プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どんけつレースで韓国に勝った中国

日本人「韓国人観光客のマナーが悪い」・・・喜ぶ中国ネット民「われわれはついに解放された」

近年、日本を訪れる中国人観光客の急増が取り沙汰されており、多くの観光地で中国人の姿を見かけるようになったが、一方で従前より韓国人観光客が多くを占める地域もある。それは、九州地方だ。例えば福岡県北九州市では2016年に訪れた外交人観光客34万9000人のうち、約4割にあたる13万4000人が韓国人観光客だった。

 中国メディア・今日頭条は6日、「日本人が韓国人観光客のモラルが低すぎると言っている。韓国人は日本人が誤解していると言う」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本は観光業が発展した国であり、毎年多くの観光客が日本にやってくる。その大部分が中国人観光客だが、その次に多いのが韓国人観光客だ。しかし近ごろ、韓国人観光客の日本旅行について、日本人が不満をこぼしている」と紹介。「韓国人観光客が場を考えずに大声で騒ぐうえ、買い物をする際も店員に対して非常に傲慢な態度を取る。韓国人観光客のマナーは非常に悪い」と不満の内容を伝えた。

 さらに、「韓国人は日本の現地の礼節を尊重せず、日本人がタブーとすることを数多くやってしまう。この点も日本人には受け入れられないようだ。どの国にもそれぞれ自らの風俗や習慣と言うものがあり、日本に行くのであれば日本の習慣を重んじて然るべきだろう」と説明している。

 そして、日本人からは「韓国人観光客の訪日は歓迎するが、モラルやマナーを持って旅行して欲しい。そうすれば、自国のイメージを貶めることもない」との声が出ているとする一方、このような日本人の見方に対して韓国人観光客からは「日本人は誤解しているかもしれない」との意見が出ていると伝えた。

 この記事を読んだ中国のネットユーザーからは「われわれが長い間背負わされてきたものを、ついに下ろす時が来た」との感想が出ており、多くの賛同を集めている。また「確かに中国人観光客の一部にもモラルのない人がいるけれど、韓国人に比べればマシだろうと思う」、「中国の路線バスではいつも韓国人が騒いでいる」といった感想も見られた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

だからと言って、別段中国人の評価が高まった訳でもありますまい。あくまで韓国の方が悪いと言う評価がなされたのみであって、大方おかげで一番悪評を食らっていたと言う事から「解放」されたと言う事なのでしょう。しかし、もっぱら韓国のマナーの悪しきに「依存」したままで、自身のマナー向上がなされないと、今度は韓国人の方が「解放」と言う風に感じるような事になってしまうでしょう。要するにこれはマナーの低さを競うどんけつレースでブービー性になれたことを喜ぶ低レベルな話だと言う事なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

イスラム教自身にこそ一番の原因がある

タイトルが違いますから、厳密には別のテーマとなりますが、イスラム教批判にかかわる事ですから、10日前のエントリー「責任転嫁するために差別と主張している」の続編となります。
連中にしてみれば、イスラム教に対する偏見だか差別がある事が墓に関しての障害だと決めかかっていますが、連中自身には何の落ち度もなかったと言えるでしょうか。単に墓を設置する場所が必要なのであれば、元の国でも良いはずでして、そこまでしてよその国に求める意味って何なのでしょうか。考えようによればよそに厄介事を押し付けている身勝手な奴らだと言う解釈だって成り立つじゃないですか。
少なくとも元の国であれば、連中が望む条件で墓を確保する事では問題なしではないでしょうか。ただでさえそうした元の国から出て行ってよその国に移ると言うだけでも大それた事だと言うのに、あまつさえ死に至ってもなお、そうした元の国を忌避する態度に出てしまっているのです。
宗教を大事にすると言えば聞こえは良いでしょうが、所詮は生まれ国から引きずっている腐れ縁じゃないでしょうか。前に取り上げたパキスタン人に関しても、日本生まれの我が子にとっては日本こそが故郷だとしれっと言っていました。そのように我が子を引き合いに出せば同情が強く集まると思ったのでしょうが、自分に言わせれば、だったら自分の子供に己の宗教をかかわらせるんじゃねえよと言う考えです。
自分自身にとってパキスタンは捨てた国だからこそ、我が子にそのように思わせても何とも思わないのです。早い話がそれは自分自身の考えだったからなのです。連中の発想ではイスラム教を大事にしたい、させろと言う事なのですが、そうした思いをはぐくんだ生まれ国を捨てる事は構わないのでしょうか。
要するに墓問題を招いたのは彼ら自身であり、イスラム教にも原因があると言うべきなのです。よその国、あまつさえイスラム教に無関係な日本に移って来るのは所詮世俗の論理で成り立ったのに過ぎず、生まれ国においてそうした世俗の論理を満足させることができる国づくりを阻害した宗教だと言う事がイスラム教に言えるのではないでしょうか。
少なくとも、そうした事を彼らが自覚してイスラム教における改善を推し進める事をしないと、これからも受け入れられる事はないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




理解できても迎合するとは限らないからな

イスラムと縁遠い日本 イスラム脅威論の虚構 その1

林信吾の「西方見聞録」

【まとめ】

・キリスト教社会のイスラム脅威論と一部ムスリムのテロ行為は表裏一体。

・日本でもイスラム信者が増加の一途。

・イスラムを正しく理解し、信者に寛容な社会を築くことがテロの抑止力となる。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はのJapan In-depthサイトでお読み下さい。】

日本出身の大リーガーで、イラン人の父を持つダルビッシュ有投手は、ムスリムであるとも、すでに棄教したとも伝えられる。日本人読者になじみ深い名前で、イスラムに関わる人と言われると、まず思い浮かぶのは彼で、あと、元・朝日新聞記者で、定年退職後は『週間金曜日』の編集人となった本田勝一氏くらいなものである。

この二人の対比は面白い。ムスリムになる条件とは、出生もしくは改宗とされているからだ。出生は読んで字のごとく、両親がムスリムであった場合、子供はムスリムとされる。

キリスト教のような洗礼はない代わり、幼い頃からクルアーン(コーランは英語読みの訛り)の言葉を教え込まれるので、当然ムスリムと定義される。前述のようにイラン人を父として生まれたダルビッシュ有投手は、まさにこのケースだ。

いま少し具体的に述べると、ムスリムの男性は、啓典の民と呼ばれるユダヤ教やキリスト教の信者(ゾロアスター教なども含むとする解釈もある)との結婚が認められるが、ムスリマ(女性形)、すなわちイスラム信者の女性は、異教徒の男性と結婚してはならず、男性が改宗しなくてはならない。

どう考えても男女平等でなく、現代の欧米社会においてイスラムが敵視される傾向にある、ひとつの理由がこれだとも言われるが、この問題については稿をあらためる。

ただし最近の傾向として、イスラム圏の出身者でも、教育程度の高い層はリベラルな考え方をするようになり、結婚や子供の教育については、旧来の考え方に固執しない人が増えているようではある。ダルビッシュ有投手の父上の人となりは存じ上げないが、そもそも息子をムスリムとして育てていない可能性もゼロではないと思う。

もうひとつの改宗だが、イスラムの世界観では、前述のムスリムの両親から生まれた子供以外は、無神論者も含めて異教徒なので、そもそも「入信」という概念がないらしい。

本多氏は『アラビア遊牧民』という著作のためにかの地を取材した際、イスラムの教義への関心を深め、改宗に至ったと自ら述べている。

氏も会員であるという、宗教法人日本ムスリム教会のホームページには、改宗の手続きが述べられているが、二人以上のムスリムを証人としてシャハーダ(信仰告白の句)を唱えれば、それで改宗したと認められるそうだ。

このように改宗した日本人ムスリムがどれくらいいるのか、あれこれ検索をかけてみたのだが、よく分からなかった。ただ、公式フェイスブックのフォロアー数が、2018年1月の時点で3438人にとどまっているので、さほど大きな組織でないことは確実である。

その一方で、中東諸国やアジアのイスラム圏(バングラデシュやインドネシア)からの移民が増える昨今、日本国内のイスラム信者の数が増加の一途をたどっていることも、また事実だ。もちろん、欧米に比べれば絶対数・増加率ともに格段に少ない。

イングランドでは、同地で生まれた二世・三世を含めたイスラム系住民の数が、そろそろカトリックを凌駕し、イスラムが英国国教会に続く二番目に信者の多い宗教になるだろうとさえ言われている。

ニューヨークでは、イエローキャブとして有名なタクシーの運転手のうち、今やおよそ80パーセントを、中東系移民のムスリムが占めているそうだ。こうした背景もあり、欧米では近年「イスラマフォビア=イスラム恐怖症」と呼ばれる現象が広まり、深刻な差別問題に発展しつつある。

9.11=2001年9月11日に米国で発生した同時多発テロ事件がきっかけだと見る向きが多かったが、実際には1990年代からこうしたことが言われていた。旧ソ連ではもう少し早く、1980年代からイスラム系の人口増加が著しいことを背景に、将来のイスラム化を憂える声があった。

日本に話を戻すと、憲法で信教の自由が保障されており、行政が宗教について調査することはないわけだが、推計で国内のムスリムは5万人くらいとも8万人ほどだとも言われている。

今後、欧米でイスラム過激派によるテロが繰り返されたような場合、日本にも差別感情のバイアスがかかった「イスラム脅威論」が伝播しないとも限らない。

詳しくは本シリーズを通じておいおい述べて行くが、欧米キリスト教社会におけるイスラマフォビアの問題と、一部のムスリムがテロ行為に走る問題は、表裏一体なのである。

言い換えれば、我々日本人ができるだけイスラムを正しく理解し、その信者たちにも寛容な社会を築いてゆくことが、テロへの抑止力ともなり得るのだ。


前にも書いた事がある事ですが、別段テロと結びつけなくたって、それと無関係にうざい物はうざいと言う事です。「妖怪ウォッチ」に出てくる、熱い系妖怪たちにとってのふぶき姫などはそんなところがある訳でして、よしんば連中を理解した所で、それに迎合するかどうかと言う点では話は別だと言う事です。せいぜい、こちらにとって面倒になる事では御免こうむると言う事で、よその国にあっては個人ごとなのですから、自力で解決すべきですな。
イスラム教があたかもおおやけ事でいられるとしたら、それはしかるべき国の中にあって、おれもお前もあいつもみーんなイスラム教徒と言う環境の場合でしょう。そうでないよその地。すなわち我が国にあってはそうではないですからね。とりわけ、今月は、国内において連中の流儀に見合った墓を望むと言う話がありましたが、ああ言うのは駄目だと言う事ですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




責任転嫁するために差別と主張している

半月前に「そりゃ嫌って当然だろ」と言うタイトルでイスラム教徒が無分別に墓を欲する事に関して批判した次第であります。このような批判をすると、決まってイスラム教に対する差別とか偏見とかが指摘される所でありますが、それはある種の責任転嫁に他ならないのです。それはイスラム教に限らず他でも言える事でしょう。
例えば私生児問題に関しても、差別とか偏見とかが言われる所ですが、あれだって、そのような事が指摘されるような環境であえて私生児を得る人間の方はいかがな物でしょうかと言う事こそ指摘されるべきでしょう。自らそのような悪しき環境の中に我が子を「放り」出して、差別をするなとがなり立てる事に終始していると言うのが実情ではないでしょうか。よしんば百歩譲って、外部の人間が差別をしないと言う前提が成り立ったとしても、外野の人間にとって与り知らない所で私生児自身が苦労する事もあるのではないでしょうか。
にもかかわらずあえてそんな環境の下でも差別とか主張するとすれば、それは自らの不道徳やこれからしなくてはならない我が子に対する諸所の手間に関してごまかす意図があるのではないかと勘ぐりたい所なのです。
話は戻ってイスラム教に関しても、これから背負うべき自らの手間をごまかす意図があって、自らの責任をよそへ転嫁するために差別だと言う言いがかりをしているのに過ぎないのです。
既に主張したように、自分自身は別段イスラム教に関する偏見がある訳ではなく、それ自体は彼ら自身の個人ごとなのだから自身で解決しろと言う事を言っているのに過ぎないのです。もっぱら自身にとっての利害がかかわる事でしかない事なのにどうして赤の他人が手間を食らわなくてはならんのか。その点に関してはどうしても同調できない事なのです。そんな事をあえて差別と言う言葉で置き換えるのは、自らが自力で解決すべき事をよそに転嫁すると言う事に他ならない身勝手な発想なのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ









ベトナム人だからと言って特別扱いされるはずもない

リンさんの父 渋谷恭正被告の極刑求め駅頭で署名活動 ベトナム人から3万人署名も日本人からは… 


 昨年3月、千葉県松戸市に住むベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害され遺棄された事件で、遺体発見から10カ月となった26日、リンさんの父、レェ・アイン・ハオさん(35)が、殺人罪などで起訴された渋谷恭正被告(46)の死刑を求め、JR柏駅東口で署名を呼び掛けた。

 ハオさんは昨年からインターネットなどを通じ、すでに約3万1千人の署名を集めたという。

 ハオさんによると、集まった署名のうち、約3万人がベトナム人からのもので、日本人からの署名はわずか1千人余りという。ハオさんは「同じ事件が起こらないよう、日本人にも協力してほしい」と訴えている。同駅では30日まで活動を続ける。

 26日には、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で第3回公判前整理手続きが行われ、裁判の争点や証拠を整理した。


別に殺しに出くわすのはベトナム人に限った事ではありませんからね。日本だから、日本人が殺されると言うケースの方が多いはずですが、そのたびに署名が行われると言う事が当たり前と言う訳じゃないですからね。だから、たった1000人しか署名をしなかったからと言って、この件で格別冷淡だとは思わないでほしい。所詮は、我が子が殺されたからの私怨に基づく行為でしかないのですよ。侍蟻SamuraiAri(外撲協 牢人新聞社 護国志士の会)の侍蟻氏にしてみれば、日本に来なければ良いのだと言う事なのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE