FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

増えているのは単なる厄介者なのでは

中国で増える「精神日本人」、言動がたびたび問題に―中国メディア

2018年10月15日、北京青年報は、「精日(精神日本人)」と呼ばれる人々が中国でひそかに増えており、ことあるごとに問題発言を繰り返していると批判した。

南京大屠殺記念館が11日、公式SNSで「南京大虐殺の生存者の1人である沈淑静(シェン・シュウジン)さんが94歳で世を去った」と伝えたところ、あるネットユーザーが「南京大虐殺はなかった」とコメントし、大きな波紋を呼んだ。

このネットユーザーは過去にも同様の発言を繰り返していたという。南京市警察当局は調査に着手した。

記事は、「中国ではこうした発言は反社会的と見なされるが、ドイツではナチスを公に称賛する発言、米国では人種差別的な発言、日本では皇室批判がタブーなように、国によって公に発言が禁じられる内容は異なる」と紹介。

その上で、「抗日戦争は中国にとって複雑で重大な意味を持つ歴史であり、革命に命をささげた先祖の思いを踏みにじり、日本の軍国主義を称賛するような行為には相応の法的代償が伴われるべきだ」とし、「『精日』が姿を現した場合には、ゼロ容認の姿勢で厳しく対処すべきだ」と主張している。(翻訳・編集/岡田)


南京大虐殺がなかったと言う発言は、我が国にとって好ましい物ですから、それに対する批判的な表現として「精日」と言う符丁は理にかなっているのでしょうが、なにも中国にとって好ましくない発言をしたと言う事までも「精日」と言う事はやめた方がいい。実際、7月に【動画】「南京人は日本人の××」=女性が侮蔑発言、ネットで非難の嵐―中国と言う記事があった訳だし、別段日本にとって得になるはずもないのに、こんな符丁でのののしりがあるのですからな。「精日」と言っても、別段親日派ではなく、単なる厄介者と言う意味しか持たないのでは十分我が国にとって迷惑と言う物です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

評価が高くなるほど意味がなくなる時もあるかと

日本が「最強パスポートランキング」で1位!=中国ネット「そのパスポートをくれ」「日本は国民のモラルが高いから」

2018年10月10日、中国版ツイッター・微博上で、日本が最新の「世界の最強パスポートランキング」で1位を守ったことが紹介され、注目を集めた。

微博の独立系ニュースアカウント「深度News官網」は10日、英ロンドンのコンサル会社Henley & Partnersが発表した最新の「パスポート指数」で、190カ国・地域でノービザ滞在が可能な日本のパスポートが1位に輝き、シンガポール(189カ国・地域)が2位になったと伝えている。

3位は188カ国・地域でドイツ、フランス、韓国が並び、中国は前年より11ランク上昇して74位となった。澎湃新聞の10日付報道によると、今年1月現在で中国のパスポート所持者は25カ国・地域でノービザ滞在待遇が可能で、42の国・地域で現地到着時のビザ取得ができるという。台湾(中華民国)のパスポートは29位で148カ国・地域でノービザ滞在が可能。

中国のネットユーザーは「本当にうらやましい」「その(日本の)パスポートをくれ」「日本は国民のモラルが高いからな」「日本人は信用があるからね」「こういう状況こそ、国際化と呼ぶんだ!」「日本のパスポートは中国でも14日間ノービザ滞在ができるもんな」「中国、がんばれ」といったコメントが寄せられた。

また、中国の人気アクション映画「戦狼」で「海外で危険に遭遇しても諦めないで!あなたの背後には、強い祖国があることを忘れないで!」と書かれたパスポートが映し出されることに触れ、「中国のパスポートこそ『最強』」「この結果に戦狼が黙っていないぞ」といった「戦狼」絡みのコメントを残すユーザーも多かった。(翻訳・編集/川尻)


これには少なからずパラドックスに感じられる物です。なるほど一方では、日本の評価の高さと言う物が指摘される話ではありますが、我が国の視点からすれば、別段すべての国から高く評価される意味などないように感じられます。
それに引き換え、ここでは中国の方から、そのパスポくれと言う主張があるほどに、中国での方こそ、そう言う評価を欲しがる度合いが高いのです。なんたって、自国がまずいからよその国に行きたいと言う風に感じられる度合いが我が国よりも高いですからねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















北京こそ日本の都市と言う所から始まったのではないか

なぜ北京と南京は中国にあるのに東京は日本にあるのか?―中国ネット

2017年1月21日、中国のポータルサイト・今日頭条に、北京と南京は中国にあるのに東京は日本にある理由について分析する記事が掲載された。

記事は、「京」とは「都」または「首都」の意味であり、明王朝の時代の都は南京だったと指摘。しかし明の時代に北平へと遷都したため、都が2つ存在することになり、北の都を北京、南の都を南京と呼ぶようになったという。その後、北宋の時代には中国国内にも東京があり、西京は洛陽だったと伝えた。

そして、日本も同じ理屈で以前は京都が都だったものの、江戸時代に江戸が政治の中心となり、明治時代には天皇も江戸に移ってきたため、京都より東の江戸を東京と呼ぶようになったと紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「北京は中国の首都で、南京は中国の軍都」
「中国の東京は開封にあり、西京は西安にある」

「理論上は東西南北の京はすべて中国にあるべきだ。でも中国は東京を失った。一時期は北京も南京も失っていたんだ!」
「TOKYOに東京の訳語を使うのはやめるべきだ。ソウルと同じように音訳にしたらいいと思う」

「日本の東京と中国は何の関係もないよね。単に名前が似ているだけ」
「日本には東京があるが、中国には京東がある(京東とは中国2位の電子商取引会社のこと)」

「つまり、日本は古来より中国の領土であったことを証明しているんだな」
「日本人は自分たちが中華民族に属していると思っているからだよ。ウイグル族やチベット族と同じだ」(翻訳・編集/山中)


いまだに日本を統治していないくせに、なんとも頓珍漢な事を言う物だなぁ。
ウィキペディアでは意外な発見をしました。北京と言う呼び名は日帝残滓でした。かつてはかの地が北平と呼ばれていたのは知っていましたが、最初に北京と改称したのは日本軍による占領中でした。
所詮は単に漢字が使用されているから、そのような偶然が生じたまでの事でして、中国との関係性はありません。

>一時期は北京も南京も失っていたんだ!
上記のような事から、むしろ占領中の時こそ北京であって、一時期「失った」と言うのは終戦直後でした。一時期北平と言う名称が復活し、人民共和国の首都として定まった時に、日本軍命名の北京が再用と言う事でした。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















単に統治能力の不足なのかも

中国の歴代皇帝の墓は盗掘されるのに、なぜ日本の天皇陵は無事なのか=中国メディア

中国メディア・東方網は5日、日本にある古代の天皇陵が1000年以上の長きにわたり完全な形で保存され、盗掘にも遭っていない理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、古代中国の皇帝たちが国力の大きさに合わせて大きなサイズの陵墓を作ってきたとし、その最たる例が「外側の兵馬俑坑を合わせて世界最大規模を誇る秦の始皇帝陵だ」と紹介した。

 そのうえで、国土が狭い日本でも始皇帝陵に匹敵するほどの規模を持つ天皇の陵墓が造られたことがあるとし、大阪府堺市にある仁徳天皇陵(大仙陵古墳)を挙げた。そして「16代の天皇である仁徳天皇の統治期間は中国の晋の時期とされているが、ゆうに1000年以上の歴史を持つこの陵墓はこれまでいかなる破壊にも見舞われていないのである」とし、その理由について解説している。

 まず1つめの理由として、仁徳天皇が日本を1つにまとめた天皇として日本人から非常に崇拝されており、どんな盗賊であっても仁徳天皇の陵墓の前では崇敬の心理が働いて盗掘する気を起こさなかったからだと説明した。

 そして、もう1つの理由として「例え帝王の陵墓内に副葬品がたくさん存在したとしても、人的な損害行為から全力で陵墓の完全性を守るという、古代の歴史文化に対して然るべきリスペクトが存在した」と伝えている。

 総じて、信仰的にも、考古学的にも「神聖不可侵」という考え方が日本人の間に深く根付いていることが、仁徳天皇陵を完全な形で現存させている大きな理由と記事の作者は捉えたようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


後は決定的な違いとして、我が国は万世一系であるのに対して、中国の場合は、易姓革命ですからね。お上からして、今の体制を正当化するために前の王朝を誹謗すると言う事が往々でしたから。そんな昔の皇帝の墓など尊重する必要などないと言う事で、盗掘が黙認されてきたのでしょう。
まあそれだけに別の意味でも違和感が生じる部分もあります。新たな王朝の方で昔の皇帝の宝を占有すると言う発想がなかったのだろうか。他人に盗られるくらいならばてめえで盗ってしまえでも良いと思うのですが、そこまで行きつかなかったのが、ある意味統治能力が行き届かなかったと言う事を意味するのかも知れません。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










人が余っているからこんなやり方も可能かと

【動画】感動? それとも恥? 上海市に武装警察による「人の壁信号」が登場―中国

観察者網は4日、上海市南京東路の交差点に、武装警察隊による「人の壁信号」が登場したと動画で伝えた。

歩行者側の信号が青になると、信号待ちの人々の一番前に横一列に並んでいた武装警察官が一斉に自動車側の道路へと歩きだし、列を崩さず斜めに行進して横断歩道の側面に並ぶ壁となる。警察官は「回れ右」をして横断歩道を渡る大勢の人を見守る。歩行者側の信号が赤になると隊列を組んで戻り、やはり人の壁となって歩行者に立ちはだかる。警察官は、「横断歩道に設けた人によるゲート」のようにも見える。

これを見た中国のネットユーザーから「これは感動する」「中国の警察は優しすぎるからな。軍人の方が厳しいイメージがある。この映像は警察と軍人の秩序確保の違いをよく表してる」「ユニークで人情味がある。特別な時にこの方法を採用するのは良いことだ」など称賛するコメントが多く寄せられた。

一方で、「これはいいねを送るべきなのか、それとも苦笑いすべきなのか」「この国は遅れすぎだろう。信号ひとつ守るのにこんなにも大勢の人が必要だなんて」「みんな恥ずかしいと思わないのか? 人々の民度は向上が待たれるということだ」「武装警察が大変な思いをして秩序を確保しなくてもよくなる時が、中国が真の意味で強大になる時」など否定的な意見も非常に多かった。

ほかには、「人治が法治に勝るという証明」との意見も寄せられた。「法治」の徹底を強調する中国だが、「結局は人の力に頼ることになる」と皮肉ったようだ。(翻訳・編集/山中)


>中国の警察は優しすぎるからな。軍人の方が厳しいイメージがある。この映像は警察と軍人の秩序確保の違いをよく表してる

本文中では軍隊が・・・と言う記述はないですから。要するに武装警察と言うのは、軍隊からの出向で成り立っていると言う事でしょうか。ともあれ、こう言う形でしか信号順守を強いる事ができないと言うのはとにかく中国的だなぁと言えるのがなんですなぁ。人間がべらぼうにあるから、こう言う使い道をする余力があるのだと。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE