FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

たくさん食えてなんぼの中国

どうして高くて量が少ない日本料理が人気なのか・・・実際に食べてみてよく分かった

中国メディア・東方網は1日、「日本料理は高い上に量が少ないと言われるのに、どうして高い人気を保ち続けているのか」とし、実際に和食のコースを体験した感想を紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国における日本料理の人気は高く、1人で食事をする際も、デートや会食の際にも日本料理がかなりの頻度で選ばれると紹介。一方で「日本料理は高いしお腹いっぱいにならない」という人も多く存在するとし「それなのに、どうして人気を保ち続けているのだろうか」と疑問を提起した。

 その上で、広東省広州市にある日本料理店で板前の「おまかせ」コースを食べた感想を紹介している。記事の作者によれば、当日の仕入れ素材によって板前が料理を決める「おまかせ」コースで食べる高級和食が、ここ数年現地では徐々に流行しつつあるという。

 まずは、チーズ豆腐と魚の炙り、もずくという先付の3品。特にチーズ豆腐がお気に入りで「淡いチーズの香りと滑らかな舌触りがいい。量は多くないが、見た目も美しい」と評した。次に出てきたのはブリやマグロ、ヒラメなどの刺身5種盛だ。「つややかで色合いも美しく、とても新鮮。盛り付けも精緻であり、箸を動かさずにはいられない」と感想を述べている。

 続いては、マグロ、ブリ、ウナギ、アジの握り寿司である。目の前で板前が握ってくれた寿司は、酢飯の加減も程よく、ネタも新鮮でとても満足したと伝えた。さらに、マツタケの土瓶蒸しでは「出て来る料理の1つ1つにそれぞれ驚きや喜びがあるというのが、和食コースが好まれる点だ」と評するとともに、土瓶蒸しのスープの味わい深さ、カボスを加えた時の爽やかさが印象に残ったとした。

 「おまかせ」コースではこのほか、牛肉の一口ステーキ、タイの玄米煮、大エビのバター焼き、そして小豆が乗ったミルクプリンが出されたとのことで、いずれの料理も見た目と味わいそれぞれを高く評価している。

 そして、最後に「料理の形式が多く、バリエーションが豊かで、さまざまな次元の美食の楽しみを体感することができた。主食に偏り過ぎて不健康になることもない。本格的な日本料理が中国国内で高い人気を保ち続けているのも、うなずける」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)



これもまた日中の価値観の違いと言う物を垣間見る話ですな。とにかく中国はでっかい物をありがたがる傾向が強く、そう言う発想の元では、そのような価値観を理解できないのも無理はないと思います。人口でも土地の面積でも頭数さえあればなんぼの発想の元では、食い物もまた目方があってなんぼなのです。そもそも中国では、日本よりもはるかに飢える事を懸念しなくてはならないと言うか、そう言うやばい過去が日本に比べて比較にならないほど頻発していたのです。そう言う発想の元では、たくさん食える事の方が優先されるのではないでしょうか。
日本的な、そうした少量でも高価な物が存在し得るのは、飢える可能性が低くて済む事を裏書きしているのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



大抵は他人の好きを提供する側で成り立っている

前澤友作「好きなことやろうよ」投稿に批判殺到し反省 「一度も就職したことのない自分の世間知らずを痛感」


ZOZO創業者の前澤友作氏が6月30日、ツイッターで自身の仕事観について思いを語った。投稿では

「好きなことを仕事にするのって自分の中では当たり前だと思って生きてきたけど、そんな人一握りだとか、そんなことできるわけないとか、お金がないとできないとか、そんなレスをたくさん目にし、一度も就職したことのない自分の世間知らずさを痛感する朝」

と綴り、世間の認識とのギャップに驚いたようだ。

「好きなことを仕事にすることってそんなに難しいことじゃないと思いますけど」

前澤氏は29日、ツイッターに「好きなことやろうよ」と呼び掛ける自身のイラストを投稿。さらに、

「お金がないから好きなことができない?それなら、好きなことを仕事にしたらいいかも。好きなことできてお金ももらえて、一石二鳥」
「車の運転が好きだからドライバーやる。人が好きだから接客業やる。釣りが好きだから釣具屋さんで働く。好きなことを仕事にすることってそんなに難しいことじゃないと思いますけど」

と補足し、好きな仕事でお金を稼ぐことを勧めていた。

ところが、この投稿に寄せられたのは、多くの批判的な意見だ。リプライ欄には「簡単に言うなよ」「したくてもできないよ」「好きなことやるにも金かかる」などの声がみられ、前澤氏も認識を改めたようだった。

また、同日には「お金配りおじさん」を商標出願したことを報告。定期的にフォロワーにお金を配る理由については、事業作りを”趣味”とした上で、

「事業を作ることは本当に楽しいんだ。仲間(社員やスタッフ)と一緒に商品やサービスを作って、多くの人に喜んでもらったり、悩みを解決してあげたり。そんなことをするのがおじさんの生きがいなんだ」

と説明していた。



ホリエモンのように頑固に自説に固執しないで、考えを改めるだけましと言えましょうが、基本的にそれは認識違いとしか言いようがありませんな。自分が好きな事は必ずしも他人が好きな事ではないと言う事です。
大抵の場合は、他人が好きな事を提供する側にたと言うのが実情でして、ここで言う、自分にとっての好きな事を仕事にした所で、いちいち他人の好みに振り廻される方向で行くのが必然なんじゃないでしょうか。
たとえば音楽を聴くのがが好きだからCDショップを運営したらと言う例を挙げるとしたら、およそ自分が好んで聴く音楽などは世間様も興味を示さずそのために主観的にはくそ詰まらないアイドル歌謡曲なんぞを店頭で流す必要が出て来るでしょう。およそ好きからかけ離れた事をしないと商売にならないと言う一例を言えましょう。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





我が子をしれっと私立に通わす事が問題だ

年収1000万円VS年収500万円「高収入貧乏世帯」が陥る負のスパイラル


猛威を振るった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、世界中の経済に影響が出ています。2008年9月におきたリーマンショックよりも被害が大きいのではないかともいわれ、総務省が2020年5月29日に発表した「労働力調査 (基本集計) 2020年(令和2年)4月分」によると、完全失業率は2.6%と先月よりも0.1ポイント上昇していることがわかりました。

コロナ禍によってうまれたコロナ恐慌ですが、かわらずに高額収入を維持している人もいるようです。今回は、年収1,000万円の家庭と年収500万円の家庭双方に、家庭内の経済状況を伺いました。高収入なのにもかかわらず、家計が苦しいという『高年収貧乏世帯』の実態に迫ります。
年収から生まれるヒエラルキー 

他人と比べるのに、比較しやすい対象が「学歴」や「収入」ではないでしょうか。高学歴は高収入になりやすい傾向があります。高収入といわれる「医者」や「弁護士」など、いわゆる士業と呼ばれる業種はイメージも良く、一目置かれる存在です。この流れからわかるように、高年収である人は「憧れ」の対象になるようです。

そこで、今回は夫が年収1,000万円稼ぐ専業主婦のFさんと、夫婦で合計年収500万円を稼ぐパート主婦のMさんに話を伺いました。収入だけで判断すれば、年収1,000万円のFさんの方が裕福な暮らしをしていると想像できますが、意外とそういうわけでもなさそうです。高収入によって生まれる問題点が浮き彫りになりました。
1,000万円主婦と500万円主婦 

年収1,000万円のFさんによると、「みなさんが思っているような、華やかな暮らしはしていない」といいます。「子どもにはお金をかけています。塾や習い事、私立の学校と、家計のほとんどは子どもに消えていきますね。あとは家のローンでしょうか…。ここまでは必要経費だと、夫とも話しています。

その点、私はお金がかかりません。洋服や靴など、ブランド品は持っていませんし、エステにも行きません。外食はお金がかかるので、なかなか行くこともないですよ。近所のスーパーで買い物をする、普通の生活をおくっていると思います。」子どもへの出費以外は、普通だというFさん。かたや年収500万円のMさんの生活はどうなのでしょうか。

「子どもは公立の学校で、塾通いはしています。わが家も塾代と住宅ローンが目立つ出費ですが、外食は定期的に行っています。パート勤務で疲れているときは、お惣菜に頼ることもありますよ。パートの収入で、コツコツ貯蓄もしています。」2人の大きな差は、子どもの通う学校が私立か公立かということでしょう。中学校3年間の学費だけでも、これだけの差があるようです。

・私立 約420万円
・公立 約150万円

この積み重ねが、高収入貧乏につながるのかもしれません。



年収1000万に関する話はよく出てくる話ですね。そして、その当人の多くは、それでも苦しいと言う主張をする事もまたしかりです。それがもっぱら税率が高くなったせいだと言う主張に終始すれば納得も行くと言う物ですが、我が子を私立に通わせると言う段階から不可解さをぬぐえない状態となって行きます。
往々にして他人から妬みを買いやすい高額所得の話ですが、ここではむしろ他人にとってはそんな事はどうでもいいはずなのに、てめえで勝手に見栄を張っているだけなんじゃないかと言う気にもなると言う物です。ここでは、さも、それが当然事のように話していますが、たまたま高額所得だからそれが可能になっているだけでして、定額所得の人間にしてみれば、はなからそれが不可能と言う状態にあると言う事も考慮しないとねえ。
よって、あえてそのような事をする事で、よしんば年収1000万でも苦しいなどと思うくらいならば、さような高額所得にあらずと、いっそ否定的に捉えたら良いのです。手取りの段階で、より低額所得の人間と炊いて変わらんと思えるくらいならば、そのように否定的な前提でから始める事ですな。つまり、我が子も安易に私立へ通わせるなと言う事ですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

















両極端な発想が嫌酒を誘引している

お酒を飲めるけど飲めないフリ… 「エセ下戸」を演じる人たちの本音


お酒を飲めないことで苦労するという話も、今は昔。無理して飲むより、飲まない方がいいという場面も増えてきたようだ。むしろ、飲めるのに“飲めない”ことにして、窮地を脱する人たちもいるようで……。

 40代の女性会社員・Aさんは、お酒が飲めない体質というわけではないが、「飲めないということにしています」という。Aさんが、新卒入社当時の飲み会の状況をこう振り返る。

「私が新卒の頃は、まだまだ『とりあえず飲め』みたいな時代。『最初はビール』が暗黙の了解だったし、なんなら『飲めなくても、飲んでいるうちに鍛えられて飲めるようになる』と、謎の説を唱える人もたくさんいました。私は女性ということもあって気を遣ってもらえたのか、強制的に飲まされるようなことはありませんでしたが、同期の男性陣は飲めない人はもちろん、飲める人もなかなか辛そうでしたよ」(Aさん)

 そうした現場に直面したAさんは、当時からいままでずっと「飲めない」キャラを演じてきたと明かす。

「私は空きっ腹にアルコールを入れたくないタイプ。大勢の飲み会でよくある、“コップが空いたらどんどん注がれる”状態がイヤ過ぎて、同僚の前では最初から『飲めない』キャラを貫きました。少人数で、気のおけない人と一緒のときは飲むこともありますが、それも気が向いたらという感じです」(Aさん)

 職場はもちろん、友人同士の飲み会でも様々なお酒の苦労話を聞くにつけ、なぜアルコールだけ「飲まないという選択肢」が存在しないのか、常々疑問に思っていたという。

「私にとって、お酒はコーヒーやスイーツと同じ嗜好品。コーヒーだって、“今はいらない”とか、“もう飲みたくない”とか、その時の気分があるじゃないですか。それと同じで、アルコールだって常に飲みたいわけではない。なのに、なんで『飲めなくない人は、飲んで当たり前』みたいな扱いなんですかね?」(Aさん)

 30代の男性会社員・Bさんは、社会人デビューの失敗から、転職した現在の会社では、「2杯くらいで吐き気がするので、最初の1杯だけなら……」というスタンスだ。だが、実際は大学時代には“飲みサー”に所属していたほどの、いける口。いまも、一人で飲むことや友人となら飲みに行く。一体何があったのか。



落語の「らくだ」と、多分それが土台となったのでしょう、「大岡越前」の中でも、前者はくずや、後者は目明しの勘太が、強いられて3杯も飲んだばかりに、酒乱になって、飲酒を強いた男相手に逆襲するなんて話がありました。
まあ大抵の場合は下戸すら容認されない場合が少なくないのでしょうが、よしんば下戸が容認されても、その分のとばっちりが多少とも飲める人間に回ってきて、飲めるのならどんどん飲めと言う事がまかり通ったと言う事でしょうか。
全く飲まないで済むか、どんどん飲まなくてはいけないかの二者択一しかないのであれば、中途半端に飲める人間としては却って辛い所でしょう。そのような両極端があっては、多少なりとも飲める程度の人間にとっても飲酒を疎ましく思ってしまう方向に誘引して行く事でしょう。
ほど良く程度で済ませられる余地を残しておく事こそ万人にとって楽しくなれると言う物です。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

















年収1000万とは中途半端な「高額所得」な話

年収1000万超のファミリー世帯の暮らし「夫は激務。子ども手当なし。メリットはなにもない」


年収1000万円を超える世帯の暮らしぶりは、決して贅沢ではないと認知され始めている。小学生と中学生の子ども2人を持つパートの女性は「我が家にメリットはひとつもないです」と語る。

「主人はただただ忙しく、家のローン、子どもの塾代などもある。税金は高く、子ども手当もなくなり、医療費控除にはならない。医療費が無料ではないことをうっかり話してしまうと、勘違いされるのでその話題になるとだんまりを決め込んでます…。年収1000万で余裕があるなんていつの話なんですかね?」(神奈川県/40代)

と、年収1000万円を超えることにデメリットを感じている。医療費がかかって不満を言いたくても、年収がわかってしまうために言えないのだろう。(文:林加奈)
「お金があることをバレないようにするのが大変」

保育園児と小学生を育てている30代の女性は世帯年収が1200万円ある。やはり「お金があることをばれないようにするのが大変」と語る一人だ。

「あまり高級なブランドバッグなどは持たないようにしています。自慢するようなところに行く機会もありませんし。みなさんが考えるより年収1000万円は慎ましやかな生活ですよ。何しろ税金でがっつり持っていかれてしまいますから…」(千葉県/30代/その他)

ブランドバッグをはじめ、身だしなみでその人の生活水準がおおよそわかってしまう。冒頭で紹介した女性と同様に、年収が1000万円あっても贅沢ができないからこそ、持ち物も控えめにしているのかもしれない。
世帯年収1200万でも「フレンチは無理。ファストフードが定番」

さらに女性は、年収1000万円の生活水準についても言及している。キャリコネニュースが配信した「世帯年収400~500万の暮らし」の記事について「世帯年収1200万円のわが家も同じです」と断言する。

「回転寿司は年に3~4回、フレンチをはじめとした高級レストランは、まだ小さい子どもがいるので雰囲気的に行けないというのもありますが、年に1回行ければいい方です。食にこだわりがないので、ファストフードを頻繁に利用しています」

世帯年収が1200万円あっても、寿司店や高級レストランには行かないのは意外に思える。

そして、「税金が高いので、手元に残るお金はそう多くはありません。税金がもっと低ければ贅沢できたかもしれません。生活に多少の余裕を持たせるには、ある程度節約しなければ難しいと思います。何にお金を使い、何に使わないか、そのメリハリは年収1000万円あっても必要かと」と、節約している現状を綴った。

贅沢をしていなくても、その暮らしぶりが他人にわかってしまわないように気をつけている、といったところだろうか。世帯年収が高い人ならではの悩みなのかもしれない。


こう言う風に書いているのならば、よしんば高額所得だからと言っても決して楽じゃないと言うと言う事にも納得が行くと言う物です。もっぱら税率が高いと言う事が強調されています。実際、所得税率は900万以下だと23パーセントであるのに対して、それを超えると33パーセントに跳ね上がるようですから、年収1000万程度では、その境界線を越えたばかりの状態で、そんなに税率が高くなるのであれば、そんな程度でとどまるべきではなく、もっとないと却って税金で損をして、それくらいならばより低い税率の範囲内でとどまってくれていた方が良かったと思える事も言えなくない話です。
その結果、余裕がないと言う自覚がないのであれば、見栄を張るだけの余裕もないはずでして、却って妬みのネタとならないように、自然とつつましくあるべきですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE