プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

もっぱら相手の側の肩を持つだけの奴ら

<PAC3配備>「どう対応すれば」地元から不安や疑問の声

航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。

 配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。

 出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。

 高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。

 松山駐屯地がある松山市の主婦、鎌田やよいさん(41)は「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時にミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」と不安げな様子だった。【竹下理子、根岸愛実、松原由佳、花澤葵】


こんなので刺激って、余りに一人よがり過ぎるんじゃないですか。半島まで届く長距離ミサイルならばそう言う主張にも整合性があるのですが、そんなので刺激だなんて本気で考えのならば、相手の側は嘲笑の対象にしかしないのが当然でして、よしんば相手がそのように思ってくれているとしたら、はなから我が国を害する意図がある事に他ならず、そう考えると、こうした連中ってのは、外観誘致の意図でもあるんじゃないですか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

ただに便乗するのは別段反日国ばかりではない

朝鮮学校への適用命じる=高校無償化除外は「違法」-大阪地裁

国が朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」が国に処分取り消しなどを求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。西田隆裕裁判長(三輪方大裁判長代読)は「法の趣旨を逸脱するもので違法」と判断して除外処分を取り消し、無償化の適用を命じた。

高校無償化除外は適法=朝鮮学校側が敗訴-広島地裁

 同種訴訟は東京や名古屋など5地裁で起こされ、判決は2件目。広島地裁は19日、除外は適法と判断しており、訴えを認める判決は初めて。
 西田裁判長は「拉致問題の解決の妨げになり、国民の理解が得られないという外交的、政治的意見に基づき、朝鮮学校を無償化対象から排除した」と指摘。無償化の目的である教育機会の均等確保とは無関係で、適用の根拠規定を削除したのは無効と判断した。
 朝鮮学校では北朝鮮指導者に敬愛の念を抱き、国家理念を賛美する教育が行われていると言及したが、判決は「就学支援金が授業料に充てられず、朝鮮総連から不当な支配を受けている疑念を生じさせる特段の事情は認められない」とし、適用要件を満たすと結論付けた。(2017/07/28-13:29)


さてこの話に関してはけしからんの一言に尽きる訳ですが、それに関してコメントを書こうにも、よそ様の主張に同心しているだけでは、あえて書くまでもないとと言う事になってしまいます。自分の言葉でそれなりに長く書くにはどんなことを強調すれば良いのか。その点で悩んだ結果、即日(実際のカントリーは翌日以降となりますが)とはできませんでした。
そこで思い付いた事として、そもそも外国人全体にも無償化を適用するのが正しいのかと言う事であります。だいたい無償化はあくまで自国民のためであって、外国人のためではないと言う事に他ならないのです。ここで安易に差別と言う反論が出てくるでしょうが、それがよしんば公立学校だろうとも、昨日今日来た程度の連中の子弟だに等しく無償にすると言うのにも疑問が生じてきます。
自国民であれば、はるか前の世代が払った税金からそうした教育が始まっているのです。
外国人の場合は、そうした前の世代の分を払ったのか? と言う事がないままに、同道させた子弟をただで教育させられるのです。その点には腑に落ちない所があるのです。
こう言う事かあるから、格別反日国の人間だからと言っても、格別歓迎できないのです。ずるい国に至っては、自国民の教育コストを節約すべく、渡航費を与えて日本に送り込んで、後は日本が万事面倒を見てくれると高をくくっている所もあるのではないでしょうか。ちなみにこの事はかなり前に思い付いた事で、丁度この頃になって思い出した事でした。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










韓国は自国民に対して出国税を取ったらどうか

日本、外国人観光客に対する「出国税」徴収案視野に

日本政府が外国人観光客を対象に、一括的に「出国税」を徴収する方向で検討している。地方の観光施設や文化財を整備するための財源を確保するためだ。

日本経済新聞は「観光庁は、国内の観光資源を整えるための新しい財源の検討に入った」としながら「出国税など訪日客からも一定額を徴収する案が浮上している」と27日、伝えた。

すでに欧州の一部国家では導入事例がある。英国は国際・国内線に関係なく利用客全員に航空旅客税(Air Passenger Duty、APD)を課税している。金額は距離や座席等級によって変わるが、2000マイル以下のエコノミークラスの場合、1人あたり13ポンド(約1900円)となっている。2000マイル以上・ビジネスクラス以上の場合は徴収額が156ポンド(約2万2700円)に跳ね上がる。年間徴収額だけで3兆8000億ウォン(約3788億円)に達するが、一般財源として使われている。

フランスやドイツも類似の税制を運用している。フランスは年間6470億ウォンを集めて空港の整備や運用に、ドイツは年間1兆2830億ウォンを徴収して連邦航空局の財源としてそれぞれ活用している。

同紙によると、昨年日本を訪れた観光客は2404万人で、1人あたり1000円の出国税を課税する場合、単純計算で240億円程度の財源を確保することができる。財務省関係者は「具体策が出てくれば、年末までに(徴収方法や金額を)検討する」と明らかにした。現在、外国人の日本観光は主に東京-富士山-関西地域を巡るいわゆる「ゴールデンルート」が中心だ。それ以外の地域の観光需要をテコ入れするためには、老朽化した観光施設の再整備が必要だと日本政府は判断している。

このため、出国税などの新しい財源が確保できれば地方の民俗村や文化財、国立公園整備などにあてられることが予想される。しかし、一方では出国税の新設が外国人観光客の減少につながりかねないとの懸念もある。同紙は「新税という形での上乗せには航空会社や旅行業界などから慎重な意見がある」と伝えた。


所詮はよその国での話でしょう。韓国がこのような話に関心を持つ意義とはどこにあるのでしょう。韓国の場合は、まずは自国民に対して出国税でも徴収したらどうでしょうか。何かと海外旅行へと行きたがる韓国人です。そうした連中から税を徴収して、国内の観光施設の充実に当てるべきかと。自国の観光産業振興と言う事を目指すためにも、まずは自国民の国内観光を誘引する事を目指す事こそお上としてやるべきでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











その前に己の立場を正しく明らかにしろってことだよ

蓮舫氏が戸籍謄本の一部を開示 「国籍法が時代に合わないのであれば改正の先陣を切りたい」

蓮舫氏は1985年の国籍法改正に伴い、日本国籍を取得した。その際、父親に台湾籍を放棄する手続きをしてもらったという。しかし2016年9月に台湾籍が残っていたことが発覚。改めて台湾籍放棄の手続きをした。

戸籍謄本には家族の個人情報も記載されているため、これまでは公開に応じていなかった。しかし「娘と息子が成人し、家族で話し合って了解が得られた」ため、家族についての記載を白塗りにした上で、戸籍謄本の一部を公開。「国籍選択の宣言日」が2016年10月7日であると記述されている。併せて1987年に期限が切れた台湾のパスポートの一部や、台湾当局による国籍喪失許可証書も公表した。

「公党の代表として、野党第一党の党首として、説明責任を求められる立場にある」ことも公表に踏み切った理由だという。しかし「本来は開示すべきではない」「他者に当てはめたり、前例にしたりすることは認められない」とも強調した。

「戸籍に記載された個人情報をもとに、結婚や就職における差別が助長されてきたという歴史がある。安易に公開を迫られるものでもない、他者から開示を迫られるものでもない」
「戸籍は、差別を助長することがないようにと秘匿性を高めてきたものなので、個人情報を守れる社会を作りたい」

産経新聞記者の質問に激怒する一幕も

民主党時代から、国籍選択制度の見直しは政策として掲げられていた。複数のルーツを持つ人たちから、「両国間を往来することもあるため、重国籍を容認してほしい」「ダブルのアイデンティティを認めてほしい」といった要望があったからだ。今回の件を受けて、民進党内でも国籍法について改めて議論していきたいという。

質疑応答では、産経新聞の記者が「インターネットでは、三重国籍なのではないかと疑われている」と質問。蓮舫氏は「台湾籍と中国籍は同時に保持できるんですか」「ネット上の不確かな情報について、産経新聞さんが確認されているということでいいですか」と怒りを露わにし、「ありえません」と断言した。

また「重国籍を容認している国はいくつもあるが、台湾籍が残っていたことが問題になるような日本をどう思うか」と質問する人もいた。蓮舫氏は現行の国籍法を容認するとしながらも、

「人・モノ・金が国境を越える時代にいまの法律が合わないのであれば、改正をする必要がある。民進党は先陣を切りたい」

と法改正について改めて示唆した。


時代に合わないと言うよりも、己のエゴに不都合だからと言う所が真相でしょう。まずは己の立場を正しく整える所から始めましょうと言う事なのですよ。ここまでごねるってことは、そうした立場が胡乱だからこそ、それをごまかしたいからこそ、まずは自分に都合よく国籍法をへし曲げてしまう所まで逃げに徹すると言う事なのでしょう。
既存の国籍法の中身も、カルデロン事件でへし曲げられたと言う問題ありの代物ですが、曲がりなりにも、今の状態に自分があっている事を証明しないとね。あえてそうした事をしないで押し通そうと言う人間は信用されませんよ。

今回の「嫌韓替え歌集」は、「キカイダー01」の挿入歌「ハカイダーの歌」を元歌とする「奴の名はトンスラー」の1番から3番までをお送りします。
( ゜∀゜ノノ"☆パチパチパチパチ

1番
奴の名は 奴の名は トンスラー
世界のー秩序ー見出してーる―
他人押しのけ年がら年中
ウリがー ウリが1番 よそは構わずー
トンスラーは害毒だ 鼻つまーみー

2番
奴の名は 奴の名は トンスラー
狂う ファビョる まともじゃない―
正気―欠いて年がら年中
所― 所かまわず 狂気の暴走ー
トンスラーは狂ってるー 気違いだー

3番
奴の名は 奴の名は トンスラー
やたらと嘘を吐きまくーる―
真実ー欠いて年がら年中
呼吸― 呼吸のごとく 嘘を連発ー
トンスラーは嘘吐きだ ほら吹き―だー

今回の替え歌はいかがでしたかな?(´∀`)アハハン♪


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










最も重要視されるべきは我が国に対する忠実さである

彼女に求められているのは「国籍」ではなく「血」の証明ではないのか

民進党は終わっていくようだ。蓮舫氏に戸籍を示させ説明させるという判断がどれくらいマイノリティにとって攻撃的で、かつ潜在的な党支持層を離反させるものであるのか、それすらわからない状態なのだろう。

蓮舫氏が今、行おう/行わされようとしているのは、「忠誠の誓い」だと思う。日本国に対する、「忠誠の誓い」。
それは、「国籍」の証明をもって行われるとされている。

だが、本当にそうだろうか。真に彼女が問い詰められようとしているのは「国籍」なのだろうか。

問い詰められようとしているのは「血」ではないのだろうか。

私たちは、日本国籍を取得した外国出身アスリートが、いつまでたっても「日本人」扱いされない国に住んでいる。私たちは、米国市民権を取った日本生まれの米国在住のノーベル賞科学者を、なお「日本人」だと思いたがる国に住んでいる。
私たちの社会は「血」こそが忠誠の証明だと、頑なに信じてはいないか。

「血」にこだわる社会は、マイノリティに牙を剥く。部落差別。民族差別。外国人差別。混血児差別。などなどなどなど。

疑いの目を向けられたものたちは、必死で自からの「潔白」を証明しなければならない。
「お前は日本人か?」
「はい、そうです、私は日本人です」
「お前は〈本当の〉日本人か?」
「はい、〈本当の〉日本人です」
「ほんとうにか?それをどうやって証明する?」

関東大震災の時、パニックが起きた。朝鮮の人々が井戸に毒を投げ込んだなどというデマが広がった。
自警団が結成され、道を通る人々を誰何した。お前は日本人か、と。

「十円五十銭と言ってみろ」

災害のパニックの中で、証明書はない。見た目もわからない。自警団は、「朝鮮訛りの日本語」で「証明」を行わせようとした。「ザジズゼゾ」が日本人のように発音できない人々が、多数、虐殺された。殺したのは、軍人でも警察官でもない。市井の、町の日本人である。

「血」にこだわる社会の不寛容さは、危険である。
それは疑いの目を向けられたものたちに、常に潔白の証明を求め、忠誠の誓いを立てさせ、愛国の赤誠を求め続ける。
それは「血」からそもそも外れた者たちの居場所を、あくまでもなくそうとする。

「日本人のあなた」は無関係だろうか?
だれが、どうやってあなたが「日本人」だと証明できる?
いつかどこかであなたに疑いの目が向けられた時、「十円五十銭と言って見ろ」と言われた時、あなたはあなたが「日本人」であると本当に証明できるだろうか。
 あなたはきちんと「ザジズゼゾ」と正確に、間違いなく、“日本人のように” 言えるだろうか?
 そのときは「十円五十銭」ではない、なにか別のことを聞かれるかもしれない。あなたはその「何か」にきちんと応えられるのだろうか?

聞かれているのは、「血」なのである。そしてその「血」は、DNA鑑定で決着が付くような科学的なシロモノではない。(DNA鑑定をしたら、「日本人たち」の血族的多様性が明らかになるだけである)
忠誠の証明を求めるためにでっちあげられる、曖昧模糊とした「血」。
あなたは、その「血」とやらを、示すことができるだろうか?

「血」の証明を求める社会にはしてはいけない。
「血」の証明に対抗する思想は、「形式」による証明である。

国籍を取れば、日本人である。
税金を収めれば、納税者である。
免許を持てば、資格者である。

蓮舫氏はすでに現在「形式」を満たしている。
それ以上求める必要は、これっぽっちもない。
さもないと、蓮舫氏に向けられた「血祭り」の刃は、今にこちらを向くことになる。

「国民ファースト」の世界が、すぐそこで私たちを待っている。


>蓮舫氏が今、行おう/行わされようとしているのは、「忠誠の誓い」だと思う。

まさしく我々が求めているのは、この事に他なりません。しかしこの御仁の場合は、その忠誠と言う物が怪しい訳でして、だからこそ、二重国籍の疑念が問題視されているのです。我が国に対してあらかじめ忠実である事が明らかであったならば、意外とこうした事が問題視される事はなかったのかも知れません。
と思ったら、決してそうでもありませんでしたねぇ。仮に我が国に対して忠実であったならば、その時こそ二重国籍疑惑の傷を暴露して、追い落としにかかる連中が出てきた事でしょう。まあ、所属している政党があれでは、そのような懸念は無用で、この御仁が我が国に対して非忠実にふるまうのはある種の必然なのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE