プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「場所」の兼ね合いが難しい道楽

男性のガンプラ趣味が家族の迷惑になった話 大量のモビルスーツで「自宅がホワイトベース化」して困惑

先日とあるテレビ番組で、50代の男性が趣味で集めたガンプラを妻子に処分されるという内容が放送され、ネット上で男性に同情する声があがった。趣味となると何でもコレクションしたがる男性は多いが、それを理解できる女性は少ない。

そのため、どこの家庭でも大なり小なり似たような悶着は起きているだろう。実際私も十数年前、ガンプラに悩まされた経験がある。(文:千葉こころ)
驚くべきスピードで増殖するガンダムたち
まず、当時の状況から説明しておこう。住まいは8帖のリビングと6帖の寝室しかない小さなアパート。おなかに新しい命が宿り、産まれるまでには部屋を模様替えするなり、もう少し広めのマンションに引っ越すなりしなきゃね~なんて、夫婦で話していたころである。

そんな我が家にガンプラが登場したのは、当時の夫が同僚と遊びにでかけて帰ってきたとき。「ガンプラが安く買える店に連れて行ってもらった」と、4つの箱を持って帰宅したのだ。その日を境にガンプラはどんどん増殖していき、あっという間に寝室の壁一面を埋め尽くした。

親子3人で住むには手狭な部屋をどうにかしたい……そんなことを思っていた矢先の出来事だけに、元夫の趣味を理解するゆとりなどなく、日ごと買い足されていくスチールラックと、そこへ積み上げられていくガンプラの箱を、ただただ眺めることしかできなかったのである。
アムロも困惑!? 同じモビルスーツが2機体制という疑問

もし「部屋が狭くなる」ことだけが悩みの種なら、もう少し寛大になれたかもしれない。でも、私の中に渦巻いていた感情はそれだけではなかったのだ。

まず、「なぜ同じものを2つ買う?」という疑問。元夫曰く、「1つは作る用、もう1つは新品のまま取っておく用」とのことだったが、その時点で理解不能。プレミア物ならまだしも、ザクのように量産されている物を永久保存したところで価値が上がるわけでも無かろうに。

ましてや、これから出産、子育てとお金が必要な時期に、2倍の出費はかなりの痛手。働き手への労いとして小遣い制は導入せず、好きな時にほしいものを買える環境にしていたことをひどく後悔したのを覚えている。

ガンプラ2倍増殖に付随して、塗装などに使う道具の購入もかなり家計を圧迫した。女目線で見れば、スターターキット以外は必要なとき買い足せばいいと思うのだが、カタチから入るのが男のスタイルなのだろうか? まず、エアブラシやら塗料やら、すべてを買い揃えるのである。しかも、高価なヤツを。そのあたりは技術が伴ってからランクアップしてくれよ……というのが、私の本音であった。

つまり、場所を取る以外に経済的な問題も絡むのである。意のままに買う元夫を止められなかった私にも非はあるが、家計を省みる姿勢くらい見せてくれていれば、ガンプラを見る目も変わったかもしれない。と、今なら思う。
組み立て終わっても空箱を処分しない、という謎

子どもが生まれてからもガンプラの増殖力は衰えを知らず、さらに、組み立てられたモビルスーツがリビングにも進出しはじめていた。そう、もう寝室のスチールラックには収まりきらなくなっていたのである。そこでもまたひとつ疑問が生じた。

「なぜ空箱を処分しないんだ?」

組み立てたのちの空箱も、永久保存の箱と並んでしまわれているのである。それ処分したらスペース空くじゃん……。そしたらそこに完成品飾れるじゃん……。ホワイトベースと化した部屋を見つめながら、そんな言葉が頭でリフレインした。言えなかったけど。

ガンダムと仲間たちがリビングで待機することには実害もあった。掃除がまことにしづらいのである。固定されていないものもあったため、掃除機が飾り棚の脚に当たっただけでユラユラ、ときどきコテン。テレビの横など特別な待機場所を与えられたモビルスーツも数機いて、拭き掃除だって細心の注意を払わねばならない。

毎日のことだけに、かなりストレスを感じたものだ。せめて掃除だけでも手伝ってくれていれば、そこまで迷惑に感じなかったかもしれないけどね。
大量の占拠スペースに経済的事情、趣味はバランスを考えてほどほどに

そんな我が家の静かなるガンプラ戦争も、ある日突然終わりを迎える。リビングを占拠するガンダムたちがいかなる兵器をもってしても太刀打ちできない、”コドモの逆襲”がはじまったからだ。

成長とともに行動範囲や興味の対象が広がるものの、まだ「ダメよ」が通じない0歳児。モビルスーツに手を伸ばし、スチールラックから箱を引っ張り出し、飾り棚をガンガン叩くとやりたい放題。これにはさすがの元夫も完全降伏したようで、「トランクルームを借りてきた」とすべてを撤収したのである。

それから2年ほどで離婚しているため、ガンプラたちのその後は知らないが、占拠スペース以外にも、経済事情や掃除の負担など、いくら夫の趣味と言えども、妻には諸手を挙げて受け入れられない事情があることはお分かりいただけたでしょうか。

ガンプラ趣味やコレクション癖が悪いわけじゃない。理解だって示したい。でも、趣味と家庭や家計とのバランスが崩れた瞬間、そんな思いは吹き飛んでしまうのだ。


生活でも商売でも道楽でも、何かと三要素と言う事が言えるのですよねぇ。お金と時間と場所が不可欠だと言う事であります。その中でもプラモデルの場合は出来上がった作品の維持と言う点で厄介ですな。本のようにどこかにぎゅうぎゅう詰めにまとめておくと言う事が出来ず、転倒してしまわないように気を使わなくてはなりません。
女にだっていろんな服を欲しがると言う道楽があるじゃないかと反論したくとも、服にはプラモほどの保管に関する厄介さがないだけに、そうした道楽を持っている多くの女性の視点からしても、不可解感、不快感に至るのも理解ができると言う物です。
かく言う自分は、かつてドイツ戦車のプラモ制作に凝っていた事がありましたが、と言ってもごく少数しか行いませんでしたが、一番のネックは場所でしたな。完成品をどこかにおいておいても、何かの拍子で一部が壊れてしまうと言う事に気を使わなくてはならない事から、それに他にもやる事がありますから、今ではやめてしまいました。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト

ねたみの心理40

「ねたみの心理」第40回目です。
自分自身はルパン三世に対してねたみを抱く事はないのですが、作品中におる次元の場合はそうとは言えないでしょう。ルパン三世と違って、次元は不二子の無節操ぶりに関してかなり業腹状態でありますが、ルパン三世はそうではありません。そうした両者の違いはスケベ欲の度合いがもたらしていると言えましょう。ルパン三世の半端なきスケベ欲は、他の人間ならば不快に思って当然の、不二子の裏切りに対する思いを圧し潰してしまっているのです。
そんなルパン三世を次元は「かぼちゃ頭」とののしる事があったのですが、改めて、一向に不二子を見限る気がないルパン三世にとってはその事で自分が愚かだと言う自覚がありませんでした。
話は変わりまして、第112話の「五右ヱ門危機一髪」においては、ルパン三世の弱点を探ろうと、ウルフとローズの2人組が五右ヱ門を拉致して折檻しました。その事で次元が、「おれは五右ヱ門のように粘る事ができない。さっと吐いて楽になりたい」と言って、その時どう答えたら良いかと問うたところ、ルパン三世は「腕が立って、頭が切れて、顔もスタイルも抜群だから、欠点なんかないんじゃないか」と脂下がった物だから、次元はあきれ顔になってしまいました。
こんな有様だから、ルパン三世に対するねたみと言う物が生じたとしても当然でしょう。第62話の「ルパンを呼ぶ悪魔の鐘の音」
の終わりの時には、ルパン三世が、2人に対して、「お前ら、おれをやっつけたいと言う気持ちが少しでもあったんじゃないか」と勘ぐった所、実際、作品の半ばにおいては2人はルパン三世を殺そうとしたのですが、それはあくまで操られていただけだったのにもかかわらず、2人はその事を強調してルパン三世の疑念に対して否定しようとはしませんでした。
実際その通りだったようでして、第139話「ルパンのすべてを盗め」の中ではルパン三世の体を乗っ取ったスチールを(すなわちルパン三世の格好をした人間だと言う事です)次元は拳銃のグリップで殴って、「一遍やってみたかっと」と喜んでいたのでした。
第112話に戻りまして、次元のあきれ顔状態の後で五右ヱ門が笑いが取れる発言をしていました。「ルパンの弱点は毛が三本足りない事だ」。これに対して次元は溜飲が下がったようで笑い、それにルパン三世も続くのでした。
ここから導き出される結論としては、完璧すぎてもまずいと言うことなのです。どこか抜けている所があってこそ、ねたみを和らげることにもつながるのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










思っていた事と検索結果との乖離⑥

オムニ
映画「ロボコップ」に出て来る巨大企業としてオムニ社が出てきます。
我が国におけるオムニで最初に出て来るのが、セブンイレブンの「オムニ7」であります。オムニ自体は、全てとか総合とか言う意味を持っており、セブンイレブンにおける「オムニ7」とは、何でも通販で取り扱っていると言う事のようです。

山吹色の菓子
時代劇では往々にして贈賄のやり方として、菓子箱に小判を入れて、しかも、時にはその上に和紙を敷いて、その上にまんじゅうなどを乗せて、表面上は菓子を贈ったように装っています。その結果、小判の色にちなんで「山吹色の菓子」と言う言葉が賄賂を意味する符丁となりました。
さて滑稽な事に、このタイトルでものほんの菓子が存在しているのであります。しかも、そこではこった事に、小判の束状のケースに1個1個収めた状態で、9個を箱に収めて販売されていました。

馬鹿め、わかめ、おかめ
「とんでも戦士ムテキング」の中で、クロダコブラザーズが使用したののしり言葉です。単に罵るだけならば、馬鹿めだけでも良かった訳ですが、語呂合わせでこんな奇怪なののしり言葉が出来上がったのです。
さて、あえてここに掲載するほどですから、検索においては肝心の「とんでも戦士ムテキング」が出てこないで、「夜ノヤッターマン」では、ドロンジョがこのののしり言葉を使用していた事が出てきました。
「とんでも戦士ムテキング」をDテレビで視聴開始したのが平成26年11月で、MXで「夜ノヤッターマン」の放送が始まる2月前でした。要するにわずかの差で「ムテキング」の方が先だった訳で、ドロンジョのののしりにクロダコブラザーズを思い出した物です。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ











ねたみの心理39

「ねたみの心理」第39回目です。
金持ちは金持ちなりの社会勉強と言う事を意識すべきではなかったでしょうか。一般庶民でも勤まるような事をやっても、それは所詮は金持ちの道楽にしかならないのではないでしょうか。その話の中で取り上げられた、麗子の子供の時のアルバイトとは、わんこのお散歩でした。それは好きな事から「厳選」された、ちっとぱかしお小遣いが得られる道楽に過ぎなかったのです。金持ちゆえに、好きな事でなければ、やらないで済むと言う風に逃げてしまう事は容易だったはずです。金持ちでなければ、好き嫌いではなく、できる事の中から選択する事の方が多い訳でして、そう言う風になってこそ、社会勉強と言うのに値するのです。
そして大人になっても、中川、麗子の行為、警察官になると言うのもまた金持ちの道楽でしかないのです。真に社会勉強と言うのであれば、両さんよりも少ないであろう給与の中で生活すると言う事を学ぶべきでしょうに、彼らは都合が悪くなったら、いや、頻繁に金持ちとしての普段に「逃避」しているのです。
本来ならば、それはそれで良いとして別段けちを付けようと言う話ではありません。所詮は漫画の中での話ですからね。それでもあえてきれいごとを言うのであれば、このように反論もしたくなると言う物ですよ。別に西郷隆盛のように、明治維新以降になって高額所得の身の上になっても、従前どおり贅沢にふける気がないと言うようにふるまう気がなく、普段の身の回りだに思いきりの贅沢にふけっている。思いきり親のすねかじり状態でして、こんな有様で、庶民ぶったとしても、まったく説得力が感じられないのです。
それくらいならば、白鳥麗次のように、全力で金持ちぶった方が却ってすがすがしいと言う物です。
自分に言わせれば、麗次のやっている事は、一種の芸人ではないかと気がします。金持ちである事を全力で吹聴する事、それ自体がパフォーマンスでして、それなりに面白さと言う物が感じられます。他の金持ちの場合でも、そのように割り切ってしまえば良いのです。
彼らがどう金持ちであるのかと言う事は、一般の人間にとっては珍しい事に属する事ですから、なんか面白い物を見れると思ってかかれば、案外腹が立たなくなってしまえるのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










思っていた事と検索結果との乖離⑤

ビチグソ
うんこを意味する符丁としては最もど汚い響きを感じさせる物であります。自分の記憶によれば、それは少年サンデーで連載されていた「まことちゃん」の中で使用されていた物でしたが、検索ではそれが一番初めに出て来たと言う訳ではありませんでした。最初に出て来たヤフー知恵袋においては、下痢便を意味する言葉のようです。何しろ言葉の上ですらど汚い響きなのです。どうもそれなりの形を有した物が想像できなのです。

五当四落
かつての根性論の中における、受験勉強の中で使用されていた言葉として、四当五落と言うのがありました。それは睡眠時間を4時間に切り詰めて勉強すれば合格し、5時間も眠る者不合格になると言う物でした。
さて、上記における「まことちゃん」に拮抗するほどのうんこネタの多い漫画として少年ジャンプ連載の「トイレット博士」の中においては、逆に五当四落と言う言葉がありました。そこではラーメンに入っているチャーシューの枚数を言っており、要するに合格するにはチャーシューを5枚食べてスタミナを付けるべしと言う事だったのです。ひょっとしたら、自分にとってのチャーシュー麺のきっかけとはこんな所だったのかも。

ダンジ―
牧伸二の造語としてダンディなじっちゃんの略称としてダンジ―と言うのがありました。しかしちゃんか同様検索では引っかかりませんでしたね。検索で最初に出て来るのはダンジ・エイレイと言う、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に出て来る登場人物でした。こっちは知らん。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE