プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

外国に対する見栄のために大学がある訳じゃない

東大ですら…日本の大学の世界での影響力が低下―中国紙

2018年2月13日、人民日報が、「日本は国内大学の国際的な影響力低下を懸念している」と伝えた。

英紙タイムズが発行する教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」はこのほど、18年のアジアの大学ランキングを発表した。東京大学は昨年より順位を一つ下げて8位となり、日本の大学では唯一トップ10に名を連ねた。上位100位に入った日本の大学は11校にとどまり、昨年に比べて約1割減少。日本国内では、大学の国際的な影響力低下を懸念する声が広がっている。

東大で教壇に立って数十年の米国人教授は「東大以外の大学も順位を下げている。主な原因は日本経済の低迷で、日本政府も教育関連予算の大幅な削減を進めている」と話した。また、米国の高等教育に詳しい日本人の教育専門家は「米国の大学は授業や研究における社会的な意識が非常に強い。高等教育機関は社会の要求に満足するよう努力し、考察を続けている。米国の大学がレベルアップしてきた理由だ」と語ったという。

記事は「国の科学研究水準は、教育のレベルを反映している」とし、日本メディアが「日本の国公立・私立大学も共に破たんの危険にさらされている。研究者が短期的な成果を出すことだけを求められれば、ノーベル賞受賞はもう実現しないだろう」と報じていることを紹介した。(翻訳・編集/大宮)


自分にはこうした物の国際的影響力と言う物の意味がよくわかりません。まずは国内においてしかるべき有用性を果たす事こそ最優先でして、外国に対する見栄なんか張る必要はないのです。国際的な影響力なんて代物も、早い話が外国に対する見栄なんじゃないでしょうか。もっとも、国内においてはしかるべき役目を果たす必要がある訳でして、その方面ではおろそかであって良いはずはないですけどね。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト

まずは万人大学へ行きたがるべしと言う馬鹿常識から払しょくすべし

勝間和代「奨学金返せず親子で自己破産」に苦言 「誰にでも奨学金を出すシステムが間違っている」「仕組みそのものが破綻」

朝日新聞の「奨学金を返せず親子で自己破産」というニュースが話題になっている。13日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でも取り上げられ、経済評論家の勝間和代さんが

「なんでもかんでも奨学金を出すという仕組みが良くない」
「(日本の入学金が)高すぎます」

などと苦言を呈していた。

朝日新聞は12日の記事で、国の奨学金を返せず自己破産するケースが増えており、借りた本人だけでなく親や親族らと共倒れになる事態も広がっていると伝えていた。(文:okei)

「私立大学を出たからって800万円返せる就職口なんて無い!」


卒業して3年半で自己破産申請したある男性(27歳)は、私立大学の国際関係学部への入学金や授業料などで、計800万円余の奨学金を借りていた。東京で就職したが給料は手取り20万円。毎月4万円を20年払い続ける自信がなくなり自己破産した。4か月後、連帯保証人になっていた父(52歳)もまた自己破産し、今後91歳の祖父にまで請求が及ぶ恐れもあるという。

意見を求められた勝間さんは、開口一番

「まず今、私立の大学を出たからといって800万円の奨学金を返せる就職口なんて正直無いんですよ!」
「だから、この仕組みそのものがもう破綻してるんです」

とズバリ。

今はもう、新卒や中間管理職が要らない時代になっており、「AIやITが発達しすぎて労働力が要らないんです」と持論を展開。大卒ではない物理的な作業をする人はいくらでも必要だが、大学卒業程度の能力を必要とする就職口が、

「本当の一流大学や本当のAIの技術者のような特別な人しか、用意されていないんです」

と断言した。

さらに「言い方は悪いんですど」と断りつつ、「国際関係学部という名前を聞いた瞬間に、少なくともトップレベルではないということが分かってしまうわけです」と指摘する。

「結局、年に100万とか使ったとしても、まったくそれを回収できるような就職先がないので、正直、奨学金を出してはいけないぐらいのレベルなんです」

と辛辣なコメントを次々繰り出していた。

「無償を増やすか、国公立を徹底的に下げないとダメ」

ちなみに、国の奨学金は担保や審査が無い。1人当たりの平均借入額は、成績と収入の要件がある「無利子」が237万円で、「有利子」は343万円だ。卒業から20年以内に分割で返すことになっている。

それにしても、冒頭の男性のケースは借り過ぎのような気がする。自業自得とは言わないが、見通しが甘い部分はあっただろう。その甘さが通ってしまい、後々困窮することになっている。

「なぜそういうシステムに?」と聞かれた勝間さんは、「もちろん銀行があり、奨学金の予算があるからです。あるいは、私立大学がそういう人たちが来ないと誰も来なくなっちゃうからです」と激辛な指摘は止まらない。

奨学金は税金が補助をしているだけで、利息も返済義務もあるとして、

「本当にこの仕組みを維持したいのであれば、無償の奨学金を増やすか、国公立大学(の入学金)を徹底的に下げないとダメです」

と意見した。今、国公立大学の入学金が50数万円で、「これは世界レベルにしたら高すぎるんですよ!だいたい20万円とか10万円じゃないと厳しいです」と勝間さんが言うと、スタジオは一気に同意見でまとまっていた。

さらに、「海外は誰でもかれでも大学に上げない」と解説。ヨーロッパでは、大学で回収できる可能性のあるような人しか、あげないような仕組みにしているという。その上で、

「言っては申し訳ないんですけど、就職成績が悪い私立大学に、なんでもかんでも奨学金もらって突っ込めという仕組みが良くないんですよ」
「奨学金借りれば何とかなるって、なんとかならないんですよ!」

などと、現実を叩きつけていた。


一方では大学無償化を主張する向きもありますが、肝心なのは、それに見合った将来があるかと言う事なのですよ。昔ならば大卒と言えば希少価値がありましたから、大枚投じてもそれに見合った将来を確実に獲得できたでしょうが、今のような猫も杓子状態では相当成績が良いとか、ここでも指摘されているように一流大学にでも入らなきゃ駄目だと言う事なのですよ。
そう言う物の道理も分からないで、人によってはひたすらジェニの視点しかなく、極端な話になると自衛隊への志願を「経済的徴兵」と言う風に表現するやからもいるのですからな。むしろ、猫も杓子も大学へ行くべし、行きたがるべしと言う発想の方こそ、一種の徴兵制なんじゃないかと思ってしまうくらいです。
このような不幸な出来事が生じないように、大卒応分の将来と言う物が見込めない人間に対してはあらかじめ歯止めをかける施策が必要だと思います。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






この人も独りよがりだなあ

みんなで休む「国民の祝日」はもういらない

今日は建国記念の日の振替休日ということで祝日になっています。

毎日通勤する仕事をやめてから、曜日の感覚が薄れてきました。土日に講演やセミナーで仕事に出かける機会も増え、土日に仕事をして、平日にゆっくり休むことも珍しくありません。そんなライフスタイルが、気にいっています。平日のお休みだと、どこに行っても空いていてストレスなく過ごせるからです。

曜日だけではなく、国民の祝日も気にすることが無くなり、直前になって、ニュースやカレンダーを見て気がつくことも珍しくなくなりました。

今週のように週末が連休になると、一斉に休みを取る人が増えるので、どこも予約が取りにくくなります。ホテルの宿泊料金もアップし、行楽地に行こうにも道路は渋滞。平日とは全く異なる状況になります。だから週末に何かしようとすると、予めスケジュールを決めないで行動すると大変なことになってしまいます。計画的に行動するのが苦手で、思い付きで何かをすることが多いので、週末や連休は苦手です。

日本の会社の多くは有休休暇が取得しにくい雰囲気になっています。会社勤務をしていたこともあるのでよくわかりますが、みんなが働いているのに休むことに抵抗を感じる人が多いのです。だから、勝手に休みを取って出かける習慣が広がらないのです。小さな子供のいる家庭では、祝日にならないと家族全員で一緒に休めないという理由もあるかもしれませんが。

しかし、週末や祝日に一斉に出かけることになると、混雑して料金が高くサービスの悪い観光地に行っても、心からリラックスして楽しむことができないのではないでしょうか。

ホテルやレストランのような施設から見ても、お客さんが分散してきてくれた方が、平均の稼働率は上がり、経営は安定します。最近は人材不足で休日のピーク時に人を集めるのも大変になってきていると思います。

そう考えると、これ以上国民が一斉にお休みする「国民の祝日」が増えるのは、望ましいことではありません。価値観が多様化している中、一斉に休む国民の祝日ではなく、それぞれの人たちが分散して休暇をとる方が選択肢のある社会と言えます。日本でもっと豊かに暮らせるために、これから目指すべきなのは、国民の祝日を増やすことではなく、分散型の休暇でそれぞれが好きな時に楽しめる社会だと思います。

(スターバックスも曜日によってはガラガラです)



ブロゴスではようけ出て来る人としてイケダハヤト氏なんかは結構独りよがりな記事がありますが、今回の内藤さんの記事なんかも、そうした独りよがりの傾向が強いと言えましょう。理想としては、それでも良いのでしょうが、実際有給休暇の取得が容易でなく、少なからずが「腐らせて」しまうありさまでして、それくらいならば、問答無用で休める祝日頼みに徹するしかないと言う人も少なくないのですよ。
ちなみに昨今の自分の場合は、さながら博物館並みな状態でして、赤い日はほとんど出勤で、その代わり月曜日が休みになる傾向が大きい物です。それは日曜日は毎週あるから、よその日にずらせば良いと言う物なのです。それに引き換え、祝日は別段毎週ある訳じゃないから、その日の場合は掛け値なしの休日出勤となっております。個人的にはよしんば祝日が増えても、決して休みが増えると言う訳ではなく、休日出勤が増えると言う事に他なりません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

あり過ぎても困る事かある物だ

「贅沢な生活って何が楽しいの?」――年収1200万円、資産家の独身男性の疑問に注目集まる

はてな匿名ダイアリーに2月3日、「贅沢な生活って何が楽しいの?」との投稿があり注目を集めた。投稿者は独身で34歳の男性。年収は900万のほか配当収入が約300万円もある。家を相続したため家賃はなく、生活費は12万くらいなので貯金もどんどん貯まり、金融資産は2億を超えるという。つまり「金にはまったく困っていない人」である。

男性は「贅沢な生活」に、みんなが憧れる気持ちが全くわからないという。飛行機のファーストクラスやホテルのスイートルーム、1食20万円の懐石や10万円のステーキ、50万円のオーダースーツなど、世間で「贅沢」と呼ばれることは一通り享受してみたが、

「ただそれだけのために100万単位で金を払うのはアホらしい」
「その気になれば年3~4回は無理なくやれるのだが、全くそんな気にならない」

などと独りごちている。(文:okei)

いわく、ホテルは1万も出せば快適で、美味しいものも5000円くらいで食べられる。服やカバンは数万円で十分良質なものが買えるのに、わざわざ数十万する高級品を求めなくてもいいだろうという考えだ。

「やれなくてわからないのではなく、やってみてもわからない」
「贅沢している人、何が楽しくてやってるのか教えて欲しい」

と問いかけている。下手をすると貧乏人を煽るような内容だが、イヤミな感じはなく本当に素朴な疑問のようだ。

これに対してはてなブックマークは800以上つき、様々なコメントが飛び交った。

「選択肢があることが一番の贅沢 一番の幸福」
「楽しいってより、ストレスフリーなんだと思うよ」

など、金に不自由していない投稿者の境遇自体を「贅沢」と見る人がほとんどだ。まあ、そうだろう。34歳で養う家族も住宅ローンの負担もない。言葉は古いが本当の独身貴族である。「最も贅沢な生活とはきっと明日のことをあまり悩まないで安心して暮らせるということなんじゃないかなと思うようになった…」とのコメントにも頷ける。
幸福度の上昇は世帯年収「1000~1200万円」でストップ

他方、「欲しいものが買えない状況に直面しないと、今の贅沢は実感できない」という意見もあった。「贅沢」とは単なる高級品のことではなく、必要以上の過剰な消費のことだ。質素な生活を送るしかない多くの人にとって、憧れの対象になるのは自然なことである。投稿者は、贅沢を「やろうと思えばできる」からこそ分からないのだろう。

2011年度の内閣府の「世帯年収と幸福感」の調査では、世帯年収が上がるほど幸福度は増すものの、1000万円~1200万円で値の上昇は止まる。1200~1400万円未満、1400万円以上となると微妙に下がっていく。年収が高いほど幸福度が増すわけではない。

そんなデータを反映してか、「寄付したら?」との意見に対する追記が、お金持ち特有の悲哀に満ちていた。近所の児童養護施設に100万円ほど寄付したところ、後に寄付のお願いが多方面からおびただしく来るように。借金を申し入れてきた知人に「返さなくていい」と50万円あげたら、次は1000万円の保証人になれと迫られた。200万円貸した親戚とは音信不通だ。そのいずれも、関係を断つハメになっている。投稿者は、

「お金を人にあげてはいけないという母の教えを守らなかった事を後悔して、以降は絶対に出さない事にしています」

と結んでいた。


>いわく、ホテルは1万も出せば快適で、美味しいものも5000円くらいで食べられる。服やカバンは数万円で十分良質なものが買えるのに、わざわざ数十万する高級品を求めなくてもいいだろうという考えだ。

収入が2倍になったら、それに合わせて食費も2倍にすると言う事は容易であっても、食事の量を2倍にする事は容易じゃないと言う事です。必ずしも高額な食事だからと言っても、それに合わせて幸福感を持てるかどうかは別問題でして、容易にできるのであれば、とめはしませんが、安価で済む事をわざわざ金をかけて行う必要などないんじゃないでしょうか。あえて高額でやってしまおうと言うのは、結構周囲に対する見栄で行う傾向が多い物ですよ。それ自体が自身にとっての幸福感のつり上げになるのであれば、それはそれで良いのですが、もっぱら他人の羨望の度合いを釣り上げるのみで、自分自身の心の中か空虚であるのならば、やめてしまうべきでしょう。
そして最後の寄付の話。これで7年前に当ブログでも取り上げた事のあるタイガーマスク寄付を思い出しました。いったん寄付ができる奴だとみなされてしまえば、後々さらなる高望みをされてしまって、結局嫌な思いが残るとしたら、自身の正体を隠ぺいした上での寄付と言う発想が決して不可解な話ではないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

ねたみの心理58

「ねたみの心理」第58回目です。
個々人の成果を安定的に求めるのであれば、外部からの不可侵たる個々人占有の権限と言う概念があってしかるべきなのですが、余りに多くの人間に「機会」をあてがい過ぎた事で、そのような概念を持ち出す事などできっこないのです。その結果が、ひたすら共有のサークルの中に万人を押し込むと言う事でして、結局その中では弱肉強食状態にならざるを得ません。だからこそ、事実上はそうした「機会」は一部の人間によって寡占されてしまうと言う事に他ならないはずでして、万人にそうした「機会」をあてがったとしても意味がないと言うのです。
繰り返しになりますが、与える側からすれば、報労と言う制度はあたかも良い事のように思えるでしょうが、それに見合った周辺環境を整えておく必要がある物であって、それがない所では逆にトップレベルの悪行と言っても良いのです。それは前回も例として取り上げたフェラーリの購入のような物であって、却って迷惑だと言う事もあり得るのです。
報労とういう概念に万人嬉々とすると言うのであれば、個々人が担当する業務に合わせて考えても良いじゃないか。営業以外ではいまだにそうした概念がない。そのために万人にそうした機会をあてがうために、本来よその業務でしかなかった営業をさせられると言う事であって、却って迷惑なのです。どうしてよその業務ではそうした物を用意する気がないのか。そちらの方こそ問題でして、ただ報労に与る機会をあてがわれれば良いと言う問題じゃないのです。
そもそもそうした物に対して嬉々とするのであれば、プロパー連中が独占してしかるべきではないでしょうか。片手間でやるよそ者に比べれば、プロパー連中の方こそ、そうした機会に与りやすい事は必然でして、連中こそ、よそ者をとことん排除して、報労を独占するが良しと言う事ではないでしょうか。
自分としては余計な手間を食らってまで、そうした機会にかかわりたくないのであって、報労に与れない事自体に対してねたみを持っているのではないのです。有利な条件で同じことにかかわっていると言う事に対してねたみを持っているのです。営業はプロパー連中がもっぱらになって、よそ者をかかわらせない。そうした状態になってくれれば、連中が営業の報労を独占しようが、こちらとしては知った事じゃないのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE