FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

役職・身分のかけ持ちと転籍54

「役職・身分のかけ持ちと転籍」の第54回目です。
方面艦隊の存在意義は、建前的な視点から言うのならば、複数の艦隊が存在している事が必要でして、ひとつの艦隊だけしか存在しないのであれば、その方面に関しては、その1つの艦隊だけに任せておけば良く、その上に方面艦隊なる物を用意する必要などないのです。その辺の所が陸軍と違う所でして、陸軍の場合は、最悪の場合、指揮下に1つも軍司令部を持たない状態のままで、方面軍が維持されると言う事があったのですが、陸軍の場合は陸軍なりの複雑な事情から、そうした状態にあっても、あえて方面軍とする必要があったのでしょうが、それに比べて海軍の場合は、その方面艦隊司令部からして、指揮下の艦隊司令長官の先任者が司令部ごと兼ねると言う事が往々でしたから、そのような必然はなく、艦隊が複数でなくなった時点で解体されると言う事もあり得ました。
現に北東方面艦隊はそうでした。昭和19年のフィリピンの作戦では、第5艦隊が出撃した後、正式に南西方面艦隊の指揮下に移った事で、北東方面艦隊は解体となりました。ただし、その時には残った第12航空艦隊の司令長官には別の兼務が待っていました。
帝国海軍の内戦部隊の1つとして、北の方を担当する部隊として大湊警備府があるのですが、その司令長官を第12航空艦隊司令長官が兼ねたのでした。北東方面艦隊や第12航空艦隊は外線部隊として、連合艦隊に属していたのに対して、内戦部隊は連合艦隊に属さずに大本営直属ではありましたが、戦局の悪化は、外線部隊と内戦部隊との位置的な乖離を縮小させる結果となり、双方の役職の兼務が容易になって行った一例となりました。
さて、昭和19年新説の方面艦隊の1つとして、中部太平洋方面艦隊がありました。これは元々この方面を担当していた第4艦隊に加えて、第14航空艦隊を合わせて編成された物でして、この司令長官もご多分に漏れず、第14航空艦隊司令長官との抱き合わせで、南雲忠一が任命されました。
と言っても、その第14航空艦隊に実態がある訳ではなく、元々全体的に乏しい航空戦力と言う事情が災いして、既に中部太平洋に進出していた第1航空艦隊に稼働機を供出して、ラバウルの第11航空艦隊と同様に成り下がった状態でアメリカ軍の侵攻を迎え撃って玉砕しました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 






















スポンサーサイト

歌に見るドイツの歴史⑦

「歌に見るドイツの歴史」第7回目です。
第二次世界大戦では、イタリアに対する助っ人として、アフリカ軍団がリビアに送り込まれた物です。その時の歌として「Heia Safari」と言うのがあります。

1941 Deutsches Afrikakorps : Heia Safari


歌の内容はともかくとしても、「Heia Safari」と言うタイトルの由来としては、既に同じタイトルにおいて別の歌が存在していました。

Heino-Heia Safari



例によって、ハイノが歌い手です。何十年前に発売されたレコードのパッケージが画像として表示されているので、若い頃のハイノですな。(゚▽゚)ノ イェイ! こちらの方は第一次世界大戦のころまでドイツが植民地として支配していた東アフリカが舞台でして、他の画像だと、現地兵が映っていました。現地兵、ここでは歌にもあるようにアスカリとありますが、これは元はと言えばスワヒリ語で兵士を意味する言葉でした。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















役職・身分のかけ持ちと転籍53

「役職・身分のかけ持ちと転籍」第53回目です。
思うに、「方面艦隊」と言う艦隊が新設されると言う事は、戦局悪化を象徴する出来事ではなかったでしょうか。アメリカに比べて我が国の建艦能力の低さと言う物を見れば納得が行くと言う物です。本来、艦隊として認定される「艦隊」を構成する艦艇の建造では、アメリカに比べて著しく劣っている我が国としては、本来の意味での艦隊とは、平時から建造していた艦艇の「たくわえ」によって成り立っている物でして、いったんいくさが始まったならば、新造艦によって補てんされると言う事が事実上あてにできない状態にあった事は周知の通りでしょう。駆逐艦当たりならば、戦時中でもかなりの新造艦が存在したものの、一方で失われる駆逐艦も非常に多く、そうした駆逐艦の大半が所属する水雷戦隊も、分割しての運用が非常に目立ち、あまつさえ、駆逐艦の喪失に伴い、次第に消滅して行った物でした。
そんな訳ですから、本来の意味での「艦隊」を新設する余裕など当時にあるはずもなく、新設した艦隊に属する艦艇にしても、よそから回された物と言うのが必然でした。そんな中で新設された南東方面艦隊と言うのも、既に存在していた第8艦隊と第11航空艦隊を束ねた物でした。
第8艦隊は、編成当初としては、重巡洋艦5隻をあてがわれた、それなりに戦力を有している艦隊ではありましたが、基本は別段決戦用の艦隊と言うのには当たらず、基本は南太平洋の各所に設置した基地を維持、警備するための地上部隊でして、それが同様に別の意味での地上部隊たる第11航空艦隊と束なって、1つの方面艦隊となった訳です。
第11航空艦隊は基地航空艦隊と言う、これもまたれっきとした地上部隊と言えましょう。ミッドウェー海戦での敗北で、海軍航空隊は初期に比べて、こうした基地航空部隊に頼る度合いが高くなって行った事が、南東方面艦隊の編成へとつながっていたのです。ミッドウェー海戦の敗北さえなければ、第11航空艦隊も、後々いろんな所へ転戦と言った形で運用された事でしょうが、実際は、このように特定の地域での限定的な運用となってしまいました。
さて、昭和18年となると、アリューシャン方面でのアメリカ軍の進撃に伴い、北東方面艦隊が編成される事となりました。この方面は元々は第5艦隊が担当していたのが、第12航空艦隊の新設に伴い、第12航空艦隊司令長官である戸塚道太郎が兼ねる形で、ソロモン諸島の場合と同じ状態が出来上がったのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















歌に見るドイツの歴史⑥

「歌に見るドイツの歴史」第6回目です。
第二次世界大戦中のフランスにおいては、抵抗組織の中には、捕らえたドイツ兵の内、降下兵や武装SS隊員を優先して殺してしまうと言う事がありましたが、大戦が終わってしまえば、それ以上ドイツを敵視する必要はなくなりました。それでも、勝者ゆえに何かしらの形で軍隊を維持しなくてはならない物でしたから、フランスとしてはそうした軍隊の維持を目指す手段として、少なくとも当座は軍隊の存在を否定されていた連邦共和国の中にいた元ドイツ兵がフランス外人部隊として歓迎される事態となりました。
そうした結果か、「Panzerlied」「Fallschirmjägerlied」を元歌とした「Képi blanc」と「Le soleil brille」が外人部隊の歌として存在しています。

Képi blanc




Le soleil brille



これら外人部隊の戦いは映画「ポー・ジェスト」(主演ゲーリー・クーパー)や「レジョネア」(主演ジャン・クロードヴァン・ダム)などでも見る事が出来、それらはフランス領北アフリカの砦に籠って、現地のゲリラ相手のいくさに従事していました。とまあ、形を変えて、「Panzerlied」がアフリカに「戻って」来たと言う事なのでした。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















吉良上野様のどこが悪い

悪役として描かれる忠臣蔵の「吉良上野介」は本当に悪人だったのか?

日本では毎年12月になると忠臣蔵が話題になりますね。筆者の居住する新潟県でも赤穂浪士・堀部安兵衛(ほりべやすべえ)の生誕の地とされる新発田市が町を挙げて大いに盛り上がっています。

忠臣蔵は、侮辱された藩主の無念を晴らすために家臣の赤穂浪士が当事者の吉良上野介(きらこうずけのすけ)を討ち果たすという忠義の物語。元禄年間に実際におきた「松の廊下刃傷事件」が引き金となって起こった実際の仇討事件が元になったお話です。

これまで芝居や映画、ドラマなどで数えきれないほど上演され、数多くの書籍も出版されているお話ですが、吉良上野介はいつも必ず嫌な悪役として描かれ、討たれても当然かのようなキャラクターとして描かれています。

ところが、実際に上野介の領地のあった三河国では、現在でも悪人どころか名君として慕われています。

そもそも吉良上野介こと吉良義央は、幕府の儀式を司る旗本・高家出身で、足利氏の流れをくむ名門中の名門。確かに、大名をいじめていたとか横柄だったなどという記録もみられますが、その一方で領地経営に関しては、治水事業や新田開発などの功績を残しており、赤馬に乗って領内を見ながら領民の話に耳を傾けていたという逸話すら残されています。

そのため、悪役としての吉良上野介も領地があった愛知県西尾市吉良町では現在でも人気が高いようです。

実際、吉良家菩提寺の華蔵寺(けぞうじ)前にある義央の乗馬姿の像は、穏やかな顔立ちで、忠臣蔵や赤穂浪士で紹介される「極悪人」には到底見えません。

また、義央が事件のあとに移り住んだ屋敷跡は、現在公園として整備されていますが、園内には義央を神として祀った稲荷神社があります。

一方、被害者とされている浅野長矩は、随分のかんしゃく持ちだったうえ、財政難の藩を立て直すために領民に重税を課していたと伝わっています。そのため、浅野の切腹が知られると領民は赤飯を炊いたという話も残されています。

そもそも、刃傷事件の原因は儀礼に対する認識不足からくる浅野の不手際だったともいわれています。

その他にも、塩田の利権を巡って吉良が浅野に技法を教えたところ、浅野が彼の管轄にまで手を伸ばしたので吉良がこれを弾劾したことを逆恨みしたなど、どうも当時の状況からいっても浅野にとって都合の悪い話が多く出てくるようです。

結局、吉良義央と浅野長矩の間にどのようなトラブルがあったのか、その内容はいまなおはっきりしていません。

ただはっきりしていること、それは歴史上「悪役」とされた人物の評価も、時代や地域を変えればまた違った事実が見えてくるということです。


山本正之いわく、吉良はただ漫画を欲しがっただけで格別悪党と言うには当たりません。と言うのは冗談です。何しろ「大嘘忠臣蔵」ですから。(^∀^)
真面目な事を言えば、浅野が直視接待役を引き受けるために相当な負担を強いられたように、吉良もまた、直視接待役として知っておくべき事を教えられるように、あらかじめ公家との交流を密にしていたのですが、それもまた少なからず金がかかる事だったのでした。この辺の所は、「元禄繚乱」で吉良を演じた事のある石坂浩二も指摘していました。
だから、そこで、俗に言われるわいろたかりとされる行為も、吉良にしてみればしかるべき指導料でしかなく、別段いかがわしい事ではなかったのです。
そう言えば、山本さん。同じ愛知県の人間だから吉良の事をひいきしたか? ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

( ゚∀゚)吉良上野様のどこがわーる―い―♪

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE