FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最悪の場合は実家に寄生すれば良いのか

加藤紗里が“1億円貢がせ離婚“を語る「最低月1千万円は紗里のために使えないと」〈dot.〉


10日に離婚していたことが明らかになったタレントの加藤紗里(29)。自身のYouTubeチャンネルで離婚の理由を「(元夫に)3カ月間で1億円以上を使わせた。そしたら向こうの経営が傾いちゃって。そんなもんで傾く男いらないでしょ」と説明し、ネット上では「ろくな人生歩んできてないんだな」「この世から消えて欲しい。てか興味ない」などの非難が殺到した。動画では、籍を入れた一週間後に別居していたことや、すでに複数の“殿方”と交際していることなど衝撃的な内容も語られた。

【写真】インタビューに応じた加藤紗里

 日頃からSNS上で「幸せはお金で買える」と公言している加藤だけに、その離婚理由に納得した方も少なくないだろう。だが一度は一生を添い遂げる決意をした二人が、お金だけが原因で、入籍後一週間で別居、そして離婚に踏み切るだろうか。取材を進めると、離婚の理由は”お金”だけではなかったことが、二人をよく知る友人への取材でわかった。はたして真相は?本人が取材に応じた。

*  *  *
――離婚発表後、周囲は騒がしくなりましたか?

離婚を知らせる動画を投稿した後にインスタグラムを確認したら、「死ね」とか「もっと夫婦として支え合え」とか紗里を非難するコメントが3千件くらい届いていました。

――「3カ月で1億円以上使わせた」と発言したことを後悔していますか?

いえ、まったく。「実家が貧乏だったからお金に執着するんだろ」というコメントもありましたけど、紗里の実家はけっこうお金持ちでお金に苦労したことは一度もありません。母からは「美しいバカであれ」と教えられて育ちましたし、お金があることが当たり前の人生でしたから、非難されてもピンとこない。

――とはいえ、加藤さんの金銭感覚が浮世離れしていることは理解できますよね。

他の人と大きく異なることぐらいは把握しています。ただ非難を恐れたり、周囲の感覚に合わせるために、自分の感覚とか考え方にうそをつくのは嫌なんです。だから好きなだけ非難してもらって構わない。ただし紗里を調教できるとは思わないでほしい。

――そもそも離婚が成立したのはいつですか?

昨年の終わり頃です。

――3カ月で使ったという1億円の使い道を教えてください。

高級外車に乗り換えてもらったり、ハリー・ウィンストンの指輪を買ってもらったり、海外旅行先で飛行機をチャーターしてもらったり、すべてぜいたく品です。

――炎上キャラとして話しているのではなく、すべて本当の話ですか?

キャラどころか、逆に前の夫を結婚詐欺で訴えたいとすら思っています。払うだけ払って結婚後に泣きをいれるくらいなら始めから断れよって思います。何を望んでもお金を払ってくれるから「このくらいの金額なら問題ないんだな」って思っていました。紗里の感覚からすれば、結婚してから「もうない」って言われても困るし、金がなくなったことについては前夫の責任だと思います。



若いうちは、その器量で金持ち男をたぶらかしていればいいけど、年を取ってしまえば、器量だって衰えてしまうでしょう。その際、単に強欲なだけの女などは見向きもされなくなります。せいぜいそうなる前に、経済的に自立敵る状態にならないと、悲惨な末路をたどるような気がします。もっぱら相手の金に依存して、悪しき状態になっても悪びれる事なく、もっぱら相手のせいでは、将来的にはそうなる可能性が高いですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



















スポンサーサイト



シロアリ女

続きを読む »

登場人物の配置と設定⑭

「登場人物の配置と設定」第14回目です。
アニメーションでは、往々にして主人公ないしは2番目キャラを中心とした特定のクラスに的を絞った形で話が進行して行く場合が多く、それに合わせてクラス担任あるいは教科担任を登場させて行く物です。「伊賀野カバ丸」の場合でも、若干ながらそう言う場面が存在しています。もし、そう言う場面に事欠くようであれば、教頭がクラス担任を兼ねると言う設定自体に意味がないのです。
特定のクラスに的を絞ると言う形になっていればこそ、同じクラスの生徒と言う事で、大久保麻衣がその範疇で、教師筒の中で登場させる事が出来たのに対して、上級生と言う事で必然的に異なるクラスの生徒となってしまう目白沈寝や野々草かおるなどが自身の教室の場面と言う物を持たされる事はなく、彼らの出番はもっぱら教室の外と言う事でした。
現実の世界でも、出来の悪い生徒、何かしらの秩序に外れた生徒をクラス担任や教科担任が叱ると言う事は良くある物でして、アニメーションの場合でも、大抵の場合はそれが当てはまっていると言えましょう。「ど根性ガエル」の場合は、ひろしがそれに大当てはまり状態でして、3人の諸担任がひろしを叱るなんて場面は珍しくない有様でした。
登場する主要な教師が校長(院長)と教頭と言う点では、「伊賀野カバ丸」と「勇者指令ダグオン」とでは共通しているのですが、「勇者指令ダグオン」ではレギュラーの生徒がこぞって先輩後輩と言う概念から外れたメンタリティを持っているのに対して、「伊賀野カバ丸」ではそれに当てはまるのはカバ丸だけではありました。そして教師相手も上級生相手も大して変わらないと言う点ではカバ丸、ひろし、炎と共通している所でありました。
「勇者指令ダグオン」では、レギュラーのどの生徒のクラスも重視されないと言う設定から、登場する教師が校長と教頭がメインとなると言う作品の都合から、この作品一の無軌道な傾向にある炎を叱るのは、諸担任をスルーして、出し抜けに教頭の役目となっていたのでした。
それに対して前作たる「黄金勇者ゴルドラン」では、主人公の3人組が第1話目で、段ボール箱に乗って斜面を滑り降りると言う遊びに高じた所、勢い余って余計な所にまで暴走してしまうと言うハプニングに出くわした結果、彼らが同じクラスにまとまっていたと言う事から、それを叱ったのは担任だったのでした。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















3日前のタイトルの補足

「母さんです」――本当に子ども向けアニメ!?『機動戦士Vガンダム』の壮絶トラウマシーンを改めて振り返る


僕は子供の頃から今に至るまで、ガン消しをコツコツ収集している。特に小学生の頃にガシャポンを回して手に入ったVガンダムは、かなりのお気に入りだった。

だけどVガンダムが活躍する、1993年放送のアニメ『機動戦士Vガンダム』は、正直あまり好きではなかったというか、ぶっちゃけ怖くて観るのをやめてしまった。リアルタイムでせっかくのガンダムを観ないなんて今思うと勿体ないんだけど、あれは子供が観るにはきつい描写が多かった。

結局中学生になってようやくVHSで観ることになったんだけど、やっぱりそれでも怖い思いをした。はっきり書いてしまうと、本作はやたらとトラウマになる描写が多い。まあ、戦争を描く作品なので、さっきまで笑ってた人間が死ぬということは当たり前なんだろうけども。

ということで今回は、このVガンのトラウマ描写について書きたい。(文:松本ミゾレ)



去る1日のエントリーとして「北斗の拳」のようには行かなかったですが、このタイトルに関して補足するのならば、「機動戦士ガンダム」同様「北斗の拳」も知名度の高い方でしたから、古くからその存在を知っていた物の、初めて見たのが平成24年にMXででした。
これが結構な当たりでして、元々その存在を知っていた作品の中では唯一、今さらながらに、と言う事が言える作品となりました。それ以外の作品の場合は、「機動戦士ガンダム」を含めて、その存在を知りながら、新放送時にスルーしたならば、それっきりでいまだに見ないと言う事がご定番でして、むしろ最近、当たりと言える、MXやネットでの諸配信において見られる作品の場合は、逆に当時その存在に気付かなかった物でして、累積視聴作品数トップのタツノコプロも、サンライズもそれによって最近になって大きく視聴作品数を増やしている次第です。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













登場人物の配置と設定⑬

「登場人物の配置と設定」第13回目です。
レギュラーの生徒がひとつのクラスにまとまっていれば、登場人物として担任を出しやすくなります。「妖怪ウォッチ」と「妖怪ウォッチ・シャドウサイト」の比較ひとつとっても、その点は明らかです。前者の方は、担任の出番が多く、オープニングなんかでも、生徒と一緒に踊っている場面があったのに対して、後者などは、教師の出番はかなり少なめとなっていました。
作品の舞台が小学校であれば、レギュラーの生徒がひとつのクラスにまとまっていると言う場合が多い物ですから、それに合わせて登場する教師も、大抵の場合は担任ひとりで済ませられる場合が多い物ですが、中学校以上ともなると、クラス担任だけで完結する訳ではなく、教科担任と言う物も必要になって来る物でして、その分、登場する教師も多めとなって来ます。「ど根性ガエル」、「ハイスクール!奇面組」、「ついでにとんちんかん」などはそれが当てはまっています。
まあ、サンライズ製のエルドランシリーズなどは、あまりに「仕掛け」が大きい内容でして、勇者シリーズであれば、元は自動車や鉄道がロボットに変形すると言うのに対して、学校自体が変形すると言う有様でして、レギュラーの生徒はひとつのクラスの中にまとまると言う事自体は他と共通しているのですが、ただ、クラス全体がレギュラーと言う、それ自体は、元々見知った内でのまとまりと言う事でして、「勇者指令ダグオン」に比べれば筋の通った事ではあるのですが、視聴者的にはなんとも面食らう内容でありました。
他の作品であれば、少数のレギュラーの中だけで秘密にすると言う事も、そんな有様では、外部たるよそのクラスにすら秘密にしようもなく、必然的に学校全体を巻き込むような内容になってしまうと言う事も反映してか、よそのクラスの担任や校長までもレギュラーの教師として抱え込んでしまう結果となりました。
「伊賀野カバ丸」では、登場する主要な教師として、校長と教頭と言う2人だけでありました。厳密には学校の名称が金玉学院ですから、院長と言うのが正確ですが、この点では「勇者指令ダグオン」と比較的共通している所でしょうか。もっとも、こちらでは、あまり多くはないとは言え、特定のクラス、すなわちカバ丸が属するクラスに的を絞る形での進行と言う事もありまして、そのために、教頭がカバ丸が属するクラスの担任を兼ねると言う事をしていました。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE