プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

絶倫ロボに見る男女の性差34

「絶倫ロボに見る男女の性差」第34回目です。
田安斉匡の「斉」が示すように、慶之丞の田安家への養子縁組は治察死亡後の末期相続と言う事であります。治察存命中の養子縁組であれば、将軍世子として賢丸を送り出すための身代わりと言う前提で行われる可能性だってあったでしょう。いくら田安家を一橋家の血統の下に収める事が出来たしても、治済としては将軍家そのものを収める事ができないのであれば意味がないのです。ただでさえ御三卿は将軍家の部屋住みでしかなく、それそのものに関しては大して価値がないと言っても良いのです。将軍家を収める事こそ第一義であって、田安家なんぞは二の次でして、豊千代が将軍になってからでも遅くはなかったと言う事なのです。
さて、田安斉匡自身も子だくさんの人間でして、本来ならば、将軍家の意向の下にそうした多数の子女の養子あるいは嫁として送り出す事が求められていたのですが、いかんせん兄たる家斉がその上を行く子だくさんだったために、そちらの方こそ最優先視される状態だったために、斉匡のほうは後回しになって行きました。そのために、とりわけ女(むすめ)が有り余っていた状態にあったのが、売れ残り状態に近い状態へとなって行ったのです。
この時期の嫁入りは今に比べて早い物でして10代で決着が付くと言うのが当たり前でしたのですが、上記のようなありさまゆえに、遅れに遅れて20代でと言う事が目白押しだったのでした。
一方の家斉は将軍ゆえに最優先で子女の縁組が推進された訳ですが、当然、そこにはいろいろな悲喜劇があった事は否めませんでした。幕府の側としても、将軍の子女を送り出してしまえば、そうした家に対してはおいそれと邪険にできない訳ですから、受け入れる大名の側としても、幕府のそうした態度ゆえに、養子や姫をありがたがる、少なくともありがたがるふりをする物でした。
さて、送り出すのが将軍の子女ともなれば、本来ならば、送り出す先はどこでも良いと言うはずもなく、それなりに良い所でなくてはならないはずでして、まずは御三家のような所に食指が行く物でして、小藩などは決して選んではいけないはずなのでしたが、家斉があまりに子だくさんな状態では、必ずしもこれまでのように、そのようにこだわってばかりもいられないのでした。果たして本来ならば見向きもしないで置くべき小藩にすらも養子先の矛先が向いたのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

絶倫ロボに見る男女の性差32

「絶倫ロボに見る男女の性差」第32回目です。
御三卿の創設は、必然的に代を重ねる事で、将軍家と御三家とのかい離が拡大していっている事にも一因がある訳ですが、甲府、舘林宰相家が御三家の様な恒久的な大名家足り得なかったように、もはや新たに大名家を新設する事はますます困難になっていると言う事にも注目すべきであります。
その結果、御三卿は便宜上1つの家として創設された物の、その中身は甲府、舘林宰相家以上に、将軍家の部屋住み的な要素を以て存在させられました。10万国の領地と言うのも、幕府直轄地の中に設置され、しかもその統治は幕府の代官によって従前どおり行われ、御三卿自身の家臣と言うのも、幕臣の出向によって従事していました。そして、それらの家の名前にしても、どの門に屋敷が設置されたかによって命名されていました。それは紛れもなく、江戸城と言う「屋敷」の中にある1つの部屋と言うのに値する、広い意味での部屋住みだったのです。
かように御三卿は、当主自体が部屋住み同然だったので、本来ならば、後継ぎとされるべき長男だろうと、事によったら当主ですらもどこかの親藩大名へ養子へ出て行くと言う事がありました。将軍家自体からの養子と言えば、家斉の頃に大々的に行われた物ですが、家重から家治の代の間に行われた養子縁組はこうした御三卿からの物がそれにとって代わっていました。
田安家からは、久松松平家の2家へ。ちなみにこの家は、家康の生母お大の再婚先で産まれた久松定勝を先祖とする物でして、その内の2家とは松山藩15万石と、白川藩11万石でした(3つ目として今治3万5000石がありました)。また一橋家からは福井藩へ2人養子が出ました。
所詮は御三卿は部屋住みのような家と言う事で、それ自体を存続させなくてはならない必然がなく、息子が余ったから、暫定的にそうした家が必要とされただけの事であって、どこかで養子が必要とされれば、御三卿の存続などは度外視した上で養子縁組がなされたのでした。その結果、田安家では2代目治察(はるあき)で血統が絶え、一橋家は2代目が四男である治済(はるさだ)となりました。
結果からすれば、一橋家の方がまだ余裕がありまして、田安家を維持するために、養子の供出と言う点では一橋家が優先的に応じるべきだったでしょうが、そのためには一橋家としてもこれを優先すべしと言う物があったのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 














絶倫ロボに見る男女の性差31

「絶倫ロボに見る男女の性差」第31回目です。
甲府、舘林両宰相家の存在はひとえに家光の血統と言う、御三家に優先できる将軍の後継ぎを確保する事にありまして、別段その家自体の存在が目的ではなかったと言う事です。もし、養子によってもその家の維持を目指そう物ならば、もはやその時には家光の血統とは無関係になってしまっていて、それならば御三家に優先できるだけの正当性などなくなっているのです。
さて、家光の血統として松平清武なる人物がいたのですが、いったんは八代将軍の候補として上がったものの、一時は家臣の地位に降った者として、その資格なしと言う事になりました。その代わりと言うべきなのか、そうした決定は、清武が家光の血統だと言う事は事実上否定されてしまって、単なる小さな親藩大見様の1つに成り下がった事を意味しています。果たして、清武自身は自前の後継ぎを用意できなかった代わりに、養子を迎える事で、その家の存続を認められたのでした。
映画「十一人の侍」では菅貫太郎によって演じられた松平斉厚は、おれは将軍の弟だと言うのに、こんなちんけな藩に甘んじなくてはいけないのかと不満囂々でしたが、そのちんけな藩と言うのは清武に始まった舘林藩だったのです。もっとも、実際の松平斉厚は映画の様な暴虐大名などではなく、ましてや将軍の弟ではありませんでした。
かつては、徳川忠長が将軍の弟でありながら、たったの55万石の大名に甘んじさせられた事で不満囂々だったのですが、斉厚自身に至っては6万1000石でして、その不満は推して知るべし所でしょう。将軍家からの養子であるのならば、もっとましな所はなかったのかと感じさせられる所であります。
ただし、それはあくまで斉厚が将軍家からの養子であったならばと言う前提での話であって、斉厚自身ははなから舘林藩の生まれであって、映画でのような不満をぶちまける事はありませんでした。
斉厚の「斉」と言えば徳川家斉から来ている物であります。家斉と言えば、べらぼうな子だくさんであることが知られている所であります。この頃にはすでに御三卿が存在していて、もはやよしんば部屋住みのような家だとしても、新たに分家を創出する事すらかなわなくなっていました。ましてやべらぼうに子供がいては、分家の新設ではどの道おっつかない事は明らかでして、必然的に養子頼みとなって行きました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













絶倫ロボに見る男女の性差30

「絶倫ロボに見る男女の性差」第30回目です。
一口に部屋住みが厄介者だとしても、それはあくまで後継ぎとして決定した長男が自前の後継ぎを用意した上で天寿を全うできると言う事が前提となっており、必ずしもそのようにならない不確定要素が多く生じてしまうのが現実であります。前回は、部屋住みでは正式に結婚ができないと書いた物ですが、杓子定規にそのように決めてかかるのもやはり無理があると言う物です。兄が早死にで、その弟が若くしてその後継ぎと出来るのであれば、それから結婚しても遅くはないでしょうが、兄がさんざん長生きしても自前の後継ぎを用意できなかったならばいかがするでしょうか。
兄が死んだら弟が後継ぎと言うのは、若い時に言える事でして、よしんば弟だからと言っても、自身が高齢になっていて、その次の後継ぎを用意できなかったならばいかがでしょうか。それを思えば、部屋住みとされている者にも、便宜分家を立てさせると言う事が必要になっているのではないでしょうか。それは事実上は部屋住みと変わらないにしても、形式的に独自の家をあてがっておけば、曲がりなりにもその中で結婚を推し進める事ができ、その過程で子供を得る事も可能となっており、本家の方で自前の後継ぎを出す事が出来なかった場合に、その後継ぎとして提供できるようにするのです。要するに、そこでは小さな「御三家」が出来上がったと言う事です。
もっとも、それはあくまで便宜上の分家ですから、いったん立ち上げたからと言っても必ずしも恒久的に存在させなくてはならない物ではないと言う事です。本来ならば、部屋住みとして余計な負担となって来る存在だからです。はなから余分に子供が産まれなければ、そのような配慮は必要ない訳でして、たまたま余分に生まれた分を掛け値なしの部屋住みにしないで済ますための便法でして、そうした分家で独自の後継ぎが生じなければ、あるいは、本家に後継ぎを提供して、それによっても分家の後継ぎが用意できなかったならば、その時はその分家はたたんでしまえば良いと言う程度で考えられていたのです。
それは大きな所では、甲府、舘林両宰相家に言える事でして、家光に余分に子供がいなければ、このような家は必要なかったのですが、それでも最終的には将軍家の後継ぎを提供して、その役目を終えたのでした。両家の存在価値は、御三家に優先できる将軍世子を提供する事にあるのであって、必ずしもその家自体を存続させる事ではなかったのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















女相手だとしかるべき結果が問われるから

約8%もの殿様が!?江戸時代に男性同士の恋愛が多かったのはなぜなの?

江戸時代に男性同士の同性愛者が多かったのは、なんだか意外に感じた人も多いのでは?当時、同性愛の傾向があった殿様は、全国の大名のうち約8%もいたそう。これって、結構な比率だと思いませんか?なぜ江戸時代に同性愛者が多かったのか時代背景を探ってみました。
絆が固い男性同士の恋愛

多くの武士にとって、恋愛結婚は夢のまた夢で、本人の意思とは関係なく結婚を決められるのが一般的でした。恋愛や結婚に対してロマンもなく、あるのは武士としての義務だけ。そんなわけで、純粋な恋愛をするならば、同性愛になるのです。(以下略)

今のところ「絶倫ロボに見る男女の性差」では、スケベのプロセスではなく、その結果、すなわちどれだけ子供ができて、そうした子供をどのように配置するかと言う事を書いている訳ですが、女が相手だと、かようによしんば相手が側室だろうと、と言うか、将軍の場合はもっぱらそうした側室からしか子供が生まれない訳ですが、やたらとしかるべき結果が求められるのが倣いでして、それに引き換え男が相手ならば、そのような結果が問われる事がなく、もっぱらプロセスだけが問われるだけで良いですから、ある意味気楽ですよねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE