FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

平等の定義⑤

「平等の定義」第5回目です。
日本に定住するのであれば、子供の教育は日本風にと言う風に考える外国人が少なからずいます。それはそれで正しいと言えますが、別の視点からすれば、それはあくまで半分しか正しいと言うべきでしょう。親が自らの意志で日本鎮座を目指すのであれば、その一方で、子供はそうした親の意志に付き合わされる存在でしかない以上、もっぱら子供にだけ日本風の教育と言うのは、やはり片手落ちである事は否めません。親自身が自ら何も学ばないままで、子供にだけそれを押し付けるようでは、決して上記のような気の利いた発想の元で成り立っているとは言えず、単なる厄介払いでしかないのです。
国籍法改悪においては、混血児が地親から見捨てられたと言う側面が強調された物ですが、だからと言って日本に行っても、決してそうした事態が解決するはずもなく、今度は母親からすらも見捨てられたと言うべきではないでしょうか。まあ、その点では、それ以外の外国人家庭の子供たちにも言えるかも知れません。
こうした外国人の子供のために「手厚い」教育支援と言う物が言われていますが、「手厚い」支援を受けたと言うのに対するのは親の側であって、子供自身にとっては何の救いにもなっていないと言うべきでしょう。そんな物があるからこそ、ますます多くの親が、我が子のためにだに怠ける事が出来て、子供の教育をよそへ丸投げが推進されてしまっているのです。そうした状態は、まぎれもなく親から見捨てられたと言うのに値するのではないでしょうか。
自分に言わせれば、こんな現状がいろんな所で、ますます顕在化してしまっているのであれば、よしんば少子化だからと言っても、決して移民がうまく行くとは言えないのです。自分の意志で日本にやってきた連中にこそ最も厳しく当たるべきなのです。
にもかかわらず、そうした親に対して、かように甘やかした政策が存在しているからこそ、それを当て込んでますます多くの外国人が我が国に居つきたがるようになってきているのではないでしょうか。そのとばっちりが子供に回ってきてしまっているのです。
「手厚い」教育支援と言うのも、結果的にはそうした子供たちに対してばかり厳しい物になってしまっています。こんな有様では、そうした連中が将来不良分子になってしまうだろうと言う事もあながち的外れな推測とは言えないでしょう。
だからこそ、自分の意志に子供をつき合わせた以上、その分、親は子供に対して別の所で「負ける」べきなのです。子供に対して「勝って」ばかりではいけないのです。要するに割を食えと言う事なのですよ。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

























スポンサーサイト

隙さえ見ればすぐいんきちだ

中国人が日本で白タク、同胞から4倍の料金取っていた=中国ネット「恥ずかしい」「同胞いじめはもはや伝統」

2018年7月31日、タクシーの無許可営業で警視庁に逮捕された中国人の男が訪日旅行をする同胞から正規運賃の4倍の額を受け取っていたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

環球網は日本メディアの報道として、このニュースについて説明。「男が白タク営業を始めたのは15年10月。組織には中国人運転手が約60人おり、合わせて約8000万円の売り上げがあった」「一般的に、客の利用を呼ぶために日本の白タク運賃は正規タクシーより安くなっている。ネットで予約や支払いができるという利便性のほか、運転手が中国語や英語を理解する点、家族旅行をする人向けの大型車を持っていることなどが受けた」などと伝え、中国人以外の訪日外国人観光客の利用があったことも指摘した。

この記事に中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「恥ずかしい」「同胞いじめは伝統。こんなことが起きても全然不思議ではない」「外国人が中国人を色眼鏡で見ても文句言えないな」「日本は厳罰を」「日本に行って最初に知るべきことは、中国人を信用してはならないということ。日本では文字で基本的なコミュニケーションが可能だ」などの書き込みも見られた。(翻訳・編集/野谷)


>日本は厳罰を
これに関しては中国でのほうが恒常的に厳しいと解釈すべきでしょうか。そうでもなければ、日本でかようにまかり通るとは言えないでしょう。中国では隙がないから、より緩い日本において同胞相手に荒稼ぎと言う事でして、隙さえ見せれば、すぐいんちきに走ると言う性質が垣間見れると言う所でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




















こんな理由でも偽装結婚が成立する国

コスプレ目的で偽装結婚=容疑でカナダ人の女ら逮捕-警視庁



 偽装結婚をしたとして、警視庁大井署は31日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、カナダ国籍の飲食店従業員ウォン・シャノン容疑者(29)=東京都新宿区西新宿=と、建築作業員佐々木導成容疑者(37)=練馬区向山=を逮捕した。

 2人は容疑を認め、ウォン容疑者は「ロリータファッションが好きで、安全な日本でコスプレがしたかった」などと動機を話しているという。

 逮捕容疑は2016年6月17日、横浜市内の区役所に虚偽の婚姻届を提出した疑い。

 同署によると、ウォン容疑者は留学生として入国。在留期間は12~16年で、資格が切れる前、新宿区歌舞伎町で開かれたコスプレイベントで、佐々木容疑者と知り合った。ウォン容疑者が「在留資格が欲しい」と依頼し、佐々木容疑者は70万円と月々3万円の報酬で偽装結婚を請け負ったという。

 今年2月、東京入国管理局からの情報提供で発覚。結婚生活の実態が無いことが裏付けられ、大井署は7月11日、入管難民法違反(虚偽申請)容疑で2人を逮捕していた。 


しょうもない目的で偽装結婚するんだな。しかも、カナダ国籍だに本人にとってはまだ、それができないからと言う不満があったと言う事なのですな。いかに日本画恵まれていると言うべきか、あるいは甘すぎるのかなぁ。それでいながら、それでも我が国の人権認識がなっとらんと主張するやからはいるのだからなぁ。結局それはいつになっても日本叩きがしたいと言う事なのでしょうか。その程度の人権もない国は珍しくもないと言うのに、そうした国での人権啓発を推進すよりも、もっぱら日本においての際限ない高望みの方がまかり通るありさまですからな。

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
























平等の定義④

「平等の定義」第4回目です。
国籍法改悪では、表向きでは子供の人権と言う事が強調されてきましたが、あんな物は所詮は親のエゴのやり倒しの過ぎないのです。一方では往々にして「子供には罪はない」と言われてきましたが、その一方で、決して一体何の罪があって子供がこんな仕打ちを受けなくてはならないのかと言う事が指摘されているとは言えません。あたかも、日本定住がかなえば万事うまく行くと言う感覚で物が考えられていて、よそでどんな理不尽があろうとも、それで万事払しょくがかなうとでも思っていたのでしょうか。
カルデロン事件では、あれだけ子供にとっての既存のよしみと言う物を維持すべしと言う視点で論ぜられたと言うのに、一体、国籍法改悪では同様な事がどれだけ詮索されたのでしょうか。
そもそも血統上の父親が子供を認知する事が必ずしも正しい事とは言えないでしょうに、そこではそれが正義のように見なされています。それなんかも、もっぱら親にとっては得になるのに対して、肝心の子供にとっては失う物も存在すると言う事が置き去りにされているのてす。
親同士にとっては、所詮結婚する気のない、いつでも赤の他人に立ち返れる関係でしかないのに、子供にしてみれば、事実上赤の他人でしかない人間から父親だと言う事を押し付けられたと言う事に他ならないのです。この制度の下では、子供にとっては、それは決して父親のとるべき行為とは言えないでしょう。そんな奴ならば、はなから父親でない方が良かったと言うべきではないでしょうか。
父親にしてみれば、認知とは公然とした縁切り宣言に他なりません。縁切りの甘受とのバーターでの認知と言う示談を強いられたと言う事なのです。繰り返しになりますが、母親にしてみれば、そいつは赤の他人であっても、十分構わないでしょうが、子供にしてみれば、形式だけでもそんな奴を生涯父親とさせられると言う理不尽です。
そこにどうして子供の人権と言う物があるのでしょうか。もっぱら親のエゴのやり倒しの果てに、日本移住可能と言う、思い上がった「宝」で満足させられるのでしょうか。自分の意志に子供を巻き込んだのだから、その分子供に対して「負けて」やる必要があるのではないでしょうか。もっぱら親ばかり得をするようでは、その子供の将来は真っ暗闇なのです。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
























そんな物は帰還してから建てろよ

大阪に済州4.3犠牲者慰霊碑設置を推進

済州(チェジュ)4.3事件から70年を迎え、大阪に済州4.3犠牲者慰霊碑を設置する市民運動が進められる。

在日本済州4.3犠牲者慰霊碑設置実行委員会は27日午前11時、済州道議会「道民の部屋」で記者会見し、「済州と縁が深い大阪で済州4.3を長く記憶して残すために慰霊碑を設置する」と明らかにした。

在日コリアンと日本市民、済州道民の参加で進行されるこの事業は350万円の募金を目標に大阪市天王寺区にある在日コリアンの寺「統国寺」に4.3慰霊碑を設置する内容で推進される。

委員会側は「日本の中で済州の人たちが最も多く居住する大阪で過去20年間、済州4.3慰霊祭などを開催した」とし「大阪にも済州4.3の恨がある。こうようなところに4.3犠牲者慰霊碑を設置しようということ」と説明した。

済州4.3事件は1948年4月3日に警察および右翼青年団の弾圧中止と単独政府樹立反対などを掲げて起きた済州の武装蜂起とその後に続いた武力衝突、そして鎮圧の過程で多くの住民が犠牲になった事態をいう。この過程で2万5000-3万人が虐殺され、弾圧を避けるために多くの済州住民が大阪に避難した。


もはや虐殺される気遣いはなく、帰還しても差し支えないはずなのに、日本に鎮座したまま、こんな物をおっ建てる魂胆は、この後も帰還する気などないと言う事を示すと言う事なのですな。もっとも、それはここに限った事ではないのですがねぇ。

(# ゚Д゚) ンガー!! (#`ε´#)ブーブーブー

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ























| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE