プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アメリカ兵の犯罪に関して

(>_<) こんばんわ。普段ならば、ここでは笑顔の絵文字を出すところですが、ついに花粉症の時期に入りましたので、とても上機嫌ではいられません。
わたしの場合、薬が通じないのか、非常に高価でしかもとてもつらーい手段でありますレーザー治療にて対処しています。鼻の中に直接行きますからね。単に痛いのみならず、泣けてきますよ。もし、効果覿面の注射があるのであれば、よしんばそれが太い針であっても、迷わずそちらのほうを選択するでしょう。腕に食らう分であれば、相当いたい思いをするにせよ、せいぜい歌舞伎の如く全身を硬直させておけば、泣くまでには到らないでしょう。
レーザ治療の目的は、鼻の粘膜の大半を焼き払って、腫れ上がる度合いを抑えるものであって、したがって、目のかゆみには役に立ちません。まさか、角膜にレーザーを当てるわけにもいきますまいからね。しかも、そうした効果が迅速に生じるわけでもありません。ですから、今もまだ、鼻づまりの苦難が続いております。何しろ、粘膜にしてみれば、焼き払われたのですから、非常に痛がるわけでして、その反動で焼かれないで残されたところがしばらく腫れ上がった状態で残るのです。
ツラ━━━━(>_<)━━━━イ!!!!
さて、本題に入ります。最近では、沖縄のほうで、アメリカ兵による少女暴行が問題となっております。
この事件に関して、夜遅くまで外を徘徊しては、アメリカ兵の呼びかけに応じた少女のほうにも問題あり、とする見解も少なくありません。かくいうわたしもその1人です。しかし、そうした見解に対して、悪いのはアメリカ兵であって、少女のほうではない、そうした主張は、被害者をさらに痛めつけるものだ、と言う反論がありました。
なるほど、婦女暴行に走ったアメリカ兵がいちばん悪いことには間違いないでしょう。しかし、そうした主張する人は、よしんば被害にあっても、それは加害者が全面的に悪いのであって、あなたが悪いわけではないとして、夜遊びを無制限に放任しているのでしょうか。
この種の犯罪が白昼起ころうが、夜間に起ころうが、下手人の罪の度合いは同じでしょうが、夜間のほうが多いことはすでに分かっていることじゃないですか。だからこそ、これまで子供に対しては、その種の犯罪に巻き込まれないよう、遅くまで外にいるなと呼びかけてきたのではないのでしょうか。
よしんば、悪いのは全面的に下手人である、と言う前提があるにしても、そうしたリスクを好んで背負い込む行為に走るのはりこうとはいえません。
また、この種の犯罪を起こすのは何もアメリカ兵に限ったことではなく、日本人でもありうるし、あるいは一般の外国人ということもありえましょう。
アメリカ兵の犯罪がぽつぽつ生じていることを引き合いにして、基地がある以上、この種の犯罪はなくならないと主張する人が少なくありません。
では、一般の外国人をそこに置き換えたならばどうでしょうか。外国人は犯罪率が高いからと排除すべしと叫んでくれるのでしょうか。むしろ、「多民族共生」と言う美名の下に、一部の不埒な外国人犯罪を引き合いに出して、外国人排斥を行うべからずと主張するのではないのでしょうか。
なぜか、アメリカ兵の犯罪に限って、一部の不埒なアメリカ兵ではなく、アメリカ軍全体を批判の対象としている人が多く感じられます。
そう考えると、ひょっとしたら、早い話が「アメリカ軍出て行け」と言う主張の口実に犯罪を利用したに過ぎず、被害者たる少女も単なるだしでしかないのでしょう。
しかるに、わたしのように、無制限に夜遊びにふけるからいらざるリスクに出くわすのだという批判よりも、「あなたは悪くない」と、子供に対して夜遊び抑制もしないで単にアメリカ軍批判に走る連中のほうこそ、被害者たる少女に対して有害だと思います。

アメリカ軍批判のために被害者をだしに使うな!
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

外国人参政権など真っ平ごめん

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ みなさん、おばんでやんす。昨今話題になっていることの1つに、外国人参政権がありますね。この件に関して、在日韓国人がとりわけ主張していますね。「自分らだって税金払っているんだから、政治に口を出して何が悪い」と言う類にですよ。
税金払っているから、参政権と言うので、ふと思いついたこととして、未成年で就業している人はどうなんだ、ということです。なるほど、かつては、中学校ですら義務教育でないころに比べれば、今は大学を目指す人が著しく増え、そのせいか、教育産業のほうでは、大学進学は当たり前と勝手に決めているのか、適齢期の高校生に対して、ダイレクトメールは来るは、電話勧誘は来るわでうるさいです。実際、わたし自身が、かつて、そうした勧誘を体験したことがあったものです。
わたしの場合は、不精か脳足りん(^0^;) かのどちらかであるので、高卒にて就職しました。この結果、未成年にて、親の扶養家族の立場から離脱し、税金を払い、年金を払うことになりました。
これに対して大学進学を選択した人の場合は、少なくともそれが4年間(短大ならば2年間)延期されるわけですね。したがって、彼らの場合は成人式の時点でもいまだ親の扶養家族の立場にあって、そのために、かつては国民年金への加入も任意であって、中には、加入を選択したかったばかりに、その間に重度障害を負っても障害年金をもらえない人も出たことから、今では、大学生も国民年金加入は義務となっています。
そんな彼らでも、20歳ともなれば参政権が与えられます。つまり、税金云々は関係ないですね。よしんば参政権がなくとも、行政サービスの恩恵に与っているのですから、一定の納税は国籍のいかんを問わず当然ですよね。外国人だからといって、道路を歩くな、走るな。火事にあっても消防車を呼ぶな。迷子になっても、派出所に行って道ききをするな。急病になっても救急車を呼ぶな。そんなことは言われないですよね。
国によっては、税金を払っても、そうしたインフラがなっていないばかりか、いちいち利用するときに別個にお金を取られるということはあるでしょう。国籍国のインフラ発展に貢献せずに、飛び入りの如く、比較的それらのものが整っている日本にいついて、ちょっとばっかし税金を払っただけで、外国人ごときが参政権を主張するとは図々しいです!
まあ、在日韓国人の場合、上記にあげた「飛び入り」のごとき存在ではないのかもしれません。しかし、それでも参政権を要求できる筋合じゃないでしょう。日本に鎮座する前提がありながら、一方では外国人の立場を子孫にも継承していこうという前提。これはいかがなものでしょうか。早い話が、日本を単に利用するだけで、日本人になる気がない、と主張していることにはならないのでしょうか。
生粋の日本人ですら、日本人としての資格が疑わしい人が少なからずいると言うのに、かように、日本人になりきる気もないでただ日本を利用するにとどまっている人にどうして参政権を認めなくてはならないのでしょうか。

外国人参政権など真っ平ごめんです!
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

抵抗運動礼賛の功罪⑪

みなさんこんにちは。外は晴天とはいえ、寒い季節ですから、どうしても外出がおっくうとなっております。そんなわけで、急いで本題に入ります。←別に急ぐ必要もありませんが。(^▽^;)

さて、いくさとは、正規軍同士のいくさで、外に出て戦うのであれば、武器の生産は、空襲にでもやられなければ、自国の領地が維持されているわけですから、原料などの供給が満たされれば可能であります。まあ、ドイツなどは、大戦末期の1945年4月ともなってくると、西からはライン川を渡って西側連合軍が、東からはオーデル川を渡ってソ連軍がドイツ本土深く進攻してきて、武器の生産どころではなくなりました。
それに対して抵抗運動では、自国が敵の占領下に置かれてしまっているので、そうした武器の生産がほとんど不可能な状態にあるので、武器の調達としては、敵からの捕獲か、同盟国からの供給に頼るしかなく、早い話が、単独で戦い続けることは不可能といってよいでしょう。
さて、同盟といったところで、別段、相互扶助が目的で締結されるものではなく、個々の国が自国の利益のために締結するのが普通であり、その結果、弱体化した同盟国を見限って、もともとは敵だった、より強いよその国に乗り換えるといったことも良くあることです。
そう考えると、自国が完全に征服されてしまって、抵抗運動程度しかできないほどに弱体化した国を助けるメリットはそれほど多くなく、むしろ、征服者と友好関係を持ったほうが好ましい場合もあります。
もし、抵抗運動を援助するメリットがあるとすれば、その敵との友好関係がありえない場合に限られます。それは、その敵といまだに戦争状態にある場合です。そういう場合、本来ならば、自国にとっての脅威を斥けるほうが先であって、よその援助なんぞは後回しと考えるのが普通でしょう。
アメリカにしても、大東亜戦争の初期には、自国に対する日本の脅威を斥けることが最優先だと考えて、英ソに対する援助は後回しと主張した人が多かったではありませんか。
それでいて、アメリカが英ソに対する援助を行ったのは、両国がドイツに押しつぶされたならば、ドイツの矛先を一手に引き受けざるを得ないからと言う恐れがあったからです。
そうしたことから抵抗運動に対する、よその国の援助を結論付けるならば、自国にとっての負担を減らすために使い倒す側面があることを指摘したいです。
抵抗運動を行っている当事者にしてみれば、自国の解放が最優先に考えられるでしょうが、それを援助する側からすれば、そんなことは後回しで、自国に対する脅威を取り除くことこそ優先されるべきことであって、そのためには、抵抗運動に対する援助を行って使い倒すのが実情でした。
たとえば、イギリスにとって、フランスは自国にもっとも近いところにあったために、結果として、ノルマンディー上陸によって、比較的早期の解放に貢献しましたが、もともとはソ連の勢力が地中海に及ばないようにするために、チャーチルはバルカン半島侵攻のほうを望んでいました。そのために、共産主義者の集まりであった、ユーゴスラヴィアのパルチザンに対する援助が熱心に行われたものです。
これに対して、ノルウェーなどはいちばん貧乏くじを引かされたのではないのでしょうか。イギリスは、ノルウェーの解放をドイツの完全打倒を以って行うと意図していたので、むしろ、ドイツ軍をノルウェーに押しやる戦略をとりました。
イギリスにといって好都合なことに、ヒトラーがノルウェーを取られれば、前大戦のように厳しい海上封鎖にあって、敗れるだろうと考えていて、防備の強化を望んでいました。そこでイギリスは各種の特殊作戦を以って、これを推進しました。
果たしてヒトラーは、ノルウェーの地上兵力を著しく増強し、フランスにあった主力艦をドーバー海峡を強行突破させて、ノルウェー海域に送り込むことまで行いました。
当時、イギリスはソ連に対して北極海経由でソ連に対する援助物資を送っていましたので、押しやったとはいえ、この方面におけるドイツ艦隊に関する情報は欠かせないもので、ノルウェーの抵抗運動はそういう意味で頼りにされました。
しかし、結局のところ、ドイツ占領国の中でもっとも解放が遅かったということで、ノルウェーにとっては良い気分ではないでしょう。ここで、1941年12月に行われた、イギリス軍の特殊作戦の1つである、ボクセイ島襲撃に関して、当時のノルウェー亡命政府の不満の声の要約を引用することで締めくくらせていただきます。
「なるほど、この作戦においてドイツ軍に打撃を与えたことは間違いない。しかし、こんなことをされたら、ドイツ軍の方でも再度の襲撃に備えて、いっそう防備の強化に努めるだろう。そうなっては、いざ、わが国の解放を目指す時に、更なる困難が降りかかることだろう」

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 




テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

中国とんでもウォッチング⑩

みなさんこんにちは。今日の関東地方は、というか、今日もまたと言うべきですね。晴天であります。(^▽^)
昨日は、世間様ではバレンタインデーなる、キリシタンの行事がありましたが、2月14日といえば、どうも自分にとっては、石油とパラシュートがちらついています。というのも、1942年のこの日は陸軍の降下兵が東南アジアのパレンバンに空挺作戦を行った日なのです。そこは、東南アジア最大の製油所があるところでして、大東亜戦争初期の目的としては最重要といって良く、そういう意味では、次の日にも劣らないほど記念すべき日なのです。
そして、さらに次の日は金正日なる、糞将軍の誕生日だそうで、はっきり言って、こんなのでも「将軍」だなんてもったいないです。徳川家康もパットンもグーデリアンも将軍なのに、彼らと同列してほしくないです。(#゚ 皿゚ )凸

では、そろそろ本題に入ります。「中国とんでもウォッチング」今回で10回目です。
\(@^∇^)/..わーい♪ 今回はどんな中国のとんでもごとが紹介されるか、見てのお楽しみですよ。v(^0^)v
======================================
カジノに狂い親失格
マカオに近い香港では、活気に沸くカジノの「魔力」にはまる人が増えている。
先月18日、14歳の男子中学生が「おなかが減った」と警察に助けを求めた。母親は11日前に家を出たまま、1度電話で「近所で金を借りて自分の力で生きて見なさい」といっただけ。父親は他界していて、家にはほかに誰もいなかった。
母親は月末にマカオから戻ったところで警察に逮捕された。「うさはらしにカジノに行っていた」と言う母親は「いうことを聞かない息子を反省させたかった」とうそぶき、裁判官が激怒。判決を1カ月のばして厳しく審理する意向だ。(引用ここまで。1つき15日分)
このことは、ある意味、よそ事ではありませんな。日本でも、パチンコにはまった母親が、赤ん坊を車の中に残して、炎天下状態だったために脱水状態で死に至らせてしまったなんて話もあります。
まあ、今回の出来事は、それを上回るとんでもごとに違いありません。パチンコにはまった母親でもさすがに、子供に対して、自活すべしとは言いませんからねぇ。
======================================
高級な公用車に激怒
9年間に公用車として7台の高級車を次々と乗り換えていたとして、北京市郊外の共産党幹部が村民から突き上げを食らった。
順義区・張鎮にある村のトップである張○河・共産党書記は、98年から06年にかけてアウディなどの高級車を次々と購入。130万元(約2000万円)を超える経費を使った。これに怒った村民たちが当の規律検査部門に報告。張鎮の党委員会は、現在の公用車の使用を禁じた。村民はこの車を結婚式などの慶事に使いたいと求め、党上層部の回答を待っている。(引用ここまで。1月22日分)
村民が怒るのは当然として、村民の慶事に使いたいと求めて、回答を待っているというところなんかは、さすがは中国と言うべきかなぁ。本来ならば、とっくにそのように使われているところを、回答待ちということは、ひょっとしたら没収と言う事もありうるのではないのでしょうか。とまあ、どうしても、こう突っ込んでみたくなるのが、中国の不届き振りに気づいているものの発想であります。
もっと突っ込んでみるとしたら、かの書記は、上司に対する付け届けをしなかったのでしょうか。ひょっとしたら、これがなされていたならば、ひょっとしたら、こうした「悲劇」はまぬかれていたかもしれませんね。
======================================
中国製チップは偽物
韓国警察当局はカジノで使うチップ6億ウォン(約6700万円)相当を偽造して持ち込んだ韓国人男性2人を逮捕した。現場は国内で唯一、韓国人が利用できる「江原ランド」と言うカジノ。2人は中国で偽造したチップ600個あまりのうち10個を知人を介して換金しようとしたが、「なんだか怪しいとおもった」と言う知人がカジノ側に通告して捕まった。
チップは1枚100万ウォン(約11万円)相当の「ゴールドチップ」。本物と識別不可能なほど精巧だった。警察は組織的な偽造と見て中国の偽造現場の特定を急ぐ。
(引用ここまで。1月29日分)
うーん、モノホンと識別不可能とすると、単なるてんぷら金の類とは違うのでしょうか。さりとて、本物の金を使ってでっち上げたわけでもありますまい。偽物なだけに、安く仕上げて、高い値で市場に持ち込むというのが強調しなくてはなりませんからね。
ともあれ、例によっての中国のでっち上げ。さすがに、ペテン師以外は万事偽物という国だけのことはあります。
======================================
いつもながら中国はとにかく(゜д゜)ス(゜Д゜)ゴ(゜A゜)イ…ヽ(゜∀゜)ノ…ゾォォォォォ!!!!

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

抵抗運動礼賛の功罪⑩

みなさんおはようございます。( ゚∀゚) 早速ながら、昨日の夕刊、今日の朝刊と引き続き、アメリカのほうで、知っている人2名の訃報がのっていたのを見ました。1人はロイ・シャイダー。「ブルーサンダー」などいくつかの映画に出演したのを見ました。享年75歳、早いですね。もう1人はトム・ラントス。日本の「従軍慰安婦」「靖国神社」に関して批判した人です。とくにラントスさんに関しては、当ブログでも取り上げたことがありましたが、ともあれ、この場を借りてお2人の冥福をお祈りいたします。ちーん Ωヽ(-"-;)南無南無

さて、本題に入ります。「抵抗運動礼賛の功罪」第10回目に入ります。繰り返しになりますが、抵抗運動は、敵中に取り残された者が自主的に行うものであって、そこでは、自国の法が実質的に適用できない脱法状態の下で行われました。
それだけに、敵の勢力圏外にある自国の政府にとっては、彼らの行為に対して必ずしも手出しできないこともあり、時によっては疎ましい存在足りえることは、前回、映画「地獄のスクワッド」を引き合いに出して述べました。
しかるに、こうした抵抗運動が、万事純然な愛国行為足りえるか、問われるところです。中には火事場泥棒的な天下取りに利用される場合もありますし、たいていの場合は、好むと好まずとせいぜい郷土愛と言う、愛国よりも狭い動機が抵抗運動をもたらしているのではないのでしょうか。
というのも、正規軍のいくさならば、自分の出身地と無関係なところでの戦いでの勲功で国民的英雄になるといった試しは多いのですが、抵抗運動は、自分の居住地を中心に行う試しが多いために、まったく無関係な所での戦いで名を上げるといったケースは当たり前にあるとは思えません。
元来、抵抗運動は敵中で行うものですから、行い手からすれば、自身の居住地に敵が居座っているから行うのであって、もし、遠くで戦うことがあるとすれば、それは自身の居住地が解放された場合にほかなりません。
ただ、そうなってくると、自国の法が適用されることになるので、よしんばそれ以上戦いたいというのであれば、正規軍に参加して、軍規や国際法に従う必要がありますが、もともと彼らはそうしたものから逸脱した状態にあった存在ですから、すんなり正規軍に参入できるものではありません。それゆえに、彼らにとって、居住地が解放された段階でお役ごめんになるのが筋であって、結果として、抵抗運動の動機がせいぜい愛国ならぬ愛郷土としかなり得ないのも仕方がないと言えないでしょうか。

では、今回はここまでとして、続きはまた次回ということで失礼いたします。<(_ _)>
続きが楽しみかな? o(゜▽゜*o)(o*゜▽゜)o ワクワク  
 クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

同和問題考察

(*゚▽゚)ノ みなさんこんにちはー。今日の関東地方は晴天です。\(^O^*)/ワ~イ なにぶん、最近は雪が多いですね。意外と2月は雪が多いのかもしれませんね。日本の雪の日三大出撃と言われる(?)吉良邸討ち入り、西南の役、226事件のうち、2月の出撃は後者の2つなのですよ。
では早速ながら本題に入りましょう。唐突ながら、今回は人権がらみで同和問題に関してかきましょう。←命令形ですが、書くのは自分自身であります。(^0^;)

わたしの体験するところでは、同和問題といえば、学校や会社での研修ビデオがすべてだったと思います。それだけに、ひょっとしたら、こんな研修は必要なかったのではと思います。
すでにこの種の差別が蔓延しているのであるのならばいざ知らず、実際のところ「同和問題って何?」という風に考える人のほうがほとんどなのじゃないですか。
知らずに済めば、差別の意図があっても、差別のしようがなく、よしんば同和だか、部落が差別に値する存在であるにしても、いったい誰がそれに当たるのかを知る手段がないじゃないですか。
何しろ、アメリカにおける黒人のように外観で差別をするわけではないのです。同じ外観を持った人間が、先祖が「えた、ひにん」と称されていただけなのですから、当人のほうでばらすのでなければ、他人がそれを明らかにするにはどうすればよいのか、それが分からないのです。
しかし、研修ビデオでは、井戸端会議ごときで、新たに引っ越してきた女性を指して「あの人、部落の出身らしいわよ」とばらす人がいて、そこから差別が始まるといった内容だった記憶があります。
よくよく考えてみれば、どこからそうした情報を仕入れてくるのでしょうか、と疑問がわかないでしょうか。何でも、部落と称されている場所が記されているデータブックのようなものがあるようですが、それを入手する手段が分かりません。
そう考えてみると、同和研修なるものも相当胡散臭いものであると最近では思うようになりました。黙っていれば、却って問題にならないことを、わざわざ蒸し返すだけなのではないでしょうか。こうした研修ビデオを作製する側は、同和地区に対する差別撤廃を呼びかける当事者の主張に基づいた発想があるのだと思いますが、考えようによれば、自身で、差別のネタをばら撒いたといっても良いのではないでしょうか。
実際、ネットで、こうした同和地区出身者によるたかりを知ることができましたが、そうしたことを組み合わせていくと、研修ビデオの販売に限ってもたかりの体質がうかがえるのではないのでしょうか。
まあ、たいていの場合は、教育の観点から、差別はいけない、撲滅しなくてはならないという良心がために、こうした売込みに対して拒絶感なく応じる学校がほとんどだと思いますが、まれに、わが校はすでに差別撲滅が貫徹していると言う自負心に満ちた学校から断りの口上があったならば、同和研修を不要とするという事は、同和問題に冷淡、同和に対する差別を野放しにしていると決め付けて、学校周辺で「この学校は差別を野放しにしている。不届きな学校だ」と沸き散らす算段だったのではないでしょうか。
まあ、これらのことはすべて推測で書いているので、確信的とはいえないのですが、さりとて的外れとも思えません。
まったく別のことなのですが、何年か前に自分自身、似た体験がありましたのでここで書きます。
とある企業から電話でサービス提供の勧誘(もちろん有料のですよ)を受けたとき、自分にとっては、好みのサービスではないし、ましてや金を払う気などさらさらないので、断りの口上を(そんなに大げさではありませんが)突きつけたところ、相手は、わが企業を完全否定する、差別行為だ、という意味のことを主張して食い下がり、1週間くらい勧誘の電話を続けたのでした。(#゚Д゚)ドカーン!!

あるものにとって、自身のエゴを貫徹するために「人権侵害」と言う主張を利用できかねない人権擁護法案反対! クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ : 人権擁護法案 - ジャンル : 政治・経済

「侵略」した地なのに棄民の地?

今回は珍しくよそ様のブログの引用をネタにして書きます。

引用元「ネトウヨのブログ」
ここでは、大戦末期、ソ連軍の侵攻に出くわした満州での悲劇を取り上げています。ここで登場する教師が、この件で「日本軍が悪い」と非難しています。典型的な左翼ですね。
この教師に言わせれば、日本軍は民間人を置き去りにして自身はとんずらをこいた。けしからんということです。

さて、満州といえば、満州事変を通じて、満州国が出来上がり、国策として、満州国への移民が推し進められたこともあります。
この件で、昨年、NHKがドキュメントを組み、その中で移民の経験のある人がインタビューに応じる場面がありましたが、その人の言う言葉がおかしいですね。「国にだまされた」と言ったのですから。
いったい何を以って「だまされた」と言ったのでしょうか。満州へ渡ったということは、ソ連軍の侵攻のために悲惨な体験をしたことは間違いないでしょう。しかし、その悲惨はソ連軍が火事場泥棒的に行ったせいであって、お上のペテンとは言えないのではないでしょうか。
満州へ行けば広大な土地が得られると言うのは、間違いない事実でしょう。それとも、この人は、悲惨な目にあったことが「だまされた」と言うのでしょうか。ソ連軍の毒牙の下に捨て殺しにするというのが国の意図したことなのでしょうか。
そもそも、満州事変を以って日本は満州を侵略したと言うのが多くの人の理解するところでしょう。「侵略」したのならば、そこを保持し続けることが前提にあってしかるべきであって、そこが日本領だから日本人をどんどん入植させて、日本の利益推進のために役立てよう、と言った程度の認識くらいはあってもよさそうなものです。したがって、はじめから捨て殺しにする意図があると言った発想は成り立ち得ないのです。
それを何ですか。インタビューに応じた人の言い分からすれば、国は人口過剰になった分を厄介払いすべく棄民を意図したと言わんばかりじゃないですか。もし、棄民のごとき意図があるのであれば、別段「侵略」した場所に送り込む必要はなく、南米のような、日本によって統治されていない所への移民促進で充分ではないですか。
しかし、こうしたよその国に統治されたところへの移民ですらもある種の「侵略」と解釈できるケースもあるのですよ。アメリカの「真珠湾」と言う映画では、反日的なアメリカ軍大佐がハワイにおいて、セレブな人たちを相手に講演したときに「ハワイにかくも多くの日系人がいるのは異常だ。彼らは、後々、日本がハワイへ侵攻をするときの尖兵であるにちがいない」と決め付けていました。まあ、実際、よその国に取り残された同民族が、侵攻の協力者として利用できると言ったためしはよそでもありましたが。
沖縄での集団自決にしても、アメリカ軍といえば、今は、ごく少数の味方の犠牲でも大騒ぎすることでは「世界一」の軍隊かも知れません。当時からしても、たいした違いがあるわけではなく、事前の砲爆撃で、ジャングルですらも完全に焼き払ってしまうほどの勢いで行ってしまうほどですから、それで日本兵は言うに及ばず民間人も一緒に皆殺しにしてしまうことなどお構いなしだったのではないでしょうか。
上記に取り上げた教師のような人は、集団自殺は日本軍の強制と言う前に、アメリカ軍に対して大虐殺のごとき猛攻撃に対する非難はないのですか。現在、アメリカ軍の居座る基地に対する抗議デモはさんざん行っているのに矛盾は感じないのですか。
満州での悲劇もソ連軍の弱いものいじめの体質が原因として大きいことをまず以って理解すべきであります。決して、日本軍が民間人を意図して捨て殺しにしたわけではないのです。

何でも日本、あるいは日本軍が悪いと言う考えは捨てましょう。
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

週間アジア第41号

みなさんこんにちは。今日は全国的に雲っ気の多い天候でして、関東地方でも 
サムイヨー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル と見た目も寒い状態であります。
ですが、いったんブログ更新を思い立った分には、がんがっていきますのでよろしく。まあ、家の中で行う分には、大して寒くないのですから。ファイトーー!( ゚д゚)乂(゚д゚ )イッパーーツ!!
では、今日のの分としては「週間アジア第41号」をお送りいたします。今日はどんなアジアの珍事が紹介されるか、見てのお楽しみですよー。
ワクワクo(゚▽゚*o)(o*゚▽゚)o ワクワク ワクワクo(^▽^*o)(o*^▽^)o ワクワク
======================================
マイク争いで銃撃戦
タイ中部ラチャブリ県にあるカラオケ店でマイクの奪い合いがきっかけで、客同士の撃ち合いが始まり、3人が死亡した。
警察の調べによると、カラオケ設備のある飲食店で深夜、会社社長ら3人のグループと、別のグループの男性らがマイクの奪い合いになった。口論の後、男性グループは会計を済ませてひとまず引き上げたが、銃を持って再び現れ、社長らを襲撃。社長も持っていた銃で応戦した。結局、社長とこの男性、仲裁に入った飲食店の店主の娘の3人が死亡した。両グループとも、酒に酔っていたという。(引用ここまで。1月15日分)
ウギャァァァ(#゚Д゚)ァァァァァァ カラオケめぐって果し合い?ですか。なんとも派手なことで。個人が銃を持っているということは、どうやらタイでは火器の個人所有は合法のようですが、それって、治安がよろしくないという事の裏返しですかな。警察が治安を守るには犯罪が多すぎるのでしょうか。ともあれ、こんなことでは、単なるけんか沙汰でも銃が乱発という事になりかねません。
======================================
五輪も平気、軍隊式訓練
北京五輪でボランティアとなる北京市民を対象に、軍隊式の訓練が進められている。「中国青年ネット」によると、緊急事態への対応能力を高めるほか、精神面を鍛えることが目的という。
訓練は、つり橋を渡ったり、人ばしごを組んで高さ4メートルの壁を越えたり、手を縛ったまま高さ1.6メートルの台から後ろ向きに落ち、ボランティア仲間に抱きとめてもらったり、といった内容だ。五輪とパラリンピックに協力するボランティアは計10万人。北京市内に昨年完成した「五輪ボランティア訓練基地」ではこれまで約3800人が訓練を受け、本番までに7000人強が受ける予定だ。
中国では、寮生活を送る事になる大学の新入生が団体行動になれるためや体力向上のため軍隊式訓練を数ヶ月受けるほか、卓球やサッカーなどの代表選手も心理面の強化策として取り入れており、これに倣った形だ。
(引用ここまで。1月16日分)
(*゚Д゚) ムホムホ 確か宮崎県の知事になったそのまんま東こと、東国原さんが徴兵制を通じて、若者の訓練を考えたとか。こういうのは参考になりませんかねぇ。なるほど、中国は昨今、毒入り食物を製造しているなど、いろいろとんでもごとで話題を提供してくれていますが、すべてがすべてとんでもごとというわけでもなく、参考になることは受け入れても良いでしょうかなぁ。
それとも、実際のところは、普段、中国に対しては甘い考えを抱く人々も、こうしたことに関しては逆に人権無視の暴挙だと日本での取り入れには反対するかもしれませんな。
( ̄へ ̄|||)ウーム
======================================
自画自賛の大統領
韓国政府は1月28日に開いた国務会議で、ノムヒョン大統領とクオンヤンスク夫人に対して、韓国最高位の「無窮花大勲章」を授与すると決めた。国務会議はノムヒョン大統領の主催で、自分で自分の叙勲を決めるという珍妙な形にになった。
同勲章は大統領選後、去り行く政権が次期大統領に贈るのが慣例。しかし、ノ氏は5年前、当時の金大中政権が自身への叙勲を決めようとした際、「在任中の功労に贈られるべきもの。退任時に受けたい」と固辞した事から、今回の珍事につながった。大統領報道官は「勲章は適切な時期に大統領に授与されるだろう」と語った。(引用ここまで。2月5日分)
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 歴史に残る珍大統領ののむ酸は最後まで珍なるネタを提供してくれたようで、ご苦労様です。人気も今月限り。がんがってくだせい。
ところで、この勲章。新任の大統領に授与するようで、なんかあべこべではないですかな。後任の大統領が、前任者の功績に敬意を払って授与するというのなら、わかるのですが、新任の大統領の場合、まだまだ実績が出ていないのに何でまた、くれてやらねばならんのかが分かりません。
それだけに、のむ酸が就任時に固辞したというのは、理にかなっていますが、任期切れが迫った今からすれば、叙勲に値するだけの実績はありましたかな? ((´∀`))ケラケラ それだけの実績がないのもだから、自画自賛せざるを得ないのですかな。さすがは斜め上の発想を持っている国だけのことはあります。
デンパキタ─wwヘ√レvv―(゚∀゚)―wwヘ√レvv~―!!
======================================
これにて今回の「週間アジア」はおしまいおしまーい。(^0^)/^^^^^ 次回の「週刊アジア」お楽しみにー。クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 





テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

姦酷よ

みなさんこんにちは。昨今は中国製の食品で話題もちきりでして、((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル する状態ですね。そして、今日の天気は関東地方も大雪のようで、こちらも((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル 状態であります。まあ、個人的には勤務がないために、かような寒いところへ出ることもなく、ε=(´O`;) としております。
では、今回は久々に「嫌韓替え歌集」と参ります。では歌詞のほどを堪能ください。
ヤッタレd(゚∀゚d)ヤッタレ

タイトルは「姦酷よ」で、元歌はファシストの歌「Giovinezza」でお送りします。
イタリアのオリジナルの方 
ドイツの替え歌「Hitlerleute」

1番
みーんどひくくーて こっーかはみだれーる
つーけび多くーてー しーんりんこーうはーい
のーむひょん大統領ー こーんらんにわをか・け・て
秩序とー平和はー いつのことかー

姦酷よー 姦酷よー みじめな国だー
そのみじめーぶーりーは 世界にとどろーく

ふとどきとー狂気のー 大姦民酷ー
その没落のー とーきーはせまっぁてるー

2番
ペーテンうそつーき いーんちき卑怯ー
みーかたにすればー すーぐにうらぎーる
スポーツやらせーりゃ ちょーんぼひんぱーつ
ちょうばーつ与えりゃ 差別と叫ぶー

姦酷よー 姦酷よー ふとどきな国だー
そのふとどーきぶーりーは 世界にとどろーく

ふとどきとー狂気のー 大姦民酷ー
その没落のー とーきーはせまっぁてるー

3番
けーものの如きー せーいよくをもーって
かーれらは今日もー こーくぎにいそしーむ
わーかい女ーは かーくべつ気をつ・け・ろ
姦酷ー変じてー 強姦酷だー

姦酷よー 姦酷よー 強姦の国だー
その強姦ぶーりーは 世界にとどろーく

ふとどきとー狂気のー 大姦民酷ー
その没落のー とーきーはせまっぁてるー

4番
やーろうじだいーに こーだいもうそーう
なーなめうえいーって つーごう良く考えーる
ウーリナラいちばーん じーしん過剰ー
実力ー及ばずー すぐボロが出るー

姦酷よー 姦酷よー おろかな国だー
そのおろかーぶーりーは 世界にとどろーく

ふとどきとー狂気のー 大姦民酷ー
その没落のー とーきーはせまっぁてるー

5番
くーそ漬け料理ーに なーめ糞文化ー
スーカトロ文化ーは かーんこく起源ーか
トーイレを出てもー 手ーを洗わぬがつ・ね・だ
不潔ーまんえーん ばい菌繁殖ー

姦酷よー 姦酷よー 不潔な国だー
その不潔ーぶーりーは 世界にとどろーく

ふとどきとー狂気のー 大姦民酷ー
その没落のー とーきーはせまっぁてるー

6番
ウーリナラこうほーうは てーぬきこうほーう
なーにを建ててーも すーぐにこわれーる
なーが年経ってーいる そーうとくふ庁舎・を
日帝のー怨霊ーと ぶ・ち・こ・わ・すー

姦酷よー 姦酷よー 手抜きの国だー
その手抜きーぶーりーは 世界にとどろーく

ふとどきとー狂気のー 大姦民酷ー
その没落のー とーきーはせまっぁてるー

今回の替え歌はいかがでしたかな?(*´∀`)アハハン♪ クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 




テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 BLOG TOP