プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上の、良い評価をしてやると言う思いがブラック企業への道かと

「苦しんだ分いつか報われる」っていう日本の風潮なんなの? そんなこと言ってるからブラック企業が横行するのでは

苦しんだら苦しんだ分、いつか報われる!そういう宗教めいた考えなんか捨てちまえ!誰もお前を見ていない!

世の中にはホワイト企業だっていくつもある。ホワイトとは言えないまでも、真っ当な職場だって数多ある。それなのにどうしてわざわざブラックなんかの奴隷になる人間がいるのか、理解できない。

あるときその素朴な疑問をブラック企業で働く彼に投げかけたら、こんな答えが返ってきた。

「陰での努力は、きっと誰かが見てくれている。いつかはそれが評価されると思うんだ」

そんなことがあるなら、もうとっくにある程度評価されていなくちゃ割に合わないだろうに。

第一、世間で評価され、努力をしていると認められた人々はみな、その努力する様を第三者がしっかりと確認して評価している。誰も見ていないようなところで苦労をしても、誰も評価してくれない。

「神様が見てくれている」みたいな抽象的な、ぼんやりとした思考停止に近い希望的観測のもと、毎日死にそうになりながらする努力。そんなもんが果たして本当に報われるだろうか? 

今の時代、みんな自分のことで精一杯だ。ましてブラック企業の従業員なんて、なおのこと他人のことをしっかりと評価する余裕もないはず。そういった環境でいくら頑張ってみたところで無駄だ。
「たかが仕事」と考えることだってできるはず

ちょうど先日、2ちゃんねるで「日本人の『辛く苦しんだ分だけ報われる』っていう考え方ww」というスレッドが立っていた。スレッドを立てた人物は「大嫌い。人をコマのように扱う世の中」と書き込んでいる。全くもって同感だ。

スレッドには賛同の声も多く書き込まれている。いくつか紹介してみたい。

「苦労をしない方向に持ってくのが悪みたいな風潮があるね 」

確かに、ある。この国ではいかに効率的に稼ぐかとか、いかにストレスを溜めずに働くかよりも、いかに額に汗して、涙を流して必死で働くかが重要視されているきらいがある。

「報われるべきだとは思うけど、本当にその辛苦は受けなければならないものなのか。もっと楽に同じ結果出せる方法があるんじゃないかなと感じる事は多い」

もちろん、苦労が全く無駄とは思わない。思わないが、ブラック企業での苦労は完全に無駄だ。苦労にも意味があるものと、そうでないものがある。

こうした声の一方で、「正しい苦労か無駄な苦労かが分かるのは何年も後の話だよ」という意見も出ていた。

分かるような分からないような、良い言葉のような、無責任なような……。正しい苦労とそうでない苦労の違いも分からない人が多いから、日本はバカみたいなブラック企業が蔓延ってるんじゃねえの? という気しかしない。

無駄な努力をして死にそうになっているブラック労働者が現実に存在するのは事実だ。結局いいように搾取されるだけなので、苦労の質を考えずに、無思慮に努力なんかしても意味はない。

辛い目に遭って苦しんだだけ、いつか報われるなんて、そんなのあるはずがないじゃないか。

大体、その「いつか」っていつなんだという話である。ブラック企業で働く人に「いつか辛く苦しい思いをしただけ、見返りがあるよ」なんて、僕は口が裂けても言えない。

それよりも「そんな環境ではろくな未来がないから、さっさと離職しなさい」と言ってやりたい。日本人の「いつか報われるから、今はこの苦役に耐えよう」という風潮なんて、今この瞬間の幸せを放棄させるための、体のいい方便にしか思えない。たかが生活のためにするだけの労働に、大して崇高な意味なんかない。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。


NHKの「知恵泉」ですが、毎回見ている番組とは言え、前に、こう言う所か嫌いと言う事を思った事がありました。今では格別そのように感じる事はありませんが、それは下々の者がこのような願望を持っていると言う風に、上の方が都合よく決めかかる所があると言う事です。
その1つとして、下々の者が何かしらの事で「認められたい」と言う風に決めかかっていると言う事です。あらかじめそのような決めつけがあると、上の方で何か下にとって良い事をしてやっていると言う風に上から目線で内心思っているのではないかと言う事が勘ぐれる所であります。
主観的な所を言えば、万事が万事、下々の者がそのような願望を持っているとは言えないし、そもそも万事の物事が、よしんば良い働きがあったからと言って、確実に認められると言う事が保証されているとは言えないでしょう。大抵の事は、この程度の事が出来れば良しと言う程度の物でして、いちいち上の方から認められる事が期待できる代物とは言えないはずです。
下の側としては、いちいちそのような事を期待して仕事をする必要はないし、また、上の方でも、いちいち褒める、認めると言う事を前提に仕事を課すべきではないでしょう。なまじそう言う事があるから、本来しないでも良い苦労をしなくてはならないと言う事態にぶつかってしまう事が多くなるのです。
上司が部下をほめると言う行為は、必ずしも良い事ではなく、とりわけあらかじめそのように身構えているとしたら、それは部下に対してあらかじめ高望みをしていると言う事に他ならないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト

自分の方こそほめられたいと言う事だ

お世辞を流してたら「せっかく褒めてるのになにその態度!」とぶち切れ! どう対応するのが正解なのか

お世辞や社交辞令は、ほどよく使えば人間関係を円滑にする。しかし言われる側からしてみれば、しつこいお世辞攻撃に辟易してしまい、結果として関係をこじらせてしまうというケースもあるようだ。

先日のガールズちゃんねるに立った「お世辞に対してどう接するのがいいの?」というトピック。トピ主の女性は、明らかなお世辞を何度も言ってくる職場の先輩にウンザリしているのだという。(文:みゆくらけん)
「○○さんの方が素敵ですよ」と返せばいい?

たとえば、「トピ主はほんとうに美人ねー、スタイルいいわー」との先輩の持ち上げに、「他の人からはそんなこと言われたことない」とトピ主。仕事のやり方についても「素晴らしい。どうしたらそんなふうにできるのかしら」と絶賛されるが、そんな先輩に内心「営業成績で平均点付けられてますよ」とツッコんでいるのだとか。

あまりにわかりやすい口から出まかせ的なお世辞に辟易するも、一応は反応しなければいけないメンドクサさ。スルーするわけにもいかず、かといって真に受けるほど客観性を失ってはいないため、大げさに反応するのも痛々しい。

結果、「あ、はい。どうもー」と、そっけなくも一応笑顔で交わすというカタチに落ち着いたトピ主だが、その反応が先輩の逆鱗に触れたようで、

「せっかく褒めてるのになんなの?その態度!」

と怒られたのだという。トピ主はもはや、もうどうすりゃいいの?状態で、どう反応するのが正解だったのかと助言を求めている。

コメントの中には、きっと先輩は「○○さんの方が素敵ですよ」と褒め返して欲しいか、「ありがとう」とお礼言われたいかのどっちかなのだろうとの推測もあったが、多くの声は「メンドクサイね」というもの。
普通に「ありがとうございます」ではダメなのか

しかし一方では先輩に対し、「あ、はい。どーも」とさくっと返し過ぎるトピ主も「どうかと思う」との声もあった。確かに同じテンションでも「あ、ありがとうございます……!」というような言葉を選んで返していたら先輩の受け取り方は違っていたように思う。

さらに上級編では、「○○さんに褒められるなんて嬉しいです」などと、少しの媚びを見せるとヨシとのアドバイスも。

「褒めた当人も『度量のある私』って思ってるから反対に持ち上げとく。これが社会人スキルというものですbyおばちゃん」

メンドクサイが、確かにそれができれば一番お互い気持ちいいのかもしれない。

しかし最近つくづく思うが、お世辞に神経質過ぎる人が増えているような気がする。たとえば美容院が苦手な人からは「ありきたりで、いかにもなお世辞を言われるのが嫌」という声もある。お世辞に対して何て返すのが正解かわからずに困ってしまう、というものだ。

しかし単純に考えてみたら、お世辞に悪意はない。お世辞の内容が本心かどうかはともかく、その場の空気を和やかにしようとする狙いは共通する。だったら、受け取る側も反応は相手に不快感を与えない程度の「テキトー」で良い気がするのだ。「コイツ、お世辞を真に受けたなと内心笑われたら嫌」という声もあるが、そこまで計算して反応に迷い、結果その場の空気が気まずくなるのは自意識過剰の典型だ。

褒められ慣れした西洋人女性ばりに、何言われても堂々と「ありがとう」で文句言われない風潮になればいいのに。本当にメンドクサイのはお世辞ではなく、意地悪なツッコミが止まない不寛容な社会のムードではないだろうか。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。


何やら、おととし、キャリコネニュースに掲載されていた「ビジネスマナーが最優先される日本企業には「ねたみ」「ひがみ」の感情が満ち溢れている」に似たような内容ですな。そこでも、上司がほめてくれたことで、単にありがとうございますでは駄目だと言う指摘がありました。
要するにここで言うお世辞と言うのは、もっぱら相手をほめる行為などではなく、他人をほめるおれっていい奴だよなと言う風に自分を持ち上げるのに利用するのみであって、別段本気で他人をほめる気などないと言う事なのでしょう。むしろ自分の方こそいい奴だと思われたいと言う虫の良い発想だと言う事です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

















日本でも当たり前にはならない

働けば食事が無料の日本の「未来食堂」、韓国でも実現可能?=ネットの回答は否定一色「これができるのは日本だけ」「韓国では無理。なぜなら…」


2017年10月12日、韓国・KBSテレビがこのほど日本で「新しい形の飲食店」として話題になっている「未来食堂」(東京・千代田区)を紹介したところ、韓国のネット上でも注目が集まっている。

KBSは未来食堂のシステムの中でも特に、50分仕事を手伝えば1食もらえる「まかない」や、自分がもらった1食を誰かのために譲る「ただめし券」に焦点を当て、「まかない」を食べた客の「働けば無料でご飯を食べることができるのはありがたい」との言葉や、「ただめし券」を利用した客の「財布の中身が厳しくて使った。すごく感謝している」との発言を取り上げた。

また、同食堂の店主が「お金が理由でお客との縁を切るのが嫌だったのが(このような運営方法を始めた)最大の理由」と述べていることを紹介し、今では口コミが広まり食事(ただめし券)を譲る好循環が広がっていると伝えた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーの間では、自国での実現性も含め議論が起きている。記事のコメントやネット掲示板には、「韓国でもできるかな?」との問い掛けが多く上がっているが、これに対しては「韓国では1万%不可能」「韓国では無理だな」といった否定的な回答が寄せられている。理由は、「国民性が劣っているから」「韓国なら、『ただめし券』目当てで来た客が券をもらえずに『なぜないんだ?』とか言い出しそう」「金があるくせに『ただめし券』を使うようなやつがいなければ、本当にいいシステムだけど」といったものだ。

また一方では、「全く敬服した。素晴らしい制度だ」「こんなにすごいことができるのは日本だけかも」「先進国である日本だから可能なこと」「日本は違うね」「日本の国民性は最高」「日本は良心も個人の意識も高い」「日本の国民性には学ばなければならない」など、日本へのリスペクトの声が多く見られた。(翻訳・編集/三田)


まあなんですな。日本においてすらも、当たり前に定着する話ではないですな。こんな事ははなから利益度外視でしか成り立ちませんよ。たった50分程度の労働で1食だなんてどう見ても割に合わないとしか。普通に考えれば、多数の普通に金を払って食べる人間がいて、たまに金を払えない人間1人を支えると言う前提でしかそうしたシステムが成り立つとは思えませんな。よしんば働く事を前提としても、ただで食事に与らんと欲する人間多数の環境では到底成り立ちません。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















ねたみの心理46

「ねたみの心理」第46回目です。
はっきり言って自分の勤務の内容はねたみの集積所のような状態です。
それはひとえに営業の存在によって成り立っています。ひいき目に見て、よその連中だに営業を課してできの良い者に対して報労をあてがうと言うのは、万人に報労に与れる機会を提供すると言う意図があるのでしょうが、自分に言わせればそんな物はかえって悪しきリアクションしかもたらさない代物です。
万人に報労をあてがう意図があるのであれば、それぞれのセクションに関する業務に応じて用意するべきであって、それは営業とは別問題のはずです。にもかかわらず、報労のために営業を課すとしたら、よその業務に対しては報労を出す気などないと言う事を宣言したのに他ならず、単によそのセクションに対して報労を出さないと言う事によって生じる不公平とは別の不公平が生じるのです。自分としては、報労が出るでないよりも、自分のメインの業務に対して報労が出ない出す気がないと言う事の方が重大でして、よしんば報労が出るからと言って、何でよその業務たる営業なんぞをやらねばならんのかと言う憤りの方が強く生じているのです。
それくらいならば、報労なんぞ要らんと言う事で、用意すればよいと言う訳ではないのです。控え目に言っても、よその連中だに営業をしなくてはならないだけの大義名分と言う物が存在しているはずだと言うのに、報労を依然として用意する姿勢はそうした大義名分と言う物を度外視する物に他なりません。経営側が、依然として営業はもっぱら利己主義によらずばなり立たないと現場の利己欲ややる気に丸投げしているのであって、要するに責任転嫁でしかないのです。
経営側の無能、無進歩を別としても、プロパーの営業側もまた無能、無責任が目立っている訳でして、奴らもまた責任転嫁に「みんなで頑張ろう」と言うきれいごとを利用しているのです。そもそもがよそに責任転嫁をするのみで、自身の権限や利益を縮小する事に関してはこれと言っていいほどやっていないのです。
いまだ報労と言う制度を廃止しないのもその1つでして、よそにも負担を付け回す割には、旧態依然とした個人の成績ありきの発想は奴らにとっては、依然として自身の成績を誇示する事に利益を感じているからでして、そこには会社全体に対する責任感など感じられた物ではありません。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

















他人任せだからって安易に安望みするなよ

一方的な値上げで利用者に牙むく"黒ネコ"

10月1日、ヤマト運輸は27年ぶりに宅急便の運賃を全面改訂した。それに先立ち、5月には新聞広告を掲出。「現場はかつてない厳しい状況」「日本全体の人手不足によって労働力の確保も困難」「事業税の増税や社会保険適用範囲の拡大など、社会制度にも大きな変更」。そう説明し、宅急便の料金値上げだけではなく、法人との契約も見直すと宣言した。

一般の消費者からすれば、1個当たり百数十円程度にすぎない値上げ。しかし、数千件、数万件の規模で取引を行う企業には深刻な影響をもたらしている。特にネットで注文を受けて商品を発送するEC(電子商取引)業者のなかには、弊誌に直接、その惨状を訴えてくる企業もあった。

ヤマトとは10年以上の付き合いがあるという中小企業のA社長。

「最初は佐川さんにお願いしていた。その前からヤマトに声はかけていたけど、うちの取引量が小さいから相手にもしてもらえなかった」

あるとき、経済誌に取り上げられ、テレビ取材も舞い込む。メディアからの注目を集めると同時に顧客も急増。すると、ヤマトが営業にやってきた。送料の値上げは厳しいとA氏が断ろうとすると、返ってきたのは「ともかく値段は下げます」との言葉。

A氏の会社は、商品の特性から梱包が大掛かりになる。ヤマトはそれを格安で受けると申し出た。それ以来、細かい値上げはあったものの、送料は低く抑えられてきた。ところが、この春、一通のメールがA氏に届く。

「6月から一気に送料を4倍にしますと。担当者が出向くでもなく、メール1通ですよ。本心では私たちとの付き合いをやめるため、無茶を言ってきているのでは、と恐怖を覚えました」

経営へのダメージがあまりに深刻なため、一時は訴訟も検討したというA氏だが、最終的には値上がりした送料の一部を価格に転嫁することで急場をしのいだ。しかし、悲惨なのは、それが不可能な企業だ。

「一定額購入していただくと送料無料にしていましたが、もともと客単価が低めなので、廃止に。影響は大きく、売り上げは8割弱に落ちました」

そう語るのは生活用品を取り扱うネット商店経営者のB氏だ。もともとは店舗を構えていたが、ECの隆盛に伴ってネットでの受注のみに絞った。A氏同様、売り上げが伸びてからヤマトに営業をかけられた。以前より少々割高にはなるが、顧客の安心感のためと切り替えて数年。A氏の事例と同様に、突如、値上げの通知がやってきた。


送料無料と言うのは、販売側の都合で成り立ってきた物でしょう。自分も通販ではそうしたサービスはもっぱら販売側の行為だとみなしてきました。配送側としてはよしんば発注側が大口でも、配達先が多数になってしまえば、ただひたすらに多くなるだけで、決して楽になる事ではありません。そのような結果になる形での送料値引きには同意できません。
それにしても上の方に嫌な記述があるなぁ。ヤマトの営業はてめえの点数稼ぎのために、配送に対して無理強いしたって事か。とにかく受注できれば己の点数になる一方で、配送の苦労なんか知った事じゃないって事かよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE