プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

犬豚程度で済めばまだましかと

絶叫し抗議する韓国デモ隊を米兵が笑いながら撮影、THAAD配備で=韓国ネットは怒りとため息「まるで犬や豚を見るような視線」「本当に哀れな国」

2017年4月27日、韓国・中央日報などによると、韓国での高高度防衛ミサイル(THAAD)配備作業開始に配備地周辺の住民らが反発する中、敷地への装備の搬入を防ごうと米軍車両に詰め寄るデモ隊を車内の米兵が笑いながら撮影する姿が公開され、物議を醸している。

米兵の姿は、27日、あるネットユーザーが動画サイトYouTubeで公開した3分24秒の動画に収められていた。動画は、26日午前7時前、駐韓米軍がトレーラーやトラックにTHAADの装備を載せ、配備地である星州(ソンジュ)郡の元ゴルフ場に搬入する様子を映したものだ。搬入を防ごうと集まった周辺住民らは盾を手にした警察隊に阻まれ車列を見送るしかなく、抗議する叫び声やすすり泣く声も聞こえる。警察隊に無理に車列から遠ざけられた人々からは「けが人が出ています」「押さないで」といった悲痛な声も上がった。

そうした住民らの姿を、トラックの助手席に乗っていた米兵が笑顔を浮かべながらスマートフォンで撮影していたのだ。動画を見た住民からは怒りの声が噴出、当時、現場にいた住民の1人は「哀れな住民たちが警察に押されて絶叫しているのに、それを見て笑って通り過ぎるとは、人間としての基本的な礼儀がないのではないか」と米兵を批判した。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「楽しんでるみたいだな!」「命を懸けて反対してるのに、それを面白がるなんて」「まるで犬や豚を見るような感じじゃないか」「僕らにとっては命に関わる問題なのに、やつらはゲームくらいに思ってるんだろう」「どれだけ韓国をばかにしてるんだ?」など怒りの声が相次いでいる。

しかし一方では、「悲しいの一言」「韓国は完全にカモ国家」「本当に哀れな国だ。同盟国に姿を借りた、米国の植民地」「そういう扱いをされる韓国に問題がある」「いつまでこんなふうに生きなきゃいけないんだろう?」と諦めのようなため息交じりのコメントも多数寄せられた。(翻訳・編集/吉金)


犬豚程度に見られるだけで済むのならばまだましな方でして、敵のシンパだと見られないだけありがたいのでは。ひょっとしたら、雨さんの方でも内心ではそのように不快に思っている者もいるのではないでしょうか。建前上韓国とは同盟国だから、そのような不快感が出せないだけで、単なる占領地や植民地であったならば、その程度では済まないでしょう。その点では我が国における沖縄のパヨクも同類でして、ともに「朝鮮人」であると言う風に主張している所もあるくらいでして、こんな有様だと、なるほどいろんな意味で納得できる話ではないかと。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

韓国では「酒テロ」が頻発しているのかと

酒席で同僚を暴行致死、46歳ハンギョレ新聞記者逮捕=ソウル中部署

ソウル中部署は26日までに、酒席でけんかとなり、同僚を死亡させたとして、ハンギョレ新聞記者のA容疑者(46)を暴行致死の疑いで逮捕した。

 調べによると、A容疑者は22日午前2時20分ごろ、ソウル市中区の飲食店で同僚のS記者(53)と飲酒中に口論となり、S記者を転倒させた。S記者は胸部を椅子に強くぶつけ、周辺の病院に搬送され、緊急手術を受けたが、同日午後4時ごろ死亡した。

 A容疑者は同日午後9時ごろ、警察に出頭して取り調べを受け、翌日午前1時ごろに緊急逮捕された。2人は1年前から文化部の同僚として勤務していた。事件当時2人は公演関連の記事をめぐり言い争っていたという。A容疑者は遺族に謝罪し、責任を負うため、逮捕前の被疑者尋問への出席を見送った。

イ・ジュンウ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


いつぞやは、日本のすし屋で起こった事に関して、韓国ではそれは「わさびテロ」などと称した物ですが、アニメの「ど根性ガエル」で梅さんが個人的な嫌がらせでやっていた程度なのですがねぇ。それですら韓国での出来事に比べれば、ちょろい物じゃないかと。
こんな有様だと韓国の場合は「酒テロ」とでも言った方かよさそうな物ですな。そして、韓国では、別段酒乱によらずとも酒乱のような体をなしたケースも決して少なくない訳でして、何かと騒動の度合いが高い国であります。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


別段韓国の思惑が大利って訳じゃなし

【コラム】日本軍に爆弾投げた尹奉吉と韓中関係

29日は梅軒(メホン)尹奉吉(ユン・ボンギル)義士(1908-32)の中国上海虹口公園義挙85周年となる日だ。日帝強占期間に踏みにじられた韓国人の心を晴らした快挙であることを知らない人はほとんどいない。25歳の青年・尹奉吉は85年前のその日、天皇誕生日を記念した日本軍首脳部に水筒型爆弾を投げた。1909年10月に安重根(アン・ジュングン)義士(1879-1910)のハルビン義挙に続き、大韓独立に対する熱望を表出した。

尹義士は中国人にも大きな衝撃を与えた。中国国民党を率いた蒋介石(1887-1975)がそうだ。義挙の直後、「中国の100万の大軍もできないことを朝鮮の一人の青年がしたのだから感激だ」と述べた。尹義士に対する感謝から中国にあった大韓民国臨時政府を全幅支援したりもした。このような流れは1943年12月に韓国の独立が国際的に初めて合意されたカイロ宣言まで続いた。尹義士と中国の縁は今でも続いている。尹義士の故郷の忠清南道礼山郡(イェサングン)で毎年開催される「尹奉吉平和祭り」に中国は8年連続で参加している。29、30日の2日間行われる今年の祭りにも、ハルビン安重根記念館、ハルビン731部隊罪証陣列館の関係者ら4人が訪れる。細菌マルタ部隊など日帝の蛮行を説明し、北東アジア平和音楽祭など付帯行事にも参加する予定だ。

しかし今年は少し違う。何よりも訪韓団規模が以前の半分ほどに減った。昨年は大韓民国臨時政府所在地の上海・杭州・重慶記念館、安重根義士が殉国した旅順監獄の関係者など約10人が訪問した。その前も状況は似ていた。韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定に対する中国側の反発という声が聞こえる。

丈夫出家生不還--。尹義士が故郷を離れてはるか上海へ向かいながら残した言葉だ。「男が家を出れば志を成し遂げるまで戻らない」と誓った。青年尹奉吉の決意を改めて感じる。「男が世の中を生きていくこと、その志は大きい」という安重根義士の「丈夫歌」も思い浮かぶ。個人はもちろん国際関係もそのような大きな志が重要だ。危機の北東アジア情勢を解決していくカギになる。日帝の欺まん策により韓国と中国の農民が流血衝突した1931年の万宝山事件が解決したのも、尹義士の義挙がきっかけになった。目の前の小利に両国の大利を縮小する中国の態度が残念だ。

パク・ジョンホ/論説委員


そもそも、ここで御大層に言っている両国の大利自体が、眼前の小利でしかなかったのかも知れませんね。それは別としても、中国からすれば、当時だってせいぜいの所が、自身の利益のために韓国人のテロリストを利用したのに過ぎないと言う風に解釈すべきでしょう。いずれにしても、彼らにも彼らなりの追求すべき利益があるのであって、韓国が追求したい利益とは必ずも合一とは言えないのです。
上の話は「せいぜいの所が」ですからね。果たして利用できるほどの価値があったかすら怪しい物です。だいたい朝鮮戦争の時には両国って敵対関係にあったじゃないですか。それを思えば、今両国が敵対関係になったって別段異常な事でもないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









我が国では自国の映画は邦画と言うのだが

【コラム】韓流の真の危機(1)

最近の若者世代にはあまり馴染みのない話だろうが、韓国映画を見に行くのは「物好き」程度に扱われた時期があった。音楽も同じだ。大学生や識者層はポップを聞き、演歌のような歌謡は市場通りの音楽程度に蔑まれたりもした。どれほど大昔の話をしているのかとお思いだろうが、1980年代だけでもそんな雰囲気だった。私が大学に通っていた当時、劇場で見た韓国映画は指で数える程度だ。韓国映画はいつも外国映画の後回し、外国映画よりも下だった。88年ハリウッド配給会社UIPが『危険な情事』で国内直配を始めるや、韓国映画が皆死んでしまうと考えた忠武路(チュンムロ)映画関係者が劇場に蛇を放ってこれに抵抗したのはこのためだ。

もちろん、その後かなりの歳月が流れ、いつのまにか韓国の観客は劇場で圧倒的に韓国映画を好む時代になった。年に1000万人の観客を集める韓国映画が1~2本作られる。市場規模だけが大きくなったのではない。海外映画祭での成果などに代表される質的成長もまた輝かしい。来月開かれるカンヌ国際映画祭には米国ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を手掛けた世界的な動画ストリーミング企業Netflix(ネットフリックス)が投資・製作するポン・ジュノ監督の『Okja』が、ホン・サンス監督&女優キム・ミニ・カップルの『その後(The Day After)』とともにコンペ部門に招待された。ホン監督は『Claire’s Camera』で非コンペ部門にも進出した。また、パク・チャヌク監督はコンペ部門の審査委員だ。すべて韓国映画のブランドパワーなしでは不可能だった。

個人的には、このように韓国映画が飛躍的に成長する過程で、文化部記者として仕事ができたことは幸運だったと思う。パク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ギドク、ホン・サンスら韓国映画の原形そのものを揺さぶる才能あふれる監督が次々と登場し、不可能に見えた観客数1000万人、1500万人の高地を越える時は共に歓声を上げたりもした。観客の立場でも「韓国映画が世界最高資本力のハリウッド映画に負けない」あるいは「惰性に慣れたハリウッド映画よりもマシ」という固い信頼で韓国映画を選ぶことがあった。


何とも情けない表現ですな。韓国にあればこそ韓国映画が見られると言うのは当たり前の事でして、かように韓流だなんて表現する必要などないのですが、あえてそのような表現をしたがるのが韓国の性と言う事なのでしょう。何しろ韓国の場合は、内需がしょぼい物だから、外国への売り込みが重視されていますからねぇ。その行き着く先が、国産の物にだに、さながら外国製のごとく、韓流なのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









足手まといだから相手にされないのだ

また韓国外し?北朝鮮めぐる日米中の緊密連携に韓国から懸念=ネットは複雑「連絡くらいくれてもいいのに」「韓国の運命は日本人が決めてるのか」

2017年4月25日、北朝鮮の朝鮮人民軍創建85周年を前に日米中の首脳が緊急電話会談を行うなど3カ国が緊密な連携を示したことについて、韓国・ニュース1は「韓国外交の成果と限界が同時に見えた」出来事だと報じた。

米国のトランプ大統領は日本時間の24日、北朝鮮の記念日である25日を前に緊張が高まる朝鮮半島情勢について協議するため、安倍晋三首相と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とそれぞれ電話会談を行った。ニュース1は、こうした3カ国の動きは「韓国外交がこの間、北の核問題の重要性を強調してきた努力の結果であることは明らかだ」としている。また、今月初旬の首脳会談以降、米中が北朝鮮問題について「異例の協調」をみせていることは、25日午前までにこれといった挑発を強行していない北朝鮮の選択に「一定の影響を及ぼしたと推測できる」として評価した。

しかしながら韓国では、いざ朝鮮半島情勢が緊迫してみると、主要な当事国であるはずの韓国が議論から外され「ほろ苦い後味」が残ったとの指摘が出ているという。この状況下、韓国大統領権限を代行する黄教安(ファン・ギョアン)首相とトランプ大統領との間に電話会談が持たれていないことは、韓国として「物足りなさ」を抱かざるを得ない事実なのだ。最近、トランプ大統領が米紙のインタビューで「韓国は中国の一部」と発言したことも報じられ、朝鮮半島問題において韓国が外される「コリア・パッシング」への懸念が韓国では再燃しつつあるという。

一方で、「コリア・パッシング」ともみえるこの状況は、大統領職が空席となっている韓国の特殊な環境に由来する一時的なものと楽観視する声もある。5月9日の投開票を経て新たな大統領が決まれば、懸念も不要となるとの見方だ。

この報道には韓国のネットユーザーがさまざまコメントを寄せており、「僕らの運命は日本人が決めてるのか」「北朝鮮よりもトランプや安倍の方が憎たらしい」「代行に連絡くらいしてくれてもいいのに『パス』かよ。代行を大統領とは思ってないみたいだな。僕らこそが被害者になるのに」と3カ国の動きに不満げな声が少なくない。

しかし一方で「大統領もいない国に電話したところで意味ないでしょ」「当然のことを残念がってもねえ」「何をいまさら。強大国が入れてくれないんだから仕方ないさ。自主外交も自主国防も失って久しい」と、「韓国外し」もやむを得ないとの声も多数の共感を得ている。

また、「早く力ある大統領に誕生してもらわないと」「次期政権のことが実に心配になってきた」「大統領をきちんと選ばないといけないということを改めて痛感した」など、次期大統領・次期政権に言及する声も多かった。(翻訳・編集/吉金)


>主要な当事国であるはずの韓国

韓国が重要だとしたら、単にショバの次元でしかなく、そこにある国に関しては別段重要とは言えないのでしょう。単に役立たずであるのみにとどまらず、ひたすら足手まといな所がありますからね。そうした自覚もないくせに、自己顕示だけは強い物だから、どう役に立つのかと言う事よりもまずはとにかく自分をかからわせろと言う事でしかないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE