プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

馬鹿にする

皆さんこんにちは。昨日は山梨県山梨市の笛吹フルーツ公園へ行ってきました。出発したてのときは西のほうは曇り気味なのだったので、心配でしたが、山梨県に入ってみるとかなり晴れていました。もっとも、山沿いのほうは曇っており、西沢渓谷へ行こうと思っていたならば、_| ̄|○ガックシ していたことでしょう。


ですが、日曜と違って月曜は温度が低くなるとのことで、「夏型」と称する、水っ気の多いところへは行かないことにしました。

とは言え、実際フルーツ公園へ着いてみると、日差しが強いためにとにかく暑い。(;^ω^)



熱帯植物につき物の温室です



晴れていたので、見晴らしがいいです。\(^∀^*)/ワ~イ



そして、フルーツ公園を一周した後で、まだ時間の余裕があったので、その後で、同じ市にある万力公園へ行きました。この公園の中にはきれいな流れの小川がありましたので、暑い時期の恒例として、小川の水をすくって頭かぶりを行いました。

さて、15時になって、お帰りの時間にはいると、一転して、上空が曇ってきました。雨来ないといいなぁと思いながら、帰還への途に入りました。

途中、東富士五湖道路で温度表示があったのを見てみると、13度! 今度はとにかく寒い。体感温度は10度を下回っていたことでしょう。 サムイヨー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まあ、幸いにして、雨に当たることなく帰還することができました。

これに対して昨年の6月に箱根に行ったときは、山中で大雨ばかりか、雹にまで出くわして、その結果、氷水のごとき水溜りに足を突っ込んで、足がしびれる思いはしたり、雪が降ったかのような(雹の降った後です)光景を目にするわで散々でした。 (x x)

では本題はいりましょうか。今日は久々にドイツ語の冗談を行います。


①わたしは、彼を「馬鹿になれ」と馬鹿にする。


②君は誰を「馬鹿になるすと(人)」と馬鹿にするのだ?


③彼は、わたしを「必ず馬鹿になる」と馬鹿にする。


④彼らは、与太郎を「お前は利口になれん」と馬鹿にする。


今回の単語は narren(ナレン) と言う、馬鹿にすると言う意味の動詞です。


今回の冗談は動詞につき、例によって人称変化をあげます。


一人称単数 narre(ナレ)         一人称複数 narren(ナレン)


二人称単数 narrst(ナルスト)      二人称複数 narrt(ナルト)


三人称単数 narrt(ナルト)        三人称複数 narren(ナレン)


くれぐれも馬鹿になってはいけませんよ。((´∀`))ケラケラ クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

体の名称



(ToT)トホホ 今日はあいにくの雨天ですな。まあ、さいわい、わたしの場合は休日につき、家に鎮座できて、雨にぬれることはまぬかれております。


ところで、今日は久々にドイツ語の冗談を行います。テーマは「体の名称」です。


①アレックス・マーフィは生身の頭を持ちながら、ロボコップと呼ばれている。


②彼女の花はなーぜ赤い?


③両方あると、目は仰げん



 Kopf(コップ) 男性名詞 意味:頭、首。 発音は、正確には、プの後に、口を口笛を吹くような状態にして、フと短く発音します。複数形は Köpfe(コェップフェ)


Nase(ナーゼ) 女性名詞 意味:鼻。複数形は Nasen(ナーゼン)


Auge(アオゲ) 中性名詞 意味:目。複数形は Augen(アオゲン)



もともとデトロイトのとある分署に勤務したアレックス・マーフィは、殉職し、その脳みそがロボットに移植され、ロボコップとして再生して活躍することになりましたが、生身なのは、その脳みそを含む頭だけとなりました。


「ロボコップ」と言うのは、ロボット警官という意味での名称であって、脳みそは人工ではありませんね。そのために、アレックスとしての記憶は残りながらも、この姿では家には戻れないとあきらめて、妻子には死んだことにしたまま、警官としての任務に専念せざるを得ませんでした。←この辺はアレックスとしてはつらいなぁ。(つд⊂)エーン


クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

徴兵なくすと下士官が増える?

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ みなさんこんにちわー! ではではご恒例の、画像でも行きますか。


   


今回の滝は、山梨県東部にある、多摩川源流がある一之瀬渓谷にある滝です。特に名前は付いていませんが、近くで見れて、水をすくって頭にかけられると言う点では評価しましょう。←ちなみにわたしは、真夏こうした所へ行くと、常にそれをやっています。なにぶん、くそ暑いものでねぇ。これができると言うだけでも夏の良さがあると言うものです。水のきれいな日本でヨカタ。                   


下士官多い


では、本題に入りましょうか。今回テーマといたしますのは、昨年日本テレビで放送しました「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」です。


作品のあらすじといたしましては、演習に出向く陸上自衛隊の2個小隊がタイムスリップして、1600年初秋の関ヶ原へ行き、関ヶ原合戦に巻き込まれるのですが、ここに登場する2個小隊の指揮官が二等陸尉である以外は、自衛官の登場人物が下士官ばかりと言うのが、最初面食らいましたね。


陸上自衛隊の下士官と言えば、○等陸曹という様に、何等という様に、旧海軍のごとくなっています。旧陸軍でいうならば、下から伍長、軍曹、曹長で、伍長で内務班長、軍曹なら分隊長と言ったケースが多い訳ですが、このドラマの場合、下士官ばかりでは、下士官でも分隊長ですらないと言う訳ですよ。


旧軍との比較で言えば、航空隊辺りならば、下士官のウェイトが多いと言うのもうなずけますが、地上部隊となると奇異なものを感じてしまいました。なんかこれってヴェルサイユ体制時代のドイツ軍みたいだなぁとも思いました。


ヴェルサイユ条約


ここで言うヴェルサイユ条約とは、第一次世界大戦に敗れたドイツ軍の軍備を著しく制限するものであって、ハードウェア面では戦車だめ、毒ガスだめ、口径12センチ以上の大砲だめ、列車砲だめ、航空機だめ、潜水艦だめ、重機関銃だめなどがあり、規定年数を超過した戦艦の代わりを新造する場合も、基準排水量1万トン以下、主砲の口径28センチ以下の制限があったりとやかましいものでした。


ソフト面では、参謀本部、幼年学校、陸軍大学の廃止があり、マンパワー面では、兵力制限は将校4000人、下士官以下9万6000人の定数。そして徴兵制の廃止と、志願者の兵役は下士官以下は12年で、死ぬか病気で軍務の継続が困難な場合を除いて、期間未了の退役は原則として認められませんでした。


退役にも制約がある訳ですが、これは、連合軍は表向きドイツ軍の予備役制度を禁止していますが、兵役期間を長くして、退役に制約を与えないと、兵士の新陳代謝が早くなって、闇予備役が増大することを恐れたからです。


実際、ナポレオン一世に敗れたプロイセン軍が、常備軍の制約を強いられたときに、「クリュムパー」と言う制度によって、兵士の新陳代謝を迅速に行って、予備役を増やしたと言う実績がありました。


話はそれますが、フジテレビで放送する志村けんのコント番組で「志村けんのだいじょうぶだぁ」以来、「志村けんのバカ殿様」にいたるまで、男の側の出演者は桑野信義が定着して、これにダチョウ倶楽部が加わって、こちらも定着していますが、これに比べて女の側の出演者の交代が多く、最初登場していたいしのようこ、松本典子は覚えられても、今の出演者は覚えられません。


さて、当時のドイツ軍は兵士が12年間勤めざるを得なくなったために、それを逆手にとって、全員下士官にしてしまおうと言う発想にいたりました。将校の員数も制限がかかっていたために、下級将校の役目を下士官ができるように教育が施されました。


かように優秀な下士官を多数養成する必然性は、一方では、いつか軍隊の規模を増大できるときが来たときに、新兵を指揮する指揮官を確保しておくためのものでした。そのために、既に二等兵として勤務しているものにも分隊長が勤まるだけの教育が施されたのです。


国防費高騰の不可避


自衛隊員の中に占める下士官のウェイトが非常に大きいとしたら、徴兵制をなくした所に原因があります。徴兵制ならば、旧軍の場合、3年間、ヴェトナム戦争時のアメリカ軍でも1年間の兵役があり、義務だけに徹するならば、軍隊での昇進に興味を持つものは少なく、兵卒のまま、兵役を全うすることでしょう。


徴兵制のある国でも、下士官は兵卒からの昇進でまかなわれる以上、下士官のなり手は、志願兵か、徴兵されても、成績優秀で上官から残留を求められた者など、軍隊生活が長いと言うことが共通しています。


旧軍と違って、自衛隊では徴兵制がないわけで、志願者によって隊員が成り立つ以上、彼ら自身ばかりか、家族の生活が成り立つようにしなくてはならないと言う待遇上の配慮が不可欠となってきます。要するに給与の点ですね。


良く、日本の国防費の世界的な高さを引き合いに出して、軍国主義うんたらかたら言う人、あるいは国がありますが、ただでさえ、日本の経済水準が世界的に非常に高い以上、外国と比較した場合、高くなるのは当然のことでしょう。しかも、自衛隊が使用する日本製の兵器は輸出できないために、安くできないし、安保条約のためにアメリカ製の兵器を持つ必然性もあります。そして、止めを刺すのが、先にあげた自衛官に払う給与を高めに設定する必要があります。ましてや、多くが下士官である訳ですから、なおさらでしょう。


クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

慣用表現の直訳その2

当ブログを閲覧の皆さん、おはようございます。これまでは記事を書くのに、文字の入力に徹してきましたが、ようやく、自身で獲得した画像を挿入する手段を確立しましたので、ちょくちょく挿入いたしたくあります。では、その画像の第1号をどうぞ。ジャーン。



どうです。いいでしょう。昨年4月末にいった時の富士山です。雲ひとつない快晴のときの撮影です。絶好の被写体となりました。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


では、本題に入りましょうか。ドイツ語慣用表現の直訳です。


die Katze im Sack kaufen(ディ・カッツェ・イム・ザック・カオフェン)


直訳は「袋の中の猫を買う」です。


では、その意味はと申しますと「よく吟味せずに買い物をする」という意味です。まあ、衝動買いの時に使う言葉ですな。


使用例は


Manchmal kaufe ich die Katze im Sack.(ときどきわたしは、よく吟味せずに買い物をする。)


では、もう1つ猫に関する慣用表現をどうぞ。


die Katze aus dem Sack lassen(ディ・カッツェ・アオス・デム・ザック・ラッセン)


こちらの直訳は「袋から猫を放つ」です。


意味は「つい、本当のことをしゃべる」です。


使用例は


Endlich hat er die katze aus dem Sack gelassen.(ついに彼は、本当のことをしゃべった。)


うーん、なぜ、猫なのか。よくわからんですなぁ。(^_^;) 日本でも、ひどく忙しい時に「猫の手も借りたい」なんていいますが、それ以上の不可解振りです。


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

動物3つ

今回の「ドイツ語の冗談」は動物をテーマに駄洒落行きます。


① 子供は、このらくだかめーる? と尋ねた


② この猫は、よそを省みないかっつぇな奴だ。


③ 猫がたくさん集まって、かっつぇん(合戦)が始まった。


④ 「おーもいぜ!」叫ぶ彼女を見てみれば、ねずみをたくさん抱えていた。


らくだは Kamel(カメール) で中性名詞。複数形は Kamele(カメーレ)


猫は Katze(カッツェ) で女性名詞。複数形は Katzen(カッツェン)


ねずみは Maus(マオス) で女性名詞。複数形は Mäuse(モイゼ)


 



まあ、なんですな。ねずみなんぞをたくさん抱えて、「重い」だなんて思う酔狂な人間はいないでしょうな。ドラえもんなどは、1匹のねずみを見ても大山鳴動の驚きをするでしょうが、こちらのほうが普通でしょうな。とても、本がたくさん詰まったダンボール箱を抱えているような感覚は持ちえません。


まあ、これらの生き物は犬に比べたら、英語の発音と比較的似ていますねぇ。英語ならば、らくだは camel(キャメル)、猫は cat(キャット)、ねずみは mouse(マウス) ですからね。


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


 


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE