FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

器量よしでも十分お笑いは務まる

【独自取材】変顔のスペシャリスト「ワッキーさん」が真面目な顔をしたらやっぱり面白いのか? 確かめたら実は超イケメンでビビったッ!!

「顔芸」と聞いて真っ先に思いつく人物は誰だろうか? おそらく、お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーさんと答える人は多いだろう。彼はSNSに積極的に変顔を投稿しており、その顔芸には2つと同じものがない。顔芸のスペシャリストである。

では、テレビでも終始インパクトのある顔を作り続けている彼が、「真面目な顔」をしたらどうなるのか? 単独取材で真面目な顔に挑んでもらったところ……意外な事実を発見したーーーッ!
・顔芸の起源

ワッキーさんの比類なき顔芸のルーツは、ものまね芸人のコロッケさんにあるそうだ。ものマネ番組でコロッケさんが野口五郎さんのマネで頭皮を動かしていたのを見て、彼も「俺もできるんじゃないか?」と思い、マネをし始めたのが始まりだったらしい。

きっと30代後半から40代の男性であれば、一度はマネをしたことがあるはず。コロッケさんの岩崎宏美さんのものマネ。もちろん、志村けんさんのアイーンにも通じるあの顔は、当時の子どもたちの顔芸の定番だった。ワッキーさんも同じ道を通って、顔芸のキャリアをスタートさせている。
・リクエストに応えたいったら

それから月日が流れ、芸人として活躍するようになったワッキーさん。テレビではもちろんのこと、SNSの普及によって彼の顔芸はひとつの転機を迎えることになった。

ワッキー「顔の動きに関しては、日々研究してるんですよ。スマホのインカメラを見ながら「この筋肉も動くな」「こう動かすとこっちも動くな」ってね。それで、自分が面白いと思う顔を撮影して、『フェイス』ってシリーズでTwitterに画像を投稿するようになったんです。

そしたら、リクエストが来るようになりましてね。「こんな風になりますか?」みたいに要望が来るので、それに応えていったんですよ」(以下略)


お笑いを取るためには、間抜け顔である方が有利と言う事もあるのでしょうが、仕事の時だけ間抜け顔でいれば良いのであって、決して普段から間抜け顔でなくてはいけないと言う訳でもないですよねぇ。
ちなみにアメリカの喜劇の大手と言うべき、チャップリンやジェリー・ルイスだって、作品中では間抜けのように見えても、決してブ男とは言うに当たらない、意外と器量よしだったりします。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

平日と休日の間(はざま)③

「平日と休日の間(はざま)」第3回目です。
さて、今どきのアニメーションのテレビ放送においては、MXでの放送の方が競馬や野球のために中止になる傾向が多く、旧VHF系のチャンネルでの放送の方が安全パイ状態と言うありさまです。ただいま放送中である「ブラックジャック21」や「銀河疾風サスライガー」がそれに当てはまる状態であるのに対して、月曜日の放送ゆえに、「ルパン三世」パート2はほとんどそれから外れる安全パイ状態であります。
思えば、かつての「ルパン三世」パート2も、毎週月曜日の放送と言う事から、野球放送によって休みと言う事から外れていた物でした。この分だと、再来年からは「ルパン三世」パート3の放送が始まるのではないかと推測する次第ですが、恐らくは、その「ルパン三世」パート3こそが、土曜日に関する生涯最大の業腹な物と言えましょう。
「ルパン三世」パート2や「ブラックジャック」は新放送が日本テレビ放送ながら、毎週月曜日の放送と言う事で、巨人戦によって「潰される」と言う事がなかったのに対して、「ルパン三世」パート3に至っては、毎週土曜日放送と言う事から、シーズン中においては、頻繁に「潰されていた」物でした。
元々は、毎週土曜日の19時と言えば、「まんが日本昔ばなし」が放送されていましたから、単純に言えば、よしんば「ルパン三世」パート3の放送が休みになっても、その時間帯に見る番組がなくなってしまうと言う事はありませんでしたが、とにかく業腹の話でした。この時期程巨人の存在を憎み呪った事はありませんでした。
それに対して、TBSの方はそのような心配はなく、「8時だョ!全員集合」の放送が行われ、昭和60年には「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」へと移行しました。
この「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」では、前半では、THE DETECTIVE STORYなるドラマ風のコントが放送されていて、いろんなゲストが出演しましたが、その中の一人として、渡辺徹がこの中で初めて見た人でした。そこでは、彼は探偵たる加トケンの弟子入りしたいとやって来たものの、実際やった事と言えば、とんでもない食欲を披露する事でした。
また、THE DETECTIVE STORYの中では、頻繁に志村が3つに分かれた太鼓を叩いて、「だいじょうぶだぁ」と叫ぶ「だいじょうぶだぁ教」なるギャグが確立し、それが後の「志村けんのだいじょうぶだぁ」と言う番組のタイトルへとつながって行きました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
























その陰で多数の小動物が死んでいる

教育上いいの? 「池の水ぜんぶ抜く」の“殺生正当化” 専門家が指摘

結果的に生き物を殺すにも拘わらず、嬉々として捕獲に励むチビッ子たち……。テレビ東京の人気番組「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」では、“外来種=悪”と決めつけ、生き物をバケツに放り込むシーンが度々、登場。まるで地獄絵図のような光景には、専門家も首を傾げるのである。

 番組は、住民や自治体からの応募に応じて、手つかずの池をかい掘りし、迷惑外来生物の駆除やゴミの撤去を行うというドキュメントバラエティだ。司会のお笑い芸人の他に毎回、様々なゲストも参加。日比谷公園を取り上げた際には、小池百合子都知事も胴長姿を披露している。

 TV情報誌記者によると、

「2017年の放送開始当初はスペシャル番組でしたが、シリーズ化されると10%を超す高視聴率を記録。視聴者は、池の中から何が出てくるのかといったワクワク感を持つようで、今春からは月イチのレギュラー番組に昇格したのです」

その一方で、番組の問題点が取り沙汰されたことも。

「今年2月、ヤゴを捕食する外来魚を駆除する様子を収録した際、一般参加者1千人が池の中を踏み荒らし、在来種を含む多数の小魚が死んでしまいました。現場で専門家が足りていなかったことや杜撰な進行が物議を醸したのです」(同)
“極端すぎる”

 この時は、テレ東の社長が定例会見で弁明する事態にまでなったのだが、のど元過ぎれば何とやら。千葉県のお寺の池を舞台に、50人の地元小学生が参加した7月22日の放送では、

「この池に巣くう影の支配者が出たー」「ヤング隊、総動員でブルーギル(外来魚)の駆除に掛かる」

 といった大仰なナレーションを合図に、ブルーギルを捕獲。殺生を禁ずる仏教の寺での大量駆除は、ブラックジョークと言うほかないが、子どもたちに命を奪うという実感はないようで、まるでお祭りイベントに興じるかのよう。仕舞には、水も張っていないバケツに、山のように入った魚の映像が流れたのである。

「外来種だからすべて駆除という考えは極端すぎる。いかがなものかと思います」

 とは、生態学の専門家で、『「自然」という幻想』の訳書がある慶應大学の岸由二名誉教授。

「番組では、それぞれの生態系をどうしたいのか目標を立てずに、外来種の駆除だけが目的のような印象が強い。私も外来植物の駆除を行っていますが、場所によっては在来種を除去することもある。目標によってケースバイケースで必要な駆除が異なるのです」

 在来種か外来種かのみを基準とするのは、生態学的にも疑問だというのだ。さらに、大問題なのは、

「仮にその動物が悪だとしても、子どもたちに乱暴に動物を抹殺させるのは、教育上、いいとは思えない。自然を守るためでも、動物の駆除は大人が行えばいいこと。市民参加でイベントのようにするものではないし、ましてやテレビで面白おかしく放送することでもありません」(同)

 殺生を正当化した番組のほうが、外来種よりも悪影響というのである。

「週刊新潮」2018年8月9日号 掲載


昨年度は結構面白く拝聴した番組てありますが、その裏で多数の小動物が死んでいっていると言う話を知ってがっくり来た物です。しかも、そこでは単にこの方面では素人であるタレントだけが出演しているのではなく、専門家も登場していると言うのに、そうした方面で手抜かりをしていたと言うのはいかがな物でしょうか。
そのせいか、今年度からは見なくなってしまいました。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


平日と休日の間(はざま)②

「平日と休日の間(はざま)」第2回目です。
元々と言うべきか、土曜日の17時30分の時間帯に関しては、TBSで「まんがはじめて物語」なる、始めと終わりの部分だけが実写になっているアニメーションが放送されていました。つまり、それを久しく見ていたと言う事です。この番組の後釜として「まんがどうして物語」が始まったのですが、この番組において初めて松居直美を拝む事となりました。
新放送がTBSのアニメーションは今も昔も、ネットでの配信やMXでの再放送込みでも、ほとんど見る事がなかったものの、その数少ない物の1つ(あるいは2つ)として、「まんがはじめて物語」のシリーズと、19時放送の「まんが日本昔ばなし」と、土曜日放送の物が記憶に強い所であります。
それに引き換え、新放送が昭和の物に関してはフジテレビが一番多く、その中でも土曜日18時30分開始と言う物が多かったのですが、その記憶が強かったのが「ゲゲゲの鬼太郎」と「おそ松くん」で、さらに平成に入ってからの「平成天才バカボン」でした。この時間帯に関しては、タツノコ製の作品が目白押しでしたが、当時としては見る事がありませんでした。
ちなみに、その中でタイムボカンシリーズは6作目の「逆転イッパツマン」までこの時間帯で放送されていたのが、7作目の「イタダキマン」は19時30分からの放送でして、これまでの作品の視聴率が軒並み20パーセント以上だったのが、「イタダキマン」に関しては10パーセントにも至らず、そのせいか20話しか放送しなかったと言うこけっぷりを呈しており、そうなると、18時30分の時間帯は黄金の時間帯だったのでしょうか。
土曜日の1930分と言えば、一番記憶に鮮明なのが、TBS放送の「クイズダービー」でした。ちなみに同じ時間帯で、当時はNETと称していたテレビ朝日において「秘密戦隊ゴレンジャー」が放送されていたのですが、戦隊物は早々と淘汰されてしまったと言う事です。
戦隊物はいまだにテレビ朝日において放送されていますが、自分が記憶にある物としてはこれだけしか見る事がなく、次の作品たる「ジャッカー電撃隊」に関しては、近年、YouTubeにおいて主題歌を見つけるまで未知の存在でした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ























平日と休日の間(はざま)①

周知の通り、位置的にも性格的にも日曜日と平日の間に土曜日があります。かつては土曜日と言えば、半ドンと言われるように、午前中で仕事や学業を手じまいにする日である傾向が多かったのが、近年では週休2日制の色合いが濃くなって、いまだにそれが完全に施行されたとは言えない物の、かなり定着して行ったと言う事が指摘できるでしょう。
いまだ、個々人レベルでも会社などの組織として必ずしも日曜日ですから休みにならないと言う事があるくらいでして、それならば土曜日だって、同様に必ずしも休みにならないと言うケースは少なくなく、それだけに、依然として、土曜日には平日と休日の要素が入り混じった状態で存在している所があります。
これからはしばらく、そんな土曜日をテーマとした、個人的、社会的な物事に的を絞って取り上げて行きたいと思います。
昭和60年の9月を以てTBS放送の「八時だよ!全員集合」の放送が終了しました。この番組こそ、土曜日を代表する番組と言っても良いでしょう。土曜日の夜はTBSと意識できたほどに、土曜日はTBSの視聴が多かった物ですが、その中でも「八時だよ!全員集合」はメインディッシュでして、この番組の終了は後々にまで及ぶほどの大影響があった物です。まあ、その直後には「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」なる、ドリフターズの内の2名を中心とする番組が放送されましたから、依然として、土曜日の夜はTBSと言う概念が解消する事はなかったのですが、「八時だよ!全員集合」の終了に伴い、新たなお笑い番組の「発掘」にいそしむようになった次第であります。
今時点では高校野球の県大会が放送される事から、休止状態になっているものの、平日の15時台には仕事人シリースが放送されていて、その中のレギュラーの1人として中尾ミエが出演しているのですが、初めて見たのが「お笑いスター誕生!!」なる番組での司会の片割れとしてでした。この番組にはもう1人司会として山田康雄が出演していて、そう言う意味でもレアな番組と言えました。
この番組は毎週土曜日17時30分スタートの番組でして、当時としてはリアルタイムで見る事は容易な時間帯にありました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE