FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

高学歴決して万能じゃない

夫の役割がわからない……高学歴なのに未成熟な男たちの離婚の理由 - 稲田豊史


3組に1組は離婚する時代。しかし、細かい離婚の顛末は案外知らないし、男性側からの言い分を聞く機会は少ないのではないだろうか。『ぼくたちの離婚』を上梓したばかりの稲田豊史さんに男性の離婚事情をご寄稿いただきました。


「離婚の原因」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。平成29年度司法統計によると、男女ともに原因の1位は「性格が合わない」だが、ざっくりしすぎていて、よくわからない。ちなみに、男の2位は「(妻が)精神的に虐待する」、女の2位は「生活費を渡さない」である。

筆者はここ1年半ほど、離婚した男性へのインタビューを行っている。ルポ連載用の取材だが、実際には企画を構想した4年ほど前から離婚話を意識的に収集しはじめた。そんな彼らの離婚原因で特に目についたのが、「男が夫という役割を担えない未熟さ」だ。

なお企画の性質上、離婚男性のサンプルは偏っている。簡潔に言えば「東京圏在住の30代後半〜40代で、知的職業に従事する、比較的高偏差値・高学歴の男性」だ。
「守ってあげたい」がわからない夫

10年前、31歳の時に離婚した田中元基さん(仮名、41歳)は、「相手を“守ってあげたい”という気持ちがまるでわからない」という。「元妻の里美(仮名)は僕に、夫として、未来の父親として、家長としての立ち居振る舞いを求めていましたが、応(こた)えてやれませんでした」
 
では、なぜ結婚したのかと聞くと、こんな答えが。「里美は僕よりずっと学歴が低くて、職種もごく普通の事務職。キャリアへのこだわりもない。誰かと結婚して子供を作ってお母さんになって生きていく以外にプランがないように見えました。僕はそんな彼女のことを哀れんでいて、かわいそうな存在だと思ったんです。だから7年も付き合ったあげく放り出したら、この人は生きていけなくなるだろうと不安になり、結婚しました」

田中さんは4年前に5歳年上の女性と再婚しているが、その理由は「金銭的にも精神的にも支える必要がないから」。再婚相手の収入は田中さんより上だそうで、ふたりの間に子供はない。
家族が得意じゃない夫

橋本亮太さん(仮名、39歳)の場合、結婚願望も子供願望も皆無だったが、大学時代から8年付き合った2歳年上の優子さん(仮名)を「30歳手前で放り出すなんて、さすがにひどいなと思って」結婚。優子さんの望みに応じて子供も作るが、「いくら子供の顔を見ても、前向きな責任感や沸き立つような愛情が生まれてこなかった」という。

橋本さんが小さい頃、両親は不仲で、父親は外に女を作っていたが、母親は黙って我慢していた。それを目の当たりにしていた橋本さんは、「無理に結婚を続けても、いいことなんてひとつもない」と胸に刻みつけた。

また、橋本さんは中高一貫校の寮生活時代に人間関係の軋轢で悩み、人間不信になってしまう。そして18歳にして、「他人と交わった気になっても、本当に交わることなんてできない。人は結局ひとり」と悟ったそうだ。

橋本さんに離婚の理由を聞くと、「家族が得意じゃないから」と即答。「“ささやかな日々の幸せ”とか“家族と一緒にいて、なにげない時に幸せを噛みしめる”みたいな感覚が、わからない」と、終始繰り返していた。
赤ちゃんが壊れそうで抱っこできない夫

吉村健一さん(仮名、38歳)は、「たまに人からアスペ(アスペルガー症候群)っぽいって言われるんです」と自己紹介した。「理論的なアドバイスをして嫌がられる」「意味もなく相槌を打つのが苦痛」「論理的じゃないことが耐えがたい」という。

一流大学を出て大学院にまで進学した吉村さんは、学生演劇に没頭し、一時は芸能事務所にまで所属してTVドラマの端役などを得る。が、売れることなく役者を諦めて就職。大学時代から付き合っていた奈美さん(仮名)と結婚した。吉村さん自身に結婚願望はゼロだったが、「長く付き合っていて情が湧いたから」結婚を承諾したそうだ。

しかし奈美さんが妊娠した頃から、吉村さんは「もう一度役者をやりたい」という気持ちが抑えきれなくなる。結局、仕事と二足のわらじで舞台に立つが、家庭はないがしろに。産前産後の奈美さんのケアも、子供の世話も、一切やらなかった。

そればかりか、吉村さんは生まれた子供を抱っこできなかったそうだ。理由は「赤ちゃんが壊れそうだから」。やがて別居し、離婚した。



就職するのに学歴が大きく左右する事は半ば常識化していますが、結婚の場合は関係がないとしか。せいぜい低学歴の人間とは結婚したくないと言う発想の人間は大勢いるでしょう。それだって、低学歴だと大して稼ぎのある職に就いていないだろうと言う目安になると言う事だけの事であって、夫婦生活のスキルのありなしとは関係がないと言う事になるのではないでしょうか。
よしんば大学通っても、その足しになる事は教えてくれないと言う事なのですな。大卒だって万事高卒以下より優れているとは限らないと言う事です。俗にエリートと称されている人間だって、専門外の事ではとうしろうだったり、愚図立ったりなんて事は良くある物です。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



わが国には元から肥満は富裕の証と言う発想はなかったのか

日本の子どもに肥満児が少ない理由 学校給食を見れば分かる=中国メディア


このほど発表されたユニセフ「世界子供白書2019」によると、栄養不足、隠れ飢餓、過体重などにより、世界の5歳未満児の少なくとも3人に1人の健康が脅かされていることが分かったという。しかし、その中で「日本の子どもたちの健康体」が目立ったそうだ。中国メディアの今日頭条は7日、「日本の子どもは最高に健康的で、肥満児は最低水準」と題する記事を掲載した。日本の給食を見ればその理由が分かると紹介している。

 この報告によると、調査対象の先進国41カ国すべてで5人に1人以上の子ども(5-19歳)が過体重の問題を抱える中、唯一日本だけが例外だったという。日本の子どもたちの過体重は14.42%と最も低かった。ユニセフ本部のアドバイザー、ローランド・クプカ氏は、理由の1つを「日本の学校給食システム」によるのではないかと分析している。給食は、子どもたちに栄養バランスの取れた食事を提供し、栄養について学ぶ機会にもなっているからだ。

 記事は、日本の給食制度について、あるドキュメンタリー番組の報道から紹介。まず、「給食はほかの科目と同じく授業の一環」であると伝え、その学校では給食室があり、キッチンは整理整頓して清潔な状態を保つことや、食事を作る大変さを実感させていると紹介した。また、メニューは栄養士が決め、決まった費用の中で栄養ある食材を使って作っているとも伝えた。

 また、日本の給食が特別なのは「子どもたちが自分たちで配膳する」ことだ。記事は、毎日秩序正しく自分たちで準備し、全員が準備できるのを待って一緒に食べ始め、後片付けもして、牛乳パックの回収などもしていることから、「民度の教育になる」と感心している。

 子どもの健康を守るとともに、食生活やマナーなど教育の場にもなっている日本の給食。日本の子どもたちの健康や、国民の寿命の長さなどは、給食文化と大きく関係していると言えるだろう。中国でも肥満児の問題は深刻になりつつあり、日本の給食制度から学べる点もあるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



昔は、国によっては、ようけ食えるからと言う事から、肥満であることは富裕者である事を示す意味合いがあって、そうした状態をうらやましがられたなんて事もあったんじゃないでしょうか。案外世界の多くの国で、肥満がわが国に比べて多いとしたら、そうした昔の発想が潜在的に生きているからであって、日本ではいにしえからそんな発想がなかったからと言う事ではないのかと思ったりします。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












日本が実際よりもまずい国だったならばそんな事などどうでも良かっただろう

日本がモバイル決済で中国に追いつくのは難しい! その理由は・・・=中国メディア


2019年の日本はキャッシュレス元年とも言われ、キャッシュレス決済が徐々に普及しているが、中国では逆に現金で支払えない場所があるほどモバイル決済が普及している。日本は中国のようにモバイル決済が一般化するのだろうか。中国メディアの今日頭条は6日、日本がモバイル決済で中国に追いつくのは難しいとする記事を掲載し、その理由を分析している。

 記事によると理由の1つに、「高齢者が現金で払いたがる」ことがあるという。日本人ほど「現金をため込む」国民はいないほど現金が大好きで、特に日本の高齢者は変化を好まないため、電子マネーの普及では最も遅れた国になってしまったのだろうとしている。しかし、むしろ電子マネーの利用はここ最近高齢者の間で急増しており、「高齢者はキャッシュレスに抵抗がある」というのは固定概念かもしれない。

 また、現金が好きなのは「日本人の伝統」とも紹介している。日本では「現金払いは浪費防止」という考え方が根強く、小さな店舗ではキャッシュレスでの支払いに消極的で、経営のためには現金払いでなければならない事情もあると指摘した。

 さらには、犯罪率の低さやATMの多さなど、日本人を「現金好き」にさせる要素が多く、キャッシュレスにする必要性が感じられないことも指摘している。逆に言えば、中国には現金離れを加速させる要素が多かったともいえるかもしれない。

 キャッシュレスには利点もあるが、欠点もあるのは事実だ。中国ではモバイル決済が進んでいることを誇りにしているふしがあるが、どちらが優れているという問題ではないはずで、消費者が好みに応じて使い分けられる社会が一番よいのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



いろんな事に関して言える事ですが、、一概に優劣を論じ鶴意味などない場合は多いと言う事てすな。それを必要としない者にとっては、その事で劣っているとか至らないと言う指摘など意味はないと言う事です。まあ、中国的には結構痛しかゆしな事なのでしょうな。一方では、その方面では日本に対して優位に立てていると言う風に思えても、別の一方では、外国旅行では中国人にとっては、日本は人気な場所のひとつでありながら、その日本では中国ほどにモバイル決済が推進されていないと言う事は、ありがたくない事ですからな。
もし、日本が旅行先として大して魅力がなかったならば、モバイル決済で劣っていると言う中国的な認識も案外存在しなかったと言う事ではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












なぜ「紅葉見」ではないのか

モミジ狩りというが・・・日本の紅葉は、まさに北から南へと移動する美しい生き物のようだ=中国メディア


朝晩の冷え込みが大きくなりいよいよ秋が深まってきた昨今、各地から紅葉の便りが届くようになった。中国メディア・東方網は6日、秋の紅葉シーズンに訪れるべき日本の観光地トップ10を紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本は世界的にみて紅葉が最も美しい国だとされている」としたうえで、日本の紅葉を代表する植物であるモミジの鑑賞に出かけることを「モミジ狩り」と称すると紹介。日本人にとって紅葉はまさに美しい毛色をした獣のような存在であり、秋のにおいを嗅ぎ取ることに長けたの「獣」は、1日あたり数十キロの速度で北から南へと移動していくのだと形容した。

 そのうえで、秋の紅葉シーズンに特に美しい風景を堪能することができるスポットのトップ10を発表している。第1位に選ばれたのは、東京からすぐに行けるという利便性も備えた神奈川の箱根だった。第2位は周囲を取り巻く森林が一斉に色付く壮観を楽しめる栃木の日光を挙げている。

 第3位は、非常に多い種類のモミジが植えられており、多様な紅葉が楽しめる紅葉谷公園を持つ広島・宮島。第4位は言わずと知れた紅葉スポットである京都の金閣寺が選ばれた。さらに第5位は山梨の河口湖、第6位は石川の兼六園など、王道のスポットが続いた。

 第7位は奈良の東大寺、第8位は道路の両脇に植えられたメタセコイヤ約500本が一斉に色付く滋賀・マキノ高原のメタセコイア並木、第9位は川に沿って真っ赤なモミジの紅葉が連なる愛知の香嵐渓、第10位は滝と紅葉とのコラボレーションが魅力的な青森の奥入瀬渓流となっている。

 秋の終わりと冬の到来のシグナルともいえる紅葉は木々を赤や黄色に染める。中国の人たちは赤も黄色も非常に縁起がいい色として好む傾向にある。日本ならではの自然が織りなす美しさとともに、赤と黄色が一面に広がる点も、中国人観光客にとって日本の紅葉が魅力的な理由の1つと言えるかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


「紅葉狩り」とはおかしな事であります。別にハンティングを行う訳でもいないのにねぇ。

ソウダヨ( ゚д゚) (゚д゚ )ネー

まあ、「花見」の場合も、その実態は花より団子の体をなしていて、大して花見とは言えないような傾向が多い訳ですが、それでも、そこでは別段「狩り」をしている訳ではありません。「紅葉狩り」と言うのは、本来は紅葉の鑑賞であって、そこでは花見ほどに宴会が催されると言う事はないのですが、どうして「紅葉見」にはならないのでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













多分、日本は中国の見本とはならないだろう

日本は果たして我が国にとって「模範」となる国なのか=中国メディア

中国国内ではしばしば「中国は日本のような国になるべきだ」という人や、「日本を模倣しよう」と主張する人がいる。日本はアジア一の先進国であり、そう思うのも不自然なことではないが、中国メディアの今日頭条は29日、「日本は中国の模範ではない」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、「なぜ日本から学ばないのか」という人に対して、「日本が主権国家であるかさえ怪しい」と、日本は中国の目指すべき姿ではないと主張した。日本は先進国で一人当たりGDPも高く、世界をリードする分野も多いものの、理想の姿ではないとしている。

 記事はその理由を、日本が「米国の犬」に成り下がっているからだと主張している。戦後、日本には米軍が駐留し、在日米軍駐留費も毎年2000億円という巨額を負担している。この駐留費に関しては、さらなる増額も要求される可能性があるほどだ。米軍が日本に駐留してからというもの、日本国内では米軍による犯罪が少なからず発生しているが、日米地位協定があるために処罰の面で国民の不満がたまり、「大国にあるべき尊厳」もないと主張した。

 また、そもそも日本は「大国」ではないと指摘。国土が小さく資源も少ない国の場合、国内で産業チェーンすべてをまかなうことはかなわず「大国になることはできない」と主張。この点、中国は国土面積も人口も十分で、米国やロシアと並んで大国としての条件を満たしているとしている。

 結論として記事は、中国は日本のような国を目指すべきではないと結んでいるが、多くの中国人は「やはり日本から学ぶことは多い」と感じているようだ。記事に寄せられたコメントを見ると、「日本人のまじめさや素養、科学、教育などから学ぶべき、国の大きさは関係ない」という人や、「良いことは学び、悪いことは学ばない」と正論を主張する人もいた。また、「権利と尊厳のある国は、国民にも権利と尊厳があるはず」と、自らを見つめなおすべきと諭す意見も見られた。中国が日本のような国になる必要はないだろうが、日本から学べることはやはり少なくないと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


わが国でも言える事ですが、できる奴だから、それを見本にしようと言う事が必ずしも容易でないと言う事は良くある事です。自分の流儀を貫く事の方が大事と考える人間の方が多いですからね。ましてや、ボスとして君臨している人間に至っては推して知るべしでして、中国の場合はそうした事が顕著に現れているのではないでしょうか。
自分の流儀に著しく外れるような内容で、生理的に受け付けがたいような内容だったならば、よしんばそうした物が実利的、合理的であっても、受け入れられないのではないでしょうか。そして、ここでも指摘されているように、日本はアメリカの犬に過ぎないと言う指摘です。
一方では、中国の見解としては、依然日本は世界に対する野心があると言いながら、かような指摘がなされているようでは、決して中国にとっては見本とは言えないのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE