プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「スト」かハングルに見えて来た

【社説】本国Uターン企業、韓国2社・日本724社という現実

昨年、日本の製造業による雇用が7年ぶりに1000万人を突破した。海外に移転した工場が続々と日本国内にUターンしたことが主な理由だという。日本政府の調査によると、1年間で海外に生産設備を持つ日本企業の11.8%が生産を何らかの形で日本に移転した。トヨタや日産は年産10万台規模の北米の生産ラインを日本に移転した。資生堂も35年ぶりに日本国内に工場を建設することを決めた。大企業から中小企業まで、規模や業種を問わずに企業の「本国復帰」がブームとなっている。

 日本企業のUターンは日本がそれだけ企業が経営しやすい環境に変わったことを示している。企業の海外脱出に苦しんだ日本は2000年代以降、首都圏の規制をはじめ、さまざまな規制を減らし、雇用市場の柔軟化を図るなど企業誘致に総力を挙げた。安倍政権は法人税率を引き下げ、露骨な円安誘導も行い、企業のコスト負担を軽減した。その結果、高コスト・規制だらけの日本が魅力的な生産拠点に生まれ変わった。海外法人を撤収し、日本に回帰した企業は2015年だけで724社に達した。これが青年が職場を選ぶ「売り手市場」の原動力となった。

 米国はUターン企業の税金を軽減するなど積極的な政策で、7年間で1200カ所余りの海外工場を呼び戻した。そのおかげで米国で雇用が34万人分増えた。ドイツのスポーツ用品メーカー、アディダスが中国の生産ラインをドイツに移転したことも話題になった。本国復帰は先進各国の最優先政策になった。企業のUターンはトランプ政権の「米国優先主義」や日本の「アベノミクス」の重要目標でもある。

 韓国企業が海外で雇用する勤労者は286万人に達する。その10%を国内に回帰させるだけでも、政府による今年の雇用増加目標(30万人分)を軽くクリアできるはずだ。しかし、韓国企業のUターン実績は毎年1桁台で、昨年1-8月は2社にすぎなかった。韓国は規制王国、労組王国だからだ。企業が馬鹿ではない以上、韓国に戻ってくる理由はない。追い打ちをかけるように、新政権は企業の負担を増やす反企業政策を相次いで打ち出している。

 企業が世界地図を広げ、投資先を選ぶ時代だ。企業はあっという間に海外に逃げてしまい、一度逃げた企業が帰ってこない国の経済は成長できないし、雇用も生まれない。政治に溺れ、明らかな事実を直視していないだけだ。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


とりわけ会社の現状お構いなしにストにふけると言う傾向が強いですからな。かようなわがままな連中が相手でははなから奴隷労働と言う事を前提に物を考えないと労働が機能しないのです。それにしても、「スト」と言う字を圧縮するとなんだかハングルに見えてきてしまいました。ひょっとしたら「スト」はウリナラ起源なのかも。とまあそれは冗談ですが、ただ、あいつらのメンタリティからすれば、あながち冗談では済まされないような気がします。

<丶`∀´>そうニダ。ストはウリナラ起源ニダ。万国の労働者よ。ウリに続くニダ。ストを持って栄耀栄華を目指すニダ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト

韓国そのものが「故障」してばかりじゃないか

韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障…日本衛星を活用中

韓国の天気予報に活用されてきた衛星が2日間作動していないことが分かった。韓国日刊紙の東亜日報は13日、「韓国が開発した最初の静止軌道衛星『千里眼1号』が2日以上作動してないことが明らかになった」とし「障害で一日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来初めてであり、日本側の衛星映像を活用している」と伝えた。

東亜日報の報道によると、11日午前5時44分ごろ「千里眼1号」のメインコンピューターが突然故障し、現在まで復旧していないという。韓国航空宇宙研究院は衛星に搭載された補助コンピューターで原因を把握中だ。ある関係者は「電子装備が長期間にわたり宇宙放射線を浴びたうえ、老朽化して問題が発生したようだ」と話した。

「千里眼1号」から映像を受けて天気予報に活用してきた韓国気象庁は日本の衛星映像を受信して天気予報をしている。特に平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)期間であるため天気予報の重要性は大きい。ある政府関係者は「よりによって平昌五輪が開かれる重要な時期に故障し、日本の衛星映像を借りて使うことになるとはあきれる」と話したと、東亜日報が伝えた。

2010年6月に打ち上げた千里眼1号は寿命が7-8年であり、すでに寿命をほぼ終えた状態だ。今年10月に粒子状物質観測機能などを搭載した新型環境衛星「千里眼2号」が1号の代わりに打ち上げられる予定だ。


果たして故障をしているのはハードウェアばかりでしょうか。韓国と言うソフトウェアの方こそ年中故障状態みたいなものじゃないでしょうか。何しろ台風かあろうものならば、日ごろの日本を貶めてやりたいと言う思いから、そうした台風は日本列島直撃と言う風に勝手な「予想」をしてしまうのです。そんなのは予想ではなく、単なる願望なのです。とまあ、そのような事を、気象と言う、科学の範疇で行うと言う事は、韓国全体が故障していると言っても良いのではないでしょうか。そして、そうした「故障」を指摘できる者も当然いないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






所詮は付け焼刃か

<平昌五輪>「16失点無得点」の南北合同チーム、このままでは日本戦の勝利もない

女子アイスホッケー南北(韓国・北朝鮮)合同チームは勝利をつかめるのだろうか。南北合同チームは12日、江原道江陵(カンヌン)で2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子アイスホッケーグループリーグB組第2戦を行い、スウェーデンに0-8で敗れた。

世界トップレベルチームとの格差は大きかった。第1戦でランキング6位のスイスに0-8で完敗した合同チームは、第2戦でランキング5位のスウェーデンにも屈辱的な敗戦を喫した。2試合で16失点。得点はゼロだ。

2試合とも第1ピリオドから崩れた。スイス戦では3失点、スウェーデン戦では4失点した。第1ピリオドで勝負が事実上決まったのだ。南北合同チームはグループリーグ敗退が決定した。

次の相手は日本だ。今の競技力と組織力では勝てる可能性が低い。日本も戦力が優れた強豪チームだ。日本も2連敗でグループリーグ敗退が決まったが、ランキングは9位だ。韓国(22位)や北朝鮮(25位)をはるかに上回る。

日本はスウェーデンとスイスに敗れたものの底力を見せた。スウェーデンには1-2で惜敗した。スイス戦では有効シュートが38-18と圧倒する姿を見せるなど善戦した。終盤にはスイスを激しく攻めた。ゴール決定力が不足して1-3で敗れた。南北合同チームが無気力に敗れたのとは違う。

日本もモチベーションが高い。日本女子代表は五輪に3回出場し、これまで1勝もしていない。日本の立場としては南北合同チームとの試合が1勝をつかむ絶好の機会ということだ。

日本戦は14日に行われる。南北合同チームにはきっかけが必要だ。反転がなければ日本に五輪初勝利という栄光を与えるしかない。日本戦という特殊性に期待できる。日本と対戦する韓国は説明できない大きな力を発揮してきた。闘志と闘魂も倍になる。戦術であれ、選手の変化であれ、闘魂であれ、いかなる方法を活用してでも反転が求められる。


要するにつ付け焼刃だったと言う事ではないでしょうか。彼らなりにも、個々人のレベルにおいては優れた選手を用意したつもりでも、それがチームとしてうまく機能するかは別問題でして、こうした事はもっと前から決定た上で合同チームを作って置くべきでしたね。
それで゛ふと思いついた事として、日露戦争時における旅順閉塞作戦が失敗した事に関して、同様の作戦がよそのいくさにおいても企画されながら、ことごとくうまく行ったことがないと言う指摘がどこかで指摘された物でしたが、それと言うのも、どうせしかるべき所に沈める物だからとおんぼろ船を用意したからだと言う事が第一の原因として上げています。
ただでさえおんぼろ船では低い能力しか出せないし、急遽の思い付きな物だから、作戦に参加する将兵もよそからの志願でかき集める物だから、準備期間がどうしても短くならざるを得ないと言う物でした。
それ位ならば、あらかじめその種の任務のための船を造って、それに応じた部隊もあらかじめ用意して事前の訓練をしておけば良かったと言う事でした。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






別に驚くに当たらない事だ

与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回(1)

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開幕を祝うために韓国を訪れた各国の首脳級要人が予定された日程をほぼ終えて「平昌首脳外交戦」第1ラウンドが終了した。だが、韓国政府が金与正(キム・ヨジョン)北朝鮮労働党中央委第1部部長を国賓級で最大のもてなしをする一方、米国のマイク・ペンス副大統領や日本の安倍晋三首相ら主要国の最高級要人に対する配慮はおろそかにしたという指摘が出ている。

◆北には大統領・首相・長官・室長が対応

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、韓国に2泊3日(9~11日)滞在した金与正氏と4回も会った。開会式出席(9日)、会談および昼食会(10日午前11時~午後1時46分)、女子アイスホッケー合同チーム競技の観覧(10日午後9時10分~11時10分)、三池淵(サムジヨン)管弦楽団公演観覧(11日午後7時~8時40分)を共にした。

北朝鮮代表団に対する食事接待は9日のレセプションを除いても4回だった。10日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の昼食会に続いて夕食会は趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官がもてなしたほか、11日の昼食会と夕食会はそれぞれ李洛淵(イ・ナギョン)首相と任鍾皙(イム・ジョンソク)大統領秘書室長が主宰した。

◆ペンス氏の席、金永南氏の向い側に配置

多くの国から来賓が集まる行事を主催する国のトップが一国の代表団とこのように多くの時間を過ごすのは異例だ。文氏はペンス氏も2泊3日(8~10日)の間に4回会ったが、その内容には違いがある。会談および夕食会(8日午後6時30分~9時14分)、レセプション(9日午後6時39分~44分)、開会式出席(9日)、女子ショートトラック競技観覧(10日午後7時43分~8時20分)などだった。

特に、ペンス氏が9日レセプション時に開始5分で行事会場を離れたのは大きな外交的波紋を呼んだ。ある外交消息筋は「青瓦台が金永南(キム・ヨンナム)北朝鮮最高人民会議常任委員長をペンス氏と同じメインテーブルに配置し、これを米国側は快く思わなかったものと承知している。金永南氏の席を変更するよう求める要請も米国がしたようだ」と伝えた。

だが、青瓦台は席次を変えることはなく、結局、米国側は行事1時間前にレセプションへの不参加を通知してきたという。青瓦台は「ペンス氏が自国選手との夕食会の日程のためにレセプションに来れないと事前通報した」としたが、不快感の表現だった可能性が高いという言葉が外交界では定説だ。

米国側はペンス氏の訪韓前から北朝鮮との接触説に不快感を隠さなかった。5日、韓米の6カ国協議首席代表協議のために訪韓した米国のジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表は、韓国政府および学界の人々に会って「ペンス副大統領はいかなる契機の米朝対話にも関心がない。意味ある出会いが実現する可能性は0%」と釘をさしたという。ある高位外交官OBは「副大統領に対するこのような形のレセプションの席次は米国の立場からは意図的な侮辱とも受け取れる欠礼」と評価した。

ペンス氏の訪韓期間中、韓国政府の要人と一緒に過ごすメディア公開日程もなかった。9日、平沢(ピョンテク)第2艦隊司令部の訪問時、金炳周(キム・ビョンジュ)韓米連合軍司令部副司令官らが同行しただけだ。


韓国側、あるいはムン大統領の主観としては、北とのよしみを日米よりも重視すると言う事ですかな。そもそもそれらすべて両立する事はあり得ませんから、この件に関しては二者択一と言う事に他なりません。韓国的には日本を袖にしてやったと言う思いがあるのかも知れませんが、我が国からすれば韓国なんぞは腐れ縁でして、それでも良いのですよ。ましてや、韓国が提供する食事では大いに安心できない物があるのでして、そんな物を提供してくれないで済むと言う事は、却ってありがたいと言う物です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






調子に乗って世界に売り込むやからが出て来るか

平昌五輪:「モルゲッソヨ」が国内外で話題

最近の若者たちは五輪も遊びのネタにする。平昌冬季五輪ではオブジェやマスコットも遊びの対象になっている。中でも裸で頭に弾丸をかぶり、五輪メーンプレスセンター前に建っている3人の男の像が国内外のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題を呼んでいる。

 7日、日本のスポーツ紙「東京スポーツ」がこの像を「謎のオブジェ」「各国の報道陣の集合場所となっている」と紹介した。この像の本来の名称は「弾丸マンたち」だ。インスタレーション・アーティストの金知鉉(キム・ジヒョン)氏が2009年に発表して13年第1回平昌ビエンナーレに出品、現在の場所に設置された。東京スポーツ記者は「一体、これは何なのか?」「近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて『モルゲッソヨ(知らないです)』」と書いた。「モルゲッソヨ」は「分からない」という意味の韓国語を発音通りにカタカナ表記したものだ。これがSNSや各種サイトで共有され、この像は「モルゲッソヨ像」と呼ばれるようになった。

 ツイッターやインスタグラムなどには「モルゲッソヨ」というハッシュタグ(検索しやすいように単語の前に#を付けたもの)があふれ、パロディー作品が多数アップされている。

 9日の平昌五輪開会式で大きな話題を集めた「人面鳥」もモルゲッソヨ像と同様、パロディーの素材として多数使われている。白い服、頭に小さな冠をかぶった厳かな顔が儒教を守るソンビ(文人)のように見えるとして「儒教ドラゴン」というニックネームも付けられた。慶煕大学グローバル・コミュニケーション学科のイ・テックァン教授は「旧世代は五輪を国の名誉のためのイベントとして強調したが、若い世代はこれを風刺し、完全に個人の文化として楽しもうとする欲求を表出させている」と分析した。

ユン・スジョン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


どうやら韓国でも、このような奇怪な代物が出来上がった事で、まんざら否定的でもないようですな。韓国も韓国なりにそれで楽しんでいるようならば、それなりに結構な事です。

<丶`∀´>さて、これからは、このモルゲッソヨを世界に大々的に売り込むニダ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE