プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

確かに苦労も多いだろう

無理矢理タワマンに住むと"寿命が縮まる"



収入が高い人は都心部のタワーマンションなど、とかく高地価の“一等地”に住みたがる。しかし、その選択は自らの寿命を短くしてしまう可能性もある。その理由とは何か。
■「財産が害を生み、災いを招く媒介になる」

前回は、人の「命の体感時間」について「ジャネーの法則」をもとにお話しました。

この法則は、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例)というもの。これに従えば、人の「5歳から20歳」の期間と、「20歳から80歳」の期間の心理的な体感時間は等しい。つまり、人間は体感時間的に20歳までで人生の半分を終えているという内容でした。(参考:富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」http://president.jp/articles/-/22136)

この「衝撃的な事実」を知り、僕はお金の使い方・扱い方について考え直さざるをえませんでした。

永遠に腐ることのない「お金」とは異なり、人間はいずれ朽ち果てる肉体を持つはかない存在です。にもかかわらず、人は昔も今も、お金に執着します。「徒然草第38段」にはこうあります。

<名利に使はれて、閑かなる暇なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。財多ければ、身を守るにまどし。害を賈ひ累を招く媒なり。(中略)大きなる車、肥えたる馬、金玉の飾りも、心あらん人は、うたて、愚かなりとぞ見るべき。金は山に棄て、玉は淵に投ぐべし。利に惑ふは、すぐれて愚かなる人なり>

文献を参考に私なりに意訳すると、こうなります。

<名誉や利益を得ることに追われて心休まる暇もなく一生を苦しむのは愚かだ。財産が多いと、そちらに気が行って自分の身を守ることにおろそかになる。財産が害を生み、災いを招く媒介になることもある。大きな車、立派な馬、宝飾品も理解ある人は愚かだと見るだろう。お金は山に捨て、宝飾品は川に投げるべきだ。お金・利益に惑うのは大変愚かな人だ>
▼人生は短い。お金をただ貯めるだけでは意味がない

「大きな車」「立派な馬」「宝飾品」といった“財産”。これらは、以前紹介したコーネル大学ジョンソンスクール教授のロバート・フランクが言う「地位財」**と言えるでしょう。所有すれば優越感を得られるでしょうが、こうしたモノに一生意識を向け、お金を投じていてはいけません。

**地位財=他人との比較優位によってはじめて価値の生まれるもの(例:所得、社会的地位、車、家など)

なぜなら、徒然草が言うようにそうした“財産”はかえって、「害を生み、災いを招く媒介になることもある」からであり、「名誉や利益を得ることに追われて心休まる暇もなく一生を苦しむのは愚か」だからです。しかも、前述したように、年を重ねるほどに人に残された命(体感時間)はすごいスピードで減っていくのです。前述の法則によれば、現在47歳の僕はすでに人生の8割を経過していることになります(人生80年として)。仮に、使い切れないほどお金や財産を所有していても、ほとんど意味がありません。
■死は平等だが、寿命には貧富の差がある

では、何に意識を向けてお金を投じるべきか。

それは、自分にとっての「本当の幸福」です。先述した「地位財」と対比していえば、「非地位財***」にこそ目を向けるべきなのです。

***非地位財=他人が何を持っているかどうかとは関係なく、それ自体に価値があり喜びを得ることができるもの(例:休暇、愛情、健康、自由、自主性、社会への帰属意識、良質な環境など)

以上を踏まえて今回は、体感時間ではなく人生の「物理的な時間」について、どう対処すべきか考えてみましょう。

しばしば「貧富や身分の違いはあっても誰にでも死は平等に訪れる」と言われます。本当でしょうか? 確かに死は平等ですが、寿命(いつ死ぬか)は貧富の差と関連があると僕には感じられます。調べてみると、やはりその通りでした。

スタンフォード大学のChetty Rとハーバード大学のCutler Dらは、収入と寿命の関係について2016年4月に『The Journal of the American Medical Association(略称:JAMA)』(米国医師会雑誌)に発表しました。

Chettyらは1999年から2014年までのアメリカの14億人分の納税記録を収入データとして使い、死亡データは社会保障局の死亡記録を使って収入と寿命の関係について調べました。(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27063997)



丁度「ねたみの心理」を執筆中ですから、人間たるものもっぱら実利のみで生きるのではなく、少なからずねたみがそうした実利を度外視した方向へと導く事があると言う事は大いに理解できる所ですが、さりとて、一方では現代は昔ほど隣人がどうだと言う事に関して無関心である度合いが高くなっている事もまた無視できない事でしょう。それを思えば、タワマンに住む人間なんてのは、ジェニがたくさんあって当たり前の人間の集まりと割り切ってそれ以上の事は知らぬ存ぜぬと言う事も十分あり得るのではないでしょうか。
下のコメントにもあるように、マンションの高層階に住むと、マンションのエントランスあたりまで来るのにも時間がかかる物だから、外へ出るのにもおっくうになる度合いだ高くなるだろうから、ある種の引きこもりになりやすいとしてもあながち的外れとは言えないでしょう。
配達に出向く側からしても、加速度的に高層階へ行くことに関しては不快感が生じる物です。住人からすれば、我われの苦労なんぞは他人の所へ行くだけなら1回だけだから大したことないじゃん。自分なんかは毎日だぞとまあ、勝手な事を考えているのかも知れません。そんな風に考えるのならば、そんな所に住むなよな。
ちなみに昨年には、自分の配達区内に50階近くある高層マンションが建ちましたが、下の方に住人専用の共同便所の設備がありました。住む階数によっては、直近の駅へ行く方が自分の部屋へ行くよりも近いと言うような事もあり得ますから、それを思えば、住人専用の共同便所と言うのもありなんですね。(^ ^;)
ちなみにそのマンションの下の方には商業施設もありますが、便所自体はエントランスのオートロックを解除しないと入れませんから、建前ででも住人専用と言えるのです。

クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

いくさ以外の死に場所などごまんとあるのだが

朝日編集委員、不適切ツイート「戦場でもないところでなにやってんの」 イージス艦衝突事故で

朝日新聞大阪本社の小滝ちひろ編集委員が、静岡県・伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突した事故について、同社公認のツイッターに「不明の乗組員にはお気の毒ですが、戦場でもないところでなにやってんの、と。」と書き込み、その後削除して謝罪していたことが20日、分かった。

 小滝氏は17日に投稿、19日に削除し、ツイッター上で「米軍・コンテナ船事故に関するツイートを削除します。事故に遭われた方やそのご家族への配慮に欠け、不適切でした。不快な思いをされた方々におわびします」と謝罪した。

 同社広報担当によると、インターネット上に批判が集まり、社内からも不適切との指摘があったという。

 小滝氏は1986年に入社、高松総局次長などを経て、2006年から編集委員を務め、社寺や文化財の取材を担当している。



古川伝(つたえ)・大阪本社編集局長の話

 「多くの犠牲者が出た事故であり、ご遺族や関係者のみなさまへの配慮に欠けた投稿だったと受け止めており、おわび申し上げます」


最近死亡した、三遊亭円歌が、「お寺から病院へ行ったのはわたしだけだ」などと自作の落語の中で、ある種の問題発言をしたことがありました。別段僧侶だって、病気もすればけがもします。そうなれば病院へ行く必要が出て来ると言う物です。今回の発言も同様な物でして、軍人の死に場所は別段いくさばかりと言う訳ではありますまい。その程度の事も分からないとは。要するにまずはアメリカ軍にけちを付けるのが目的でしかないのだと。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ









おもちゃの銃でも十分威嚇が可能な日本

おもちゃの銃で「オラッ」 組長に突きつけて脅した疑い



 名古屋市港区で昨年12月、指定暴力団山口組弘道会傘下組織の組長が狙われた発砲容疑事件で、愛知県警は19日、指定暴力団神戸山口組傘下組織会長の吉田耀一(49)=愛知県あま市=、同組員の吉山政男(52)=住所不定=の両容疑者を脅迫容疑で逮捕し、発表した。2人は「間違いない」と容疑を認めているという。

 県警によると、2人は共謀し、昨年12月6日午後9時20分ごろ、港区錦町の路上で、吉山容疑者が組長(46)に遊戯銃を突きつけ、「おらっ」などと言いながら、複数回、発砲音を発して脅した疑いがある。県警は吉田容疑者が犯行の指示役だったとみて背景を調べる。

 事件発生当初、拳銃を使った殺人未遂事件の可能性があるとして、県警は捜査本部を設置したが、銃弾や銃痕などは見つからなかったという。


よしんばおもちゃでも立派に威嚇のとして効果が期待できると言うのが日本ならではなのでしょう。実際に銃弾がぶっ放される事が往々としてあり得るアメリカでならば、少なくとも日本ほどの期待はできないでしょう。
それを思えば、両さんなどはすさまじく独りよがりな所があったのを思い出しました。制服どころか拳銃まで放置して、野球に高じていた事で部長からしかられた事があった物です。部長にしてみれば、制服を盗んで偽警官として悪事をやらかそうと言う懸念があった所、両さんの発想は、日本の警察の制服はダサいからだれも欲しがらないと言う事と、拳銃にしても、銃弾さえ抜いてぶっ放される事態にさえしないでおけば安心と言う事でした。そんな発想は到底日本では通用しないはずなのですよねぇ。
そう言えば、前に、悪ガキ相手に拳銃を突き付けて無体をいさめた警察官がいましたが、両さんならば、実際にぶっ放す事が往往ですからねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










別段全体の勤務時間が減る訳じゃなし

日本人はどうして「週休3日」に抵抗を示すのか、街で聞いてみて分かった意外な理由=中国メディア 

日本人の「仕事好き」はしばしば中国のネット上で話題になる。それを賞賛する意見もあれば、社会における病的な現象と指摘する声もあり、その評価はまちまちといったところだ。中国メディア・新華網は16日、「日本人はみんな仕事狂なのか? 週休3日にどうして反対するのか」とする記事を掲載した。

 記事は「日本のサラリーマンというと、残業や過労死という言葉が真っ先に浮かんでくる。そこで日本政府や企業は労働者のストレスを和らげる方法を考え続けており、大手物流企業の佐川急便は先日、ドライバーに週休3日制を採用することを発表した。しかし驚きなのは、多くの市民がこういった企業の『好意』を喜んでいないのだ」としたうえで、新華社の記者が日本の街頭で実施したインタビューから聞かれた「驚きの理由」を紹介している。

 まず、これから社会人になろうとしている若者の意見として、20歳の就職活動中の男子大学生が「毎日働きたい。週休1日でもいい。仕事したい人はして、休みたい人は休めるようにして欲しい」と語り、金融機関への就職が決まっている別の男子大学生が「1日10時間働いて週休3日になるなら、毎日定時で帰れるほうがいい」と話したことを伝えた。

 続いて、現役の労働者世代の意見を紹介。倉庫で働く40代の人が「学生ならともかく、仕事をしている人は休みがあっても何をしたらいいか分からないから、休まず仕事している方がいい」と語れば、30代の会社員も「週末の1日か半日しか休めないが、現状維持が一番いい」と週休3日に反対の意向を示したとしている。

 記事はさらに「最も意外だったのは、この制度の最大の反対者が主婦だったことだ。多くの主婦が、夫の在宅時間は短い方がいいと考えている。夫婦が一緒にいればケンカが多くなるからだ」と説明。60代の主婦が「夫には退職前に意識的に趣味を持たせるようにした。今はもう退職しているが、自分の趣味やボランティアで1日の半分は家にいない」と満足そうに語ったことを伝えた。

 新しいルールを決めることは簡単だ。しかし、その「ルール変更」が時として想定外の影響まで生み出すことになる。また、想定外の理由により定着しないこともある。社会や人びとの考え方は、ちょっとしたルールを作るだけで簡単に変わるものではない。日本の労働者の負担を本気で減らしたいのであれば、単に労働時間や労働日数といった数字的なルールの変更だけでは不十分だ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


普段ですら・・・・・ですからな。週休3日になったら、それ以外の4日の勤務がますますべらぼうになって、少なくとも週休の内の1日は、ただひたすらに寝てしまっているなんて状態になってしまわないでしょうか。それに、そう言う休みの制度を整えたからと言って、別段会社全体の営業日自体が減少するはずもないでしょうから、その場合、往々にして週休3日はあくまで建前でしかなく、休日出勤を命じられる事で、元の木阿弥と言う事が少なからずあるのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










何かに打ち勝つ事に喜びを感じる心理

依存症専門医が指摘 痴漢常習犯の“驚”思考

 痴漢冤罪騒動が、満員電車を利用するサラリーマンなど一般男性を恐怖に陥れている。痴漢冤罪におびえて電車に乗ることすらちゅうちょする男性も出ている中、都心をぐるりと1周するJR山手線の車内に防犯カメラが設置されることになった。冤罪を未然に防ぎ、抑止力につながる効果も期待されるが、そもそも痴漢犯罪をなくすことはできないのか。専門医に聞くと、痴漢常習者の驚くべき“ギャンブル性思考”が浮かび上がった。

 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、セキュリティーを向上させたい鉄道各社が防犯カメラ導入を進めている。

 利用客からは「プライバシーの問題もあり、抵抗はあるが、仕方ない」との声が上がっている。電車に乗る際に、痴漢冤罪と防犯カメラで、窮屈な思いをしなければいけない時代になったといえる。

 そもそも憎むべきは痴漢犯罪だ。東京・豊島区にある「榎本クリニック」の山下悠毅院長(専門・ギャンブル依存症、薬物依存症、痴漢などの性依存症)は痴漢についてこう語る。

「『痴漢をする人は性欲が強い』と考えている人は多いのですが、それは違います。なぜなら、もし性欲の強い人が女性のお尻を触ろうものなら、そこで止めるなんてことはできないわけですから。つまり、痴漢とは性欲を満たすための行為ではなく、スリルを満たすための行為なのです」

 痴漢の常習犯になる人物像は、どんなものか。

「世の中の全女性を敵に回すかもしれない発言ですが、これはかなり運が関係しています。男は誰でも『満員電車で女性のお尻に手が触れていた』場面で、それが問題にならなければ『痴漢って楽しい』という記憶の回路が脳内に形成されるのです。これはギャンブルなどのビギナーズラックと全く同じ原理です。つまり、人は突然、期待値を大きく上回る体験(突然の大金、突然の性的な接触など)をすると、その人の知性や性格に関係なくハマってしまうのです」

 実際、山下院長が診ている患者の中にもいる。

「偶然、電車内で女性のお尻に手が触れていたことがきっかけでした」と、それまでは堅実な人生を送ってきた人が痴漢常習者になるケースがたくさんあるという。

「彼らは原則として痴漢中に射精を伴わないわけですから、根本にある感情は性欲ではなくスリルです。そもそも本当に悪い男は痴漢ではなく、もっと悪質なことをするわけですからね。つまり、痴漢とはギャンブルなのです。絶対成功する風俗店、絶対失敗する昼間の大通り、こうした場所では彼らは痴漢行為をやりたいとも思わないのです。彼らはあくまでも“のるか・そるか”という場所でのみ行うわけです。そして徐々に、より強いスリルを求めるようになり、より過激な場所を触る、より長時間触るといった行為を繰り返し、逮捕されるまで続けてしまうのです」(同)

 山下院長は、山手線の防犯カメラの設置について心配があるという。2009年に埼京線に防犯カメラが設置され、痴漢が半減したように、抑止効果はあるはずだが…。

「埼京線に防犯カメラが設置されたとき『過去に痴漢をしていた患者さんの抑止力になる』と思って安心したのですが、これまでは痴漢が止まっていた患者さんが再犯してしまいました。私は驚いて『埼京線にカメラがついたニュースを知らなかったの?』と聞くと、なんと『知っていました。ニュースを見て、自分への挑戦だと思って…』なんて話す人がいて、改めて痴漢はギャンブルなのだなと感じました」

 偶然の接触から常習犯へ。一般男性にとっては人ごとではない。確かに、痴漢をしない人にとっては「触るだけの痴漢の何が楽しいのか」と理解に苦しむ。

 山下院長は「初めてやった痴漢で捕まった人は、脳内に負の記憶の回路が形成され、痴漢を繰り返す確率は極めて低い。しかし、もしそれが偶然であったとしても、とがめられることもなく『楽しい』と感じてしまった人は必ず受診をしてください。痴漢の自然治癒率は極めて低い一方で、当院では私がカウンセリングを行うことで約9割の患者さんが回復をしています」と受診を勧める。


なるほど人間心理においては、もっぱら純然なる利害で動くとは限らない物でして、往々にして不合理な行動を取ってしまう事がある物でして、ここではあえてリスクを追求する行動にこそ独自の利益認識を持って行動していると言う事が指摘されています。
まあ、自分の見解では痴漢自体にもれっきとしたスケベ欲の追求の意図があるとみなしている訳ですが。何しろ、男の場合、とことんまでスケベ欲を追求しよう物ならば、射精と言う体力の負担をもたらしますから、そう言う負担をしないで済ますために、それが犯罪だと言う事は度外視しても、痴漢や盗撮と言う行為にも意義があると言う事が言えるのです。
もっとも、それも所詮はうまくやり通す事が出来てなんぼの物でして、大抵の人間にとってはAVやエロ本を見たり、妄想に浸る事で済ませてしまうのが現実でしょう。
話は本題に戻りまして、いろんな所で、人間は何かに打ち勝つと言う行為に喜びを感じる物でして、だからこそ、スポーツもそんな中で成り立っていると言えるのです。そして、万引きにしても、得られる物は大した物でなくても、下手人にとっては万引きをうまくやり通す事にこそ意義を感じている人間もいるのでしょう。
そして、当ブログの「ねたみの心理」の中で紹介した、両さんの、町内会連中に対して負っているつけの踏み倒しの行為も、どんなに大金を持っている状態でも、あえてそれを行うとしたら、何かに打ち勝つと言う行為自体に意義かあるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE