FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

そこで働く人間だって正月休みが欲しかろう

年末の熱狂と年始の静寂 TVに視聴者惹きつける鍵は“生放送”

平成最後の年末年始は、どのような番組が注目を集めたのか――。視聴者を惹きつけた番組にはある傾向があった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 年末年始のテレビ放送がひと段落つき、各番組への反響や視聴率が報じられています。

 なかでも好評だったのは、年末に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)、『ジャニーズカウントダウン2018-2019』(フジテレビ系)。「凄いものを見せてもらった」「やっぱり生の歌は凄い」などの称賛を集めたほか、高視聴率を記録して「成功」と言われています。

 その他、年末にネット上をにぎわせ、好意的な声が目立っていたのは、前述の3番組と同様の全編生放送か、生放送パートのある番組。ファイナルステージを横浜赤レンガ倉庫に設置し、安住紳一郎アナが生実況した『SASUKE』(TBS系)、何度も無人島と生中継を結んだ『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系)、松重豊さんがうな重を食べる生演技を見せた『孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編』(テレビ東京系)、中居正広さんが6年ぶりに司会を務めた『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2018→2019』(TBS系)。いずれも視聴者を喜ばせ、SNSへの書き込みは終始活発でした。

 一方、年始の番組では、午前中から昼すぎにかけて生放送された『第95回箱根駅伝』(日本テレビ系)が、往復路ともに劇的な逆転劇で盛り上がり、歴代最高の往復平均31.4%を記録。しかし、夜のプライム帯(19~23時)は、なじみのある収録番組が多く、年末ほどの熱狂はありませんでした。

 なぜ年末と年始の番組にこのような落差が生まれているのでしょうか。そこにはテレビ局の事情や悩みが見え隠れしているのです。
◆年始番組に“生放送パート”がない理由

「年末の熱狂と年始の静寂」という落差が生まれたのは、生放送ならではの“ダイナミズム=臨場感や迫力”があるかどうか。年始の番組も、出演者の豪華さでは負けていないだけに、「視聴者がハラハラドキドキできるか」「レギュラー番組とは異なる年末年始のムードがあるか」が落差を生む原因になりました。

 年始の『芸能人格付けチェック!2019お正月スペシャル』(テレビ朝日系)が元日トップの視聴率19.7%を記録しましたが、これはGACKTさんとYOSHIKIさんの連勝記録など、生放送並みの臨場感や迫力があったからでしょう。

 たとえば、『元日はTOKIO×嵐』(日本テレビ系)や『関口宏の東京フレンドパーク』(TBS系)、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)、『新春ドレミファドン』(フジテレビ系)に、年末のような生放送パートがあったら、より盛り上がったのではないでしょうか。

 もともと年始は年末と同様に、在宅率の高いテレビ局にとっての稼ぎ時。芸能界に限らず各界のスターをそろえて、正月らしい派手な特番を放送したいところですが、予算削減や働き方改革などの理由から、なかなかそうもいかないようです。もともと「タレントもスタッフも、年末に頑張って年始はゆったり過ごそう」という習慣があり、加えてお金と労働条件の制約も生まれている以上、仕方がないことなのかもしれません。
◆レギュラー番組の特番とドラマ再放送ばかり

 あらためて正月三が日の放送を振り返ると、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『ニンゲン観察バラエティ・モニタリング』(TBS系)、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)、『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く』(テレビ東京系)、『プレバト!!才能ランキング』(TBS系)、『VS嵐』(フジテレビ系)、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)など、「構成と予算の計算が立つ」レギュラー番組の特番が多くを占め、『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)以外は生放送パートがありませんでした。

 正月ムードを醸し出す演出こそ加えてはいるものの、視聴者にしてみれば「見慣れた番組」という印象は変わらず、年始ならではの特別感はありません。日中の放送に目を向けても、『アンナチュラル』(TBS系)、『義母と娘のブルース』(TBS系)、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『相棒』(テレビ朝日系)、『HERO』(フジテレビ系)など、長時間に渡るドラマの再放送が目立ちました。

 また、視聴者にとって年始番組の楽しみである“お年玉プレゼント”も、スポンサー頼みのような商品が目立つなど、「正月だから」と大盤振る舞いは難しいようです。

 しかし、生放送がしづらく、人もお金も厳しい、年始番組にも希望がないわけではありません。前述した『芸能人格付けチェック』が評判と視聴率の両方を得たように、「生放送に準じた臨場感や迫力がある」「正月専用の年一特番」を放送すれば多くの人々に見てもらえることが明らかになったのです。

 近年、ライフスタイルの多様化とデジタル機器の普及で、テレビ番組を見る方法や頻度が大きく変わりました。それでも「家族や友人と家でのんびり過ごす」という人が多い年末年始は、テレビ局にとってはチャンスの時期だけに、視聴者を熱狂させる番組が増えることを願っています。


個人的には、普段ですら、DVDに収録してから夜間ないしは翌日に視聴する事がご定番になっているし、この時期に至っては余りに供給量が多い物だから、放送日と視聴日との乖離が大きくなると言う傾向になりますから、どちらにしても生放送である必要はないと言う事ですかな。
そもそもテレビ放送自体が月月火水木金金状態ですからね。そこで働いている人には赤い日だから休みだと言う、多くの人間にとって当たり前な事が存在していないのです。そう言う所にも配慮しないとねぇ。テレビ番組もおせち料理のように作り置きしておいて、しかるべき時の負担減少を可能足らしめるやり方をもっと容認すべきですよ。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

















スポンサーサイト

新手のドッキリ芸人登場

わしがAKBに熱狂した理由



アイドルグループというものを考えてみたい。
なぜAKB48にあれほど嵌ったわしが、今は興味を失っているのか?

簡単なことで、AKB48 の快進撃は社会現象だったからである。
あれほどの大人数のアイドルがグループで売り出すという現象も初めてのことだった。

「握手会」で「会えるアイドル」というシステムが導入され、まるで選挙のようにファン(ヲタ)を獲得し、支持するメンバーを「推し」と言い、目移りすることを「推し変」と言ったり、独特の言葉が次々に生み出されていた。
新しい文化が生まれていたのだ。

ヲタの支持を得たメンバーが運営にも推されていくという「民主主義」のシステムが導入され、ついに「総選挙」までやり始める。
アイドルに「直接民主制」が導入されたが、実はその票自体が「カネ」で何万票でも買っていいという「金権選挙」を堂々と容認していた。

無名のメンバーをヲタたちが協力し合い、大量の票を投じて無理やり上位に押し上げたりもできるのだから、とんでもないアイドル・システムなのだ。

「恋愛禁止」がルールだと思っていたら、人権派の弁護士までが、それは少女たちに対する人権侵害だと非難し始め、その批判に負けて、運営が「そんなルールはなかった」と言い始め、以降はメンバーがヲタと恋愛しても「スルー」し始める。

恋愛禁止だったからこそ、それまで禁を破ったメンバーが残酷にも辞めさせられていたのだし、その残酷性が面白いという面もあったし、指原は禁を破っても辞めさせられることなく、HKTに移動させられ、以降のサクセスストーリーが作られた。
峯岸みなみは禁を破って丸坊主にして、世界にその様子がYouTubeで伝搬していくほどの大スキャンダルになってしまった。

恋愛禁止ルールがいつの間にか消滅したのは、「人権」というイデオロギーが、「少女の恋愛を禁じてはならない」というところまで、バブル化していたからである。

AKBに限らず、アイドルグループのヲタは決して若者ということもなく、恐ろしく老けたおっさんだらけだった。
年寄りでもAKBを応援していい、恥ずかしくないという居直りの市民権を保障したのが、わしや宇野や中森らの評論家だったのだろう。

グループ押しの者たちが、激しく他のグループといがみ合ったり、それがまたCDの売上競争につながったり、異例のことばかりだった。

わしがAKBに興味があったのは、非常に政治的な現象であり、カオスの中に新秩序がどのように形成されていくかを見たかったからである。
したがって完成形を見る前に、バッシングが来たら、必死で守るという態度をとったために、狂気じみていたかもしれない。

AKB48ブームが終わったのは、わしは「恋愛禁止ルール」の撤廃が一番大きかったと思う。
宗教の核心を捨て去ったのだ。

今でもAKB48のCDは300万枚も売れているという。
これは単純に拡大路線で地方にも直接会えるヲタを開拓していったからだ。
CDはヲタが「推し」に会って握手するために何枚も買っているだけの切符であり、曲が好きで買っているわけではない。

乃木坂や欅坂になると、もう社会性が全然ない。
可愛い女子に夢中になるかどうかの「私」的な話でしかない。

さらにAKBや他のアイドルグループのメンバーは、卒業したら単体で活躍できるのかという課題にも、どうやら結論が出たのかもしれない。

もうアイドルグループは社会現象ではなくなった。
社会の人々の目を剥き、顰蹙を買う存在ではなくなった。
安心・安全の社会秩序の中に回収されてしまったのだ。

わしが夢中になってたのは、理由がある。
飽きてしまったのにも、理由がある。
ただ、NMB48には未だに「私的」に可愛いいと思えて、未練が残るメンバーがいる。
そういうことだ。


グループだか、ユニットだかの状態のままでは必然的にアイドルとしての本来の役目に従事しなくてはならず、その中にどのようなメンバーがいようとも、個々のメンバーの独自性と言う物が抑えられてしまう物です。そのような状態では、元々アイドルに対する関心がない身の上としては、どいつもおんなじだと言う事に他ならない訳でして、その中でもあえて特定のメンバーに注目しよう物ならば、グループから外れて独自に行動してもらえば、自分としてもある程度注目する余地が出て来ると言う物です。
その中で昨年末急浮上したのが退役メンバーたる西野未姫であります。「うわ!だまされた大賞」においての「奮戦」振りはさながら鈴木奈々かワタリ119かと言うほどのありさまでした。まあ、ワタリ119もごく最近の存在ではありますが。
そして、今年に入って「爆笑ヒットパレード」においては、全身を使って「なんで、なんで」と、自分の占いにおける成績の悪さに対して、すさまじく駄々をこねるのでした。近くで見れば、恐らくは超うざい部類に入ったでしょうが、テレビ越しで見る分にはくそ笑える御仁であります。
もっとも、元がアイドルで厳密な芸人とは言えない「ドッキリ向け芸人」では、見る機会はかなり限定されるでしょうから、名前は憶えても、顔まで覚えるのには時間がかかりますな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











サンライズは世紀末が良い

『ファーストガンダム』から『Z』に至る劇的な作画進化の要因となった『ダンバイン』『エルガイム』という作品たち

まずもって、これまで主要なアニメ製作会社の中でサンライズに関しては一度も新放送で見た事がなかったと言う事です。おととし、TVKで見た「装甲騎兵ボトムズ」がこの会社のテレビアニメの最初と言う事になります。
昨年来、HuluとDアニメストアを以て、サンライズ製の作品を見始める事十指に余る状態になりました。しかし、結果的には昭和製が芳しくなく、かろうじて「無敵鋼人ダイターン3」が視聴に値するのみで、それ以外はそれほど良い内容とは思えませんでした(記事にある「聖戦士ダンバイン」を含む)。そのために、それらは視聴を中止してしまいました。この辺の所が例外的な所であります。頭数では最も多い、タツノコや東映に関しては昭和製の方が優勢と言う状態ですが、サンライズは平成の世紀末が優勢と言う結論に達しました。
その中でも特筆に値するのは「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」、「魔神英雄伝ワタル」のシリーズ、「勇者指令ダグオン」と言った所です。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















無人島ゼロ円結婚式

よゐこ濱口&南明奈、無人島で0円結婚式 相方・有野の粋な計らいに感激

お笑いコンビ・濱口優(46)とタレントの南明奈(29)が、年末の大型特番『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系)で、“0円結婚式”を挙げたことがわかった。濱口の相方・有野晋哉(46)のサプライズ計画のもと、無人島で手作りの結婚式を盛大に挙げたという。

 ラブラブの新婚生活を送っていた濱口は、妻に笑顔で見送られ、無人島へと旅立ったが、その裏では、サプライズ計画が着々と進行。相方の有野晋哉が『無人島0円生活』のロケ中、いまだ結婚式を挙げていない2人のために“無人島0円結婚式”を極秘プロデュースしていた。

ドレスも手作り! 濱口優&南明奈、有野晋哉の粋な計らいに感激

 結婚後、1度も夫・濱口とテレビ共演していない南を、サバイバル生活の“助っ人”という名目で無人島へ呼び寄せた有野。無人島生活中に、漁船に乗って突如現れた南を見つけた濱口はびっくり仰天。有野の証言によれば、濱口は「早めに会えてうれしい!」と大喜び。泳げない妻をおんぶして陸へ上げるなど、スタッフものけぞる愛妻家ぶりを次々と発揮し始めたという。

 “有野神父による結婚式”にさらに驚いた濱口。有野は、新郎新婦のウェディングドレス&タキシード、自分用の祭服、ケーキ代わりのカレーピザ、聖書台やバージンロードまでもを手作りしたという。濱口は「神父の服のほうが新郎よりも豪華やったけど(笑)」と茶化しながらも「実はラジオとかで『お前ら、式とかせえへんの? オレがやったるわ!』と言われてたんですよ。『ホンマにやりよった!』ってびっくりしました」と、相方の粋な計らいに大感激。

 南もウェディングドレスに感動。針と糸がなく、ホチキスで縫製されたドレスだったため、当初は普段着の上に着用する予定だったが、南は「ちゃんとキレイに着たいから」と直に着用し、肩周りの肌も多めに露出。「チクチクする」と笑いながらも、幸せそうに身にまとったという。そんな妻のドレス姿について感想を求めると、濱口は「素敵でした……!」とコメントした。


( ゚∀゚ノノ"☆パチパチパチパチ

濱口おめでとー。やったね。(^∀^)
無人島ゼロ円生活の申し子だけに、結婚式も無人島ゼロ円で行う所が凝っていますな。ウェディングドレスも「お得意の」防水シートですかな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










おでんとくれば

おでんは主食?おかず?おやつ?=中国人の考えは?

2018年12月19日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で北京の日本大使館のアカウントによる「おでん」に関する投稿が注目集めている。

投稿は「おでんを何年も食べてきて、ふとある疑問を抱いた。おでんは主食?おかず?おやつ?」とし、「おでんの元祖は豆腐に串を打って焼いた『豆腐田楽』で、江戸時代は庶民のファストフードだった。ある調査によると、日本人の約61%がおでんはご飯のおかずになると答えた。主食だとする人や、おやつにすぎないと考える人もいる。おでんは主食?おかず?おやつ?皆さんはどう思いますか」と問いかけた。

これに対し、中国のネットユーザーからは、中国で主食扱いの餃子を日本ではおかずとして食べることから「おでんもおかずでしょ」「日本にはラーメンライスというメニューがあるくらいだから、おでんはやっぱりおかず」「日本人にとって、白いご飯以外は皆おかず」などのコメントが寄せられていた。

一方で「量が多ければ主食、そうでなければおやつ」「主食としては物足りず、かといっておやつとしては本格的すぎる」「夜食でしょ」などの声もあった。(翻訳・編集/柳川)


大抵の場合は、おでんは皿に盛って食べると言うケースが多い物ですが、おでんとくれば「おそ松くん」に出て来るチビ太が連想される所であります。そこではバーベキューさながら串に刺して食べると言う場面をよく見かけます。そのような場合は、軽食の範疇に入るでしょう。皿に盛ってと言うのであれば、主食になれる機会もあると思いますが。
後は「伊賀野カバ丸」に出て来るカバ丸にかかれば何でも主食になるかなぁ。おでん屋において、おでんを食い入るように見ていたカバ丸に対して、おでん屋の主は、眼前の練習用のグラウンドでトレーニングにいそしんでいる江川の投球をホームランにしたら全部食っていいと冗談で言った所、カバ丸はそれを大真面目に受けて、見事ランニングホームランながら、それをやり遂げて、あるだけ全部食べてしまったと言う場面がありました。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE