FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

こいつらが中国に鎮座しない事に関して違和感を持たないのか

日本の元残留孤児51人が中国の養父母を訪問へ、中国語の歌で感謝伝える=「これは応援しないとな」「安倍首相も中国人の…」―中国ネット


2015年7月9日、フェニックステレビによると、元中国残留孤児51人が今週末に中国を訪問し、養父母と面会する。

【その他の写真】

元残留孤児は1980年代に中国から日本に帰国。多くの人が半世紀ほどを中国で過ごし、中国の養父母に育てられた。週末に中国のハルビンを訪れ、その後北京を訪問する予定。51人は養父母に感謝の気持ちを伝えるため、出発前に中国語の合唱を練習している。ある残留孤児の女性は「感謝の気持ちを持って中国に帰りたい。養父母の恩は一生かかっても返せない」と語った。残留孤児の代表は、「彼らには自らの体験から人々に戦争の恐ろしさと平和のありがたさを伝えたいという思いがある」としている。

これについて、中国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「これは応援しないとな」
「彼らは恩を感じる良心がある人たちだ」
「真の愛と平和が日中友好を促進する」

「個人の行為を政治レベルに引き上げるべきではない。彼らは日本を代表しているわけではないし、養父母になった中国人も中国を代表しているわけではない」
「宣伝はやめろ。こんなのは少数で、大多数を占める右翼軍国主義分子を代表しているわけではない」
「この51人が合唱で感謝を示そうとしても、99%の日本人は中国を嫌っているという現実」

「すべての日本人がこの道理をわかっているのだろうか?」
「日本社会は少数の好戦的な集団に支配されている。多くの人は平和を愛しているよ」
「安倍も米国に留学したときに中国人の世話になったそうだ。中国人はいつも慈悲と寛大な心を持っている」

「彼らの心の中は中国人なんだろうな」
「おかえりなさい」
「安易に戦争をしてはいけない。双方の国民にとって大きな災難だから」(翻訳・編集/北田)

ふん。自分にとってはこんな話嫌いだな。真にそうした養い親に感謝の意を持っているのならば、日本去るなんて必要ないでしょう。生涯中国に鎮座して、せいぜいの所がたまに日本にやってくる程度で良いのです。
所詮は日本に不二子った程度の連中じゃないですか。表面的には中国にいい奴面をするためにこんな猿芝居をするのであって、決してどっちにとってもいい奴になるとは思いません。いったん日本に居ついたならば、こうした猿芝居だに我が国の公費頼みである可能性が高いでしょうな。何しろ51人と言う集団での行為な訳だし、決して自腹でなんて事はないでしょうねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

ジァイアニズムが蔓延して却って住みずらくなるかと

日本人は衛生観念が強いのになぜトイレで食事をするのか―中国ネット

2017年10月26日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本人は衛生観念が強いのに、なぜトイレで食事をする人がいるのか、その理由について分析する記事が掲載された。

記事によると、日本のトイレの清潔さについては疑問の余地がないものの、トイレの個室で食事をするという行為は、中国人からすると理解に苦しむという。それは「狭くて不安になる」からだ。

では、なぜトイレの個室で食事をする日本人がいるのか?記事は、日本人の縄張り意識と関係していると分析。日本人はパーソナルスペースという概念が強く、自分のスペースに他人が入り込むことを極端に嫌がり、同時に他人のスペースにも入ることはせず、自分の「縄張り」にいると安心するのだという。

例えば、日本の会社では自分のデスク上の資料類は決して隣のデスクまではみ出てはならないと紹介。はみ出ると「許可を得ないで縄張りを侵した行為」と見なされ、失礼なことになると伝えたが、これは狭い島国に住んでいるため領土意識が強いからではないかと論じた。

一方の中国人は、広大な大陸に住んできたため昔から「国境」という概念があいまいだと主張。例えば明や宋の時代の国境は明確なラインがなく、あやふやなのだという。

そのため、日本人は茶室という狭い小さな空間を発明し、そこに安心感を見出したが、中国人の多くが茶室には興味がなく、その小さな空間を嫌がる傾向にあるとした。

それで記事は、日本人の厳格な縄張り意識は時に人に窒息しそうな感じを与え、実際のところは他人との明確な境界線を引く必要など全くないのだと主張。日本人も面の皮がほんの少し厚くなれば、もっと住みやすいところになるだろうと結んだ。(翻訳・編集/山中)


>広大な大陸に住んできたため

と言うよりは、元々国と言う概念からしてあいまいだったんじゃないでしょうか。あるのは天下と言う概念の方でして、だからこそ、周辺に存在していた夷狄の存在からして、歴史地図においてはだいたいこの辺りに存在していた言う風にしかなっていないのが倣いでしたからね。そして、今の中国人は、かつての中国人とは別の存在で、旧来の中国人は、そうした異民族の侵入によって滅亡してしまって、そうした異民族と混ざり合ったのが今の中国人と言う事でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










大人になってもヒーローの真似はしたい

抗日ドラマの見過ぎ?米射撃場で調子に乗った中国人観光客、インストラクターに制止される=中国ネット「笑い死にしそう」「ブラックリスト入りだな」

2018年3月29日、米国の射撃訓練場を訪れた中国人観光客が「抗日神ドラマ」ばりに拳銃を連射して、インストラクターに制止される映像が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介された。

米国の情報を紹介する微博アカウント「USA米国那些事儿」は29日、「中国人観光客が米国の射撃訓練場にやって来た。これは抗戦神ドラマの見過ぎだろう。ドラマのシーンとそっくりじゃないか」として映像を紹介している。

映像には、派手な半袖シャツを着た中国人とみられる中年男性が小屋の中で片手で拳銃を持ち、外の的に向かって発射する様子が映っている。一発打って終わりかと思いきや、引っ込めた腕を再び前方に伸ばしもう一発。そこから、まるで撃ち合いをしているかのようにステップを踏みながら断続的にパン、パン、パンと計6発打ち込んだところで、隣にいた現地のインストラクターに手首のあたりをつかまれ、制止された。男性を止めるときにインストラクターが首を横に振るのが印象的だ。

中国のネットユーザーは「笑い死にしそう」「本当に抗日神ドラマの見すぎ」「役者が演じた時の銃の反動力まで再現しちゃってる」「隊長、鬼子(※日本人に対する蔑称)と戦いましょう!」など面白がるコメントや、「恥さらし」「危険。これはブラックリスト入りだな」といった批判的なコメントを寄せた。

また、近くで見ていたスタッフが、途中から驚いて身構える様子に多くのユーザーが着目。「そばにいた別のスタッフがビビってるじゃないか」「こんな打ち方する人、初めて見たんじゃないかな?」「死をも恐れぬ米国人をここまでビビらせるとは…」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻)


自分が子供の頃、仮面ライダーのベルト(おもちゃの)を着用して、変身のポーズを取った事があった物ですが、今回の話も早い話がその程度の物かと。ただし、使用した銃がものほんで、実包が出ると言うのがあれですがね。本人的にはドラマの主人公の真似をしただけの事でしょうが、真似をした事によって本当に死人が出てはいけませんよ。(^ ^;)

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










外野の分際がごちゃごちゃ騒ぐな

旭日旗は日本国憲法に違反している―中国コラム

2018年7月21日、観察者網は、旭日旗が日本国憲法に違反していると主張するコラムを掲載した。

コラムでは、日本の国旗である日の丸の歴史について紹介。当初は赤地に金色の太陽が日の丸で、朝廷の「錦の御旗」も同様であったと指摘した。そして、「現在の白地に赤丸の日の丸は、源平合戦の結果が影響しているとの説があり、1854年に当時の江戸幕府が日本船籍の旗として使用したのが、現代の国際法の意味において日本の公式な地位を代表するものとして使用された最初の例」とし、「その後、日本の国旗や軍旗としても使用されるようになった」と解説している。

日の丸と「旭日旗」との関係についてコラムは、「1870年以前に、(旭日旗が)公式に使用されたという記録はない」と指摘。「幕府を倒した明治政府はこの年、幕府時代からの日の丸を国旗及び船籍旗として使用する事と、幕府軍との違いを明確にするため、陸軍旗に日の丸とは異なるデザインの旗を使用することを決定した。こうして、16条の光線の旭日旗ができ、今でも陸上自衛隊はこの旭日旗から派生した8条の光線の旭日旗を使用している。一方、日本の軍艦と民間の船は日の丸を使用していたが、1889年になって現在の旭日旗を使用するようになった。したがって旭日旗は、日本が現代国家の軍事システムを建設することに伴って出現したものだ。旭日旗は、日本民族を代表する象徴的な意味はなく、日本の現代化した軍事力を代表している」と結論付けた。

さらに、「現行の日本国憲法によると、日本は戦力を保持せず交戦権も否認しており、国が軍事力を有することの合法性を否定している。『専守防衛』を理由に、陸上自衛隊と海上自衛隊について法律と憲法とのつじつまを合わせているのであれば、54年から旭日旗を再び使用するようになったことは明らかな違憲である。なぜなら、旭日旗は軍事力を示すものだからだ。旭日旗の使用は軍事力放棄ではなく、軍事力保持を意味するのだ」と主張した。(翻訳・編集/山中)


何しろ、自衛隊の護衛艦の名前にもけちを付けるくらいですからねぇ。これくらいの事は大ありなんでしょうな。特亜は総じて、このような形式的な事にだにこだわる唖叛堕羅です。それに引き換え、ロシアの方はあまりそうした事はこだわってこないですな。あちらは特亜ほど唖叛堕羅ではないリアリズムだと言う事です。

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
























犯罪扱いしないからこの有様だ

【動画】中国の地下鉄で物乞いの男性、職員に止められ逆ギレ

2018年8月1日、中国では街中や地下鉄車内などで物乞いをする人を見かけることがあるが、トラブルもたびたび報じられている。7月30日には、陝西省西安市の地下鉄2号線の車内で、物乞いを注意された70代の男性が駅職員を殴る騒動が発生した。澎湃新聞網が伝えた。

当日朝、男性は手に竹の棒を持ち、乗客の前にひざまずき物乞い行為を行っていた。男性は6月にも目撃されており、たびたび物乞いを行い駅職員から注意を受けていた。同市では条例で地下鉄車内での物乞い行為を禁止している。今回は職員が男性の後についており、物乞いを止めるよう注意したのだが、邪魔された男性は持っていた竹の棒で職員に殴りかかったという。

その後、職員が説得を続けどうにか男性を車両から降ろすことに成功。現在警察が対応を進めている。

中国では6月下旬に北京市の地下鉄5号線で、物乞いの男性が注意した駅職員に対し「私はこの地下鉄のボス」と語る騒動が話題になり、この男性が北京市内に家を2戸所有する情報が投稿された。今回の西安市での物乞い騒動も、「物乞いの人は一般人より裕福」として物乞い行為に反対する声が多く寄せられている。(翻訳・編集/内山)


中国では物乞いはれっきとした職業と言う事らしいですな。それだけに、この御仁なりに死活問題だと逆切れしたのです。そもそも物乞い行為は別段犯罪じゃないのです。だからこそ、地下鉄職員としても、も物乞いをやるなと、お引き取りを願うだけで、警察にお出ましそうらえとまで行かないのです。

( `ハ´)物乞いは別段犯罪じゃないある。ましてや我が職業ある。それをやめろとは、わたしに死ねと言うあるか?

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
























| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE