プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

イミフな不公平感

親日教育のせい? 「台湾人ばかりが日本を訪れるなんて不公平だ」=中国メディア

日本を訪れる外国人の数が増え続けている。そのなかでも、中国人や台湾人など、中華圏から訪日する人が全体に占める割合は非常に大きく、日本の観光業界に与える経済効果も非常に大きい。

 中国メディアの環球網は7日、台湾人が観光で訪れた日本で使ったお金は1000億台湾ドルに迫っていると伝え、「台湾人は日本にとって忠実な福の神だ」と主張する記事を掲載、台湾人の日本観光の状況について紹介している。

 日本政府観光局によれば、2016年に日本を訪れた台湾人の数は416万7512人で、中国と韓国に次いで多かったが、台湾の人口が約2355万人であることを考えると、台湾の人口の約17%が訪日した計算となることから、いかに多くの台湾人が日本を訪れているかがよく分かる。

 記事は、日本を訪れる台湾人が増えているだけでなく、日本で消費する金額も増えていることを伝え、台湾の蔡英文総統が打ち出したインフラ整備計画では日本企業の参画を期待する声があることも合わせ、「台湾人は本当に日本にとって忠実な福の神」という声があると伝えた。

 一方、これだけ多くの台湾人が日本を訪れているものの、16年に台湾を訪れた日本人の数は190万人ほどにとどまり、人口に大きな差があるなかで2.26倍もの差が生じたと紹介し、「日本人が台湾を訪れないことは不公平」との見方もあると伝えた。

 これに対して、中国のネットユーザーからは、「中国は台湾に富をもたらし、台湾は日本に富をもたらしている。まとめると、中国が日本に富をもたらしていることになる」、「これは台湾が行ってきた親日教育のせいだ!」といった意見が寄せられており、中国人ネットユーザーたちは台湾人が日本に親近感を抱くことに不快感を示していた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


妙な発想ですなぁ。そう言う事を不公平だと不満がるかよ。別段自国にとって得になる状態と言う訳じゃなし。これが、日本人はもっと中国に来てくれるべきだと言う風に考えるのならば理解はできるのですが、台湾では親日教育が行われていると言うような事が日本で行われている訳ではなく、かつ、中国自身がそれに見合うような事を行っているとは言えないからです。
それに我が国の立場では、台湾や中国ばかりが選択肢と言う訳じゃなしと言う事なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

在日のみそう言う事が求められていない

北朝鮮の留学生が怯える「恐怖の夏休み」…家族と生き別れになる例も

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、北朝鮮当局が最近、中国の大学に通う自国の留学生全員に対して帰国命令を下した。これはよくあることで、北朝鮮の学生にとっては忘れたころに巡ってくる「恐怖」と言える。

中国の対北朝鮮情報筋によると、帰国命令が下されたのは夏休みの始まった7月中旬のことだ。留学生も親も不安に苛まれつつ、帰国準備を急いだという。それは、帰国したら二度と大学に復帰できない留学生が少なくないからだ。大学を中退させられるだけではなく、収容所に送られ、家族と生き別れになる可能性すらあるということだ。
血の粛清も

脱北者のイさんによると、帰国命令は思想検討のためだという。

「当局は海外にいる留学生を平壌に集め、15~20日間ほど、人民大学習堂や青年同盟の強要学習所で思想学習と思想検討を受けさせる」

海外で資本主義に染まった考え方を徹底的に追及、除去することで、脱北を防ぎ、社会に悪影響を与えないようにするのが目的だ。

(参考記事:亡命した北朝鮮外交官、「ドラゴンボール」ファンの次男を待っていた「地獄」)

一連の日程の中でもっとも重要なものは「大論争」というものだ。「思想的に問題がある」と見られた人物を壇上に立たせ、他の学生に徹底的に批判させるというものだ。その対象は、国家保衛省(秘密警察)が常日頃の監視の結果に基づき、あらかじめ選定する。こうなれば大学に戻れないのはもちろん、その後の出国も困難になる。ひどい場合には収容所に送られるかもしれず、人生は終わったも同然だ。

国の未来に重要な貢献をするであろう留学生に学業の放棄を強いるのは、当局がいかに彼らを危険視しているかの表れだ。極端な例だが、かつてソ連の軍事大学で学んだ北朝鮮留学生らが、帰国後にクーデターを起こそうとしたケースもある。もちろん、その企みは「血の粛清」で幕を閉じた。

(参考記事:同窓会を襲った「血の粛清」…北朝鮮の「フルンゼ軍事大学留学組」事件)

当局の都合で、勝手に転校させられることもある。

別の情報筋によると、遼寧省丹東にある唯一の4年制総合大学にはかつて10数人の北朝鮮出身の学生がいたが、昨年春に急に姿を消してしまい、学校に来なくなってしまった。ある学生は、大連の大学に転入させられたという。

北朝鮮当局は「大学のレベルが低いから」という言い訳をしている。しかし、本当の理由は別のところにあるようだ。

情報筋によると、この大学の韓朝学院(韓国朝鮮学部)は、朝鮮語ではなく韓国語を教えるようになり、教員も韓国人に入れ替えられ、韓国の大学と姉妹提携を結ぶなど、韓国との交流を進めた。北朝鮮当局は、留学生が韓国文化に染まってしまうことを恐れたものと思われる。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...)

しかし転校させたところで、韓国人留学生のいない大学など中国にはほとんどない。北朝鮮留学生が姿を消した時期が、浙江省寧波の北朝鮮レストランの従業員が集団脱北した後であることを考えると、やはり脱北防止など、別の何らかの理由によるものであると考えた方が自然だろう。


いろいろ、ある意味では彼らなりに正論なのでしょう。留学生に対して高い忠誠度を求めてトンスラされないように注意を払うと言う事です。
しかし、それを言うのであれば、在日連中に対してはいかがな物でしょうかと言う事が勘ぐられます。彼らなりに最も敵視すべき国の1つである日本に染まってしまっていると言う事で、ある意味やばい状態にあると言って良いでしょう。
だからと言うべきなのか、かつての帰国事業で半島に帰還できた人間が少なからず悪しき環境の中で生きて行かなくてはならないようになったのです。
考えようによれば、そうした連中をなまじ帰還させると、そのように何かしらの制裁を加えなくてはならない物だから、彼らなりに日本に留めておくことで、そうした制裁を免除しているのでしょう。
とは言え、よそでならば、そのような事は認めてはくれないはずなのに、在日連中との違いは、現地に永久に寄生して、「草」として祖国に対する貢献が期待できないからだと言う事なのでしょう。在日連中のみ例外的にある種の特別待遇が認められていると言う事なのです。

クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


三光作戦でもやったら

本当は日本が羨ましい中国「大陸は無理だけど・・・われらが台湾なら日本並みに清潔だ!」=中国

日本を訪れた中国人が口を揃えて言うことの1つに「日本は非常に清潔で、街にはゴミ1つ落ちていない」ということが挙げられる。もちろん、この表現は若干の誇張が含まれていて、日本にも路上にゴミは落ちているし、汚いところもたくさん存在する。
 
 だが、ところかまわずゴミを捨て、痰や唾を吐く人が多い中国で生まれ育った人から見れば、日本は非常に清潔な国に見えるのは当たり前のことだ。
 
 中国メディアの今日頭条は30日、日本の街中にはゴミ1つ落ちておらず、街にはゴミ箱すら存在しないことを伝えつつ、中国国内には日本と同等の清潔さを実現している場所はまずないものの、「台湾は日本のように清潔だ」と主張した。
 
 記事は、「台湾の街中もゴミが落ちていなくて非常にきれいだが、不思議なことに日本と同様、設置されているゴミ箱が非常に少ない」ことを紹介している。台湾は確かに細い道や古い町でも、中国の都市とは比べられないほど清潔に保たれている。中国は台湾について「あくまでも中国の一部であり、中国の省の1つ」という立場を堅持しているが、記事もこの立場に基づいて「中国にも日本に匹敵する清潔さを維持している場所があった」などと主張した。
 
 中国では街中の屋台などで購入した食べ物を路上で食べる習慣があり、食べ終えたゴミやカスをその場に捨てて去っていく人が多い。だが、日本では路上でものは食べず、食べ歩きも行儀が悪いと教えられる。逆に中国では自分のゴミを持ち帰ろうとすれば不思議がられるだろう。習慣や文化の違いと言えばそれまでだが、中国人がこれだけ日本の清潔さに関心を寄せているということは、中国人もできれば国内で清潔な環境を実現したいと願っているのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)navintar/123RF)


全く迷惑な発想だ。思い切り矛盾している話だと言って良いです。彼らが独自のアイデンティティを堅持している間はそのような事は夢物語だと言って良いでしょう。思うだけで、決して自ら実践しないで、人任せなんだからな。彼らの場合、徹底的に清潔にせんと欲するのであれば、三光作戦に徹するのがお似合いかと。空屋清室、それこそが彼らなりの清潔の道です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ











勝手に高望みするからそうなるのだ

「日本は安全なのか?」 北海道の「福建省美人教師失踪事件」で中国メディアの報道過熱 SNSでは日本批判も 「“敵対国家”に行くのは賛成しない」

■「“敵対国家”に行くのは賛成しない」

 SNS上ではさまざまな意見が飛び交っている。

 「日本の変態に捕まっているに違いない」

 最も目立つのは、危さんが日本で犯罪に巻き込まれた可能性を指摘する声。一方で「不法就労のために消えたのではないか」「日本の文化に染まっておかしくなっていたんじゃないか」といった推測もある。

 また、日本を批判する投稿も目立つ。

 「日本や韓国などの“敵対国家”に行くのは賛成しない」

 「日本や米国では、中国人女性に危害を加える事件が相次いでいるのは明白だ!」

 「日本に旅行に行くのは死にに行くようなものだ」

 「日本の畜生ども。歴史を振り返れ!」

 さまざまな声がネット上にあふれているが、一刻も早く危さんが無事に姿を現すことが期待されるのは言うまでもない。(外信部 三塚聖平)


いい気な物だ。己の都合で、日本に対して高望みした結果が、たまたま裏目に出たと言う事なのではないでしょうか。そしてそうした悪しき結果に対してぼろくそ発言。別段我が国だって、格別しいて招いたわけじゃなし。「歴史を振り返れ」とは我が国に対して言う事ではなく、自ら意識する事です。日本にさように悪しき思いを抱くのであれば、決して来てはいけない国だと言う事を自覚すれば良いのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







高層マンション並みな深さ

中国の都市部で地下鉄建設ラッシュ、地下数十階の深さにも―仏メディア

2017年7月24日、仏AFP通信によると、中国では上海、浙江省蘇州や杭州などの各都市で地下鉄の建設ラッシュが続いている。地下数十階レベルの深さまで掘り下げるケースもあるという。参考消息網が伝えた。

上海市では地下鉄14号線が35%延伸される予定で、20年には地下鉄の総延長は830キロに達する見通し。米ニューヨークやシカゴの地下鉄をしのぐ規模になる。

中国の都市人口は、1950年には人口全体の12%だったが、今は55%まで上昇している。中国政府は2030年までに人口の7割、約10億人を都市化させる目標を掲げている。都市化により農村人口の貧困を解消したい考えだ。

これを受けて上海の人口も2000年の約2000万人から現在約2400万人まで急増。30年には約3000万人に達すると予測されている。1日当たりの地下鉄利用者数も4月末、過去最高の1186万7000人を記録した。

中国では大都市への人口集中に伴い、地下鉄建設への投資が急増。16年から20年までで2兆元(約32兆円)を超える見通しだ。建設ラッシュは大都市から地方の中小都市へ波及。内陸部の重慶市では建設中の地下鉄10号線が、「国内最深」の地下94メートルの深さまで掘り下げられたという。(翻訳・編集/大宮)


人口世界一ならば、その中の大都市の中には東京以上に人口過多の所も出てきますな。そして、その深さも高層マンション並みになってしまう所は半端ないですな。そうなって来ると、地下のホームまで行くのに何分かかるかと言う苦労が出てきます。そうなると、当然、どこまで行くかと言う事よりも、地下と地上との行き来の方が手間がかかるんじゃないかと言う事態も十分あり得るのではないでしょうか。
それでも、昨今の猛暑の中では、どんなに近くでも地上を歩くのは嫌だで、そのような上下の苦労を甘受する人間が出て来るのではないでしょうか。先日の記事では、地上の猛暑をしのぐために地下鉄の通路にたむろするなんて話があった訳でして。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE