プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

馬鹿にする

皆さんこんにちは。昨日は山梨県山梨市の笛吹フルーツ公園へ行ってきました。出発したてのときは西のほうは曇り気味なのだったので、心配でしたが、山梨県に入ってみるとかなり晴れていました。もっとも、山沿いのほうは曇っており、西沢渓谷へ行こうと思っていたならば、_| ̄|○ガックシ していたことでしょう。


ですが、日曜と違って月曜は温度が低くなるとのことで、「夏型」と称する、水っ気の多いところへは行かないことにしました。

とは言え、実際フルーツ公園へ着いてみると、日差しが強いためにとにかく暑い。(;^ω^)



熱帯植物につき物の温室です



晴れていたので、見晴らしがいいです。\(^∀^*)/ワ~イ



そして、フルーツ公園を一周した後で、まだ時間の余裕があったので、その後で、同じ市にある万力公園へ行きました。この公園の中にはきれいな流れの小川がありましたので、暑い時期の恒例として、小川の水をすくって頭かぶりを行いました。

さて、15時になって、お帰りの時間にはいると、一転して、上空が曇ってきました。雨来ないといいなぁと思いながら、帰還への途に入りました。

途中、東富士五湖道路で温度表示があったのを見てみると、13度! 今度はとにかく寒い。体感温度は10度を下回っていたことでしょう。 サムイヨー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まあ、幸いにして、雨に当たることなく帰還することができました。

これに対して昨年の6月に箱根に行ったときは、山中で大雨ばかりか、雹にまで出くわして、その結果、氷水のごとき水溜りに足を突っ込んで、足がしびれる思いはしたり、雪が降ったかのような(雹の降った後です)光景を目にするわで散々でした。 (x x)

では本題はいりましょうか。今日は久々にドイツ語の冗談を行います。


①わたしは、彼を「馬鹿になれ」と馬鹿にする。


②君は誰を「馬鹿になるすと(人)」と馬鹿にするのだ?


③彼は、わたしを「必ず馬鹿になる」と馬鹿にする。


④彼らは、与太郎を「お前は利口になれん」と馬鹿にする。


今回の単語は narren(ナレン) と言う、馬鹿にすると言う意味の動詞です。


今回の冗談は動詞につき、例によって人称変化をあげます。


一人称単数 narre(ナレ)         一人称複数 narren(ナレン)


二人称単数 narrst(ナルスト)      二人称複数 narrt(ナルト)


三人称単数 narrt(ナルト)        三人称複数 narren(ナレン)


くれぐれも馬鹿になってはいけませんよ。((´∀`))ケラケラ クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

体の名称



(ToT)トホホ 今日はあいにくの雨天ですな。まあ、さいわい、わたしの場合は休日につき、家に鎮座できて、雨にぬれることはまぬかれております。


ところで、今日は久々にドイツ語の冗談を行います。テーマは「体の名称」です。


①アレックス・マーフィは生身の頭を持ちながら、ロボコップと呼ばれている。


②彼女の花はなーぜ赤い?


③両方あると、目は仰げん



 Kopf(コップ) 男性名詞 意味:頭、首。 発音は、正確には、プの後に、口を口笛を吹くような状態にして、フと短く発音します。複数形は Köpfe(コェップフェ)


Nase(ナーゼ) 女性名詞 意味:鼻。複数形は Nasen(ナーゼン)


Auge(アオゲ) 中性名詞 意味:目。複数形は Augen(アオゲン)



もともとデトロイトのとある分署に勤務したアレックス・マーフィは、殉職し、その脳みそがロボットに移植され、ロボコップとして再生して活躍することになりましたが、生身なのは、その脳みそを含む頭だけとなりました。


「ロボコップ」と言うのは、ロボット警官という意味での名称であって、脳みそは人工ではありませんね。そのために、アレックスとしての記憶は残りながらも、この姿では家には戻れないとあきらめて、妻子には死んだことにしたまま、警官としての任務に専念せざるを得ませんでした。←この辺はアレックスとしてはつらいなぁ。(つд⊂)エーン


クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

慣用表現の直訳その2

当ブログを閲覧の皆さん、おはようございます。これまでは記事を書くのに、文字の入力に徹してきましたが、ようやく、自身で獲得した画像を挿入する手段を確立しましたので、ちょくちょく挿入いたしたくあります。では、その画像の第1号をどうぞ。ジャーン。



どうです。いいでしょう。昨年4月末にいった時の富士山です。雲ひとつない快晴のときの撮影です。絶好の被写体となりました。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


では、本題に入りましょうか。ドイツ語慣用表現の直訳です。


die Katze im Sack kaufen(ディ・カッツェ・イム・ザック・カオフェン)


直訳は「袋の中の猫を買う」です。


では、その意味はと申しますと「よく吟味せずに買い物をする」という意味です。まあ、衝動買いの時に使う言葉ですな。


使用例は


Manchmal kaufe ich die Katze im Sack.(ときどきわたしは、よく吟味せずに買い物をする。)


では、もう1つ猫に関する慣用表現をどうぞ。


die Katze aus dem Sack lassen(ディ・カッツェ・アオス・デム・ザック・ラッセン)


こちらの直訳は「袋から猫を放つ」です。


意味は「つい、本当のことをしゃべる」です。


使用例は


Endlich hat er die katze aus dem Sack gelassen.(ついに彼は、本当のことをしゃべった。)


うーん、なぜ、猫なのか。よくわからんですなぁ。(^_^;) 日本でも、ひどく忙しい時に「猫の手も借りたい」なんていいますが、それ以上の不可解振りです。


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

動物3つ

今回の「ドイツ語の冗談」は動物をテーマに駄洒落行きます。


① 子供は、このらくだかめーる? と尋ねた


② この猫は、よそを省みないかっつぇな奴だ。


③ 猫がたくさん集まって、かっつぇん(合戦)が始まった。


④ 「おーもいぜ!」叫ぶ彼女を見てみれば、ねずみをたくさん抱えていた。


らくだは Kamel(カメール) で中性名詞。複数形は Kamele(カメーレ)


猫は Katze(カッツェ) で女性名詞。複数形は Katzen(カッツェン)


ねずみは Maus(マオス) で女性名詞。複数形は Mäuse(モイゼ)


 



まあ、なんですな。ねずみなんぞをたくさん抱えて、「重い」だなんて思う酔狂な人間はいないでしょうな。ドラえもんなどは、1匹のねずみを見ても大山鳴動の驚きをするでしょうが、こちらのほうが普通でしょうな。とても、本がたくさん詰まったダンボール箱を抱えているような感覚は持ちえません。


まあ、これらの生き物は犬に比べたら、英語の発音と比較的似ていますねぇ。英語ならば、らくだは camel(キャメル)、猫は cat(キャット)、ねずみは mouse(マウス) ですからね。


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


 


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

枢軸

今日は2月22日という事でして、「竹島の日」でしたね。これまで2月22日といえば、1848年のフランス二月革命勃発の日として記憶していました。そして、これより2日後の24日に、1830年の七月革命で即位したルイ・フィリップが退位しました。そういうわけで、ええ加減、韓国のいんちき主張も退位してくれよ!(# ゚д゚)


では、これより本題たる「ドイツ語の冗談」に入ります。今回のテーマは枢軸です。


① われわれは、北朝鮮を見て、「あ、臭せ」と顔を背ける。


② ブッシュ大統領は、自ら「悪の枢軸」と名指しした国々に悪戦する。


枢軸とはもともとは座標の軸とか車の軸とかを意味していましたが、第二次世界大戦前に独伊同盟が、枢軸同盟とも呼ばれたところから、第二次世界大戦では、この両国と、その同盟国が枢軸国と呼ばれるようになりました。まあ、その辺の歴史講義は、まあ後にやるとして、ドイツ語で枢軸のことを、 Achse(アクセ) と言います。そして複数形は Achsen(アクセン) です。  


さてさて、ブッシュ大統領は、反米的な厄介国を「悪の枢軸」なんて名指ししましたが、はっきり言って、「悪」はいらないんじゃないかと思います。そもそも、第二次世界大戦で、アメリカは連合国の旗頭として枢軸国相手に戦ったからこそ、反米的な国を「枢軸」とみなしたわけでしょう。( ̄へ ̄|||)ウーム


要するに、自国を正義とする以上、相手は悪とみなしていたわけですから、わざわざ「悪の枢軸」でなくとも、単に枢軸でも差し支えないでしょう。それに英語でも axis(アクシス) としっかり「あく」は入っていますから。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


まあ、それは冗談としても、第二次世界大戦時の枢軸国に中にフィンランドが含まれていたことを考慮してのことでしょうかねぇ。フィンランドが枢軸国に含まれていたのは、1939年のソ連の侵略のせいであって、その後のフィンランドの軍事行動はもっぱらソ連相手であったために、アメリカはフィンランド相手に宣戦布告をしていませんでした。




今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE