プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

己の願望を日本の願望として押し込む中国

主要国で日米だけがAIIBに不参加、今こそ加入を検討すべき時?=「トランプ大統領がある日突然加入したら日本は立場ないな」―中国ネット

2017年6月23日、中国メディアの参考消息が、日本メディアの記事を引用し、日本メディアもアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を呼び掛けていると伝える記事を掲載した。

中国が主導するAIIBの参加国・地域は80となり、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)を超えた。AIIBは現在、合わせて16のプロジェクトへの融資と投資が決まっているが、その多くが世界銀行やアジア開発銀行との共同融資である。それで、日本政府などの心配が徐々に消えているとした。実際、AIIBとADBは協力覚書を調印しており、ADBの高官もAIIBについて「兄弟機構」だと述べているという。

また、ADBのデータによると、2016年から2030年までの間のアジアにおけるインフラ需要は26兆ドル(約29000兆円)に上り、世界銀行やADBだけはその需要を満たすことはできないという。

記事は、世界の主要国家の中でいまだにAIIBに未加入なのは米国と日本だけだと指摘。中国はAIIBの議決権が25%で、重要な案件について事実上の否決権を有しているが、日本が加入することで中国の議決権の比率を下げることができると主張した。それでいまこそ、日米はAIIBへの加入を検討すべきだと記事は結んだ。

これに対し、中国のネットユーザーからは「日本お断りは上策中の上策」「日米の加入は中国にとって百害あって一利なしだ。加入したかったらまずはADBを解散すべき」など参加に否定的な意見が大半を占めた。

しかし、「日本か米国のどちらかだけを加入させて日米同盟にくさびを打ち込むべき」という意見や、「トランプ大統領がある日突然加入したら、日本は立場ないだろうな」というコメントもあった。いずれのコメントも上から目線である印象は否めないものだった。(翻訳・編集/山中)


だからすでにADBがあると言うのに、それと似たりよったりの事をやろうとする代物に参加しなくてはならない必然などないじゃないですか。AIIBに参加したかったらADBを解散すべきなどと言う主張でますます必然性が感じられません。別段我が国としては、そこまでしてまでAIIBに参加したいとは思いませんな。むしろ中国の方こそ、日本をAIIBに引き込みたがっており、かつ、邪魔者であるADBを潰してしまいたいと言うのが本音なのでしょう。でなければ、AIIBに参加したかったらADBを解散すべきなどと言う意見は出ないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト

中国から引き離す事は構わないのか

残留孤児を育てた中国養母の思い、「もう一度日本の娘に会いたい、次が最後になるかもしれない」―中国メディア

2016年10月2日、東京と中国黒竜江省ハルビン市で、中国残留孤児に関するフォーラムが開かれた。李淑蘭(リー・シュウラン)さんは90歳を超える高齢でありながらフォーラムに参加し、日本のいる養女に宛てたメッセージを関連団体に託した。中国新聞網が伝えた。

第2次世界大戦終結後、4000人余りの日本の児童が中国人に引き取られた。池辺順子さんもその1人で、彼女の実の母親に懇願されやせ細った姿をふびんに思い、当時20歳だった李淑蘭さんは彼女を引き取った。李さんは自身の子どもが生まれてからも池辺さんをかわいがり、池辺さんはその後中国で結婚し家庭を築いた。子宝に恵まれた池辺さんだったが、1981年に日本人残留孤児として5人の子どもを連れ日本に渡った。

李さんは当時のことについて、「恐怖の色を隠せなかった5歳の女の子を私は見捨てることはできなかった。41歳まで中国で生活し、実の母親には会いたくないと話していたが、強がりであることは分かっていた。彼女は小さいころから自分の出生について知っていた。とても聞き分けの良い子だった。(日本に渡ることを)喜ぶ彼女を見て、私はさまざまな感情を抱いた」と語っている。

池辺さんが日本に渡った後も李さんとの連絡は途絶えることがなく、これまでに2度中国に赴き李さんに会いに行った。ところが、数年前に池辺さんが体を壊したことに加え家が引っ越しために一度連絡が途絶えてしまった。李さんは池辺さんを心配し、家族の反対を押し切り2015年に日本に渡り池辺さんを探し、現地の民間団体の協力もあり病床の娘、池辺さんと再会した。

残留孤児と中国の養父母の間には愛があふれている。だが、時間の経過とともにこの世を去る人が相次いでいる。現在日本残留孤児を養育した中国人はハルビンで李さん1人となった。李さんは現在息子の家で静かに暮らしているが、「日本にいる娘に一目会いたい。私も娘ももう若くない。まだ動けるうちにもう一度会いたい。もしかしたら次の再会が最後の再会になるかもしれない」と心境を語っている。(翻訳・編集/内山)


この記事に関しては日本最大規模の中国残留孤児代表団が訪中、養父母との絆確かめる「感謝の旅」に―中国メディア">日本最大規模の中国残留孤児代表団が訪中、養父母との絆確かめる「感謝の旅」に―中国メディアの下の部分にあった関連記事の中にあった、昨年の記事であります。
本記事にあるような養母の思いは自然に生じる物です。だからこそ、残留孤児などと言う概念に違和感がぬぐえないのです。単に中国人によって育てられた子供と言う事で良いではないでしょうか。養い親にしても、我が子と別れがたしと言う風に思う以上、残留孤児などと言う事で、そうした親子の関係を断ち切る事になってしまうのです。そのままにしておいても良かったのではないでしょうか。
しかし、現実にはそうした親子関係を維持するためにセットで日本に押しやると言うケースもあり得るでしょう。どうして久しく住んでいた中国から引き離すような形で決着を付けたがる人間が日本にも中国にもいるのでしょうか。彼らは別段不法滞在者と言う訳ではないのです。
そんなのを日中友好の懸け橋と言ってもひたすら胡散臭く思えるだけで、そもそも中国にとどまっている状態でも同様な事が期待できるのではないてしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










却って日中友好など感じない馬鹿どもの集まりにしか見えない

日本最大規模の中国残留孤児代表団が訪中、養父母との絆確かめる「感謝の旅」に―中国メディア

2017年6月22日、中国新聞網によると、日本に住む元中国残留孤児101人が「感謝の旅」のため、黒龍江省ハルピン市に到着した。

記事は代表団の訪中について、「黒龍江省は日中戦争の主戦場の1つで、戦争によって両親を失った多くの孤児が中国人の家庭に引き取られた。同省方正県だけで4500人の孤児が収容されたという」とし、「日中国交正常化に伴い日本の孤児団体はたびたび中国を訪れており、養父母との絆が日中両国間の友好の絆となっている」などと紹介した。

今回の「感謝の旅」では、近年で最も大規模となる101人の元孤児が参加。ハルビン市で養父母への感謝を伝えるイベントや、731部隊の展示館訪問、残留孤児関連書籍の座談会などを行った後、方正県の日中友好園林を訪れて養父母の墓参りを行う予定だ。

今年は日中国交正常化45周年にあたることから、大規模な訪中団が結成された。代表団の代表である池田澄江さんは、「戦争は日本の孤児に最も辛い記憶を残したが、最も尊い絆ももたらした。中国の養父母と日本の孤児たちの絆が両国の友好の懸け橋になることを願う」と語っているという。(翻訳・編集/川尻)


丁度当ブログにおいて「日本定住が当たり前ならば」において「○○と××との友好の懸け橋」と言う概念を取り上げている所ですが、自分自身に言わせれば、そのようなきれいごとは少なからず胡散臭い物だとして否定的に考えております。引用文のようなお涙物語状態であるのならば、残留孤児と言われている連中が、本人は言うに及ばず、現地でできた家族セットで日本に移る事に関して何の不自然さも感じないのでしょうか。どうして連中自身は、中国から離れがたしとは思わないのでしょうか。最低でもそのような矛盾さが感じられるべきであって、日本に移る事が当然視されているような現象にどうしても違和感がぬぐえないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








中国の掃除とは厄介払いととんずらばかりか

言葉も分からぬ中国から来た少女が「日本一の清掃員」に…新津春子さんを成長させた、師匠の座右の銘とは?―中国メディア

2017年6月20日、新華網はこれまで中国でしばしば「日本一の清掃員」として取り上げられてきた新津春子さんについて改めて紹介する記事を掲載した。

記事は、新津さんが中国残留孤児の父親と中国人の母親を持ち、17歳だった1987年に両親とともに故郷の遼寧省瀋陽市から日本へ渡ったと紹介。日本語ができず清掃員として働く新津さんが、当時出会った師匠から聞いた「常に他人のことを考え、真心をもってやることこそ、掃除の本質である」という話に感銘を覚え、一生の座右の銘としたこと、清掃の本質を知り得た新津さんはさらに努力を重ね、全国の清掃員技能コンテストで優勝を果たしたほか、羽田空港を世界で最もきれいな空港へと導いたことを伝えた。

新津さんはここ2年、中国国内で大きく取り上げられたこともあって中国に講演しに行く機会が増えたが、中国での講演を重ねるなかである問題に気付いたという。それは、新津さんを招いた会社の上層部は清掃への意識変革の必要性を認識しているのに対し、指導する清掃員たちにその心構えができていないという「ギャップ」だ。

「清掃のやり方が変われば、全ての清掃員が向上心を持つようになり、意識が変わる。そうすれば中国の清掃業も日々レベルアップするはず」「清掃は人の心身を健康にする。私は本当にこの仕事が大好きだ。自分の好きな仕事で他人を健康にできるのなら、これほど素晴らしいことはない。私の技能を一生涯かけて中国や世界に伝えていきたい」と新津さんは語っている。(翻訳・編集/川尻)


まずもって、タイトルからしてなんですなぁ。そういう人間を外国へ放り出す事は人道に反するのではないでしょうか。別段不法滞在者と言う訳でではなく、れっきとした自国民として遇し得る人間ではないのではないのですか。
しかもいったん放り出しておきながら、役に立つ人間になってしまうと、そうした人間の能力をありがたがって招くんだから、恥の上塗りとしか言いようがないですな。
そんなろくでなし国家に招きに嬉々として応じるこの御仁もおめでたいのですよ。本来ならば、自分を追い出した国なのですから、そのような国に対しては愛想をつかしてもよさそうな物ですが、あえてそうしないで中国に対してなんか好意的にふるまっているのです。こう言うのを日中友好の懸け橋と言うのでしょうか。
追い出された事で不快に思わず、そのようにふるまう所なんかは胡散臭い所があります。この新津と言う家族も、一方では、中国を嬉々として捨ててかかって、そうした本音を美化するために日中友好の懸け橋だなんてきれいごとに酔いしれているのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










カンニングでもおむつでもなかったか

受験シーズンの中国で「大学入試専用下着」がブーム!その正体は…―SP華字紙


シンガポール華字紙・聯合早報は5日、「大学入試をビジネスチャンスに、中国で入試専用下着がブーム」と題する記事を掲載した。

2017年の中国の大学入学試験が迫る中、試験に向けた準備に余念がないのは受験生と保護者だけではない。企業もこの時を狙ってペンや下着、靴などを売り出している。大学入試をビジネスチャンスと捉えているのだ。このうち、大学入試専用下着は「ストレス発散効果」をアピール。価格は通常の下着に比べ、2〜5割高い値段が付けられている。

カンニングを防ぐため、多くの試験会場では「サイレンス入場」を実施している。金属片を身に付けていると入場検査を通過することができないのだ。このため、一切の金属反応がしない入試専用の下着が大人気になった。これらの商品の販売価格は数十元(1元は約16円)から数百元まで。割高だが売れ行きは好調のようだ。

あるネットショップの担当者は、「大学入試専用下着は『磁気なし、金属なし』で、入場検査に便利。着心地が良く、ストレスを減らす効果もある」と語る。では、この下着には結局のところ、どんな不思議な点があるというのだろうか?ネットショッピングモール・タオバオのある出店業者は「実際のところ、普通の下着やスポーツ専用下着とあまり違いがない。だが、『大学入試』を掲げたら値段を多少高くしても良く売れる」と率直に明かす。一方、受験生の保護者は「こういう下着を薦める知人がいるから、自分も周りに合わせて購入した」とコメント。北京では「サイレンス入場」の規定はないが、入試専用下着を購入する受験生や保護者は大勢いるという。(提供/環球網・編集/インナ、黄テイ)



まずは下のコメント欄から。
>なんだつまらん。 磁気・金属を遮断するカンニング用の下着かと期待して読んでたら、ただの下着で名前をかえただけか。

全くその通りですな。カンニングのための細工をしていたのかと「期待」した物ですがねぇ。後は、試験中に小便がしたくなっても、試験場から出ないで済ますためのおむつだったりと言う勘ぐりもしたい所でした。
ちなみに映画「水戸黄門・助さん格さん大暴れ」では、時代考証度外視の内容になっていて、助さん、格さんは水戸藩士になるための試験を受ける場面があったのですが、受験生の中には小便がしたくなって、断りの口上をせざるを得なくなった物だから、一同の笑いものになってしまったなんて場面がありました。
それゆえに勝手ながら、おむつと言う勘ぐりをあえてさせていただいた次第でして。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE