FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よしんば短命でも、その間のほほんと生かす必要があるか

「環境汚染で短命、なぜ死刑必要?」 印集団レイプ死刑囚が異議

【AFP=時事】インドの首都ニューデリーで2012年に起きた集団レイプ殺害事件の死刑囚4人のうちの1人が10日、判決に対する異議申し立てを行い、その理由として同市の環境汚染を挙げた。

 7年前の12月、ニューデリーを夜間に走行していたバスの車内で23歳の女性が6人の男に性的暴行を受けて死亡した事件は世界を震撼(しんかん)させ、インド全土で抗議デモを引き起こした。

 アクシャイ・クマル・シン(Akshay Kumar Singh)死刑囚(31)は最高裁への異議申し立ての中で、ニューデリーは「ガス室」のように大気汚染がひどく、水も「毒にまみれている」と指摘し、「デリー首都圏の空気と水に何が起きているか、皆気付いている。寿命は短くなる一方だ、それならなぜ死刑にする必要がある?」と主張した。

 同事件では他の死刑囚も異議を申し立てて却下されており、シン死刑囚の申し立ても同様に認められないものと予想されていた。

 メディアは今週、同事件の死刑囚らの刑が、事件が起きた12月16日に執行される可能性があると報じた。死刑囚らの収容施設で、死刑台の動作確認が行われたり、特殊なロープが持ち込まれたりしているとの報道もある。ただ施設関係者はAFPに対し、これを否定した。

【翻訳編集】AFPBB News


(#゚Д゚)ドアホ!!

あったり前だ!! そんな理由で死刑を疑問視するとは図々しい。そのようなど犯罪をしでかしたのです。即刻死刑にして当然と言う物です。よしんば短命に済もうとも、その間のほほんと生きていられるような状態があってはいけません。もし死刑の廃止が妥当だと言うとすれば、その環境汚染とやらで、死ぬまで激しくせきをして地べたをのたうち回るような状態にあればと言う所でしょうか。そうでなければ、自身の一物を麻酔抜きで引っこ抜くかです。


クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



意外な所から敵意を買う事も

アフガン支援活動の中村医師ら6人銃撃で死亡、タリバン関与否定


[カブ-ル/ナンガルハル/東京 4日 ロイター] - アフガニスタン東部ナンガルハル州のジャララバードで4日、非政府組織(NGO)の車が銃撃され、ピースジャパンメディカルサービス(平和医療団日本)総院長の中村哲医師ら6人が死亡した。同州の当局者によると、犯人は逃走し、警察が行方を追っている。

同当局者は「中村氏はアフガニスタンの復興、特に灌漑や農業の分野で多大な貢献をしてきた」と述べるとともに、中村氏が今回の銃撃の標的だったとの見方を示した。

まだ犯行声明は出ていないが、反政府武装勢力「タリバン」の報道担当者は関与を否定した。

中村医師はアフガニスタンで灌漑(かんがい)や農業の復興作業を支援し、同国政府から最近、名誉市民権を授与された。

アフガニスタン大統領府の報道官は「わが国にとって最も偉大な友人である中村医師への凶悪かつ卑劣な攻撃を強く非難する」と表明。「(中村氏は)アフガン国民の生活を変えるために人生を捧げた」と述べた。

安倍晋三首相は官邸で記者団の取材に応じ、「中村氏はアフガンで大変な貢献をされ、アフガンの人々から感謝を受けていた」とし、「ショックだ。ご冥福をお祈りしたい」と述べた。



ここではタリバンは関与否定と言う事になっています。この点に関しては賛否両論だと思います。タリバンからすれば、今どきのアフガン政府は敵だと言う前提で物を考えれば、その政府から感謝される事をやってくれている中村氏も敵の範疇として始末すると言う発想があっても良いかも知れません。
医療行為も、ある者からすれば、敵兵を手当てする分にはれっきとした利敵行為として妨害の対象足りえるでしょう。まあ逆に、中村氏がどう言う人間かは知りませんが、その負傷者がタリバンに属していても、手当の対象とした事でしょう。そうなれば、タリバンとても、一概に中村氏を敵視するとは限らないでしょう。
まあ、その際にはアフガン政府の側からある種のクレームがあるのかも知れません。もっとも、本文中にあるような評価がなされてしまえば、よしんばそうした「利敵行為」があったとしても、公然と、非難する事が出来ず、政府側のはねっ返りの者がひそかに事に及んだと言う事もあり得ないでもありません。



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


シンガポールだって単なる頭数稼ぎで受けいれて来た訳ではあるまい

日本人には素晴らしい部分もある、だが…―シンガポール元首相


2019年10月19日、中国のポータルサイト・今日頭条に、2015年に死去したシンガポールのリー・クアンユー元首相が生前つづった日本に関する文章が掲載された。以下はその概要。

日本が直面している最も厳しい試練は、人口の問題だ。社会の高齢化が著しく、若い世代が不足している。これは経済問題よりもずっと深刻な問題であり、効果的な解決ができなければ、この国の先行きは非常に暗くなる。

非常に長きにわたり、日本の女性たちは家庭に入り専業主婦として夫を支え、子どもを育ててきた。しかし今や、彼女たちはそのような生き方を望まなくなった。子どもに自分の人生を縛られたくないと考えるようになり、結婚しない、あるいは結婚しても子どもをつくらない女性が多くなった。その背景には、子どもを産むと女性のキャリアアップの道が閉ざされるという日本の社会制度の問題もある。

そしてまた、日本は移民を排斥することでも名が知られている。外国からの移民を受け入れて低出生問題を解決しようという議論を公に持ち出す人は、そもそもこの国にはいない。

もし日本が今の状況を10年、15年経っても解決できないならば、日本は不可逆的な衰退を始める可能性がある。国内の消費は10年以内に萎縮するだろう。日本はすでに第3の「失われた10年」に入った。もし日本人に人口問題を果敢に解決する眼光や決心がないなら、かつての経済成長の再現を求めてはいけない。そんなものは痴人が夢を説くようなものである。

今の日本の技術は、米国に次ぐ特許大国であるなど依然として高い水準を保っている。しかし、これからのイノベーションや新たな特許を生み出していくのは、年寄りではなく若者だ。

日本人にはもちろん非常に素晴らしい部分もある。2011年の東日本大震災で見せた、みんなで助け合おうとする団結力は全世界を驚かせ、敬意を抱かせた。そして、日本人の仕事に対するまじめさ、よりよい物を求める心は世界に類を見ない。

しかし私はすでに、日本が人口問題において限界を突破し勇んで解決することに対して希望を抱かなくなった。しかも、問題が取りざたされてすでに何年も経過しているのに、彼らはまったく気にかけていないのだ。

私は、日本がまさに秀でた能力を失った「凡庸」な国へと向かっていると考える。一般市民の生活水準はこの先も長きにわたり顕著に低下することはないだろう。しかし、人口問題がもたらす最終的な影響からは逃れられない。私が日本人の若者なら、他の国に移住する可能性が高いだろう。日本にいては未来が見えないからである。(翻訳・編集/川尻)



シンガポールのような移民ありきの国の感覚で言う事ではありませんな。しかも、その移民と言うのも、優秀人材と金持ち優遇で、それ以外の単純労働に関しては相当な制限をかけて、せいぜい出稼ぎ程度にとどめて、永住できないようにしているのでしょう。
自国において何のために、そのような制約をかけているのか。わが国が移民を否定しているのも、結局それによって生じるデメリットがあるからなのです。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












単なる移民の二世に過ぎないじゃないか

遅れる比残留日系人2世の国籍取得


「生あるうちに、日本人の証を」
なお1000人以上が無国籍状態
政府・国会が一歩、踏み出すとき

戦前から終戦にかけ日本人の父親の子として生まれ、戦後、フィリピン人の母親とともに現地に残されたフィリピン残留日系人2世が日本国籍の取得を求め家庭裁判所に「就籍」の申し立てを始めてから15年近くが経過した。しかし就籍の審判で日本国籍を取得できた残留2世は計240人に留まり、なお1000人以上が無国籍状態にある。当の残留2世は終戦の年に生まれた最も若い2世でも来年は後期高齢者の仲間入りをする。

▼現状の就籍手続き 年20人程度
戦後の厳しい反日感情の中で、父親との関係を示す資料を捨てるなど「日本人の子」であることを隠して生きざるを得なかった残留2世も多い。戦後の長い空白期間を経て、証拠を重視する司法の場で親子関係を立証するのは難しく、就籍手続きで日本国籍を取得できた残留2世は多い年で年間20人程度に留まる。このままでは「生あるうち」に「日本人の証」を手にするのは難しい。

残留2世問題は国の名で行われた戦争の結果、生まれた。そうである以上、残留2世の国籍問題も国の名で解決される必要がある。しかも彼らが求めているのは損害補償や慰謝料ではなく、日本人の父親から生まれた人間として当然、認められるべき日本国籍である。残された時間は少ない。政府、国会が早期解決に向け早急に一歩踏み出すよう求めたい。

残留2世の国籍取得に取り組む「フィリピン日系人リーガルサポートセンター」(PNLSC)
によると、これまでに判明した残留2世は3806人。うち父親の身元が分かり日本国籍を持つ2世は1181人(うち死亡433人)、身元は判明しているものの日本国籍を取得できていない2世1738人(同885人)、身元が未判明で日本国籍がない2世887人(同563人)。日本国籍を取得できていない生存中の2世は1177人に上る計算だ。

▼比・外務長官の呟き
関連して近年、フィリピン政府が残留2世の「無国籍認定」に前向きに取り組む動きが出ている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が世界で1000万人に上ると推定される無国籍者をゼロにする方針を打ち出したのを受けた動きで、8月には残留2世103人がフィリピン法務省に無国籍認定を申請した。

残留2世は納税も行い選挙権も持つが国籍はなく身分は不安定、パスポートを取得できず海外にも出られない。無国籍と認定されればフィリピンに居住する権利が正式に認められ、渡航証の発行手続きなどを経て出国の機会も保障される。日本政府による残留2世の日本国籍認定が遅々として進まない現状を前に、まずは残留2世の立場を安定させ、日本政府に早期の対策を促す狙いも込められている。

そんな中、フィリピン外務省のテオドロ・ロクシン外務長官が残留2世問題に関連して9月19日付けのツイッターに記した呟きが関係者の間でひとしきり話題となっている。「私たちはフィリピン国籍をいつでも提供するよう用意があるし、登録手続きはいつでも始められる。とはいえ、彼らの願いは日本人になることである。ところが日本の国会はどうやらその声を聴こうとはしていない。そんな状況にあってもなお、彼らは近代の日本の侍の末裔立ちなのである。不思議な国である」という内容だ。

歴史的経過を見ても、残留2世が日本人の子であるのは明らか。何故、日本政府や国会は前向きに対応しようとしないのか、「侍」の国として潔さを欠くのではないか、といったフィリピン政府担当者としての“問い掛け”が込められている気もする。

それではフィリピン法務省が無国籍認定をする場合、その理由をどうするかー。「(残留2世が)日本国籍を持っている」と書くのは無理として、フィリピン政府の見解として「彼らは自分が日本人であると信じるが故に長い間、フィリピン国籍ではなく日本国籍を求めてきた」といった表現がされるとすれば、少なくとも就籍の審判の疎明資料にはなる。残留2世と同じように戦地に取り残された「中国残留孤児」の場合は、日中両国政府の合意の下に作成された「孤児名簿」が就籍を加速する決め手となった。

ただし中国残留孤児の肉親捜しは1972年の日中国交正常化を機に大きく前進した。これに対しフィリピン残留2世関係は、外務省の実態調査自体がそれより20年以上遅く、就籍の申し立てが始まるまでに、さらに10年近くを要している。30年の差はあまりに大きく、同じ手法で残留2世の国籍取得が実現するには残された時間が少なすぎる。何としても政治の後押しが必要と考える所以だ。時間切れで残留2世が無国籍状態のまま人生を終えるような事態は何としても避けるべきである。

▼「民」の力だけで解決するには限界
一足早く対策が進んだ中国残留孤児が満蒙開拓団など国策によって中国に渡った両親とも日本人の子であるのに対し、残留2世は自由意志でフィリピンに渡った日本人男性と現地の女性との間にできた子、といった違いを指摘する声もあるが、父親が日本人の子は日本国籍を持つとされた当時の戸籍法からも何らの違いはない。

残留2世の日本国籍取得はこれまで、日本財団の支援を受けたPNLSCの活動を中心に進められてきた。しかし「民」の活動だけで現状を大きく前進させるのは限りがある。現在、この問題を外務省、厚生労働省、法務のどこが主務するのかさえ、はっきりしない。早期解決には特別立法など、政府や国会の取り組みが欠かせない。こんな事情を受け10月末には「フィリピン日系人会連合会」のイネス・マリヤリ会長ら6人が来日、日本、フィリピン双方で集めた4万人余の著名を添え、国会に早期解決を求める請願書を提出した。

同行者の一人、カルロス寺岡・連合会前会長(88)は1930年、ルソン島バギオで山口県出身の父(1941年病死)とフィリピン人の母の3男として生まれ、長兄はスパイ容疑で日本の憲兵隊に銃殺され、次兄はフィリピンゲリラに殺害された。さらに米軍の攻撃を逃れ山中に避難していた1945年春、母と妹、弟を米軍の砲撃で失い、結局、もう1人の妹と2人が残された。

2000年から12年まで日系人連合会の会長を努め、2006年だったか、初めて会った際、残留2世問題を知る日本人が極めて少ない現状に「われわれは棄民なのか?」の怒りの言葉を漏らされた。戦後処理は敗戦に伴い海外から引き揚げる日本兵や邦人対策など極めて膨大。本来なら専門の省なり組織が欠かせない。旧厚生省(現厚生労働省)の援護局を中心にした戦後処理は徹底を欠き、遺骨取集など、なお残された課題は多い。「棄民」の一言に戦後処理から長く取り残された残留2世の無念を聞く思いがした。

▼天皇陛下の言葉に涙した残留2世
一夜、東京都内の宿泊先に寺岡氏を訪ねると、残留2世の国籍問題が日本国民に広く知られるようになった現状を「隔世の感がある」としながらも、日本政府や国会のあと一歩の後押しがほしいと語った。同時に一番の思い出として16年1月、国交正常化60周年を記念してフィリピンを訪問された天皇・皇后両陛下(当時)の思い出を語った。

両陛下は当初、日系人協会の関係者ら数人の代表と会われる予定だったが、宿舎となったホテルには80人を超す残留2世が詰め掛け、両陛下は日本国籍の有無とは無関係に、「苦労されたことでしょう」、「皆さんを誇りに思います」と声を掛けられ、多くの残留2世が涙を流した。寺岡氏は両陛下から直接声を掛けられた当時の写真を見せながら「両陛下が声を掛けてくださり涙が止まらなかった」と語る。当日の情景は、両陛下が政府より一足早く、残留2世を等しく「日本人」と認められた姿でもあった。あらためて政府の勇断を期待するー。



いったい何を言っているのか。一概に中国残留孤児と等しく扱うのと言うのもなんですかねぇ。中国残留孤児の場合でもあれなんですが、フィリピンの場合は単なる移民の二世でしかなく、それはアメリカの場合と大して変わらないと言う風に「切り捨てて」おしまいの話なんじゃないでしょうか。
フィリピンの高官の発言も情けないですねぇ。結局、それはもっぱらフィリピンに生を受けた人間であるのにもかかわらず、その地に対してシンパシーを持たずに、何かしらの機会があれば、そちらに乗り換えてしまおうと言う、大勢のフィリピン人の本音に迎合した物に成り下がっています。
別に連中は、我が国に少なからず存在しているフィリピン人のある者のような不法滞在者と言うわけではないのに、いまだに、はなからフィリピンで生きてきた人間にとってすらフィリピンをより魅力的な物とする努力がかの国には欠けていると言う事です。無駄に人を増やして、そうした余り者をよそへ追いやる政策だけは健在で、そのひとつとして、親父が日本人と言う連中もその範疇でしかありません。
ここでは軽々しく「棄民」などと表現していますが、てめえの勝手で日本から出て行った人間の子孫に過ぎない訳で、むしろその親の方が「棄国」なんじゃないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













対話があったと言う事実が存在するのみ

茂木外相「10分間ことばを交わしたこと、大きな評価は難しい」


4日(現地時間)、タイ・バンコクでの韓日首脳間「ソファ対話」をめぐって日本政府が冷たい反応を重ねて示している。

茂木敏充外相は5日、記者会見で「10分間ことばを交わしたことをもって大きな評価をするのは難しい」と言い切った。

茂木外相は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領のハイレベル協議を開こうという提案に安倍晋三首相が共感を示した』という韓国側説明に関連した質問にも「正直にハイレベルやら何やら、レベルの問題よりも内容が重要だ」と否定的な立場を明らかにした。

同時に「安倍首相は従来言ってきた通りに外相を含む外交当局間コミュニケーションが重要だと話した」と強調した。

彼は今回の対話と韓日関係改善の関連性を聞く質問にも「安倍首相が文大統領に両国間問題に対する韓国の原則的な立場を確かに伝達した」「今まで言った通りに外相を含んで外交ルートでコミュニケーションを続けていくだろう」と原則的な回答を繰り返した。



ちなみに、1943年の初めに、ソ連軍がシュルセルブルクの当たりで攻撃に出て、狭いながらもレニングラードと地続きにすることができましたが、レニングラードと言う大都市ではその程度では孤立状態からの払しょくと言うのには程遠く、解放と言う風に宣言できるのにまた1年必要としました。
韓国との会談なんてのも良くてその程度でして、依然として狭いパイプのまんまでしかないと言う事です。どうして大きな評価となり得ましょうか。全く会談がなかったよりはちったあましと言う程度の事です。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE