プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

道楽における中国最大の貢献

中国人留学生が目にした、日本人の異様なまでの三国志愛―華字メディア

2017年3月15日、華字紙・日本新華僑報網は、在日中国人留学生の寄稿「日本人の三国志愛」を掲載した。以下はその概要。

先日、日本人の先生と雑談していると中国映画の話題になった。どんな映画が好きかと質問すると、聞いたことがない映画のタイトル。頭をひねっていると内容について説明してくれた。諸葛亮、周瑜といった聞き慣れた名前が出てようやくわかったのだが、三国志を題材とした映画「レッドクリフ」のことだったようだ。

この先生だけではない。日本人は老いも若きも三国志が大好きだ。今では三国志検定なる試験まであるほどだ。もっとも日本人の三国志イメージは中国とはやや異なる。日本人のイメージは吉川英治版『三国志』の影響が大きいが、同作は大胆な解釈を施し、戦いよりも人物像を描くことに注力している。また横山光輝のマンガ『三国志』もベストセラーととなったほか、光栄のゲームが与えた影響も大きい。

国の力は政治力や経済力だけではなく、文化の力、いわゆるソフトパワーによるところも大きい。日本人の三国志好きは中国文化の魅力がいかに強いかを象徴的に示すものと言えるのではないか。(翻訳・編集/増田聡太郎)


この記事に関しては到底否定しかねる話であります。文化的な面に関しては「三国志」こそがある種の源流となっています。中国に関する物としては、他にもドラマや映画において「始皇帝」「項羽と劉邦」「孫子兵法大伝」なんかを見た物ですが、それらに関しても、「三国志」なかりせば、スルーしていたのかも知れません。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

所詮はパクスチャイナでしかないのだろう

南シナ海を沿岸国の「共通の庭」に、中国も軍事化抑制=「紛争、劇的に好転」「日本にとっても好ましい」―中国第一人者が東京で4項目提言

2017年4月19日、中国の南シナ海問題の第一人者、呉士存・中国南海研究院院長(南京大・中国南海研究協働創新センター副主任)が「南シナ海を巡る問題」をテーマに日本記者クラブで講演した。南シナ海紛争の平和的解決を追求し、同海を沿岸国の「共通の庭」にすべきだなど4項目を提言した。中国ASEAN南シナ海行動規範(COC)協議が進展し、「平和的状況に劇的に好転している」とし、「日本にとっても好ましいことだ」と強調した。

中国南海研究院は南シナ海問題に特化した政府系シンクタンク。約70人の専従スタッフが活動している。呉氏は同問題に関する著作を中国語と英語で刊行しており、日本でもこのほど『中国と南沙諸島紛争』(朱建栄訳・花伝社)を上梓した。発言要旨は次の通り。

南シナ海問題は2009年からエスカレートしたが、主な原因は(1)米国の「アジア太平洋リバランス政策」(2)中国の台頭と強大化が他の係争国の非合法的占拠の強化を引き起したこと―などだ。米国は域外の国であり当事者ではない。2011年のりバランス政策が打ち出されて以来、南シナ海は米国にとって中国をけん制する一つのツールになっている


中国の南シナ海政策は、「平和と安定」の維持、航行の安全と自由の維持、主権主張国との直接対話と協議による紛争解決、領有権争いの棚上げと共同資源開発などを基本としている。

この線に沿って、中国は2002年に、ASEAN10カ国と「南シナ海関係方面行動宣言」(DOC)に署名しており、現在「南シナ海行動規範(COC)」の協議が行われている。南沙の島・岩礁での建設は主として平和利用であり、国際社会への公共財の提供を約束している。

海域の直接の当事者である海域周辺国は島しょの帰属先に過度に焦点を当てるのではなく、いかに海域をコントロールできるかに変わりつつある。

南シナ海紛争は沈静化している。沿岸国が抑制的に動き、協力態勢を構築する方向に動いている。中国としても、平和と安定に努め協議で紛争を解決し、資源の共同開発を推進、航行の自由と安全を守っていく。中国の政策には、なんら変化はない。

中国は関係各国から遅れて、南シナ海に施設をつくったが、民生用がほとんどだ。軍事施設はあくまで防御のための施設である。中国は民生施設を多くつくり、軍事施設の建設は極力抑制する。私の使命は南シナ海で戦争が起こさないことだ。シンクタンク(南海研究院)の任務も同じ平和を志向している。

「南シナ海で絶対に戦争はしてはいいけない」と言うのも、南シナ海周辺国は中小国だからだ。日本との間でも再び戦争になってはいけない。長年、笹川平和財団と協力して、日中間の海洋の安全に関するプロジェクトを実施している。

平和に向かう流れが出てきたのは喜ばしい。南シナ海に関する状況は劇的に好転している。原因は二つある。トランプ政権はオバマ前大統領と違って、この地域に介入していない。もうひとつ係争国が、中国に対する考え方を修正した。フィリピンのドュテルテ大統領も仲裁裁定後に北京を訪問、マレーシアやベトナムの首相も訪中した。

フィリピンと中国は、3年間対立したが、代償を払っただけで何一つ変わらなかった。その結果、係争を回避し、理性へ回帰する機運が生まれ、友好的な話し合いによる解決の道を歩み始めた。フィリピンとの関係は大きく変化し、中国フィリピン間の協力メカニズムが出来上がり、2カ国間の紛争海域に関する対話が進んでいる。中国ASEANがCOC(中国アセアン行動規範)を通じて、南シナ海を「共通の庭」にしたい。

このような平和的な状況は日本にとっても好ましいことだ。ただ日本は紛争の変数になる可能性があると懸念する。米国を支持する形で、日本は大国をめざし、自由航行作戦に参加することも想定される。海上自衛隊の「いずも」が5月から8月まで南シナ海沿岸国に寄港して、米国と作戦を行う見通しという。中日間の相互信頼が低下している中、危機をコントロールするメカニズムがなく、偶発的な軍事衝突が発生する懸念がある。

◆南シナ海の平和と安定を守ることに関する提言
 
以下の4点を提言したい。
(1)米国との「新型大国関係」の枠組みの下で、米中の新型軍事関係を構築していくこと。南海問題において、双方は誤断を回避し、対決を減らし、危機を管理することに取り組み、米側の過度な「自由航行デモンストレーション」と中国側の島しょ建設の過度な軍事化によって摩擦ないし衝突が生じる懸念を何よりも避けなければならない。

(2)中国ASEAN はCOCの協議を加速し、「南シナ海の平和と安定は中国とASEAN諸国が共に守る」という目標を具体化すること。

(3)国連海洋法条約第123条の「閉鎖海又は半閉鎖海に面した国の間の協力」義務に関する規定に基づき、海洋環境及び海洋生物資源の保護等にかかわる「南海沿岸国協力メカニズム」設立の可能性を検討すること。このような協力は相互信頼を強め、衝突を避けるのに有利だけでなく、南シナ海は周辺諸国の「共通の庭」になるという運命共同体の意識を育成していくプロセスにもなる。

(4)中国と南シナ海沿岸諸国は危機管理と紛争解決を目的とする双方間の協議メカニズムを次第に立ち上げていくこと。南シナ海の平和と安定は地域諸国の切実な利益と福祉に係わるだけではなく、国際社会全体の重大な関心事でもある。(八牧浩行)


前から指摘している事ですが、共有と言う概念は信用できません。共有のサークルの中にある者の力関係が均質にならない限り、力のある者のご都合主義で共有と言う概念が歪曲される可能性があるからです。個々人の利益認識をどこかで制約する事をしないと、境界線を取っ払っても、結局1つのサークルの中で争いが生じるしかなく、決して境界線の存在自体が争いのネタとなっている訳ではないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









朝鮮戦争の中身からすれば的外れには思われない

【社説】「韓半島は中国の一部だった」という中国の対韓認識

中国の習近平国家主席がトランプ米大統領との首脳会談で「韓国は実質的に中国の一部だった」と語ったことが後日になって明らかになった。トランプ大統領が会談の様子を伝えたもので、正確かどうかはまだ分からない。どんな脈絡で飛び出した発言なのかも確実ではない。しかし、多くの中国人が「韓半島は中国の一部だった」と考えていることも事実だ。中国は2002年から5年間、「歴史工程」という国家事業を通じ、隣接国の歴史を全て中国史に編入しようとした。韓半島についても高句麗と渤海を中国史の一部に組み入れた。中国人のこうした認識は20世紀以降のアジアで起きた大きな変化や現実に対する反感、隣接国に対する前近代的な覇権意識の表れだ。

 中国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に関連し、韓国の説明を聞こうともしないまま、とにかく拒否している。さらに強力な日本のTHAADレーダーには全く触れず、用途自体が異なる韓国のTHAADだけを問題視している。現在は稚拙な報復にまで及んでいる状態だ。結局THAAD自体ではなく、この機会に韓国を手なづけ、韓米同盟から少しずつ切り離そうと考えているとしか思えない。その根底に「韓半島が中国の一部だった」という考え方が潜んでいる。

 トランプ大統領が会談内容を明かしたことから、トランプ大統領が韓半島の歴史に無知だという点がはっきりした。米中首脳は小国ではない他国について、歪曲(わいきょく)された事実をやり取りしてうなずいた。そうした様子をしっかりと観察しなければならない。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


>トランプ大統領が韓半島の歴史に無知だという点

白人連中にしてみれば、有色民族の国の歴史なんて物は大して理解がないにしても、別段驚く事ではないでしょう。ましてや韓国のようなちんけな国ではなおの事でしょう。しかし、誇大妄想の気の強い韓国としては、自国の存在が高く評価査されていると言う風にあらねばならないと言う考えが強いですからな。
アメリカにしてみれば、朝鮮半島との直接のかかわりを持ったのが朝鮮戦争でして、その時、韓国は国連軍の中でアメリカを上回る最大の兵力を提供した物ですが。まあ、それは地元だから当然と言えばそうなのですが、その割には大した貢献をしているようには感じていなかったことでしょう。いくつかできた映画からすれば、そしてイタリア製の朝鮮戦争映画と言う物に出くわす事はなかった事もありますよ。
そうした朝鮮戦争映画においては、アメリカ軍対人民解放軍と言うのがご定番でしたから、アメリカ人の一般的にな認識としても、韓国が中国の一部だったと言う中国側での主張に関して、対して抵抗感なく受け入れられたのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


学ばずとも「我が闘争」以上の事を実践する国もいるからな

日本がヒトラーの「わが闘争」教材使用可能の答弁書、中国批判「ファシズムは徹底排除を」―中国メディア

2017年4月18日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道局長は、日本政府がこのほどナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用を「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定したことについて、「ファシズム思想は徹底的に排除しなければならない。日本は正確な歴史観を若い世代に教育すべきだ」と批判した。中国日報が伝えた。

陸報道局長は「わが闘争」について「どのような本であれ、世界には公的な議論がある。ファシズムと軍国主義思想は第二次世界大戦の禍根(かこん)であり、徹底的に清算され、根絶されなければならない。歴史の根本にかかわるような問題は、一点たりともあいまいにすべきではない。日本は正確な歴史観を若い世代に教育すべきだ」と述べた。

日本政府の決定に対し、日本国内でも疑問と議論が噴出している。ネット上では「政府は本当に狂っているのか」「ヒトラーは全世界、人類の敵だ。(答弁書が)世界にどんなシグナルを発信したか分かっているのか。信じられない。許せない」などの声が上がっているという。(翻訳・編集/大宮)


ヒトラーはムッソリーニと違って日本人を見下していました。純然たる人種理論からすれば、ナチ党を立ち上げる以前からハンガリー人と同じ国で同居する事を嫌がって、それでハプスブルク帝国を否定していた物ですが、実際にはリアリズムの視点から後には同盟国に加えた物です。ヒトラーにとっての日本は本来その程度でして、そんな人間の作品を元にして何やらやばい事をたくらむだなんて考えは悪い冗談としか思えませんな。
よしんばそれを教材にしたからと言って、必ずしもそれを礼賛しなくてはならない筋合いなどはなく、そもそもそう言う事を前提に認めた訳でもありますまい。はなから教材に従って、礼賛に突き進むのは共産主義の方ではないのですかな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


土地の征服よりもこいつらの皆殺しが必要だと思う

水質汚染改善進まぬ広東省、広州では生活排水1日47万トン垂れ流し―中国

2017年4月13日、新京報によると、広東省で水質汚染対策が思うように進んでおらず、広州市では毎日47万トンの汚水が直接川に流されていることが明らかになった。

環境保護部などからなる中央環境保護監督グループは13日午後、広東省共産党委員会、広東省政府に対し、大気汚染処理では一定の成果が出ているとする一方、同省内の水質汚染が深刻な状況にあり、汚染対策が徹底されていないと指摘した。

同省の第12次5カ年計画では汚水収集管ネットワークを1万4000キロメートルに拡張することが求められていたが、実施は9000キロメートル余りにとどまった。昨年末現在で、深セン市の汚水管ネットワークは4600キロメートル余り不足しており、市内の汚水収集率が50%に満たない状況だ。また、中山市では12年以降、21億元(約330億円)を投じて949キロメートルの汚水管ネットワークを整備したが、工事の質が低いために収集率が高まっていない。

同グループが視察監督を実施した時点で、深セン、東莞両市では毎日45万トン、広州市では47万トンの生活排水が直接河川に流されていたほか、河川流域の飼育禁止区域にある家畜飼育場300軒余りに対する処理が行われていないことが明らかになった。昨年、同省内を流れる69の主要河川に設置された124カ所の観測地点における水質基準合格率は77.4%で、3年前に比べて8.1ポイント低下した。

広州市はこれまでに水質汚染対策で300億元(約4800億円)余りを投じて一定の成果を挙げたが、継続性のある措置が取れなかったため、かえって汚染が深刻化したという。汚染対策計画が予定通りに進まない背景には、行政の怠慢や横暴な処置といった問題もあるようだ。(翻訳・編集/川尻)


特亜の連中は押しなべて、日本軍の「再度の侵略」と言う物に対して強い警戒心を抱いていると言うか、少なくとも抱いているふりをして、そうした事を表面で強調する事が頻りなのですが、その前にてめえ自身でも逃げ足すような自国の悪しき環境から改善しろよなと言う所であります。
こんなやばい物を見せつけられたならば、世界的にも清い水が当たり前に思っている日本人はどん引きしてしまいますよ。
逆に、こうしたレコチャやサーチナあたりで頻繁に中国人は日本のいろんな事で驚嘆しているのでしょう。それを思えば、口ではいくら日本の侵略反対と言った所で、本音では自国に引き込んで、日本の資金、日本の技術で、自国のそうした悪しき環境を改善してもらいたいと思っているのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE