プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

注文ばかり楽になっても駄目だ

【モバイルオーダー&ペイ】、2020年訪日外国人年間4,000万人台でYOUならどうする?

■日本でも近い将来、モバイル・オーダー&ペイが急拡大する。モバイル・オーダー&ペイとは、アプリ経由で注文と決済を事前に済ませておくことでレジ行列に並ぶことなく店頭で商品を受け取れるサービスだ。モバイル・オーダーに早くから取り組んでいる3大宅配ピザチェーン(ドミノピザ、ピザハット、パパジョンズ)に加え、タコベルやパネラブレッド、チックフィレなど大手飲食チェーンもモバイル・オーダー&ペイを全店に導入し一定の成果をあげている。

着席したテーブルからアプリ経由で注文・決済し、メニューをテーブルまで運んでもらう「オーダー・フロム・マイ・テーブル(Order From My Table)」を展開するパネラブレッドでは直営店のモバイル売上が全体の24%に達しているのだ。最近では外食チェーンだけでなくコンビニエンスストアまでモバイルオーダー&ペイを採用する企業が急増している。中西部を中心に2,000店近くを展開するケイシーズ・ゼネラルストアやオクラホマ州などに730店を展開するクイックトリップ、ペンシルベニアなど約700店展開のワワも全店に展開中だ。

外食業界の巨人マクドナルドは、年末までにアメリカ国内1.4万店にモバイル・オーダー&ペイを導入すると発表した。日本でも展開するスターバックスやマクドナルド、大手外資ピザチェーンなどがアメリカでの成功を生かして日本でもモバイル・オーダー&ペイを本格化するのは確実だ。レジ待ち行列に並ぶ客の心理を考えれば同サービスが徐々に拡大するのではなく、急に拡大する理由が分かるはずだ。

行列に並ぶお客が、行列には並ばず、割り込むように商品だけ受け取るお客を目にする。モバイル経由で注文できると知れば、レジ待ち時間がムダに思えてくる。そうして一気にモバイル経由での注文が増える。一方、外資に刺激されて日本の大手外食チェーンでもモバイル・オーダー&ペイの導入するところが急増するというシナリオだ。

 急拡大が期待されるモバイル・オーダー&ペイには盲点も存在する。同サービスを導入し大成功したスターバックスの事例だ。朝の通勤客の利用が多いスターバックスでは、通勤前などにモバイル注文が集中する。特に、作るのに時間のかかるラテなどの注文が殺到すると、レジ待ち客をさばききれなくなってしまう。そればかりか「待ち時間ゼロ」でモバイル注文したのに店内で待たされることにもなる。

通勤前の時間のない時、レジ払いの客もモバイル客も待たされ、不満が爆発するのだ。一部のスターバックスでは返金を求める騒ぎもあったほどだ。スターバックスでは改善策として「ウェーブ1〜3アクション(Wave 1 to 3 action)」の導入を進めている。ウェーブ1ではスタッフ研修の実施にピーク時での人員やモバイルオーダー&ペイ専任スタッフ「デジタル・オーダー・マネージャー(DOM:Digital Order Manager)」の追加、ウェーブ2はタブレット端末を使ったDOMの具体的なアクションとなる。

DOMはネットからの注文をリアルタイムでバリスタと確認し、利用者にはオーダー完了などのデジタル通知を行い、受け取りカウンターの整理を行うのだ。ウェーブ3ではモバイルオーダー&ペイ対応の機器の導入やレイアウトなど店舗開発と改装となっている。つまり、スターバックスは大手外食チェーンではモバイル・オーダー&ペイをいち早く導入したが、利用者の急拡大に追いつけずオペレーションから店舗まで大幅な見直しを迫られることになったのだ。スターバックスの「成功&しくじり」は、人手不足に悩む日本の外食チェーンにとって大きな教訓になる。

 ピーク時に調理の手間のかかる注文がモバイル経由で殺到する...この対処にはどうすればいいだろうか?


既に配送なんかでも、再配達希望の注文をWebでできても、配送そのものは旧来通りであるがために、注文の容易さほどに満足できるサービスが受けられないと言う事が顕在化しています。要するにバランスですな。どこか1つだけ便利にしても、それと関連する所までバランス合わせて行わないと駄目だと言う事ですよ。現代はかように注目が容易にできるとなると、肝心のサービスや商品の提供まで同様に容易になると言う幻想に浸ってしまっている所があります。決してそうではないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト

韓国の場合は厳罰にし過ぎると言う事がないだろう

【コラム】セクハラに寛大なドイツの法律…厳格な韓国で見習うべき

先日、撮影のためにドイツに行ってきた。現地でのスケジュールをこなして友人と飲みに行こうと市内に出た。中間にちょっとトイレに行こうと席を立ったが、ある女性が近づいてきて私の尻を触ってすばやく自分の一行に戻った。それから何事もなかったかのように騒いで笑った。私はどうしたらよいか分からずに慌ててそのままトイレに向かった。ところが後で落ち着いて考えてみると、どうやらセクハラを受けたのだという事実に気がついた。セクハラは男女問わず誰でも受ける可能性がある。

こうした事件に遭遇し、2015年12月31日から翌日の未明にかけてドイツ・ケルン中央駅で起きた集団セクハラ事件を思いだした。ドイツの文化と法をよく知らない1000人余りの男性が互いに約束でもしたように駅を往来していた女性数十人に対してセクハラを行った。警察は現場で誰も逮捕することができず、問題が大きくなった。この事件はほぼ1年間、ドイツで熱い論争を呼ぶことになった。このため、私がもし問題のその女性を申告していたら、警察がどのように対応するかも気になった。そこで関連法を検索してみたところ興味深い事実が明らかになった。ドイツでは職場でのセクハラや強制性を伴った関係は当然処罰の対象になる。だが、職場ではないところで起きるセクハラ、例えば身体の一部を触ったり無理やりキスをしたりする場合には処罰基準がややあいまいだ。暴行や脅迫が伴ってこそ処罰することができるためだ。異性が服を着替えていたりシャワーをしていたりするところをこっそりのぞき見しても、脅迫や暴力がなければ処罰が難しい。ただ、ドイツは侮辱や悪意のある発言に対しては処罰が厳格なほうだ。異性の名誉を傷つけるような性的発言をすれば処罰を受ける。それでも身体部位の接触は侮辱や名誉毀損に該当しないという。

セクハラに関する限り、韓国はドイツに比べて厳格だ。刑法第298条は強制わいせつを「暴行または、脅迫を利用した性的羞恥心や嫌悪感をもよおす身体接触行為」と規定している。セクハラは「被害者の立場で性的羞恥心を感じる場合」という成立要件があるところがドイツとは決定的に違う。このためにサウナやバス・地下鉄など公共の場所で意図せず身体に接触してしまったと主張しても、セクハラを受けた当人が羞恥心を感じたとすればこの規定に沿って処罰を受けることがあるという。

韓国の法規定は被害者の個人的な感覚、すなわち被害者の羞恥心を考慮したという点でドイツよりも合理的だと評価することができる。ドイツもこのような韓国の法律からインスピレーションを得て、もっと厳格なセクハラ規定を作るべきではないかと思う。

ダニエル・リンデマン/ドイツ人・JTBC『非首脳会談』前出演者


韓国との比較では、額面通りには受け取れませんな。性犯罪の度合いが高い韓国にあっては、それに合わせてセクハラに対する処罰が厳格になるのは当然でして、一概に等しく論じられる事ではありませんな。ドイツの側がセクハラに対する処罰を厳格にしなくてはならないであれば、なおの事韓国ももっと厳格にしなくてはいけなくなってしまう事でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












韓国人が言うと空々しい

韓経:【コラム】韓国大統領選挙討論とトランプ大統領の請求書

1970年に米国に移民してもうすぐ50年となる。米国で暮らしながら警察と軍、企業、市民団体を経て政治にも挑戦した。最初は自分自身が良い生活をするためだったが、時間が流れるにつれて米国をより良いところにしたいという熱望が強くなった。基本的に米国の将来に対する心配が多い。しかし最近は祖国、韓国に対する心配で夜も眠れないことが少なくない。

韓国の第19代大統領選挙を控え、候補者のテレビ討論会を見ている。討論を見ると、心配が解消するのではなく、むしろ深まる。理由はいくつかある。まず候補が掲げた公約から心配だ。数日前の討論会で、ある候補は数十万人の公共雇用を創出するという別の有力候補に財源対策があるのかと追及した。有力候補はあいまいな答弁をし、「詳しい話は我々の政策本部長と話せばよい」と述べた。

米国でこのようなことばあれば候補を辞退しなければならなかっただろう。筆者は米ジョージア州で下院議員選挙に2回出馬した。米国では遊説場や討論会でも多くの質疑応答がある。きちんと答弁できなければすぐに「資格が足りない」という指摘と野次を受ける。それが大統領候補ならどうなるだろうか。

各候補が雇用を創出すると公約しながら、成長よりも分配と規制をさらに強調するのも理解できない。雇用は誰が作るのか。企業だ。零細企業が小企業に、小企業が中企業に、中企業が大企業になるよう支援し、督励してこそ、雇用が生まれる。規制と介入は答えでない。政治家が介入して経済を崩壊させたケースを、我々はギリシャやアルゼンチンなどで数多く見てきた。

韓半島(朝鮮半島)の状況を考えればさらに懸念される。トランプ米大統領は北朝鮮の核を解決すると熱を上げている。動員できる外交力と軍事力をすべて韓半島に集中している。韓半島の運命が利害当事国のわずかな動きによってどう変わるかも分からない重大な時期だ。どちらか一方が判断を誤っても韓半島が火薬庫に変わるという報道があふれている。

昨年の米国大統領選挙過程でトランプ陣営の人たちと交流する機会があった。そこで聞いた話を総合すると、米国は北核解決に勝負をかけている。来年の中間選挙、2020年の次期大統領選挙も「北核をどう処理するか」にかかっているという切迫感があるという。

韓国の次期大統領候補はこうした事情を知っているのか分からない。候補は中福祉中負担、福祉財源問題、たばこ税引き下げなどをめぐり舌戦を繰り広げている。韓半島の運命について話すのはせいぜいTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題だ。韓半島周辺情勢は超高速で変わっているが、大統領候補らは口げんかをしている姿だ。

世の中に無料はない。特に国家間の取引はそうだ。韓半島周辺の状況はいつか韓国に負担として返ってくる可能性が高い。韓半島近隣に展開された戦略資産と軍事作戦には莫大な費用がかかる。

トランプ大統領は先月27日、「THAAD費用も韓国が負担するべきだ」と述べた。なぜそのような発言をしたのかよく考える必要がある。口げんかをしている韓国の政治家に対し、トランプ大統領が今回の作戦費用も負担するべきだと主張しないとは誰が断言できるだろうか。

ユ・ジンチョル/元米州韓人会総連合会会長


なんか韓国人が言うと、空々しいのですよねぇ。とりわけ韓国人の場合は、とにかく自国からのトンスラと言う動機が満々でしたからねぇ。そうであれば、いったんトンスラしたらもはや韓国の事などは知った事かでも良いのです。少なくとも、今住んでいるアメリカにとって足手まといとなるのであれば、切り捨ててしかるべきでしょう。そうでなくても、半島の韓国人に比べて、人心に対する利害がストレートに影響して来る事はないし、それに対する負担を直接自らがする言う事もない訳ですしねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










自国の雇用政策が手抜きだったからの報いだ

7万人の韓国人留学生、米国での専門職就労厳しく

米国で専門職として就労するのがさらに難しくなるものとみられる。トランプ米大統領が18日に外国専門職人材の米国内就労を厳しくする大統領令に署名した。大統領令には「米国製品を買い、米国人を雇用せよ(Buy American,Hire American)」という名前が付いた。トランプ大統領が大統領選挙期間中に強調し続けてきたスローガンだ。

トランプ大統領はウィスコンシン州の工具製造会社スナップオンツールズの本社でこの大統領令を出した。ウィスコンシンは「ラストベルト」(衰退した工業地帯)地域のひとつで、トランプ大統領の「米国優先主義」の呼びかけが受け入れられたところだ。大統領令の骨子は無作為抽選方式だった専門職短期就労ビザであるH-1Bを高学歴・高賃金技術人材にだけ出すよう発給要件を強化することだ。これを通じ相対的に賃金が安い外国人労働者の採用を抑制し米国人の採用を活性化するということだ。大統領令は連邦政府が政府主導事業を施行する際に米国企業の製品を優先的に使うようにする指針も盛り込んでいる。

これに伴い、労働省、法務省、国務省、国土安全保障省は現行のH-1Bビザ発給システムを再点検し新たな発行制度と運営計画、ビザ詐欺防止案をまとめなければならない。

H-1Bビザは学士以上の学位を持つエンジニア、コンピュータープログラマー、会計士、医師などの専門職が発給対象で、毎年修士・博士2万人、学士6万5000人に発給されてきた。このビザで働く間に永住権を得るケースが多く、「アメリカンドリーム」を実現する中間段階と見なされてきた。昨年は過去最大である23万6000人余りが申請した。米国内の韓国人留学生7万人余りのうち相当数も卒業後にH-1Bビザを申請する。

トランプ大統領は「現在H-1Bビザは無作為抽選制で実施されているが、これは間違ったこと。このビザは(お金を多く払ってでも必ず連れてこなければならない)高学歴・高賃金人材に発給されるべきで、米国人の雇用を代える手段になってはならない」と話した。彼は「より多くの製品に『メイドインUSA』という素敵な単語を刻むためにできるすべてのことをすべてするだろう。私たちはとても長い間私たちの工場が門を閉め雇用が消えるのを見守らなければならなかった」と話した。

外信は「トランプ大統領が今回の大統領令を通じ『反移民大統領令』『トランプケア』など相次ぐ政策推進失敗を挽回しようとするとみられる。選挙運動期間中に叫んできた核心公約である『米国優先主義』を再び掲げて支持者を結集しようとするもの」と分析した。

ワシントンポストは「しかしトランプ大統領は矛盾した行動を見せている。彼が着る服はほとんどが海外製品であり、彼の個人事業所では多くの外国人労働者が雇用され働いている」と指摘した。

一方、米国に劣らず移民地域として人気が高かったオーストラリアとニュージーランドも就労ビザの発給要件を強化した。トランプ政権と同様に値段が安い外国人労働力が占める雇用をオーストラリア人とニュージーランド人に取り戻すというのが理由だ。

AP通信によるとオーストラリアは外国人熟練技術職人材を対象にした4年間の臨時就労ビザ(457)を2年間と4年間のビザに変え、英語と実務経歴要件を厳格化することにした。ニュージーランドは年間所得が4万9000ニュージーランドドル(約374万円)に満たない場合、高技術移民の範疇に入れない方針だ。


本来留学ならば、学業を全うしてしまえば、祖国にずらかるのが本来あるべき事なのですが、そうならないのが韓国の悲劇と言う事ですな。なんにつけても自国には欠いている物だから、どうでもよそ国頼みになってしまいますが、どの国だって自国優先と言う事で、よそ国政府の雇用政策の手抜きの分まで肩代わりしてくれることはありません。
ましてや韓国の場合は、不法入国のようなとんでもごとにかけては他の追随を許さない訳でして、そのようなとんでも専門技術など歓迎できるはずがありません。

シッシッ(#゚Д゚)ノ.;' < ; `Д´>アイーゴ

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









親子が別離状態になる可能性があるのなら出生地主義は考え物だ

<米国>備えるメキシコ人…送還前に出生届、全米で法律相談

【ニューヨーク國枝すみれ】不法移民に強硬姿勢を示すトランプ米政権による強制送還に備え、全米のメキシコ領事館が無料法律相談を始めた。弁護士が輪番で助言し、24時間対応の緊急電話もある。

 「逮捕状がない人に滞在資格を問われても答える必要はありません。所持品検査も拒否できます」。ニューヨーク市マンハッタンの総領事館で、アンドレス・レモンス弁護士が2種類の文書を見せ説明してくれた。「これは裁判官の署名がある本物の逮捕状。こっちは移民局員の署名なので従う必要はない」。助言は具体的だ。

 推定約1100万人の不法移民のうち半分強がメキシコ人だ。総領事館では出生届を出す家族が目立った。

 「強制送還されたら米国生まれの子供たちはどうなるのか」。トマス・エルナンデスさん(29)は9日、1~5歳の4人の子供の出生を届けた。これで米国籍とメキシコ国籍を得る。自分とホンジュラス人の妻(28)が送還され子供が米国に残されても、その保護にメキシコ政府が介入できるようになるのだという。

 エルナンデスさんは12年前に不法入国。工事現場で働き1日約100ドル稼ぐ。1、2週間に1回は母国の両親に送金する。「米国で1日で稼げる額はメキシコだと1週間かかる。ここにいたい」

 ヘラルド・イソ領事によると米移民局の摘発は犯歴がある不法移民に集中しており、在米メキシコ国民には「落ちついて、でも準備して」と呼びかけているという。米NPO財政政策研究所の推計では不法移民はニューヨーク州の経済に推計400億ドル(約4兆5000億円)貢献し、地方自治体に約11億ドルの税金を支払う。大量強制送還は経済への打撃との懸念は米国民にも根強い。


要するにメキシコのやっている事は、何とかして自国のあまり物をアメリカに押し付けたまんまにしておきたいと言う事なのです。これまでも指摘したように、国籍の出生地主義と言うのも見直した方が良いのですよ。親が正しく定住資格を有しているのであればいざ知らず、そうでない親が産んだ子供にまで国籍を与える必要はありません。
そもそもそんな状態で子供にアメリカ国籍を与える事が親として正しい行為なのでしょうか。少なからずが子供を踏み台にして自身の利益を追求する行為なのではないでしょうか。

>子供が米国に残されても、

なまじ親と異なる国籍を与えると、正しく居つく事をしないがために強制送還の時に、このような馬鹿げた懸念を抱く必要に迫られるのです。どうせ子供は自前でアメリカで暮らす事ができないのです。親と一緒に追放するのが正しい行為なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 














| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE