プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

見ない作品だからどうでも良いのだが

「日本的な機微はどうなる?」『君の名は。』実写化、海外でも期待と不安の声

大ヒットアニメ映画『君の名は。』(新海誠監督)が、ハリウッドで実写映画化されることが発表された。新海監督本人からはリメイクに期待するコメントが出ているが、アニメファンや映画ファンの間では、期待よりもむしろ、いわゆる“原作レイプ”を不安視する声が広がっているようだ。英米メディアでは特に、人種差別問題が絡む“ホワイトウォッシュ”(キャストが白人俳優ばかりで固められること)を懸念する声が上がっている。

◆前2作に続く“ホワイトウォッシュ”か?

 先月28日、米パラマウント・ピクチャーズと『スター・ウォーズ』シリーズを手がけるJ・J・エイブラムス氏の制作会社バッド・ロボットが『君の名は。』の実写映画化権を獲得したと発表された。監督・プロデューサーにエイブラムス氏、脚本家にSF映画『メッセージ』などで知られるエリック・ハイセラー氏の名が挙がっている。原作プロデューサーの川村元気氏も制作に関わるようだ。

 キャストについては具体的な名前は出ていないが、英ガーディアン紙は、「J・J・エイブラムスの『君の名は。』のリメイクがハリウッドの“ホワイトウォッシュ”の不安を呼ぶ」というタイトルの記事を掲載。今作も、これまでの日本原作のハリウッドリメイク同様、オール白人キャストになる可能性が高いと指摘している。ハリウッドの外国映画のリメイクでは、客を呼べるスター俳優のほとんどが白人であるため、主要キャストが白人に置き換えられることが多い。米国などではこれが“ホワイトウォッシュ”と呼ばれており、人種差別的だと批判されがちだ。

 ガーディアンや米フォーブス誌は、日本アニメ原作の“ホワイトウォッシュ”の最近の例として、揃って『ゴースト・イン・ザ・シェル』(攻殻機動隊)と『Death Note/デスノート』を挙げる。人種問題を差し置いても、原作ファンからは原作イメージを大きく損なうリスペクトを欠いた“原作レイプ”だという批判も多い。

◆“日本アニメ嫌い”がお金のために無理やり実写化?

 ガーディアンは、『ゴースト・イン・ザ・シェル』『Death Note/デスノート』のホワイトウォッシュぶりを、「スカーレット・ヨハンソンをヒロインにキャスティングした攻殻機動隊は冷笑を誘った。デスノートでは、舞台を東京からシアトルに変えてほぼオール白人キャストとなった件で、監督のアダム・ウィンガードが批判の火消しをすることを余儀なくされた」と表現する。

 フォーブスの記事を書いた日本のゲーム&ポップカルチャー・ウォッチャーのオリー・バーダー氏は、『ゴースト・イン・ザ・シェル』を「ホワイトウォッシュ議論を横に置いても、映画そのものが単純にひどかった」と突き放す。「『君の名は。』は根本的に日本的な特徴づけがされており、日本文化と大きく交わっている」と語る同氏は、キャストの面だけでなく、物語の背景と映像に貫かれている日本文化や、主人公たちのやりとりに見られる日本的な機微が失われることを懸念する。

 バーダー氏は『君の名は。』のハリウッドリメイクを「むしろ残念なニュース」だと捉えていると言う。特に『ゴースト・イン・ザ・シェル』を配給したパラマウントへの不信感は相当なものだ。同氏は、パラマウントはそもそも日本の漫画とアニメを嫌っているにもかかわらず、金になるからとヤケクソ気味に次々と実写化していると見ている。そうした原作愛のない姿勢は今回も変わらないだろうから、『君の名は。』も駄作になるのは決定的だというわけだ。対して、同じアメリカの配給会社でも、コミック文化や漫画・アニメに造詣が深いスタッフがいる会社は「良い仕事をしている」と同氏は指摘する。

◆他国の物語の再構築自体は古くからあるという指摘も

 映画評論ブログサイト『/Film』は、ホワイトウォッシュが行われる理由を、特に日本アニメ原作の場合、ハリウッドがまだアジア系の俳優に多くのチャンスを与えておらず、そのため主役級の複雑な役を演じることができる俳優が少ないことを最大の理由に挙げる。人種差別というよりは、ビジネス的な観点でより市場価値が高い白人俳優にチャンスを与えているというのが実情のようだ。

 また、“ホワイトウォッシュ”のような極端なローカライズでなければ歓迎する声も聞かれる。サブカルチャーサイト『IndieWire』のライター、デビッド・アーリッヒ氏は「(主役の)三葉と瀧の友情をそのまま英語に翻訳し、舞台をアメリカの西海岸北西地区に移し、望むらくは(物語の鍵となる)大災害をオリジナルのものにすればベストだ」と書く。また、同氏は「他の国の物語を借用して再構築する」こと自体は映画の歴史以前からあるもので、「適切に行われれば美しい物語が紡ぎ出される」としている。

 とはいえ、ネット上では非難の声の方が大きいようだ。ガーディアンは、「ハリウッドよ! 他人の作品に乗っかって利益を得ようとするのをやめろ。あまつさえ、これ(『君の名は。』)は公開から1年も経っていないじゃないか。早すぎる!」「ハリウッドのクリエイティビティが破綻したことを示す好例だ。彼らは、アニメと漫画からすらも搾取しようとしている」といった声を取り上げている。ファンが事前に“ホワイトウォッシュ”されていないかを確認するために、早い段階でキャストを公開すべきだという声も出ているという。
Text by 内村浩介

別にどうとも。国産のアニメーションだって必ずしも登場人物が日本人とは限らないのです。「宇宙の七人」のように割り切ってしまえば良いのではないでしょうか。「七人の侍」を元にしながらも、SFですから、登場人物のほとんどは地球人ですらなかったのです。
著作権的な部分さえしっかりしておけば、後は勝手に汁と言う事でおしまい。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

DVDダビング奮闘記

去る7月に新たに、都合3台目となるDVDを購入しました。
旧来のビデオならば、1台で1つの番組しか録画できなかったのに対して、今どきのDVDだと1台で2番組の録画が可能である事からすれば、そうした購入は過剰になるのですが、既存のDVDが駄目になってしまっていたとしたら当然の購入でしょう。
その既存のDVDに関して言えば、録画がもっぱらHDDの範疇である内は以前使用可能なのですが、BDにまで行くと駄目になってしまっていたのです。では、そのDVDに録画していた番組の内、ブルーレイディスクへ保存するのにはどうしたら良いのかとなると、最近ではPCでもおなじみのLANケーブルを別のDVDにつないでの「引っ越し」と言う手段があるのですが、どうも自分の場合はそれがうまく行きませんでした。
そこで取られた手段として、旧来のビデオでよくやったダビングの手法でした。もちろんこんな手段でのダビングは想定外でしょうから、旧来のビデオの時に比べれば却って面倒くさい部分が存在してしまうのは否めない所でしょう。ビデオでならば、ダビングする側の方をまず録画スタートしてから、再生する側のビデオの再生を始めると言う事が可能だったのが、DVDの場合はそれができないと言う事なのです。
DVDの場合は、録画予約でなければ、あらかじめ再生しておく事が録画できる状態にあるための条件となっているため、最初の部分はよしんばそれが数秒間程度とは言え、録画不可能になってしまったのです。そして当然の事ながら、そうしたダビングは放送時間通りかかってしまうのでした。

_ノフ○グッタリ

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

















難しい字の声優が死去

「天空の城ラピュタ」の声優が死去、中国ネットに哀悼と感謝

2017年10月2日、中国のポータルサイト・騰訊(テンセント)のアニメチャンネルは、同日に日本の声優・槐柳二(さいかち・りゅうじ)さんが亡くなったことを伝えた。89歳だった。

記事は、日本メディアの報道を引用して、9月29日午後1時30分ごろ、うっ血性心不全のため都内の病院で亡くなったと伝えた。槐さんは、アニメ「天才バカボン」のレレレのおじさん役などで知られるが、中国ではジブリアニメの人気が非常に高いこともあり、記事では「宮崎駿監督の著名なアニメーション映画『天空の城ラピュタ』で老技師の役を演じた」と伝えた。また、亡くなった29日に日本のテレビで『天空の城ラピュタ』が放送されたことに触れ、「槐さんの突然の死を多くの人が惜しんだ」と伝えた。

ネットユーザーからは、「『天空の城ラピュタ』は大好きなアニメ。どうぞ安らかに」「天国で安らかに。あなたがこの世界に楽しみをもたらしてくれたことに感謝します」「一生をアニメに捧げてくださり、ありがとうございます」「安らかに。あなたは芸術家です」といった声が寄せられ、哀悼を示している。(翻訳・編集/北田)


どんな声をしているかは、脳内再生ができる状態でして、「タイムボカン」の木江田博士や、「ルパン三世」パート2にゲストで吉良上野介の幽霊役でも出てきましたな。その代わり、木へんに鬼と言う字が難しくてそれで名前が覚えられないと言う状態にありました。
ちなみに順序があべこべになるのですが、「とんでも戦士ムテキング」(「ラピュタ」よりも6年前の放送だから)でタコキチが人間に変身した時の姿がジブリのアニメに出てくるキャラクターにいたなぁと言う事を思った物ですが、この老技師ですな。フランスパンのようなひげが横に伸びているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


出世の定義②

「出世の定義」第2回目です。
軍隊の世界においては、いくさに出る、出ないと言う事が意識される傾向が多い物でして、いくさに対する考え次第によって同じ人事に対する解釈が当然分かれる物です。いくさに出る事に対して肯定的に考えるのであれば、それに見合った人事が望まれるはずでして、それからはじかれる事はそうした人間にとっては左遷と言う風に解釈されるのは当然でしょう。
映画「鷲は舞い降りた」の中に出て来るアメリカ軍大佐が作品中、自分に対して決定した人事に関して憤っていました。彼にしてみれば、これから始まるであろう、フランスへの上陸作戦において自分も参加できると思っていた矢先、内地への人事異動の事例が届いていたので、それでフランスへの進撃からはじかれる事で、左遷意識を持っていました。
もっとも、その後、彼にとって幸か不幸か、近くにおいていくさが生じて、そのために彼の「左遷」はなくなりました。ただし、そのいくさの最中に、ドイツ側の工作員であったジョアンナによって討ち死にと言う落ちとなりましたが。
当然逆の解釈がなされる場合もあります。映画「脱走大作戦」においては、イタリアが連合国に対して降伏直後、元々イタリア軍が管理していた捕虜たる連合軍の将軍連中に、将軍になりたての、イタリア軍の収容所長を加えて、ドイツ軍の捕虜収容所へ連行された所、ドイツ軍の収容所長が、彼らに対して部下の射撃の腕を披露しました。
所長曰く、「しくじった者は東部戦線行き」だと。そう言う射撃の腕の良い奴こそ、前線に送れよ、と言う突っ込みはともかくとして、そこでは前線行きこそ左遷と言う扱いになっていました。まあ、この頃の東部戦線はハリコフを失い、ソ連軍を振り切ってドニエプル川まで撤退しなくてはならない状態であった事からすれば、少なからずの人間にとっては行きたくない所だと言う風に感じても当然でして、ある意味、前線行きが左遷の手段として用いられたとしても納得が行くと言う状態でした。
また、日本の映画「軍閥」においては、戦局がますます悪化して行く中で、現況に批判的な新聞記事が出た事で総理であった東条は怒り、そうした記事を野放しにした事で、報道部長が前線の指揮官として飛ばされる事となりました。これなんかも、前線行きが左遷として扱われる一例であります。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















出世の定義①

世の中、いろんな所で出世と言う事が指摘される訳ですが、何を以て出世と言うのかと言う点では決して一律とは言えないでしょう。まずもって言えるのが個々人の利益認識がどの辺にあるのかと言う点です。たんに出世ができれば何でも良いのか。あるいは、その出世にもいろいろ留保条件が付くのかと言う事です。
例えば中央の本社へ異動となれば、一般的にはそれは栄転と言う風に解釈される所でしょうが、そのためには人によっては引っ越しが必要になるような異動だとしたら、それは御免こうむると言う事もあり得るでしょう。引越ししないで済む形で、あるいは長距離通勤が必要にならないで済むような形での異動が優先されるのであれば、それに外れる異動は万事左遷と言う事になるのでしょう。
また、もっぱら中央にある事ばかりが出世と言うのに値するとは言えないでしょう。高い価値のある役職はもっぱら中央にあるとは限らず、むしろ地方にだってあると言えるでしょう。支部長とか支店長とか、中央から離れてしまえば、独自の権限が持てる事から高い地位と言う事が言えるのではないでしょうか。
さて、いくさの世界における出世と言う物は結構複雑な所がある物です。いくさでの勲功こそが出世に結びつきやすいと言うのが軍隊では往々である一方、そこには生き死にが絡んでいる事から、逆に厄介事と見られる事もまたしかりなのです。それだけにそこでは、出世の機会があるかと思えば逆に左遷の場と言う風に「利用」されてしまう事もあると言う両面性が存在しているのです。
映画「ハートブレイク・リッジ」では、終わりの方のグレナダ侵攻の場面で、大隊長の意向に反した形で敵陣に対して行われた偵察小隊の攻撃に関して、かくかくたる勝利に終わった事から、連隊長は褒めた物の、大隊長のパワーズはもっぱら命令違反の行為であることを強調して激怒していましたが、連隊長はそうした杓子定規なパワーズを嫌って、かつてパワーズが勤務していた補給部門への復帰が好ましいとみなしました。
そこでは前線での奮戦がたっとばれて、好機を活かして積極的に勝利を目指す事よりも杓子定規に徹するパワーズはそれにふさわしくない奴だとして疎まれたのでして、大隊長からはじかれる事は、左遷に他ならなかったのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE