちょっとこれはいよいよ心配です」とポツリ。徳井も「脳ドック行きます」と相方の思いに応えていた。

 民放公式テレビポータル「TVer」では、平成の時代を彩ったドラマやバラエティーの人気番組を集めた『タイムスリップTVer』を15日より公開。ユーザーが「ちょっとなつかしい」と感じる番組をセレクトして、完全無料で視聴することができる。

 吉村はラインナップの中で『電波少年』に注目して「伝説の番組。テレビで初めて成立しなかったものをオンエアしたって言われていますから。アラファト議長のところに、松本明子さんが行って、一緒にカラオケを歌っていたり…。あの頃は、テレビっていう宝箱だったんですよね」としみじみ。「VHSで昔のバラエティーを見たりすると、テンポと今は全然違うんですよね。昔はすごくゆっくりで、今のバラエティーも面白いなと、また好きになりました」と言葉に力を込めていた。


平成ノブシコブシの片割れは吉村で、印象強かったんですが。実際、昨年は「コンビ芸人注目度比較列伝」で吉村の方を取り上げた次第です。もう一方に関してはそれて始めて名前を知りました。しかし、徳井と言うのはねぇ。出し抜け抜けにそれだけだとチュートリアルの方が思い出されます。もっともこちらの方も顔までは覚えられない状態にあるのですが。
グーグルで「徳井」と検索をかけると、チュートリアルの方、徳井義実の方が出てきます。平成ノブシコブシは吉村の方で持っているのだろうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










歌に見るドイツの歴史⑬

「歌に見るドイツの歴史」第13回目です。


Heino - Die Wacht am Rhein




タイトルの意味は「ラインの守り」となりまして、これは後のバルジの戦いにおいてヒトラーが作戦名として使用した物です。それは単なる一地方の事ではなく、ドイツ全体の事にかかわる事でして、それならば軍歌として、あるいは愛国歌として使用するのには具合がいいでしょう。
映画「西部戦線異状なし」でも、主人公が属するクラスが全員一致で軍隊への志願を宣言した際に、この歌を歌う場面がありました。
周知の通り、ここで言う「ライン」とはライン川に他ならないでしょうが、英語に比べればドイツ語の場合は、こう言う場合不親切な物でして、川とか山と言う名詞はあっても、個々の山や川を表現するために、そうした名詞を加える事がなく、往々にして固有名詞と定冠詞の組み合わせだけで成り立っている物です。
俗にフランクフルトと言えば、マイン川に面している物が有名でして、そのために正確にはFrankfurt am Main(フランクフルト・アム・マイン)と称されています。しかしオーデル(オーダー)川にもフランクフルトがありまして、こちらの方はFrankfurt an der Oder(フランクフルト・アン・デア・オーダー)と呼ばれています。こちらの方でも川と言う一般名詞を使用する事がありませんね。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 














| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE