FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

君主の出撃⑦

「君主の出撃」第7回目です。
鉄道がうまく機能するためには、正しくレールが敷設されているかと言う事がひとつに言えます。鉄道自体が健在でも、前行くレールが破壊されていれば、そこまでと言う代物でして、イタリア映画「脱走機関車」では、敵中突破を計るために、鉄道を奪って、と言う場面がありましたが、政府軍の勢力圏が目前に迫った矢先にレールが破壊されてしまって、それに乗っていた傭兵たちはその場で立ち往生。両サイドから何千と押し寄せてくるシンバ兵の襲撃で全滅と言う締めくくりとなりました。
そこを行くと、飛行機の場合は、レールと言う制約がなく、鉄道よりもはるかに高速での移動が可能でして、とりわけアメリカのように、国内だにべらぼうに広いと言う国にとっては、大統領専用機と言う代物は必須のアイテムと言えましょう。それは、居住性や通信機能などなどいろいろ充実している物でして、いざとなったら、その機の中でいくさの指揮も執れると言う優れ物です。
もちろん、飛んでいる分には必然的に燃料を消費する事から、いつまでも飛んでいられると言う事はないでしょう。ホワイトハウスが崩壊して、別の然るべき場所に首都機能を定めるまでのつなぎと言う風に割り切らざるを得ない点で、ヒトラーの装甲列車よりは至らない部分もあるでしょうが、全体的にはこちらの方が実用的だと言えます。
映画「インデペンデンス・デイ」では、エイリアンの襲撃により、ホワイトハウスが破壊されて、ホイットモア大統領以下の合衆国首脳が、この大統領専用機に乗って、空中への退避を行いつつ、その中でエイリアンのシティ・デストロイヤー相手のいくさを指揮する場面がありました。
この最初の反撃は失敗に終わり、専用機は砂漠の中の秘密基地の1つ、「エリア51」に到着し、そこから更なる反撃が始まりました。まずはヒラーとデイビッドが乗った、敵の戦闘機がエイリアンのマザーシップの中に潜入して、そこでコンピューターウイルスを放って、シティ・デストロイヤーを覆うバリアを無効化すると言う手段が講じられました。
さて、その後ならば、シティ・デストロイヤーを攻撃する事が可能となるのですが、肝心のパイロットが枯渇していた事から、義勇パイロットの募集が急遽行われて、その1人として大統領も志願したのでした。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト

映画やドラマの中では赤の他人になり切らなくてはならないからな

高嶋政宏と政伸 共演NGだった!事務所認めるも兄弟確執は否定

「最近、高嶋政宏さん(53)と高嶋政伸さん(52)との関係がうまくいっていないのです。以前は共演もありましたが、いまでは“兄弟で”という出演オファーがあっても、2人とも頑として受け付けません。また2人は同じ芸能事務所に所属していますが、仕事関係者たちも事務所やテレビ局などでニアミスしないよう細心の配慮を払っている状態です」(政宏を昔から知る芸能関係者)

政宏・政伸兄弟が共演に応じていたのは6年前の’13年までだった。テレビ局関係者はこう語る。

「’13年1月には『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に兄弟で出演しています。さらに6月放映のスペシャル番組『カスぺ! 独占密着 真実の高島ファミリー』(同局)では、父・高島忠夫さん(88)を母・寿美花代さん(87)が“老老介護”する様子なども公開。息子たち2人は実家を訪れ、歓談していました。しかしそれ以来、兄弟の共演はプッツリと途絶えました」

『カスぺ!』以降、忠夫も寿美も公の場に姿を見せていない。夫婦は東京都内にある閑静な住宅地で生活しているが、2人の姿はまったくといっていいほど目撃されておらず、定期的に医師が、そしてヘルパーたちが交代で家を出入りするばかりだという。

「この数年ほど政伸さんのインタビューでは兄・政宏さんに関する質問がNG、また逆に政宏さんの取材では弟・政伸さんの話題がNGとなっています。そのように兄弟間に“断層”が生じたのはご両親の体調が悪化し、姿を見せなくなった時期とも一致しています。2人ともすでに80代、老親の介護問題が兄弟間の距離を広げたのでしょうか……」(前出・テレビ局関係者)

当人たちは、この家族問題をどうとらえているのか? まず5月上旬、帰宅してきた政伸を直撃した。

――お忙しいところ申し訳ございません。お兄様の政宏さんと確執があって、いまはご兄弟での共演がNGという状態が続いていると聞いていますが?

「(兄弟確執に関しては)僕はそんなことはないと思いますよ」

――ご両親の介護問題で意見の食い違いがあったりはしないのでしょうか?

「介護については家族間で話し合っています。兄の意見にはすべて従って、分担しています」

――この6年ほどは、ご兄弟での共演はありませんよね?

「それは(私の意向ではなく)単純に事務所の方針だと思います」

兄弟間の確執は否定したものの、共演NG状態にあることは認めた政伸。“兄は外交的だが、弟は内向的”“豪快な兄に対して、弟は繊細”など、高島家の兄弟は真逆のキャラクターでも知られている。本誌の直撃に対して驚くほど淡々と応じた弟に対し、兄・政宏は“苦悩”を隠さなかった。

「政伸と確執? いやぁ、そんなことはないのですけどねぇ……。共演がないことについてですか? 確かに昔は(共演も)ありましたよ。でも兄弟って本当にいろいろ難しい。ぶっちゃけ兄弟では共演とかもやりにくいですよ。事務所の方針というよりは、身内はやりにくいということだと思います」

政宏は、すでに弟が本誌の直撃を受けたことを知っていた。だが、そのやりとりを政伸から直接聞いたわけではないようだった。

「政伸は(取材に)『介護方針はすべて兄に任せています』なんてお答えしたようですが、なんで僕が全部決めているみたいなことを言ったのか……。両親の介護なんて、僕ら兄弟にとっても生まれて初めてのことなんです。だから方針を決めるも何も、アワアワしながらやっているような感じなんです」

――政伸さんとはどのくらいのペースで連絡を取り合っているのでしょうか?

「(政伸の)奥さんとはよく取っています。でも僕も政伸も2人とも忙しいので、(兄弟では)あまり……。両親の体調ですか? 父は寝る時間が長くなっていますけれど、母はまだ動けていますね」

反応は著しく異なるものの、“取材に対しては真摯”という点では共通していた政宏・政伸兄弟。最後に2人の所属事務所の担当者を取材すると、次のような回答が。

「兄弟でもキャラクターが異なりますので、共演をさせないというのは事務所の方針です。兄弟仲が悪いから、ということではありません」

確かに両親の介護に支障が生じているわけではないようだが、2人きりの兄弟なのだから、なぜ直接連絡をとって話し合わないのか、と考えるのは“余計なお世話”なのだろうか。

高島家といえば、家族そろっての仲睦まじい“イエーイ!”ポーズが定番だったころもあった。はたして政宏&政伸が2人でイエーイ! を見せてくれる日は再び訪れるのか。


漫才だったら、「兄弟共演」と言うのは良くありますが、あれははなから兄弟でいていいと言う環境の中の話でして、映画やドラマでならば、そもそも他人になり切るのですから、普段の家族相手に赤の他人になり切ると言うのも、かえって辛いのでしょう。まあ、たまに映画の中でも家族のまんまでいられると言う作品もありました。
その一つとして、「人間魚雷出撃す」では、回天搭乗員の一人を演じた長門裕之が、病身の弟にそれを見抜かれて、他の者には黙ってろと釘を刺している場面がありましたが、その弟を演じたのが津川雅彦でした。


クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


安易に合法化できる物か

ウーマン村本「大麻合法化しようぜ」とツイート

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が26日、自身のツイッターを更新。芸能人の薬物逮捕が続く中、大麻の合法化を訴えた。

 22日にアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーで、歌手の田口淳之介容疑者(33)と交際相手の女優・小嶺麗奈容疑者(38)が大麻取締法違反(所持)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)に逮捕されたことを受け、元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江、55)がツイッターで「世界基準に合わせて欲しいですね。大麻は産業、医療、循環型社会に貢献するものという常識に書き換えられている」と訴えていた。

 村本はこの日、「大麻合法化しようぜ」と一言ツイートした。


(#゚Д゚)ヴォケ!

またこいつ、ろくでも発言だな。全く有害ばかりじゃないからだと言って、野放図に認められるものか。いい加減すっこんでろ。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















これからはこうしたはた迷惑な事態を阻止するために作品の設定が考慮されるべきだろう

鎌倉であの写真が撮れなくなる?ざわつく中国ネット

アニメ「スラムダンク」の聖地として知られる江ノ島電鉄・鎌倉高校前駅付近での写真撮影をめぐって、中国のネットユーザーがざわついている。

あるネットユーザーが12日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「駅付近での写真撮影が禁止されるかどうかという問題の真相を説明します」と投稿した。投稿者は「撮影禁止」という情報がネットで拡散されたことを説明し、NHKの今月3日の記事を紹介。そこには「危険な場所での撮影などを『迷惑行為』と定め、観光客らにマナーの向上を呼び掛ける新たな条例が今月施行されました」とあり、投稿者は「鎌倉市が制定したのは条例で、『禁止命令』ではない。観光客により良い旅行体験をしてもらい、自身の安全に注意し、地元の人の生活に影響を与えないようにするためのもの」と説明した上で、「写真撮影は禁止ではないが、地元の人の迷惑になるような行為は慎んで」との考えを示した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「禁止じゃなかった!」「聖地で写真を撮るという夢、まだ実現できていないからびっくりしちゃった」「良かった。まだチャンスある」「撮影はできるけど、他人に迷惑かけないようにしなければ」「(撮影禁止の情報に)驚いた。海外旅行で一番行きたいのは鎌倉。観光客の皆さん、節度ある行動を心掛けて」「外出先では地元の人に悪影響を与えないよう気を付けよう。さもないと中国人のイメージが傷付いてしまう」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)


まあ、原作者としてもここまで至るとは思いもよらなかったでしょうけど、なんとも罪な設定をしてしまった物です。こうした事は反面教師にしないとねぇ。いったん人気の作品となってしまうと、現実にある何かが聖地とやらでもてはやされて、迷惑のネタを作ってしまうと言う事です。
同じ神奈川県を舞台とするにしても、「ドカベン」の明訓高校のようにフィクションであってくれれば、このようなはた迷惑な事態は回避できた物です。もっとも当時は、アニメの聖地と言う概念も存在しなかったでしょうけどね。
ちなみに現実の明訓高校は、原作者水島新司出生の新潟県の方にあり、そちらの方で聖地化しているようですが。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















それほど大した物でもあるまい

【コラム】TWICEが架けた「韓日の架け橋」も壊すつもりか

TWICEに魅せられた日本の若者たち、K-POPアイドル夢見て海峡渡る

歴史問題で冷え込んだ韓日関係…若者の交流見習え

 K-POPガールズグループTWICEの日本人メンバー、サナが「平成ありがとう。令和よろしく」とソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の公式アカウントに書き込んだところ、韓国のインターネット上で炎上した。「戦犯国の出身で、韓国に対する礼儀がない」「軍国主義の象徴である日本の元号に言及するのは、歴史認識に問題があることを現すもの」などの非難にさいなまれた。サナは明仁天皇の退位で元号が変わる前日の先月30日、「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れさまでした!」と書き込んだのだが、これは非難されなければならないことだろうか。

 日本側の反応も険悪だった。「反日原理主義の狂人たち」「ナチスと同じレベルの朝鮮ファシズム」といった極端な言葉が飛び交った。歴史問題に端を発する反目が両国関係に暗い影を落としている。韓日両国には相手国に対する攻撃を愛国だと信じる人々がいる。そういう人たちがやっているのは両国関係を損なうことだ。彼らは民族主義感情を刺激するネタを見つけては嫌韓の刀を振り回し、親日の烙印(らくいん)を押す。

 しかし、これが韓日関係のすべてではない。両国の若者たちは今、大韓海峡(対馬海峡)を行き来しながら熱く交流している。TWICEは防弾少年団(BTS)と共に日本国内の韓流ブームを率いるツートップのアイドルグループだ。今年3月にはK-POPガールズグループとして初めて東京・大阪・名古屋でドームツアーを行った。日本のドーム公演は座席が1公演4万-5万席という超大型イベントだ。それを5公演行って全席完売にした。TWICEがこのほど日本でリリースした韓国語アルバム『FANCY』(ファンシー)は日本のオリコン週間ランキングで1位になった。マドンナでも3回しかできなかった同部門1位を4回も達成したのだ。

日本の若者たちは、日本人のサナ、ミナ、モモがTWICEのメンバーであることに胸を躍らせる。K-POPアイドルの「カル群舞」(切れ味抜群のフォーメーションダンス)に魅了され、「私もK-POPアイドルになる」と海峡を渡って来る。AKB48など日本の人気アイドルまでK-POP練習生になりたいと韓国の芸能事務所の扉をたたくほどだ。昨年10月に韓国で、今年2月に日本でデビューしたIZ*ONEがこのような経緯で誕生した。J-POPが韓国の歌謡曲を圧倒していた時代には想像もできなかった光景が今、両国で繰り広げられているのだ。韓国のウェブ漫画もこれに加勢している。「マンガの国」日本に進出した韓国のウェブ漫画はこの6カ月間、日本の漫画アプリで1・2位を独占している。

 韓流ブームをさかのぼれば、金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相=当時=による「韓日共同宣言 21世紀に向けた新たな韓日パートナーシップ」(韓日共同宣言、1998年)がある。この趣旨に沿って、韓国は日本文化開放を断行し、日本では韓流ブームが始まった。その後、記者が日本に出張すると、子どもたちまで近寄ってきて、「アンニョンハセヨ」(こんにちは)と韓国語であいさつした。両国関係が近くなっていることを実感した時代だった。だが、それが今、水の泡となろうとしている。その大部分は両国で歴史問題を政治的に利用する人々のせいだ。

 TWICEの台湾出身メンバー、ツウィが3年前、台湾の国旗を振って中国人にバッシングされた時、韓国では「中国の田舎くさい民族主義」という批判がまき起こった。その韓国人たちが今、サナを攻撃している。幸いなことに、「個人的な感情まで問題視するのか」「我々も嫌韓勢力のようなものになりつつあるのではないか」という自省の声が共感を得て、サナに対する非難の声は弱まった。

 日本はかつて、ほぼすべての分野で韓国より進んでいた。しかし、今では韓国が日本を追い越す分野も登場し、拍手を浴びている。ささいな事で揚げ足を取ってケンカを売る反日では成し遂げられない真の克日であり、互いのためになるウィンウィン(win-win)だ。歴史問題もこのような精神で解決していくべきだ。

金泰勲(キム・テフン)出版専門記者・論説委員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


大してそんなに大げさに考える事はありませんよ。ここではマドンナがたった3回しか来ていないと言う事が指摘されていますが、世界的なスターならば、いろんな所へ出かけると言う事も可能なのに対して、TWICEの場合は、外国と言っても日本しか行くところがないと言うだけの事だし、それ以外にしても、これら韓国タレントは日本に出かけると、日本語で歌う訳でしょう。それに比べて、マドンナの場合は、日本に来たからと言って、別段日本語で歌う訳じゃなし。韓国タレントと銘を打つのであれば、韓国語で歌えばよいと思うのですが、日本語で歌う所なんかは、韓国自体が世界的に見てまだまだローカルな存在でしかないと言う事を裏書きしていると言う事ではないでしょうか。
また、AKBから志願者が出ると言う話も、早い話が上等兵に昇進できなかったあぶれ者だからと言う事ではないのでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE