プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どう言う人間が反対しているのか


F1がレースクイーン廃止を発表!「現代の社会規範に適さない」

2/1(木) 5:39配信

THE PAGE

フォーミュラ1の公式サイトは「フォーミュラ1(以下F1)はレースクイーン(グリッドガール)起用を中止する」との声明を出した。「F1は、2018年のグランプリシーズンの開幕にあたり、レースクイーンを起用してきた長年の慣例を終了させる。この変更は、グランプリ週末に行われる他のモータースポーツ競技にも当てはまる」との声明を発表した。 F1は、3月25日にオーストラリアのメルボルンで開幕するが、このオーストラリアGPからレースクイーンが廃止されることになった。

 これまでは、レース前のグリッドの時間などを使って、レースクイーンが、大会プロモーターやスポンサーの広告宣伝活動を手伝い、華やかで魅力的な光景をF1グランプリにもたらしてきたが、近年、「女性蔑視ではないか」という社会的な批判の声が強まっていた。

F1商業部門のショーン・ブラッチス運営責任者は、「この素晴らしいスポーツ競技に、我々のビジョンをより反映させるため、変更を必要と感じるいくつかの分野を検証してきた。レースクイーンの起用は、F1グランプリにとって数十年にわたって定番となってきたが、この慣習は我々のブランド価値に合うものではなく、現代の社会規範と、かけ離れていると感じている。この慣習は世界中の長年の、また新しいファンを含め、F1に適しているとは思えない」とレースクイーンを廃止した理由を説明している。

 全世界のニュースメディアも、さっそくこのニュースを取り上げた。

 FOXは、「F1は2016年に米国を拠点とするリバティーメディアによって買収され、その競技の魅力を広げるべく対策を講じてきていた。(レースクイーンの中止に至る)大きな出来事の1つとして、2015年の中国グランプリで、ルイス・ハミルトンが優勝した後のシャンパンファイトでレースクイーンの1人の顔にシャンパンをかけた行為が大きく叩かれたことがある」と、2016年の中国GPで起きた“事件”に対するバッシングが起きて、欧米でレースクイーン廃止論が高まっていたという経緯を紹介した。

 レースクイーン廃止の動きは、すでにモータースポーツ界では生まれていて、オーストラリアのV8スーパーカー・シリーズは2016年にレースクイーン起用を止め、また他のプロ競技団体ではあるが、英国プロフェッショナル・ダーツ・コーポレーションも、最近になり、放送パートナーからの圧力を受けて、(入場で選手と一緒に歩く)”ウォーク・オン”ガールの起用を止めることを決断したという。

英国の高級紙、ガーディアン紙も、「現代の社会規範に矛盾する」という運営側の廃止理由コメントと共に「この動きはプロフェッショナル・ダーツ・コーポレーションが大会で選手に付き添って入場する”ウォーク・オン・ガール”の起用を止めた決断に続くもの」と、世界的な流れに沿ったものであることを伝えた。

 英国でスポーツにおける女性の立場を支援しているWomen's Sports Trust社は、この発表を受けて「レースクイーンの起用中止を決断したF1に感謝します。別のスポーツ競技も、どういう動きをすればいいのかについての明確な判断を下してくれました」とツイッターで声明を発表している。


レースはアニメーションでしか見ません。そして「マッハGoGoGo」ではレースクイーンなんて出てこなかったなぁ。個人的にはどうでも良い話でありますが、この種の反対をする人間ってのは、器量がよろしくないのだろうかと勘ぐってしまう所です。
この種の職業は野郎どもには勤まらない代物でして、確実に女性専門も代物として位置づけられますが、ただ器量の良しあしが問われる所ですから、反対する人間と言うのは器量がよろしくないのではないかと言えるわけです。
そもそもそうした職業と言うのは、別段親の借金のかたとして女郎として売られたと言う類ではないでしょう。れっきとした志願じゃないですか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト

韓国に専門の大使は必要ない

韓国系ビクター・チャ氏、駐韓米国大使内定者でから落馬…北朝鮮政策意見の相違?

米戦略国際問題研究所(CSIS)韓国部長でジョージタウン大学教授を務める韓国系米国人のビクター・チャ氏は、もう駐韓米国大使職指名検討の対象者ではなくなった。30日(現地時間)、ロイター通信が米政府官僚の言葉を引用して報じた。ワシントン・ポスト(WP)も、トランプ政府がチャ氏を駐韓米大使に指名しないことにして新たな候補を物色していると報じた。チャ氏はこれに関連してまだ論評は出していない。

これに先立ち、米政府はチャ氏を駐韓米国大使に内定し、昨年12月には韓国政府にアグレマン、すなわち任命同意を要請して韓国政府は直ちに承認手続きを完了していたことが分かっている。アグレマンまで受けた大使内定者を指名しないのは非常に珍しい。

WPは「北朝鮮政策に関する考え方の違いがホワイトハウスの駐韓米国大使選択を狂わせた」というタイトルの記事で、チャ氏が昨年末トランプ政府の北核政策に対して個人的に同意できないという意向を明らかにしたことで駐韓米国大使の指名を受けられなくなったと伝えた。WPによると、チャ氏はいわゆる「bloody nose(鼻血)戦略」として知られている、北朝鮮に対する制限的な攻撃に対して懸念を提起し、トランプ政府が韓米自由貿易協定(FTA)を廃棄すると圧力をかけることにも反対した。

WPは、ホワイトハウスが他の駐韓米国大使候補を物色中であることを匿名の米政府高位官僚が確認したと明らかにし、専門家はホワイトハウスが政治家の中から候補を探す可能性が高いとみていると報じた。また、大使指名過程をよく知るある消息筋が、チャ氏の検証過程で大使職位を任せられない問題が提起されたと明らかにしたが、その内容について言及しなかったと付け加えた。

オバマ政権下で仕事をしたことのある官僚OBは、WPに対して「相手国のアグレマン、任命同意を受けた大使候補の検証過程で遅まきに問題が見つかるのは極めて珍しい」と説明した。

現在、駐韓米大使の席は昨年1月にマーク・リッパート前大使が離任してから空席が続いている。トランプ政府発足から1年以上経つものの、マーク・ナッパー代理大使体制が続いている。今月19日、ヘザー・ナウアート米国務省報道官はCNNに対し、駐韓米大使の空席が続いていることについて「ホワイトハウスよりも先に話すべきことはない」とし「大使が空席でも駐韓国大使館は大使代理体制を通じてしっかり運営されている」と述べた。


韓国的には、自国がないがしろにされていると言う事になりますから、こうした事態は業腹でしょうな。

<# `д´>何をしているニカ!?とっととウリの国の大使を決定するニダ!

>大使が空席でも駐韓国大使館は大使代理体制を通じてしっかり運営されている

こう言う事です。こんな国ではとてもプロパーで大使を任命しておく必要などないでしょう。代理に対して事務的な事を任せておいて、必要な時には、中国駐在大使にでも兼務させればいいのではないでしょうか。どうせ今どきの韓国のメンタリティでは中国の一部と言う前提で物を考えたって構わないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

宣伝なんてのは踏み倒しを正当化するための方便に過ぎない

ユーチューバー「PRするからタダで泊めて」⇒ホテルのオーナー激怒「今後、ブロガーは一切お断り」

YouTubeで9万人以上のフォロワーを持つイギリス人のエル・ダービーさんが、アイルランドのホテルにタダで宿泊させてほしいとメールで依頼したことが、大きな騒ぎとなっている。(ハフポスト日本版編集部)

ダービーさんがアイルランドのホテル「The White Moose Cafe」に送ったメールは、自身のYouTubeとInstagramを通じてホテルの宣伝に協力するので、無料で宿泊させて欲しいという内容だった。

これに対し、ホテルのオーナーは激怒。「親愛なるソーシャルメディアインフルエンサー様」と題したコメントとともに、彼女のメールの画面キャプチャをFacebookに公開した。オーナーは「もしあなたを無料で泊めてしまったら、誰が人件費を払うのでしょう?」と記した。「今後も、ホテルに泊まる際には、他のお客様と同じように宿泊料を支払うことをオススメします。もしあなたの宣伝にありがたいと感じたら、あなたの部屋をスイートにアップグレードするでしょう」と綴った。

「追伸、お返事はNOです」という言葉で締めくくられた辛辣な投稿には「あなたの方がビジネスをわかっていない」「そんなにこき下ろすなんてひどい」と批判的なコメントが相次いだ。

 

自分の送ったメールを“晒された“ダービーさんは、YouTube動画で騒動について語った。

「一度にこんなに感情が押し寄せたことはない。私は、怒ってるし、悲しい、動揺しているし、不安になったし、気まずかったし、バカにされてると感じた」と思いを語り、ソーシャルメディア上で多くの心無い言葉を投げつけられたと告白した。また、「私がホテルのオーナーに申し出たことは、ブロガーだったら普通のこと」「(タダで泊めてもらうだけでなく、むしろ)報酬をもらうのが普通だし、彼はホテルで働いているんだからそれを知っているはずよ」とも反論した。

ホテル側は再反発。

翌日、「全てのブロガーを私たちのビジネスから締め出します」と題した文章をFacebookに投稿した。

オーナーは「あなた方のコミュニティのメンバーの1人が、タダで宿泊しようという試みを叶えられなかったことで見せた意地の悪さ、かんしゃく、憎しみは、業界全体の評判を下げましたね」と綴った。「サービスには対価を払うというシンプルな要求をしただけで、こんなに(ホテルへの)悪評が溢れるとは想像だにしなかった」と告白した。

ホテルは当初の投稿では、ダービーさんの名前を明かしていなかったにも関わらず、彼女自身が動画で「晒されて辛かった」と告白したことに言及。オーナーは「ブログ業界にありがちな手法」と非難し、「今後、うちの施設は一切ブロガーお断りです」と締めくくった。


このブロガーの態度は余りに自分勝手な論理を押し付ける物であって、ホテルとしては到底容認できる物ではありません。宣伝してやるのだから、ただにしてもらえるのは当然であるのみならず、報酬を出すべしとは、いったいこいつ何様のつもりだ、と言う気分にさせられる話です。
ホテル側の立場を代弁するのならば、「誰がお前に宣伝を依頼したか。勝手に押しかけて何をほざくか」と言う所でしょう。その「宣伝」の効果がどれだけあるのかもはっきりしない以上は、拒否られるのが当然なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




よそに隙間があるのならばそれを目指すがよろし

世界の韓流ファン7千万人突破も日・中では減 文政権下では訪韓日本人客も増えないか

世界の韓流ファンが7千万人を突破し、韓国の人口(約5100万人)を大きく上回り、タイよりも多かったと韓国メディアが報じた。米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に伴う中国当局による韓流コンテンツの締め出しや、日本におけるブームの冷え込みという逆風を乗り越えての“快挙”で、ロシアや南米のアルゼンチン、チリでファン層が厚くなっているという。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に韓流アーティストが6年ぶりに出場し、韓国メディアは「第2の韓流ブーム」と息巻くが、果たして不調の日本人客を呼び込むようなムーブメントが再び起きるだろうか。

 中国の代わりに、ロシアや南米で韓流ブームか

 聯合ニュース(日本語電子版)は1月15日、海外交流事業を担う政府系機関、韓国国際交流財団がまとめた「2017地球村韓流現況」を引用し、世界の92カ国・地域(前年88カ国・地域)に1594の韓流同好会が結成され、その会員数が前年比約1370万人増となる7312万人に達したと報じた。聯合ニュースはこの数字について、「韓国の全体人口(約5100万人)を大きく上回り、世界の人口ランキングで20位のタイ(6841万人)のの人口より多く、韓流が世界の主流文化に浮上した」と、前のめり気味に評価している。


まあある意味では結構な事だ。いわゆるエコロジカルニッチと言う奴が機能していると言う事ではないでしょうか。所詮韓国からすれば、自国のマーケットがしょぼいと言う事を補うために海外進出と言う事が必要だと言う事なのでして、そこからすれば行先は必ずしも日本ばかりじゃないと言う事なのです。それ以外の国に隙間が大きいのであればそれを目指した方が良いと言う事なのです。
ただ、韓国の場合は、結構日本に対して勝ちたいと言う欲求があって、その一環として日本でヒットする事を目指している物だからねえ。それでいらざる苦労をしでかす事が少なくないのですよねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




密告者頼みであれば話は別かと

オーストラリアの中国人留学生は中国大使館に監視されている?大使館「3人で10万人を監視するのは無理」と否定―中国メディア

2018年1月17日、中国メディアの環球網によると、駐豪中国大使館は一部で流れている「オーストラリアの中国人留学生を監視コントロールしている」との指摘を否定した。

記事によると、2017年10月にオーストラリアの政府関係者からオーストラリアの大学に対し、「中国の影響力に警戒するように」との呼び掛けがあった後、駐豪中国大使館が10人以上の新人議員を大使館に招いて食事を行った。その席で大使館は、「中国はオーストラリアの中国人留学生を監視コントロールしている」との非難について強く否定したという。

この食事会に参加した議員の1人は、「食事会全体は非常に楽しいものだった。中国の外交官は関係する懸念について強く否定していた」と語った。中国の外交官は「駐豪中国大使館には教育を担当する職員は3人しかおらず、オーストラリアに10万人以上いる中国人留学生を監視コントロールするなど、どうしてできるだろうか」と述べたという。

現地メディアによると、オーストラリアの政治家は各国の大使館を頻繁に訪問しており、中国大使館もオーストラリアの議員を招待して交流を楽しんでいるという。

17年後半から中豪関係は緊迫しており、オーストラリア国内では「中国の影響力浸透論」が高まっている。駐豪中国大使館は昨年12月、豪メディアによる批判的な報道について「冷戦思考と偏見に満ちており、典型的なヒステリーとパラノイアである」と批判している。(翻訳・編集/山中)


直接的にはそれが正しいのでしょうが、留学生の中に密告者を紛れ込ませれば話は別なんじゃないでしょうか。かつてのゲシュタポやシュタージも密告者がいればこそ、絶大な効果を発揮できたと言う事ですからねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE