プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

週間アジア第14号

①外車抽選444人「当選」


高級スポーツカー「フェラーリ」が当たるデパートの商戦イベントで444人もの「当選者」が出現、抽選で3人を選び直す騒動が起きた。


無作為の数字を印刷した応募券の26の欄のうち9個をコインで削り、後に公表する9個の数字と一致すれば、「当選」する仕組みで、約4万人が応募した。


確立上、大量の当選者が出るのは不可能。数字公表後に削っても配列まで知るのは至難の業で、主催者も首をかしげる。チラシでは当選者が「的中者全員」、応募券では「最大3人」と食い違っていたこともあり、一部の応募者から強い不満がもれた。(引用ここまで。12月12日分)


こいつは、韓国だからで割り切ることではありません。これと同じことがどこで起こっても、等しく「不思議だなぁ」と思えることです。ただ、韓国ですからねぇ、その程度で終わっちゃあ面白くない。(^0^;) 何かあることを期待してしまうのが、このごろとなってしまいました。


>一部の応募者から強い不満がもれた。←これだけで済めばよいのですが、もっとスゲイ事になってしまうのではないかと、それが「期待」しどころですよ。例によってのファビョーン!となってしまうのが韓国人の常? だと思うのですが。o(゚▽゚*o)(o*゚▽゚)o ワクワク


=====================================


②「楽ちん兵役」詐欺


韓国軍の現役下士官が、兵役に関して便宜を図るとして詐欺を繰り返していたことが分かり起訴された。軍当局によると、03年1月から今年三月の間、24回にわたり入隊の延期や軍務が比較的厳しくない舞台への配置などの依頼を受け、8780万ウォン(約1100万円)を受け取ったと言う。


下士官は「自分の力で知りえた情報だ」と偽り、誰でも知りえる情報を与えていた。依頼した側には、俳優やコメディアンなど20台の芸能人5人について入隊延期を頼んだ芸能事務所や、大企業幹部などが含まれていた。(引用ここまで。12月19日分)


まあ、うそつき、ペテン、詐欺の国たる韓国らしいほのぼのした記事と言えますかな。    (*´∀`)アハハン♪


しっかしまあ、兵役逃れを商売にするのはともかく、そうした需要があるってのはねぇ、ウリナラマンセー、愛国が聞いてあきれると言うか、韓国もかなりさよって来て、北に備えることに無関心になってきたということでしょうか。


 ====================================


③「摩的」は摘発の標的


「摩的」(モーティ)と呼ばれるタクシーへの取締りが強まっている。摩的はオートバイを三輪車に改造し、荷台に客を乗せる違法タクシーだ。


当局は、05年から06年前半にかけて、摩的で495件の事故が置き、65人が死亡した年、夏から11月までに5万4000台を没収した。今月は、1200台をブルドーザーなどで踏み潰す様子をメディアに公開した。


一方で、普通のタクシーよりも安く、小回りが利く摩的の消滅を惜しむ市民の声も。「当局の本当の目的は、市民の安全よりも、08年の北京五輪に向けた街の美化では」との指摘もある。(引用ここまで。12月19日分)


中国ではタクシーのことを「的士」と書くんでしたな。摩を「モー」と発音するところから、モーターサイクルの略でしょうか。そこから、オートバイタクシーの略で「摩的」となったのでしょうか。


まあ、その辺はともかくとして、「当局」の本当の目的が街の美化だとしたら、摩的というのはかなり汚い存在なのでしょうか。事故が多発すると言うのは単なる交通マナーの悪さに起因しているのではないのでしょうか。


とまあ、最後は、ギモーンが頻発する内容となってしまいました。では、お後がよろしいようで? これにておしまーい!(^0^)/^^^^^



今回の「週間アジア」はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


 


=====================================

スポンサーサイト

テーマ : 特定アジア - ジャンル : 政治・経済

宇宙戦艦ヤマトのあらさがし④

失念していたかのごとく、かなり間を空けてしまいました。「宇宙戦艦ヤマトのあらさがし」です。今回で完結編といたします。今回は「ヤマトよ永久に」からです。


「ヤマトよ永久に」は前回取り上げた「新たなる旅立ち」同様映画版であります。このとき登場した敵、暗黒星団帝国はガミラス帝国以上の侵略を地球に仕掛けてきました。ガミラス帝国は放射能交じりの遊星爆弾を地球に放ったのに対して、暗黒星団帝国は重核子爆弾なる代物を地球に撃ち込んだ上で大挙地上部隊を投入して、地球全土を制圧しました。


これを挽回すべく、ヤマトのクルーは地球を脱出して、ヤマトが隠されている小惑星へと行き、敵の本拠地へ出撃したのでした。


⑥重核子爆弾ってなんぞや?


暗黒星団帝国の占領軍は、われわれに従わない場合は、重核子爆弾を爆発させると威嚇しました。この爆弾の効果は、全人類の脳細胞を破壊すると言うものでしたが、それって、どうもよく分からんのです。


要するに、暗黒星団帝国は地球を征服したい訳なのですよね。地球人を皆殺しにしたいのであれば、かような手の込んだ手段が必要だったのか。そして、そうした手の込んだ殺人効果を有した重核子爆弾とは何ぞや、と言う疑問が沸いてきます。


早い話が、中性子爆弾の類なのでしょうか。中性子爆弾は高エネルギーの中性子を放出して、人間の脳みそに打撃を与えて殺してしまう兵器らしいのですが、こういう手段ならば、ものを壊さずに人間だけを殺せるわけで、それなら、どこぞの地を征服と言うには好都合ですね。


しかし、中性子は別段地球の重力に影響される代物ではなく、いったん飛び出したら、宇宙へだろうとまっすぐ飛んでいってしまう代物です。それだったら、世界中各所に撃ち込まないことには、とりわけ地球の反対側には効果が生じないのではないのでしょうか。


実際、映画では、一発しか撃ち込まれていませんでした。これで地球人皆殺しなんて可能なのでしょうか?


⑦彼らの子孫繁栄はどうやって


暗黒星団帝国が地球人皆殺しを意図するのならば、毒ガスでも良かったかも知れません。物を壊さず人間だけを殺すという意図があるのならば、こちらのほうが効果的でしょう。毒ガスならば、地球の重力に反して宇宙へ飛び出すなんてことはありませんから。


しかし、彼らにはどうしても、脳みそだけをつぶすと言う手段で地球人を殺す必要があったようです。彼らが首だけ生身で胴体がサイボーグと言う、なにやらロボコップのような存在だったからです。←順序さかさまだよ。(^0^;)


彼らは胴体をサイボーグとした事で高等生命体として発展しましたが、それは却って虚弱化を招いたと見えて、後悔し、生身の体が欲しくなって、地球人の体に己の首を付けたかったということなのです。


まあ、そうした欲求は良いとして、ここで疑問が生じるとしたら、生身の首はどうやって作るのかなぁ、と言うことです。胴体がサイボーグでは生殖の手段がないじゃないですか。ロボコップだってはじめからサイボーグではなく、元はといえばアレックス・マーフィのなれの果てだったのです。


クリックしてくれるとDUCEは┌(^0^)┐ヘーイ、ヘーイ(ひげダンス) こんな風になります。


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

パペマメ:牛君、牛君、今日は君がテーマだよ。


牛君:わーい、うれいしなぁ。


と言うわけで、今日は牛をテーマにドイツ語の冗談をやります。<(_ _)>


彼女は、乳絞りを終えたら、その乳牛と豪語した。


雄牛は2頭もいれば、もう億千だ。


英語では、乳牛のことを「カウ」、雄牛のことを「オックス」なんて言いますが、ドイツ語ではどう言うのでしょうか。


①乳牛 Kuh(クー) 女性名詞 


今年の元旦の「大笑点」では大食い大会が三回登場しましたが、その中には、ギャル曽根とか、グラドル三宅なる女性が出ていましたが、その食いっぷりはスゲイでした。一緒に大食いに挑戦した力士よりもたくさん食べていました。そして、それと同様にスゲイのは化粧が濃かったことかなぁ。あの食いっぷりなら、牛一頭くらい平らげかねないかも。なんか怖いよー。 ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル 


②雄牛 Ochse(オクセ) 男性名詞 複数形 Ochsen(オクセン)


ちなみにこの男性名詞は厳密には男性弱変化名詞という奴で、単数形でも、2格以降は複数形と同じ形で表現されます。


これは雄牛である。 Das ist ein Ochse.


これは雄牛のうんこである。 Das ist ein Mist eines Ochsen.


わたしは、その雄牛を助ける。 Ich hilfe dem Ochsen.


彼は、彼女にその雄牛を与える。 Er gibt ihr den Ochsen.


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

週間アジア第13号

①首相の支持率最低14パーセント


イスラエルのオルメルト首相の支持率が下がり続け、有力紙ハアレツが12日付けで掲載した世論調査によると、これまで最低の14パーセントになった。


首相は側近が国税とうょくトップの収賄容疑に絡んで警察の強制捜査を受けているほか、自らの汚職疑惑が迫っていると報道されるなど、窮地に陥っている。


首相の昨年夏のレバノン紛争で戦果を挙げられなかったと批判されてから、支持率が20ないし30パーセント台を低迷。今回初めて10パーセント台に落ちた。与党の中道カディマ(前進)も、支持率を奇跡に換算すると現在の29議席から12に減り、野党の右派リクード(現有12)の予想議席29や連立与党の左派労働党(同19)の予想議席18などに追い抜かれて第4党に転落する。


ハアレツ紙は首相の支持率低下をめぐる今回の原因について触れていない。だが、首相の主席秘書が国税庁長官=逮捕済み= の収賄容疑にかかわっているとして2日に自宅軟禁に置かれたほか、首相自身が財務相だった一昨年の銀行民営化で知人に便宜を図ったなどの疑惑をめぐり正式捜査が始まるとの報道があり、世論に影響したと見られる。(引用ここまで。1月15日分)


一応、ここもアジアですよ。いかに地中海に面していて、日本よりもヨーロッパに近いとは言えです。従いまして、これは十分週間アジアで取り上げるに値する出来事です。


この件で圧巻なのは支持率14パーセントの低迷振りに尽きるでしょう。われらがスーパースター「のむ痰」にも匹敵する低さではありませんか。( ^∀^)ゲラゲラ  まあ、こちらのほうでの低迷の原因はふ届きなものでいちがいに同列視できるものてはありませんが。


=====================================


②日本力でW杯狙え


アメリカンフットボールの韓国代表が、日本の力を借りてワールドカップ(W杯)を目指している。コーチ陣に日本人、選手に在日韓国人が参加したチーム。27日にシドニーで豪州代表に勝てば、7月に日本で開かれるW肺への出場が決まる。


一月上旬の韓国合宿、グラウンドは英語と韓国語が飛び交った。「大阪なまりのカタカナ英語が通じにくかった」と韓国代表ヘッドコーチの茨木克治・大阪産業大監督。プレー名や簡単な指導は英語で、左右や数字は韓国語。細かな指示は在日の選手が通訳になった。


07年W杯は、2連覇中の日本代表が開催国枠で出場する。これまで日本に出場を阻まれてきた韓国にとって、出場をつかむチャンスだ。一昨年末、韓国側の要請で茨木監督ら5人がコーチを引き受け、在日選手、スタッフは鹿島の金保善らのよびかけもあって関学大のTE韓高志など12人が集まった。遠征費など十数万円を自己負担する。


03年に日本が88-0 で韓国に圧勝。両国の実力差は明らかだ。韓国では大学から競技煮を始める選手ばかりで、大学卒業の難しさや兵役モアって普段の練習量は週3,4日と少ない。日本で当たり前のことが、韓国人選手にとっては高度で練習でミスを連発し「何度いえばわかるのか!」と在日の選手が韓国人選手に向かって怒鳴ることもあった。


徐々に歩み寄った。韓国人選手は反論を飲み込み、在日の選手も夜中に勉強する大学生を見て事情を理解した。各ポジションごとに居残り練習が自然と始まり、真剣にやり取りした。「文化の違いは言わないようにしよう」目標は一つだから。合宿で培った信頼関係で、打倒豪州を目指す。(引用ここまで。1月22日分)


どうでもいいですけど、韓国人の風上にも置けないというか、韓国人らしい無節操というべきでしょうか。さんざんぱら反日をやっておきなから、いかに必要だからといって、日本なんぞに頼るなよなぁ、といいたいです。


どっちに転んでも結果は目に見えているといえますよ。勝てば勝ったで  「ウリナラ世界一 <丶`∀´>」。そして、日本人監督らに対して     「おまえらイルボンは用なしだ。しっしっ  <丶`∀´>」で、逆に負ければ「日帝の陰謀ニダ <`д´>」で馬鹿を見ることでしょうよ。     ((( ̄へ ̄井) フンッ


③大統領「演説が長すぎる」


「今日の演説で支持率はさらに下落」「時間も守れない大統領に、どんな約束ができるのか」。韓国のノムヒョン大統領が23日夜、テレビ地上波全3局を通じて信念の特別演説を行った。1時間に及ぶ大演説で、人気番組の放送時間が深夜にずれ込んだため、視聴者からの抗議が番組に相次いだ。


視聴者が楽しみにしていたのは、高句麗建国の過程を描いたMBCテレビの大河ドラマ「チュモン」。毎週月火の午後10時に放送され、50パーセントの視聴率を誇る。大統領演説のため、23日は10時50分に始まる予定だった。


ところが、演説の原稿は4万字を超える膨大なもの。時間が足りなくなり、大統領は「10時間くれれば」と嘆息しながら、外交や安全保障問題を読み飛ばした。それでも「チュモン」の放映が始まったのは11時10分過ぎだった。(引用ここまで。1月25日分)


。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!


われらがスーパースター「のむ痰」はあいもかわらずの間抜け振りを発揮しておりますなぁ。こんなしょうもないことで支持率低下をやっちまうんですか。その上、「10時間くれれば」なんて、スゲイぶっ飛んだ発言までしてくれちゃってますます。間抜けですねぇ。誰がそんなに長々演説聞いてくれるんですかねぇ。気短な韓国人にはとりわけ期待できないことですよ。       (*´∀`)アハハン♪



今回の「週間アジア」はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


 


=====================================

テーマ : 特定アジア - ジャンル : 政治・経済

独伊仏の文化と歴史・歴史編2

前回は、ドイツが両大戦で世界中で戦ったことを取り上げましたが、そうなるには、それなりに大国になっている前提が必要です。現代社会においては、そのように世界中でいくさができるのはアメリカ合衆国くらいになってしまいました。


アメリカは単なる大国ではなく、超大国と言うべきですね。この辺はドイツとは格が違いますね。ドイツの場合はせいぜいヨーロッパの大国であって、もはや世界の何処へでもというわけには行きません。そのせいか、今、ドイツ嫌いなる物があるとすれば、それはフランスのような近隣諸国に限られるでしょう。日本でも、日本嫌いと言えば、中国や韓国、北朝鮮がめだっていますね。


これに対して、アメリカの場合、超大国ゆえに、地球の裏にもアメリカ嫌いという物が存在しています。←もちろん、アメリカは世界の嫌われ者と言っているわけではありませんよ。 まあ、それだけ、何処でもアメリカの影響力が大きいと言うことを示している訳です。


ちなみにわたしは、プロ野球では読売ジャイアンツが嫌いですが、考えてみれば、これもあるものにとってのアメリカ嫌いと共通しているのではないでしょうか。今では巨人の凋落振りが目立つようになって来ていますが、これまでプロ野球は少なからず巨人中心の気が多く、野球帝国主義とでも言わんばかりの巨人中心の有様は非常に不愉快なものでした。巨人のせいで、見たい番組が中止になったり、放送時間が遅くなったりと被害甚大だったのが決定的な巨人嫌いをかもし出したのです。


さて、現代にまで至るほどのドイツのもたらした世界的影響。そこへ至るにはしかるべき条件を有していなければなりませんでした。その転機はといえば、普仏戦争に尽きるのではないでしょうか。


人によっては、このいくさを通じて、ドイツがエルザス・ロートリンゲン(アルザス・ロレーヌ)を奪ったことで侵略戦争という認識を持っている事でしょう。しかし、後の影響と言う点を考えたら、そんなけち臭い表現だけでは済まされない物でありました。そもそも単なるドイツの侵略戦争というのであれば独仏戦争とでも表現されてしかるべきなのに、普仏戦争となっているのはなぜか。それは、当時まだドイツは未統一の状態であったからです。


この普仏戦争を通じてドイツは統一への最終段階へと達したのです。今回は、普仏戦争がもたらした国際的影響(述べるのは日・英・伊のみだけですが)に関して述べたいと思います。


日本にとっての影響


江戸時代末期に黒船来航によって本格的な欧米諸国との交流がもたらされる事になりましたが、その中でも日本が主に交流していたのは英・米・仏でした。アメリカは別格として、当時ヨーロッパで五大国と言えば英・仏・露・墺・普で、普仏戦争の当事国であるプロイセンは、ヨーロッパの大国の一国でしたが、英・仏からすればまだまだ小物で、もともと五大国の中では末席に位置していた国でした。


後々ドイツは強力な陸軍を有することで有名となりましたが、当時未統一の状態では、当然、低い評価を受けるしかなく、日本としても、一時はナポレオン一世に率いられてヨーロッパの大半を征服したフランスのほうを重く見ていました。


それゆえに、江戸幕府はフランスの教官を招いて、洋式軍隊の編成に着手し、徳川慶喜はナポレオン三世から軍服をもらい、小栗上野介はフランス人の技術者の協力を得て横須賀に造船所など、もともとフランスとの交流は密接だったのです。


こうしたフランスとの交流は明治維新以降も引き継がれましたが、普仏戦争でフランスが敗北すると、日本陸軍の手本が、勝者たるドイツへと鞍替えしたことは周知のことと思います。


イギリスにとっての影響


ヨーロッパ西部の島国であるイギリスにとって、国防にはまず海軍が不可欠でしたが、そのほかに、ヨーロッパに一強ができないようにする政策がありました。そうした発想からすれば、プロイセンがプロイセンにとどまっている間はそれほど恐れる必要はありませんでした。フランスが防壁としての役目を果たしてくれるだろうとの判断からです。普仏戦争のときですら、プロイセンの海軍はフランスに比べて著しく貧弱で、出撃などもってのほかの有様でした。


それが、プロイセンを旗頭としてドイツ統一が成立したことで、本格的に着手するようになるには30年必要でしたが、第一次世界大戦のころには、ドイツ海軍は非常に大規模な物となり、世界第二位にのし上がっていました。ここにイギリスはドイツを、仮想敵視するようになったのです。


イタリアにとっての影響


意外なようですが、イタリアにとっても普仏戦争は非常に大きな影響をもたらしました。1861年、サルデーニャ王国が拡大する形でイタリア王国ができましたが、当時の首都はトリーノにあって、ローマではありませんでした。当時のローマは周辺のかなり広い範囲をローマ教皇領として、独立国家として存在していましたが、このとき、フランス軍が駐屯していました。


普仏戦争のとき、フランスはここの兵力をミューズ川の前線に転用したので、ローマは空きや状態にありました。それでもフランスが勝者であれば、問題なかったのですが、敗北したために、イタリアにしてみれば、進駐しても文句を言われないだろうと判断したのか、教皇領保護の名目で進駐し、併合しました。


「すべての道はローマに通じる」なんて名言がありますが、かの地を押さえることは、イタリアの発展には不可欠だったと言えましょう。しかも、古代ローマ帝国の首都であったこの地を得ることは、イタリアの国際的威信向上にも役立ったとも言えます。まあ、この併合のために、後々長い間バチカン教会との反目が続きましたが。


この事件がイタリアとフランスとの格差を著しく縮めたことは確実だと思います。第一次世界大戦後、ドイツとロシアが国際社会から村八分の状態にあったとき、イタリアは五大国の一国となり、ワシントン海軍軍縮条約では英米の3分の1の枠を獲得しました。


この比率はフランスと同じです。フランスにとっては、いかに太平洋が世界一広い大洋だからと言っても、極東だけに目を向けていれば良い日本に比べてそれは半分あまりでしかなく、地中海だけに目を向けていれば良いイタリアと同じ分しか認められなかったと言うことなのです。


フランスはアフリカにたくさん植民地を有し、極東にも植民地を有していたにもかかわらずです。この例をとって見ても、イタリアに対してもフランスが凋落していたことを物語っていると言えるのではないでしょうか。


次回は普仏戦争そのものを取り上げてみようと思います。乞うご期待。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。  <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

名門入学にヤミ賛助金

朝7時半、小学校の正門前に日本車や欧州者の高級車が次々と横付けされた。一台ずつ児童を降ろすので、2車線の道は大渋滞だ。公務員や人民解放軍幹部の公用車も目立つ。私物化は禁止のはずだが、軍ナンバーの車の運転手は、上官の子弟らしい児童を恭しく見送っていた。


中国第三の都市、広州。屈指の名門と言われる効率の培正小は1889年、バプテスト派教会によって創立された。「先生の質が高い」と、市中心部の文教地域・旧東山区(現越秀区)でも特に人気がある。


有名大学を目指し、有利な就職を勝ち取ろうとする競争は、小学校選びから始まっている。


培正小の児童は約1700人。校区外からの越境入学も多い。越境組は入学の際、5万ないし7万元(約75万円ないし105万円)と言われる非合法の賛助金(寄付)を求められる。学校を選ぶのに必要だからと「択校費」と呼ばれ、「でたらめな費用徴収」とした問題になっている。


広州の都市部に住むサラリーマンの平均賃金は05年で35368元(約53万円)。ヤミ賛助金は、その1.4ないし2年分だから、共働きでも負担は重い。


3年生の孫を送ってきた祖母は「スタート地点から、よその子供に負けるのはいや。だから無理をしても払う」と話す。広州の家庭に共通する行動原理、と言っていい。


地方新聞社の女性管理職、王霞さんは7月、市東部の天河区から旧東山区に引っ越してきた。1人息子を名門の1つの重点校、東山実験小に入れるためだ。校区に住めば入学は無条件。だが、そのために買った築18年、約100平方メートルのアパートは47万元(約700万円)。約15万元は親類に借りた。


「旧東山区に住んでいれば中学進学時も賛助金は不要。よい中学も多くて安心」と話した。


競争激化「金で済むなら」


ヤミ賛助金は全国的に横行している。中学、高校にもある。政府が何度禁止を叫んでもなくならない。広州市教育局の研究員、李偉成さんは、次のような要因を挙げる。


まず学校間の質の格差。「政府は長年か、財政難を理由に一部の重点校を編重してきた。その結果、先進国より質の高い学校もあるが後発の発展途上国よりも低い学校もあると言う二極分解を招いた。私立に名門はほぼなく、数少ない効率の名門に希望者が殺到している」


次に父母の競争意識。「名門校進学は親にとっても名誉。逆に他の子供に負ければ面子がつぶれると考える」。一人っ子政策画家保護と過剰な期待を助長している。


父母の足元を見た学校の態度に反発は強い。だが、李さんはあえて肯定的に見る。「ヤミ賛助金がなければ有力なコネがないと名門に入れなくなる。そんな『絶対的な不公平』より、金を払えば済む『相対的不公平』のほうがいい」もちろん、この違憲には批判も多い。


学校間の格差は教員の待遇にも及ぶ。給与だけをとっても、培正小のような広東省直轄の学校は、広州市直轄よりかなり高い。下級の行政単位・区管轄の教員は、区の財政状況によって月給に1000ないし2000元(約15000ないし30000円)の差がある。大卒初任給の約1月分に相当する。


「本来同じ待遇のはずの教員の給与体系が、広州だけで10通りある」と李さん。全国で見れば格差はさらに広がる。


待遇がよく、質の高い教員が集まる学校にヤミ賛助金も集まる構造は、簡単になくなりそうにない。


子育て費用は家計の半分


今の中国では子育てに、いくらかかるのか。大都市部では0ないし16歳までに25万元(約375万円)、大学卒業までだと48万元(約720万円)-そう、はじき出したのは上海社会科学院の研究員、徐安キ(王編に其)さんだ。


上海市徐ジュン区の746戸を調べ、03年の物価水準で推計した。子育て費用は世帯支出の39ないし52パーセントに達し、家計の中で最も多い負担になっていた。


「教育負担は計画経済時代ほぼゼロだったが、市場経済導入で個人負担にどんどん切り替わっている」北京の調査機関「零点」の調査(対象4128人)によると、「自分は貧困」だと考える住民の42ないし47パーセントが「原因は学齢期の子供がいるため」と答えた。「病人がいるから」(19ないしと25パーセント)を上回り、教育支出は収入の23ないし33パーセントを占めている。


徐さんは「負担増の要因は、学校のでたらめな費用徴収や半強制的な販売。売るものは制服、補助教材、文房具からミネラルウォーターにまで及んでいる」と訴える。


李さんも「教育の商業主義化が問題。政府が充分な予算を組まないから、学校は自分で稼ごうとする。学校予算の3分の1をヤミ賛助金に頼る地域もある」と指摘する。重い負担は、当面続きそうだ。(引用ここまで。11月21日分)


一応この国は共産主義国なんですけどねぇ、前にも公用語教育のお粗末振りを取り上げたことがありましたけど、相当でき損ないですなぁ。格差なんて物が存在するくせに、しっかり反日プロパガンダはどこでも存在するんですかねぇ。私立にろくな学校がないって、共産主義国でしょうが。公立当たり前じゃなければいかんのではないですか? 


本来禁止の公用車の私的利用で、上級公務員や軍幹部の子弟が、部下の運転で送られてくると言う件はこの国の腐敗を物語るエピソードと言えるでしょう。こんなんで格差是正なんて本気でやれますかねぇ。われさえよければ、よそのことなど知ったことかが上層部でも当然ではないのでしょうか。かれらは単なる金持ちとは違うのですよ。


とどめの、学校での押し売りにあるミネラルウォーターには脱帽物ですな。(^0^;) さすがに非衛生な中国だけあってと言えるばかりか、利益のために教育に直接関係ないものまで売ってしまう根性はスゲイです。ヽ(゚∀゚)ノ ㌧㌦!


今回はこれにて終了! では次の機会までさようなら。(^0^)/^^^^^



中国の教育事情はお粗末だぞぉー。  (゚д゚)オ(゚Д゚)ソ(゚A゚)マツ…ヽ(゚∀゚)ダ…ゾォォォォォ!!!!


クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 特定アジア - ジャンル : 政治・経済

週間アジア第12号

さあーて、大人気?の週間アジアをお送りしますよ。おりしも、今日から3連休に付き、たまっている分をかなりはけそうです。まずはこうご期待。<(_ _)>


=====================================


①犬の転売バブル過熱


生後約30日のチベット犬の子犬が青海省で1000元(約15000円)で売られているが、成犬は数千元。それが北京に運ばれると30000ないし50000元になる。さらに転売が繰り返されると100万元を超える。最高で1000万元(1億5000万円)に達すると言う。


広州市物価局の関係者によると、ペットの価格は完全に自由化され行政も介入しないので、巨額の利益を得るチャンスがある。中国人民大学社会学部の洪大用教授は「政府は犬の繁殖、売買に贅沢品税をかけ、飼育にもお金がかかるようにして、熱をさますべきだ」と話す。(引用ここまで。12月12日分)


なんかいろいろ突っ込みどころがありますな。まずはチベット犬。あそこでは現地の人が相当迫害されているらしいですから、犬自体も要するに掻っ攫ってきたものじゃないでしょうかねぇ。


そうそう、犬と言えば韓国では犬食い文化がありますから、一部はこっちのほうに流れていないでしょうか。


最後に、バブルしている現状に関して、洪教授が「贅沢品税」なんて言っていますが、お上のほうも、はなから、それを見込んでいたのではないでしょうか。犬ブームをあおって犬の値段を吊り上げで、犬は儲かると言った風潮をかもし出したところで、犬税なんて事を考えているんじゃないでしょうか。


ちなみに犬税と言えば、テレビドイツ語会話で紹介されたエルマー・ブラントの「Der Steuersong」(税金の歌)を思い出しました。その歌詞の中には「Hundensteuer」(犬税)なんてのが含まれていました。(σ゚д゚)σゲッツ!!


=====================================


②黒犬はおいしい


「B1肉を食べさせてくれる店があると利いたんですが」。インドネシアのサモシル島アンバリタで地元の人に手当たり次第たずねてみた。だが首を横に振る人ばかり。おかしい。


B1とは犬の別名。豚(インドネシア語で babi)はBが2つ付くのでB2と呼ばれ、地元の言葉で biang と呼ばれる犬はBが1つ付くだけだからだ。


キリスト教徒が多いバタック人にとって犬食は好物。どこでも見つかると聞いていた。通りがかりの古老に聞くと、「俺についてこい」。近くの食堂に向かった。


オーナーのレンティ・ルマホルボさんは、昼食準備の真っ最中。毎朝、5ないし10キロの犬をさばき、焼いたり、スープにしたりして客に出す。ご飯付きで7000ルピア(約90円)。「8ないし10キロぐらいの黒犬が1番おいしいね」


疲労回復などに利くという。香辛料をたっぷり使うため、食後はぽかぽかする。夜、男たちは犬肉とともにやし酒を酌み交わす。(引用ここまで。アジアの街角1月18日分)


③図書館本に「犬料理」


贖罪や調理法の豊富さは香港市民の自慢だが、公立図書館が貸し出していた広東料理の調理本に「犬料理」が紹介されている事が判明し、問題になった。


香港中央図書館など複数の図書館で「子犬の丸焼き」などの作り方を教える本が貸し出されていた。大半は中国本土が出版元で出来上がりをカラー写真で紹介する豪華版も。見かねた読者らは「罰当たり」と言った落書きを残していた。


香港政府は犬や猫を食べるのを禁じており、図書館側は平身低頭。直ちに問題の本を貸し出し禁止にした。(引用ここまで。1月16日分)


うーん。犬食いは韓国だけじゃないんですね。(^ ^;) まあ、日本でも江戸時代初期に跋扈した「かぶき者」が犬食いをしており、彼ら「かぶき者」を取り締まることが一因となって「生類憐みの令」が制定されたそうです。


香港政府は犬猫食すのは禁止している・・・ですか? じゃあ、本土では禁止していない? 人肉食文化がある以上、犬猫ごとき食す事は禁じていないでしょうねぇ。香港の場合は、長らくイギリス領だったこともあってか、そうした文化が根付いていないようですね。


まあ、禁じられている以上、それらの本は廃棄処分になるでしょうから、いっそのこと、韓国にでもやっちまいますか。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


今回は犬がらみでした。犬となると犬食いの韓国がすぐに連想されてしまうこのごろです。では次回までさようなら。(^0^)/^^^^^



今回の「週間アジア」はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 特定アジア - ジャンル : 政治・経済

同じ発音の英単語

さて、今回は同じ発音の英単語をテーマにします。ドイツ語と英語とでは違う言語ですから、つづりが同じでも発音まで同じであるとは限らず、逆に異なる発音のルールが存在しているために、異なるつづりを持った単語でも偶然同じ発音をすることがあります。まあ、つづりが違う以上、意味も違いますので、その点を中心に攻めて行きます。←いくさじゃないよ。(^ ^;)


まず、ドイツ語で父のことを Vater(ファーター) と言います。これに対して英語では father(ファーザー) ですね。


で、ファーザーと言う発音を有するドイツ語を調べてみたところ、Faser と言うのがありました。意味は繊維、糸、筋で女性名詞です。


では、ドイツ語で母のことをどう言うのでしょうか。Mutter(ムッター) と言います。英語では mother(マザー) でしたね。


マザーと言う発音を有するドイツ語は Maser(厳密にはマーザーと発音します と言い、斑点、痘痕と言う意味で、珍しく、男性名詞でも女性名詞でもあると言う両性名詞とでも言う名詞です。ちなみにこの場合、性別が違うと複数形で違う形となります。男性名詞の場合なら、同尾形と言い、変化はなく、女性名詞ならば、後ろに n を付けて Masern となります。


今回のは「ドイツ語の冗談」と言う範疇に入らなかったかなぁ。でも、こんな所まで普通は突っ込まないでしょうから、その辺のところは雑学のごとく理解していただければよろしいです。でさ、みなさんさようなら。次回をお楽しみに。(^0^)/^^^^^


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

アジア以外のトンデモ記事

トンデモ事件は別段日本やアジアでばかり起こっているわけではありません。たまたま新聞では、こちらの方面が中心に報道されているため、その他の地方での出来事はあまり知ることはできません。


その中でも珍しく報道されることもあり、当ブログでもスイスでの出来事を書いた事がありましたが、今回はロシアとコンゴでの出来事を書きます。


=====================================


①代用ウオツカ中毒死相次ぐ


厳冬期を迎えつつあるロシアで、飲用に適さないアルコールによる中毒事故が相次ぎ、マスコミが連日大きく伝えている。粗悪な密造酒のほか、ウオツカの代用品として工業用アルコール、液体燃料、さび止め、不凍液などを飲んだ例も報告されていると言う。


ロシア保健省によると、8月から10月にかけて密造酒などによる中毒事件が2901件発生し、118人が死亡した中毒はロシア全域に広がっており、いくつかの州や都市では非常事態が宣言されている。


各地を移動する自動車で売りさばかれる素性のはっきりしない酒類が集団中毒を引き起こしている。背景には、ウオツカにはる納税証明ラベルの不足で、ウオツカそのものが品薄になっていることも指摘されている。


ただコメルサント紙によると、ロシアでは00年以降、毎年3万5000ないし4万5000人が代用アルコールで中毒死しているといい、今年が特別と言う訳でもなさそうだ。キャンペーン的な報道の背後に、アルコールの国家独占を狙う思惑があるとの見方も出ている。(飲用ここまで。11月1日分)


ドラマの「水戸黄門」で登場する悪質な酒は、大抵手抜き酒で、悪徳商人が不当利益を稼ぐためのローコスト製造のために、これは水っぽい酒じゃないかと憤慨する程度ですからロシアでのこの出来事に比べればかわいいものですかな。(_Д_)アウアウアー


ロシアでの出来事は中毒死頻発ですからな。これは別段、お酒が弱いのにもかかわらず、新入生歓迎会の類で先輩たちから強引に酒を勧められての飲みすぎ中毒と言うのではありませんから。はなっからの毒を食らっての中毒なんですよ。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


アルコールには、毒性のあるメタノールなんてものもありますからねぇ。こいつを飲んだのでしょう。人間の口に入らない工業用アルコールならば、毒性あってもかまわないとの事で、メタノールが用いられているようですが、液体燃料、さび止め、不凍液まで飲んだと言う人がいるのはスゲイです。それらの代物はお酒の代用になるほど味がよかったんですかねぇ。下戸のわたしには到底到達しえない奇怪ごとです。


また、いくつかの都市や州で非常事態宣言が出されているって、一瞬、クーデターでも起こってるのかと思いましたよ。あま、これだけ死人が出れば、それに近いのかなぁ。交通事故にも引けをとらない重大事ですよ。


=====================================


②十手持ちがたかり


コンゴ東部ゴマで、大統領選の選挙運動の写真を撮っていた。「誰の許可で撮影してたんだ」いきなり、自動小銃を抱えた政府軍の兵士にとがめられた。


一緒にいたほかの記者たちと国連コンゴ監視団や選挙管理委員会の許可があると説明しても、銃口をこちらに向けて「こっちへ来い」と言う。


少し離れた場所で「金をよこせ」ときた。酒臭い。抗弁すると、発砲するしぐさで脅かし、こちらが怖がるようするをも見てにたにた笑う。仕方なく、現地ガイドを通じて金をわたし、ようやく解放された。


こうした軍人や警官といった公務員の「強盗」は、治安に問題を抱えるアフリカ諸国では珍しくない。何かと物入りなクリスマスの前などは、因縁をつけて金をせびる警官や兵士が増えるから、特に気をつけろとよく言われる。


今年末に大統領選を控えるケニアでは最近、現職大統領の本給を3倍に増やす法案を国会が可決した。新たなほう就学が「米英の大統領や首相以上」という報道で強い批判がおき、大統領は昇給を返上した。賛成した議員たちは、大統領の昇給を口実に議員報酬も上げようと企てたらしい。


「権力による強盗」とまでは言わないが、酔った兵士に勝るとも劣らないたちの悪さだ。(特派員メモより。引用ここまで。1月11日分)


こういうのを日本風に言うならば、「十手持ちがたかり」と言うのでしょう。←一般的に言われているかねぇ。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 日本でも政治家や官僚の汚職がたびたび起こっていることが報道されますが、十手ならぬ銃をちらつかせての露骨なたかりはないでしょう。


いやあったかな? 「こち亀」の主人公、両さんがそれに近いことを頻繁にやったような。しかも、この人、酒癖が悪いから、お酒を飲んだらますますトンデモ事に走ってしまいますよ。


=====================================



今回の「アジア以外のトンデモ記事」はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : なんて事だ?? - ジャンル : 政治・経済

独伊仏の文化と歴史・歴史編

今日は休みを利用して、川崎駅前のヨドバシカメラへプリンター用のインクを買いに行きました。そのためには、電車に乗る必要があるのですが、乗った後でタバコの箱を拾いました。下車した後でゴミ箱へ捨てるためです。


しかし、それは中身が詰まっていました。戦時中ならば、代用通貨として利用できるのにと変な事を思いつつ、タバコを吸わないので、そのタバコの箱はトイレのゴミ箱へとたどり着きました。


さて、本題へ入りまして、今日の午前中は「独伊仏の文化と歴史」において、欧州大戦を取り扱った戦争映画では大抵ドイツ軍が登場することを取り上げました。それは、実際にドイツ軍が広範囲で戦った事を反映する物でした。


まず、東ヨーロッパでは、ポーランド、ソ連へ侵攻し、北ヨーロッパでは、ノルウェー、デンマークへ侵攻し、ソ連に攻められたフィンランドと友好関係を持って、その方面からもソ連へ侵攻しました。


西ヨーロッパでは、ベネルクス諸国とフランスへ侵攻し、イギリスにも空襲を仕掛け、その後で本土進攻を果たそうとしました。


また、イタリアが参戦したことで、イタリアが攻めあぐねたギリシャも攻略し、北アフリカへも援軍を派遣しました。それとは直接無関係ですが、ユーゴスラヴィアでは最初友好関係にあったのにもかかわらず、後に離反したことで、ここも攻略の対象となりました。


イギリスと戦うことになったことで、海上での戦いも非常に広範囲な物となりました。Uボートはバレンツ海、大西洋、地中海、インド洋へと出撃し、商船を改造した補助巡洋艦に至っては太平洋まで出向いた物もありました。


また、パウル・カレルの著作「砂漠の狐」では、リビア南部の平地に輸送機を同道した爆撃機が、そこを中継地として、中央アフリカの連合軍物資集積所の爆撃を行いました。


さて、時をさかのぼって第一次世界大戦でも、ドイツ軍は広範囲での戦いに従事しました。第二次世界大戦におけるドイツ同盟国はどれも小物とでしたが、第一次世界大戦ではオーストリアと言う大国がありました。オーストリアは元来、ドイツを代表する大国でしたが、後から発展したプロイセンに先を越される形で統一の主人公の座をとられ、当時はドイツから見て外国の扱いとなっていました。


それは、国土こそ広大な物の、多数の異民族を抱え込んだ状態で、ナチスの感覚からすれば、ドイツに後れを取って当たり前の有様でした。


実際、ドイツはヨーロッパだけでも東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、バルカン半島でも戦ったばかりか、アルプスにも援軍を派遣して、イタリア軍と戦いました。一例を挙げるならば、ロンメルに率いられた山岳猟兵です。


そればかりか、ドイツは当時海外植民地を有しており、そのためにアフリカと極東においても地上戦を戦いました。そして、極東を日本に奪われたために、この地を根拠地としていた艦隊が本国への強行突破を図って南米コロネル沖でイギリス艦隊を破り(1914年11月)、大西洋へ入ったところをフォークランド沖で新手のイギリス艦隊と戦って全滅しました。


この艦隊と分離した軽巡「エムデン」は単独でインド洋において通商破壊作戦に従事し、しまいには追い詰められてココス諸島で座礁しました。また、地中海では巡洋戦艦「ゲーベン」がトルコに派遣されて戦いました。


当然、大西洋ではUボートが猛威を振るい、いわゆる七つの海をまたに駆けた奮戦が両大戦を通じてあったのです。


次回はもっと時代をさかのぼって19世紀を取り上げようと思います。乞うご期待。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。  <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

独伊仏の文化と歴史

今や日本の外来文化いえば、英語系文化が中心となっています。外国映画もアメリカ製が最も多く観られることが多く、洋楽と言えば大抵はこれもアメリカ製ですね。そして、会社や店の名前にも英語名。日常用いられる用語にも英語。人名、地名にも英語。と、とかく英語がちまたに氾濫している現状です。


かくも頻繁に英語が氾濫する現状の下では、個人が好き嫌いを超越して何らかの形で英語系文化に依存しなくてはなりません。現に、今このようにして行われているブログにしても、PCから始まっている以上、これもまた英語系文化の1つなのではないでしょうか。


これに対して非英語系文化のほうは、まだまだ個人の好き嫌いが反映する余地があります。ここでは、とりわけその中でも比較的知名度の高い、独伊仏について取り上げたいと思います。


この中でも、世間一般では最も関心が高いのはフランスだと思います。やはり、どっかの国と違って、本当に文化先進国と言えることはありますからね。ドイツ語にしても、フランス語からの流用は少なくないし、パリを占領したときにヒトラーが市内観光にご満悦だった程ですからね。


そして、イタリアに対するそれも世間一般はフランスに対するのとほぼ同じでしょう。まあ、こちらの方はスーパーカーやオートバイでも有名どころがあって、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の作者秋本治さんもこの方面が好きと見えて、漫画でも取り上げております。


これに比べればドイツのほうは文化面で劣るのかなぁと言う感が否めません。とりわけフランスから見れば、京都の公家が関東地方を東夷(あずまえびす)と称したような感覚を持っているのでしょう。


ただ、わたしの場合はヨーロッパと言えばドイツ中心的な感覚を持っています。イタリアに関しても、まあまあ好意的な感覚を持っています(そうでもなければハンドルネームが別の物になっていることでしょう)。そして、両国に比べればフランスなんぞは低い扱いでしかありません。


三国に対するこうした感情はざっくばらんに言ってしまえば、戦争映画の数がものを言った結果であります。オールマイティ的なアメリカは別格としても、イタリアは戦争映画の供給量が非常に多い国であります。まあ、その映画のほとんどは英語名の俳優が英語で演じる外国のいくさであると言う奇怪さは否めませんが。


これに比べれば、日本で観ることのできる独仏の映画の供給量は高が知れているものの、ドイツ人の俳優はフランス人に比べて外国映画でも見る機会が比較的多く、ましな方にある方でしょう。そして、ドイツの場合、どこの国も欧州大戦を取り扱ったものでドイツ軍抜きで戦争映画が成り立つ試しが滅多にないと言う点で影響力の大きさはフランスの比ではない事は強調すべきでしょう。


いくつか映画名を取り上げてみましょうか。


東部戦線


戦争のはらわた(米)、ヨーロッパの解放(ソ)、レニングラード攻防戦(ソ)、モスクワ大攻防戦(ソ)、スターリングラード大攻防戦(ソ)、スターリングラード(独)


西部戦線


史上最大の作戦(米)、遠すぎた橋(英)、大爆破(伊)、バルジ大作戦(米)、コンバット(米)、西部戦線異状なし(米)、スカイエース(英・仏)、大反撃(米)


イタリア


アンツィオ大作戦(米)、脱走特急(米)、要塞(米)、戦場のガンマン(伊)


バルカン半島


ネレトバの戦い(ユーゴ・独・伊)、クロスイーグル作戦(米)、ナバロンの嵐(英)、地獄の河(ユーゴ・米)


北アフリカ


ロンメル軍団を叩け(米)、トブルク戦線(英)、砂漠の鼠(米)


中央ヨーロッパ


大脱走(米)、メンフィス・ベル(米)、抵抗のプラハ(チェコ)、第17捕虜収容所(米)


イギリス本土


空軍大戦略(英)


大西洋


眼下の敵(米)、U-571(米)、戦艦シュペー号の最期(英)、Uボート(独)


インド


シー・ウルフ(英・米)


以上、これだけドイツ軍の出番が多いとなれば、軍事に関する関心の高い者がドイツへとさらにのめりこんでしまうと言うのも自然の流れと言うべきでしょう。


これに対して、フランスの場合は、「文化先進国」と言っても、日本の芸能でたとえるならば、アイドルとトレンディドラマばかりで(要するに自分の無関心な分野)、時代劇と演芸(ちなみに年末年始にビデオに撮りためした番組のほとんどがこれに当てはまりました)に事欠くような有様で、到底大きな関心を寄せるには至らないのです。フランスで最も評価すべきものはアルセーヌ・ルパンの存在でしょう。「ルパン三世」のモデルとなったのですから。


クリックお願いします。  <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

週間アジア第11号

例によっての遅れた情報通信です。でも、ネットで新聞からのネタですから、これで初めて知ることができるものと思ってお付き合いくださいませ。もし、既に知っているものがあったらどうするかだって? そういうものはできるだけ掲載しないように務めます。そういう物は往々にして、よそ様のブログでわたし自身が見てしまった場合もありますので、自分ごときが掲載するまでもないだろうと判断するからです。<(_ _)> 


=====================================


①コックにも汚職の波


香港の名門の「ペニンシュラ・ホテル」の従業員用レストランで働いていたコックがこのほど、コック長に賄賂を渡した疑いで逮捕、起訴された。リストラにあわぬよう、仕事振りを割り増し評価してもらうのが狙いだったという。


96年から8年間、毎週300香港ドル(約195万円)。3人の子供を路頭に迷わす訳には行かないと必死の思いだったが、結局昨年解雇の憂き目に。「約束が違う」とコック長を当局に訴えたところ、自分が贈賄罪に問われてしまった。(引用ここまで。12月5日分)


うーん、さすがは賄賂の国というべきなのでしょうか。それにしてもお気の毒様なのは、逮捕されたコックの人です。盗みとか、公金横領とか、お金を得ていたのならばいざ知らず、せっせと上司に貢いで負担をしたのにもかかわらずですからねぇ。


この記事読んで思ったんですが、この人が贈賄罪ならば、コック長のほうはどうして収賄罪にならなかったのでしょうかと言うことですよ。おそらくは、コック長のほうも上司に賄賂を贈っていたのでしょう。


そうでもなければ、こんな片手落ちな結果にはならなかったでしょう。上司にしてみれば、こいつうざいから、どうしても解雇したい。でも、賄賂くれるからなぁ。始末に困るなぁ、という事で上司に相談し、賄賂を贈って、「どうしても、あいつを解雇したいです。でも、あいつ、賄賂くれるから、解雇したときに、わたしを収賄罪として訴えるかもしれませんが、そのときは、あいつのほうこそ贈賄罪だとおとしめて、わたし自身にはお咎めなしにしてください」とでも頼んだのでしょう。


=====================================


②パンダ繁殖にビデオ


タイ北部チェンマイの動物園が、ジャイアントパンダのカップルに、別のパンダの交尾場面をビデオで見せる計画を進めている。交尾の仕方を「学習」させ、繁殖を促すための苦肉の策だ。


カップルはオスが6歳、メスが5歳で、3年前に中国からやってきた。動物園側は妊娠を期待していたが、一緒に暮らすうちに恋仲ではなく、兄弟のようになってしまったとか。


飼育係も「食べる、寝る、遊ぶ事だけに熱中」と嘆くことしきりだ。まずは2頭を別居させ、愛情を芽生えさせるよう試み、ビデオ作戦に移る予定だと言う。(引用ここまで。12月5日分)


ちなみに、江戸時代の大奥などでは女性の輿入れは10代で行います。今に比べて早婚だった訳ですね。そして、出産も早い。何しろ、特に大奥では30歳になると「御褥寝御免」と言って、将軍とは寝られないのです。


今の10代では援助交際なるものが社会問題となっていますが、当時は10代でも出産当たり前でしたが、その場合の知識はどうするんじゃいと言うことに関して、大奥などでは、あらかじめエロい絵を見せられて、将軍との御褥寝に臨んだようです。


=====================================


③肥満の野生ザル、ダイエット


中国四川省の仏教名山、峨眉山に生息する野生のサルたちが3年間のダイエット作戦で見事、減量に成功した。観光客からもらうお菓子を食べ過ぎて肥満化し、病気になるサルも少なくなかった。食事や運動で最大30パーセント減量し、野性の本能を取り戻しつつあると言う。


峨眉山さる区管理委員会などによると、同山にはチベットマカクザルと呼ばれる貴重なサルが約1200匹生息。通常の平均体重は25キロ程度だが、観光客と接する機会の多い約300匹は最大45キロにまで太っていた。


同委員会は干しぶどうや雑穀を混ぜた減量食を与え、銅鑼を叩いてサルを間の中では知らせ続けた。観光客には減量食以外は与えないように協力を求め、体重は平均30キロまで落ちたと言う。(引用ここまで。12月14日分)


サルと言えば、日光のサルは手癖が悪いと言うことが印象にあります。観光客や売店からのかっぱらいで食糧獲得。いやいや、そればかりか畑に押し入っての作物略奪なんてものもありましたっけねぇ。


それに比べて、こちらのサルはそうした盗癖はなかったのでしょうか。そうすると中国人はサルにも劣ると言うことなのでしょうか。(≧ε≦o)ぶ! まあ、こちらのサルも物乞い癖が身に付いてしまっていたようですが。人間もサルも肥満が蔓延すれば病気になると言う点では共通しているようです。ダイエットに励んでメタボリック症候群去る! 最後はだじゃれてお後がよろしいようで。v(^0^)v



今回の「週間アジア」はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 特定アジア - ジャンル : 政治・経済

おじさん

さぁーて、今年初のドイツ語冗談をいきますよー。腹をくくってご覧ください。なんておおげさだなぁ、とわれながら何を言うかねぇ。(^ ^;)


ぼくのおじさん(Onkel)恩知らず。恩蹴る言う位だから。


おじさん、伯父、叔父の方ですが、Onkel(オンケル) と言う男性名詞です。周知のとおり西洋では年長者だから敬うという発想はないので、伯父、叔父の区別はありません。兄弟姉妹の場合でもそうでしたね。


やい、DUCE! 今日は短いぞ、と思うでしょう。われながら思いますので、もう1つ紹介しましょうか。


これがわたしのうにだ。→ Das ist meine Uni. (ダス・イスト・マイネ・ウニ)


この意味わかりますかねぇ。食べ物じゃありませんよ。大学のことです。ドイツ語で大学のことを Universität(ウニヴェァジテート) と言い、Uni(ウニ) は略語であります。要するに、この大学に通っていますよ、という意味ですね。


しかしまぁ、偶然ながら、この日本語、「にだ」で締めくくってしまいました。「うに」の部分を赤くしておかなかったら、変な解釈されたかも。(^0^;)→鵜ニダなんてねぇ・・・。


みなさん、今回のドイツ語の冗談は、この辺でよかですか。次回をお楽しみに。(^0^)/^^^^^


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

DUCEのファッション考

今回のタイトルは一応、「DUCEのファッション考」だなんてのたまいましたが、自分のような奴が、その方面でろくなことは言わないと言うことを、前もってお断りしておきます。


ちょっと前にも、女性の間で厚底ブーツなんてけったいな代物がはやりましたねぇ。底が厚い以上、こけやすい訳で、実用性の点では疑わしい訳ですが、しいて言うならば、底が擦り切れるまでに時間がかかると言う事くらい。しかし、流行がすれるのとどっちが早いだろうかなどとくだらない事を考えたものです。今では、その流行はすれたようですが・・・。


さて、わたしは昨年7月にジーンズを新調しました。←あいも変わらず、遅れたことを言う奴だなぁ。(^0^;)


元来、わたしの場合、擦り切れるまで1つのものをはき続けるつもりでしたが、それまで使用していたジーンズの、最上部からまた下の部分までが浅いために、履き心地が良くありませんでした。股間のたまたまとぼっこ←表現がユーモラスでしょう(゚∀゚) に対する圧迫感があり、しかも、しまっていたシャツがはみ出やすいと言う不快感も頻発しました。


こんな物は女向けじゃー! とまあ、自身の選択の失敗も省みずに思ってしまったものです。(^ ^;) 女性ならば、たまたまやぼっこに対する圧迫感なんぞは気にしなくてもいいし、また、昨今の女性は、ジーンズにシャツやブラウスをしまうと言った着方をする人をめったに見かけません。


わたしの場合、そう言った着方を今でもする気になれません。←要するに、流行なんぞに余り迎合しない、保守的な人間なのですよ。 ジーンズでもスラックスでも、生地が直接腹に当る感触は心地の良い物ではなく、しかも、こうした着方は隙間を作ることとなり、外気が腹に入りやすいので特に今時期は寒いので好ましいものではありません。


それに引き換え、少なからずの女性は、今ではそうした着方を当たり前の事としています。そんなことですから、端からすその短いシャツなんかを着ることで、皮膚が露出しやすい状態にしていると言う、わたしには不可解なファッションがまかりとおっている有様です。


まあ、くそ暑い夏場ならば皮膚の露出の多い服装もまあ良いでしょう。もっとも、わたしの場合、自動二輪に乗る都合上、この時期でもほとんど長袖で、皮膚の露出は少なめですがねぇ。


とは言え、夏場でもそうした服装はいかがなものかなぁと思うこともあります。へそだしルックに見られるように端から腹や背中の一部が見える服装は言うに及ばず、それ以外の、シャツ等をしまわない服装でも、前かがみしたりしゃがんだ時に後ろから見たときに、ジーンズからショーツの一部がのぞけて見えることがあるんですよ。


こう言うのはいいのだろうかと思っている昨今です。それとも、これもファッションなの? わたしには良く分からんです。と言うところで、今回のブログはおしまい! (^0^)/^^^^^


クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

謹賀新年

謹賀新年


当ブロク閲覧者のかたがた。新年明けましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いいたします。


<(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)>


ちょうど8つ分。なんか笑点みたいだなぁ。( ̄ー ̄)ニヤリ 左から桂歌丸さん、三遊亭小遊三さん、三遊亭好楽さん、林家木久蔵さん、春風亭昇太さん、三遊亭楽太郎さん、林家たい平さん、山田隆夫くん。なんちゃって。(*´∀`)アハハン♪


周知のとおり、今年の干支はいのししですが、大石内蔵助は1659年生まれでいのしし年です。ただいま、録画しておいた「忠臣蔵・よう泉院の陰謀」の第一部の視聴を完了したところです。一部だけでも、CM抜きだと3時間以上かかりましたが、今回は三部構成で、そのために一部が長いのです。途中で眠くなったので、一時休止しました。


「忠臣蔵」が終わったら、今度は「明智光秀」と「白虎隊」があります。この時期は時代劇のスペシャルドラマが多いですね。そして、今日からは大河ドラマ「風林火山」が始まります。


なんか、今日は時代劇の話ばかりになりましたかな。とにかくクリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| ホーム |


 BLOG TOP