FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

小林は埋伏の毒だったのだろう

日本人の元八路軍兵士「最後の生存者」が死去―中国メディア

2019年1月19日、斉魯晩報は、日中戦争期に中国の八路軍兵士として活動した日本人男性が死去し、日本人の元八路軍兵士が全員鬼籍に入ったと報じた。

記事は、在日中国大使館の情報として「日本籍の八路軍兵士・小林寛澄氏が16日に日本で死去した。99歳だった」と紹介。小林氏は抗日戦争に参加した日本人八路軍兵士で最後の生き残りだったとし、小林氏の経歴について振り返っている。

1919年に寺の息子として生まれた小林氏は、19歳で和尚の資格を取得。40年に召集され山東省に派遣された。翌41年6月に同省牟平県で八路軍の捕虜となり、当初は何度も脱走を試みたが八路軍の捕虜に対する扱いに感銘を覚え、同9月に八路軍に加入。以降、日本の兵士に対して反戦プロパガンダに従事するようになり、時として日本の民謡や唱歌を聞かせることで日本兵の郷愁を誘い、戦意を低減させる手法も取ったという。

日中戦争終了後の47年秋には中国東北部で解放戦争に参加し、48年には山東省済南市人民政府で外務担当幹部を務め、中国にとどまっていた日本の元捕虜や民間人のスムーズな帰国を支援した。そして55年、妻と共に日本に帰国している。

それから半世紀以上が経過した2010年、90歳の小林氏はかつて活動していた山東省を訪れ、八路軍時代の戦友を訪ねた。そして15年には北京で開かれた抗日戦争勝利70周年記念セレモニーに招待され、抗日戦争勝利70周年の記念バッジを授与されたという。(翻訳・編集/川尻)


これなんかも違和感だらけな話だなぁ。結果として、この御仁が日本で生涯を全うできたと言う事になる訳ですが、世界的常識に基づけば反逆者が、いまだ共産主義国化していない日本に、舞い戻って来ると言うか来れると言うのがなんですな。ドイツならば、エルンスト・ブッシュは民主共和国の方に居を選んだと言うのに。
曲がりなりにも、元の国を裏切ってまでも中国の共産化に迎合したのです。共産化した中国の方にこそ居を選ぶべきだったのではないでしょうか。また、中国の方でも、自国にとってしかるべき功績のある人間を日本に追いやる事を容認した意味とは何なのでしょうか。やはり、埋伏の毒として送り込む意図があったのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 























スポンサーサイト

行き過ぎた結果となっては、必ずしも進歩とは言えない

平成が終わろうとしているが、日本人の生活は「昭和」に戻ろうとしている?=中国メディア

 中国メディア・東方網は14日、「日本人の生活方式が昭和時代に戻りつつある」とする記事を掲載した。中国では「昭和」というと、どうしても軍国主義という印象が強くなるようだが、記事が言及している昭和は戦後の1960年代のことを指している。

 記事は、昨年12月に日本のレンタカー大手ニッポンレンタカーが全店舗にて24時間営業を廃止する方針を発表したと紹介。その理由は「人びとの生活方式に変化があり、深夜や早朝に自動車を借りる人が少なくなったから」、「政府が進めるワークライフバランスを考えた働き方改革」にあるとし、同社では1960年代から24時間のレンタカーサービスを行っていたと説明した。

 そのうえで「もともと人手による24時間営業の経営方式は、日本ではすでに古い時代のサービスモデルになりつつある」とし、年中無休を掲げてきた牛丼チェーン店やファミリーレストランでも、夜間に店を占める店舗が増え始めていると指摘。ファミリーレストランのロイヤルホストが昨年1月にすべての店舗で24時間営業を終了したほか、深夜のニーズも高い六本木や麻布など東京の繁華街でも24時間営業を取りやめるスーパーが出ていると伝えた。

 さらに、24時間営業の代名詞と言えるコンビニエンスストアでは依然として多くの店舗が24時間営業を続けているが、一方で無人営業の店舗も少しずつ増えていると紹介。深夜営業をする店が増える状況について、ある日本の経済ジャーナリストが「今の日本全体の生活方式は昭和40年前後に戻りつつある」と語ったとしたうえで「間もなく日本では新しい元号を迎えることになるが、国民の生活方式は昭和の時代に逆戻りしているようだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


タイトルは退歩を強調している所がありますが、株式相場のような物だと思えばいいでしょう。よしんばその日の株価が前日比でプラスになったとしても、その日一日中もっぱら上昇していた訳ではなく、終値が最高値よりも低くあると言う事は良くある物です。
要するに24時間営業と言うのも、往々にして行きすぎた部分があったと言う側面があった事も否めず、営業時間の縮小を行って、24時間営業を廃止する事は、退歩と言うよりは、より適正な状態を探る施策と言うべきではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










久々にナスを食べてみるか

ZOZO前澤社長の意外な弱点「ピーマン、ナス、ニンジンが食べれません」「英語はほとんど話せません」

「総額1億円のお年玉」キャンペーンで世間を賑わせたファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が1月11日、ツイッターで自身の「知られていなそうなこと」について投稿した。

同社は元々レコード屋から始まったこと、前澤社長自身は元バンドマンでドラムを叩いており、メジャーデビューの経験があること、最終学歴が高卒であることなどを挙げた上で、

「ピーマン、ナス、ニンジンなどが食べれません。英語はほとんど話せませんが、バク転はできます」

と明かした。投稿の末尾は「社長歴20年。以上です」と締めくくっている。この投稿約40分後には3万5000件以上のいいねがついている。先のキャンペーンでフォロワーが500万人超となったインフルエンサー具合を見せつける状態となっている。


>ピーマン、ナス、ニンジンなどが食べれません
まずもって、「キテレツ大百科」に出て来るブタゴリラには知られてはいけない事を口にしましたな。
さすがに自分は生では食べられませんが、調理の仕方によっては、それらは全然良しと言う事でありますが、ナスの方はすぐに腐ってしまう物だから、一回で一本消費してしまうと言う前提でなくては駄目と言う事でして、久しく食べていません。こんな事を書いたら、またぞろブタゴリラの怒りを買うのではないかと独りよがりな事を思ってしまう所ですが、それ以外でも好き嫌いとは無関係に食べない野菜もある訳でして、今さらどうと言う事もないですかな。所詮はフィクションの人間の発想で、現実の人間が叱られる事もないですからね。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















危ない場所だからこそ名所にもなる

なぜ人は「樹海」に惹かれるのか?青木ヶ原に観光客が急増のワケ

海外から日本へ観光を目的に訪れる外国人の数が年々増え続けています。日本政府観光局(JNTO)の調査によると、訪日外国人数は2017年に過去最高の2869万1073人に達しました。2018年は台風や地震などあいつぐ自然災害の影響で5年8か月ぶりに前年から減少したものの、同年10月以降には再びプラス推移に回復。2019年にはさらなる増加が見込まれます。

そんななか日本には、近年とみに観光客数がアップした場所があります。それが富士山のふもとに広がる「青木ヶ原樹海」。

「え? 樹海へ観光?」と怪訝に思う方もおられるかもしれません。「青木ヶ原樹海」と言えば、かつては「自殺の名所」などという汚名を着せられ、「コンパスが効かない」などの都市伝説が生まれ、不気味で不名誉な印象があった場所。ところが青木ヶ原樹海を歩く観光ツアーを利用する人の数は、この15年間で年間およそ5000人から1万7000人にまで膨大したのだそう。冬期も芸術的な氷柱が見られるとあって、ネイチャーツアーは大好評。四季を通じて多くの観光客が、この神秘の森に分け入っているのです。
なぜいま青木ヶ原樹海が脚光を浴びているのでしょう。1998年から20年間で100回近くもこの深い森を探索し、新刊『樹海考』(晶文社)を上梓したライターの村田らむさんにお話をうかがいました。
樹々が自分の重さを支えられず倒れてしまう

――村田さんが青木ヶ原樹海を訪れるようになった理由は、なんなのでしょう。

村田「はじめは“ネタ探し”でした。正直に言って青木ヶ原樹海は、当時はあまりよいイメージはありませんでしたから、フリーライターとして『潜入すれば、なにかアヤシイものが見つかるんじゃないか。媒体に売り込めるネタがあるんじゃないか』という不純な動機でした」

――一度のみならず幾度も足を踏み入れるようになったのは、どうしてですか?

村田「単純に美しい光景に感動しました。それまでずっとホームレスや新興宗教など社会問題を取材してきて、人間を取材することに少し疲れていたんです。樹海は圧倒的に自然が相手。樹々が鬱蒼とおいしげっていて、木漏れ日が射して、もののけ姫に出てくるような壮大な風景が広がっていました。見ていて息が詰まるほど美しい。それが魅力でしたね。人づきあいのなかで起きるいやなことが、樹海にいるとどうでもよくなるんです。樹海取材は体力的には疲れるのですが、人間関係で疲れるよりはずっといい」

――青木ヶ原樹海は、実際はどのような場所なのでしょうか。

村田「樹海と呼ばれるほどの深奥な森になったのはここ500年くらい。浅い歴史しかありません。もともとは富士山の北側に位置した直径4キロほどの湖でした。およそ1200年前に噴火があり、湖に溶岩が流れ込み、冷えた溶岩の上に植物が生えて生まれた、言わば“できたての森”なんです。なので土が少なく、腐葉土が数センチ堆積している程度。溶岩の上にそのまま樹が育っているので、成長すると自分の重さで倒れちゃう。青木ヶ原樹海は倒木が多いのが特徴です。その倒れた樹が腐って土になり……ということをずっと繰り返しているんです」(以下略)


青木ヶ原樹海と言えば、一方では自殺の名所と言う危ない場所でもあるのですが、人間、時として、そのような危ない場所が名所となる事なんて良くあるじゃないですか。
例えば峡谷なんかも、一種の危ない場所なはずですが、往々にして、そう言う場所が名所になっているのです。そして、マニアックな所では、廃墟が名所になると言う事もある訳でして、考えようによれば、青木ヶ原樹海もそんな感覚で名所としての要因の1つとなっているのではないでしょうか。この記事でも、そこではコンパスが利かないと言うフィクションにしがみ付く人もいるようでして、そう言う人にとっては、青木ヶ原樹海が危ない場所だと思い込む事によって、そこへの魅力と言う物を意識しているのでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

















年賀状で結婚報告はマウンティングの可能性高し

年賀状の「幸せ家族写真」に未婚女性が精神的ダメージ 「マウンティングしたいだけ」という声も

最近は若い人を中心に送る人が減っているとはいえ、年賀状をもらうのは嬉しい、という人も多いだろう。ただ、年賀状でも、人によってはメンタルをごっそりえぐる凶器になるようだ。

1月4日にガールズちゃんねるに立てられた「年賀状でメンタル攻撃を受けた人が集まるトピ」というトピックでは、年賀状に精神的ダメージを負わされた人達の悲痛な叫びが寄せられている。(文:石川祐介)

「結婚して初めてのお正月を迎えました」の破壊力の高さ
ブラック企業に勤務していたため婚期を逃してしまったアラフォー未婚者のトピ主は「毎年幸せそうな家族写真とともに一言『仕事頑張ってね』と書いてくる友人の年賀状に精神をやられます」と綴った。相手に悪気はなく、自分が歪曲した認識をしていることは自覚しつつも、自身の現状と比較してしまうと煮え切らない物があるようだ。

「結婚ラッシュ、ベビーラッシュ。取り残されてる感ハンパない」
「結婚して初めてのお正月を迎えました←これの破壊力すごい」

コメント欄には、トピ主と同じようにダメージを受けた人からの共感を示す声が多く寄せられた。また、「見た瞬間、破り捨ててしまった」と我を忘れて激情してしまった人や、「いきなり結婚報告が年賀状というのも辛い」と独身仲間だと思っていた友達からの不意の一発を食らってしまった人など、年賀状の攻撃パターンの多さが伺える。

さらに、「年賀状でもダメージうけたし、実家帰った時に親戚からも結婚せんのかってめちゃくちゃ言われてフルボッコやった」と年末年始は散々だったという人もいた。

「今年限りで年賀状を辞めます宣言をしました。スッキリよ」

トピ主は年賀状を送った友達に悪気はないと思っていたが、

「そもそも子供見せびらかしたい人からしか来ないよね」
「さりげなく制服の写真付きの『子どもが有名私立に受かりました』アピール。子どもがいない私でもあちゃ?って思うから子どもいる人はもっとイラッとくるかもね」

と、年賀状でマウンティングされている、と感じる人も多いようだ。「挨拶がてらに自慢すれば大丈夫だと思ってるから、平気でマウンティング年賀状を送ってくるんじゃないのかな?」という声もあった。

最近はあえて結婚しない人も多く、ライフスタイルも多様化しているとはいえ、幸せな家族写真付きの年賀状を安易に独身者に送ると、いらぬ反感をかってしあむ危険性がありそうだ。

毎年のように話題になる年賀状テロを防ぐために、「今年限りで年賀状を辞めます宣言をしました。スッキリよ」というアドバイスも。もはや年賀状を送り合う習慣を止めるよう宣言するのが最善策なのかもしれない。


職業柄、年賀状には写真付きと言う物を頻繁に見る機会が多い訳ですが、今思うに、年賀状を以て、結婚しましたと言う報告はいかがな物かなあと思います。年末に結婚したのならばいざ知らず、昨年のいつかと言う程度ならば、その時に通知をすれば良いはずなのに、なぜ時がかなりたってからの年賀状でなのかと言う事が疑問に思う所です。
要するにそれは、出す相手を、差出人にとって、自分の結婚式に招待するほどでもない存在だと割り切った上での物と言う事も考えられる訳でして、そう考えると、やはり、ここで指摘されるとおり、単なるマウンティングでしかないと言う主張もあながち的外れではないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 






















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE