FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

過度の肥満が国を亡ぼす事も

米国で若者の肥満が新たな安全保障上の脅威に、報告書

【AFP=時事】米国防総省がハイテク軍備を増強させる中国やロシア以上に厄介な国土安全保障上の脅威に直面している。その脅威とは、米国の若者たちの間で進む肥満の増加だ。

 超党派の非営利団体「強い米国のための協議会(Council for a Strong America)」が先週公表した報告書『Unhealthy and Unprepared(不健康と準備不足)』によると、米国人の若年層の3分の1近くが米軍入隊条件の上限を超える肥満だという。それでなくとも新兵募集に苦戦している米軍関係者にとって、これはかなり気がかりなデータだ。報告書は「肥満はかねてから、わが国民の健康を脅かしてきたが、いまや国家の安全保障に脅威を投げ掛けるまでにまん延が進んだ」と指摘する。

 米陸軍の先月の発表によれば、2018年の新兵採用数は目標の7万6500人を約6500人下回る見通し。新兵の数が目標に達しなかったのは05年以来だ。米景気の好調で社会が買い手市場になっていることも一因だが、この数字は国防総省の新兵採用対象となる集団が縮小している現実を浮き彫りにしている。国防総省によると、入隊資格を満たさない17~24歳の米国人は71%に上るが、最も多い理由の一つが肥満だ。

 退役軍人らのグループがまとめた報告書は「肥満のため入隊不適格とされる米国若年層の割合の高さを考えれば、幼少期から健康的な生活を奨励する施策をとらない限り、引き続き新兵採用は困難なままだろう」と警告。すでに若者の間で入隊への関心が低下している中で浮上した肥満の問題は、とりわけ大きな不安材料だと強調した。

 元海兵隊大将のジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官も先月、入隊資格を満たす米国人の集団が縮小傾向にあることに「大きな懸念」を示し、71%もの米国の若者たちが米兵として不適格である状況は「悲しむべき事態」だと語った。

【翻訳編集】 AFPBB News


要するに「微笑みデブ」は「フルメタルジャケット」のレナードに限った事じゃない、雨さんの社会では珍しくない事だと。しかも、それで71パーセントもはじかれるとは、かつての帝国陸軍の徴兵検査の乙種以下といい勝負になってしまいましたな。
そして、肥満であると言う事は、何も兵士に適さないと言う事に限った事ではなく、それ自体が不健康につながる、一種の安全保障を害する状態ですな。よしんばいくさがなく、兵士がいらない状態になっても、肥満が蔓延してしまってはそれだけで亡国につながる事が考えられますな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

非難されて当然だろう

海外発!Breaking News】10歳息子の腕にタトゥーを彫らせ動画撮影 母親に非難殺到(米)<動画あり>


セレブや一般人に関わらず、年端もいかない我が子にピアスをする親は常にネット上で物議を醸すが、このほどアメリカで10歳少年にタトゥーをすることを許可し、それを動画で撮影、Facebookに投稿した母親がネット上で非難を浴びるという出来事が起こった。『Mirror』『WSYX ABC 6』などが伝えている。

【この記事の動画を見る】

オハイオ州ベルフォンテーンで、タトゥー施術中の10歳になる息子を撮影した動画をFacebookに投稿したとして、母親がネット上で非難を浴びた。

動画では、女性の膝の上に少年が座りながら、施術者が少年の右上腕に“S”のタトゥーを彫っている。施術者はなんと16歳少年で、カメラを回しているのは少年の母親であることが分かっている。この動画がFacebook上に投稿されると、「タトゥーをしたいとか10歳で自分で決断できるほどの年齢になっていないのに、なんて毒親だ。親の価値などない」といった母親に対する非難コメントが相次ぎ、多くのユーザーにシェアされた結果、ベルフォンテーン警察に通報の電話が鳴り響いた。

9月24日の夜、少年の自宅を訪問した同警察のリック・ハーリング警部補は「少年は特にタトゥーを彫ったことについて悩んでいる様子はなかった」と述べており、少年自らがタトゥーを望んだこと、母親がそれを許可したことも明らかになった。また動画を見た人からは、少年を膝の上にのせていた女性にも非難の声があがったようだ。これに関して、この女性の母親と名乗る人物からこのような反論があった。

「明らかに娘は間違った判断をしたと思います。でも、娘はなんら罪を犯したわけでもありません。それなのに『死ね』などといった酷い言葉を娘に送るのは止めてほしい。確かに親として、我が子にタトゥーを許可したことは褒められるべきものではないかもしれないけれど、子供は別に虐待されているわけでも育児放棄されているわけでもないでしょう。こんなふうに非難コメントをしてくる人たちは、みなさぞかし完璧で、人生において何一つミスを犯したことなどないと思っているのでしょうね。みんな、鏡を見て自分の行為を振り返ればいい。」

今回の件については、少年の福祉を考慮する多くの通報があったものの、無理やり施術されたものではなく児童虐待などの罪を犯していないことから、警察は犯罪としては成立しないと考えているようだが、引き続き調査が行われているという。

このニュースを知った人からは「タトゥー施術って痛みを伴うのに、10歳の子供が『してほしい』って言うかな。それにちゃんとしたタトゥー施術者だったら、10歳の子には施術しないのでは?」「いやこれって立派な虐待だろ」「どうせ、注目を浴びたいばっかりにやったことでしょう」「愚かな母親だ」「さすがアメリカ」といった声があがっている。



先月は、我が国において、ペコ、りゅうちぇるの行為が話題となっていましたが、あれは自身の体を張った我が子愛の演出と言う事でまだましな行為と言えましょうが、こちらの方は我が子の体に対して行った事でして、相当褒められた事とは言えません。
ただでさえ、それが本人の意志かどうかは疑わしいし、そもそも刺青を入れる行為と言うのは相当痛みを伴う行為でして、10歳の子供が掛け値なしに自主的にそうした行為を受け入れるとは思えません。しかも、それを行うのも16歳の子供となると、しかるべき資格や技能を有していたのかも怪しいと言う物です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















どんなに大金を持っていても中国での暮らしは不安だと言う事だ

米国での越境出産が中国人に人気、不動産投資持ちかける詐欺も横行=1億8千万円注ぎ込んだケースも―中国紙


2015年10月19日、環球時報は米国での越境出産を試みる中国人をターゲットにした詐欺事件が起きていると報じた。

【その他の写真】

近年、米国での出産を試みる中国人が増えている。米国の国籍規定は出生地主義のため、越境出産をすれば子どもに米国国籍を与えることができるためだ。越境出産を支援する企業も増えており、金さえ支払えば万全の環境が得られる。

ところが最近になって越境出産の中国人を狙った詐欺事件が増えている。ある女性は支援企業から「米国内で不動産を購入すれば、2年後にはお子さんだけではなく家族全員がグリーンカードを取得できますよ」とそそのかされ、言われるがままに不動産を爆買いした。ところが気づけば不動産管理費用やらなにやら名目をつけて支援企業の請求が増えていく。当初は7万ドル(約835万円)で越境出産ができるという話だったのに、気がつけば150万ドル(約1億7900万円)も注ぎ込んでしまったという。(翻訳・編集/増田聡太郎)


金持ちが往々にして自国からとんずらして、よその先進国へ移住するなんて事は良くある事ですが、別の視点からすれば、それだけ金を持っていても、元の国での暮らしが辛いと言う事が強調される話ですな。本来ならば、既にそれだけ大金持っているのであれば、元の国でも栄耀栄華だと言えるはずなのですが、国によっては、どんなに大金を持っていても、そうした既存の栄耀栄華が保証されない所もあると言う事なのです。中国などは時として、既存の栄耀栄華が消失しかねない国だと言う事なのです。だから、かように、どんなに大金をつぎ込んででも、中国と言う既存の国からの脱出を欲する人間が後を絶たないのです。何とも嘆かわしい事ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


婦女子の依存症は野郎の場合よりもやばい場合もあるかと

【国際情勢分析】「セックス依存症」は精神疾患…進む理解 性犯罪“逃げ道”の恐れも

性衝動が抑えられない「セックス依存症」(性依存症)を治療する研究が米英などを中心に進んでいる。

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手やビル・クリントン米元大統領ら著名人が依存症だったとされる中、米国の学会などでも精神疾患として認定されている。一方で、性依存症が疾患と認められることで、性犯罪者やセクハラの加害者の罪を軽くする恐れも指摘されている。(外信部 板東和正)

■人間関係を壊す病

 「数分間おきにセックスがしたくなった。もし、性行為ができないと気が狂って仕事どころではなくなった…」

 9月20日。産経新聞の電話取材に応じた米国人の女性看護師、エル・フィーマさん(仮名・28)は涙声でセックス依存症の症状を声を震わせながら振り返った。フィーマさんは今年6月、医師から依存症の診断を受け、治療に専念している。症状が出始めたのは仕事で致命的なミスをした昨年4月ごろ。精神的に落ち込むとポルノ映画を見たり、パートナーの男性に激しく性行為を求めたりするようになった。やがてフィーマさんは、パートナーとの関係だけでは満足できなくなり、出会い系サイトを使って毎晩、別の相手と一夜を共にした。

 仕事中もセックスのことが頭から離れなくなり、治療現場を抜け出して、病院のトイレで自慰行為をすることも増えたという。フィーマさんは「パートナーはおろか、職場の人間関係を壊すところまで追い詰められ、一時期は自殺も考えた。正直、認めたくはなかったが、セックス依存症の治療を受けようと決意した」と振り返る。

■原因はストレスか

 米非営利団体「性的健康振興協会」の推計によると、900万~1500万人の米国人がセックス依存症を患っている可能性があるという。

 米CNNテレビなどは、ウッズ選手やクリントン氏のほかにも、俳優のマイケル・ダグラス氏やチャーリー・シーン氏らも依存症だったと報じている。フィーマさんは「米国では、セックス依存症が精神疾患の一つとして世間で認知されており、医師にも相談しやすかったのが救いだった」と打ち明ける。

 月に数人、セックス依存症の相談を受けている心理カウンセリング「ナチュラルリソース」(東京)の酒井豊美室長は「仕事などで強いストレスやプレッシャーを受けている人が依存症になる傾向はある」と指摘する。セックス依存症になるのは男性が多いとされていたが「最近は女性の相談者も急増した」(米専門家)という。

 近畿大の大対(おおつい)香奈子准教授(心理学)は「『不安を早く鎮めたい、孤独感から解放されたい』という衝動の強さも依存症に陥る原因とみられる」とした上で「孤独や不安を感じやすい女性の方が依存症になりやすい可能性もある」と分析する。

 酒井氏によると、米英の医療機関や学会などではすでに、セックス依存症を精神疾患として正式に認定する動きが広がっている。酒井氏は「日本ではまだ理解がそこまで進んでいないが、米英では心理療法によるセックス依存症の治療方法が発展している」と話す。

■罪を軽減させる?

 精神疾患としてのセックス依存症の理解が進む一方で、性犯罪者やセクハラ加害者の罪を軽減させることにつながりかねないと懸念する声もある。

 CNNなどによると、今年5月に女性への性的暴行や虐待の罪で起訴された映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン被告がセックス依存症の治療を受けていたという。米法律専門家は「ワインスタイン被告が自身の精神疾患を主張したら、刑や社会的な制裁が軽くなる可能性もゼロではない」と指摘する。

 同被告の事件を契機に広がったセクハラ告発運動「#MeToo」(私も)の賛同者で、自身もセクハラ被害を受けたことがあるラウム・アリーナさん(仮名)は産経新聞の電話取材に、セックス依存症が疾患として取り上げられることに危機感を示した。「セクハラの告発を受けた側がセックス依存症の患者だと打ち明けることで、加害者の『逃げ道』になることは避けなければならない。セクハラ行為を糾弾する動きが鈍ることはあってはならない」

 医学界のみならず、司法界などにも重い問いを突きつけている。


男に比べて女は往々にして恋愛先行でスケベは後回しと言う傾向が多いでしょうから、それでその種の依存症と言う事は抑えられると思うのですが、一旦女性でその種の依存症となったら大変だ。何しろ男のように、ぶっ放す事で疲労を感じていったん休まなくてはならないと言う事が必要ないですからねぇ。男にしてみれば、自身の許容限度に外れるほどやりたがる女が彼女である事は、受難としか言いようがないです。さながら「鬼平犯科帳」の「男の毒」のような展開であります。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


そう言うけちを付けるのは世界広しと言えどもあいつらしか

「Kimonoは『人種差別主義』『帝国主義』」芸術イベントで理不尽な日本批判

 ちょうど今から3年前。米ボストンの観光スポットにもなっているボストン美術館で、同館が所有するクロード・モネの有名な作品「ラ・ジャポネーズ」にちなんだイベントが開かれたが、理不尽きわまりない日本批判を受け、ひと悶着(もんちゃく)が起きた。

 印象派を代表するフランス人画家のモネによる「ラ・ジャポネーズ」は、彼の妻が、日本の派手な模様と色彩の打掛(うちかけ)をまとい扇子をかざしている絵だ。

 美術館のイベントでは、「この絵のモデルであるモネの妻と同じ打掛を羽織って、壁に掛かった作品の前で写真を撮ってください」と、来場者が複製の着物を着て、モネの芸術との一体感を味わってもらうという趣旨のものだった。

 ところが、これにアジア系の女性とみられる一部の人たちがかみついた。

 彼女らは美術館内のイベント会場で、打掛を試着している人たちの目の前に抗議文を掲げて立ちはだかったり、モネの絵の前に立ち、芸術を鑑賞にきた来場者の邪魔をしながら自分たちの主張をアピールしていた。

 新聞に載った3人の女性によると、“Kimono”は、「アジア人に対する人種差別主義」、ステレオタイプが抱く「異国情緒」、そして「帝国主義」に繋がるとしている。

 どうしてこのようなへ理屈が生まれるのだろう。私たち日本人が誇りにする芸術作品でもある着物を、泥靴で踏みにじられたような気持ちになる。

 その上、あたかもアジア人を代表するような言動で、許し難い。抗議を先導している女性の名字からすると中国系の可能性がある。

 偶然にも、隣人の男性がボストン美術館に勤務していたので、何者なのかと聞いてみた。

■芸術にイデオロギーを持ち込まれ嘆息

 彼は美術鑑定や美術品に使用されている材料の分析が専門のため、問題の詳細は分からなかったが、情報が手に入り次第教えてくれるということになった。


>ところが、これにアジア系の女性とみられる一部の人たちがかみついた。

ここてはアジア系とある種の抽象的な表現がなされていますが、こんなしみったれたけちを付けるのはあいつらしかいない。しかし、

>抗議を先導している女性の名字からすると中国系の可能性がある。

とありました。まあ、中国系と言う可能性もないでしょうが、自分が真っ先に思い付いたのは韓国系ですね。チャイナドレスですら国際的に認知されていると言っても良いでしょうが、韓国の衣類は決してそうとは言えませんからねぇ。そうしたやっかみから、あいつらの方がより可能性として高いと思うのですがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE