プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国抵抗運動馬鹿列伝⑱

China free



みなさんおはようございます。今日は「韓国抵抗運動馬鹿列伝⑱」をお送りします。では始まり始まりー。(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

日本では、自虐史観が蔓延し、そのために日本が加担した枢軸国は悪で、それを叩いた連合国が善と言う事になっています。その中で、枢軸国は軍国主義、帝国主義、非民主主義とされ、反対側の連合国は民主主義の平和愛好国家として、世界の平和を乱した枢軸国を征伐した正義の国家とされていますが、それはあくまで、日本の中では、結局自国を悪しく表現するための物でしかなく、世界的視野に立てば決して、そうとは限りません。
実際、日本は体制翼賛の状態にあったとは言え、曲がりなりにも民主主義の国家でありました。既存の政党が弾圧されたわけではなく、すべての政党が大政翼賛会に加わったのであって、それはファシズムと言うよりは第一次世界大戦の頃の城内平和という物でありました。
それに対して、連合国の側でも、ソ連や中国は選挙によって議員を決め、そうした議員によって政治が左右されたのでしょうか。
また、ヨーロッパにおける第二次世界大戦は独ソ共謀してのポーランド侵攻から始まった事を指摘しなくてはなりません。また、フィンランドが枢軸国側だったのはソ連侵攻による防衛上の必然だったことも付け加えておきましょう。
結局の所、個々の国にしてみれば、連合国だから善だとか、枢軸国だから悪だという色分けは無意味なのではないのでしょうか。
さて、話は韓国に入ります。かの国が臨時政府を打ち立てて抗日戦争を体系的に進めて行こうとした事はすでに述べた通りですが、対日宣戦布告と言う主張自体はいただけません。
反日的な連中が臨時政府を作るのは勝手としても、それが国際的に認知されるかどうかとなると別問題であります。実際、イタリア王国の対独宣戦布告が1943年10月13日に行われましたが、ドイツは無視しました。当時のドイツが認めるイタリアは社会共和国だからです。
日本にとっての韓国は、日韓併合によって日本の一部となっている以上、反日的な連中から宣戦布告を受ける筋合はなく、単なる反逆者として成敗されるしかありません。それでも宣戦布告を正当化したいとなれば、臨時政府の存在自体が反逆行為なのですから、設立した時に独立宣言の形で行うのが好ましいでしょう。
ですが、彼らの主張は1941年12月9日と、大東亜戦争開戦直後だというから、恥の上塗りと言うべきであります。これで彼らは連合国の一員として善のメンバーと自認したわけですが、早い話が、アメリカと言う超大国が日本の敵に付いた事を利用した事大主義の行為ではないでしょうか。
そもそも、韓国の立場からすれば、連合国に付いたとしても意味はないのです。彼らが日本と敵対するのとアメリカが日本に敵対するのとでは意味が違うからです。彼らの主張からすれば、日本が連合国に付いた場合、敵対する正当性がないではないですか。日本から独立を欲するための戦いである以上、連合国、枢軸国の色分けは無意味である事を思い知るべきであります。

(# ゜Д゜)バ~カ <`д´; >

続きはまた次回ということで失礼いたします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

続・国籍法改正反対!

China free


当ブログを閲覧のみなさん、おはようございます。今日は先週取り上げた国籍法改正に関する続きでございます。ではどうぞ。

改正によって新たに決まる内容として、父親が認知すれば、私生児でも日本国籍を得られることになるそうですが、父親が引き取って育てるわけでもない子供に日本国籍を与える意味とは何でしょうか。差別とか言う問題ではありません。母親の国籍に合わせれば良いだけの事であって、かような不自然なことをしたならば、先に取り上げたフィリピン人母親のように日本定住を欲する連中に利用されるだけでしかありません。
まず、偽装認知があります。父親にとって無関係な子供が、事によったら人身売買や人さらいによって調達される可能性濃厚であります。では、DNA鑑定によって、そうしたいんちきを防げるのか、と言う点でも怪しいものです。よそで調達と言うのが駄目ならば、日本人男性と寝て自ら私生児をこしらえる女性が出てくることも充分ありえます。
売春ならば犯罪となるところ、私生児を作ること自体は犯罪ではありません。しかも、相手の日本人男性の側に立てばお金を払うのではなく、もらう側になるのですから、売春よりも応じる人が多いことは明らかです。
そして、これらのケースで新たに「日本人」を創出した場合、母子家庭が続出する訳ですから、高い確率で生活保護をたかる事になるでしょう。「新日系人ネットワーク」なる団体も、そうした事を当て込んでいるのだと思います。
元来、私生児なんて物は、存在自体が子供に対する人権侵害もいい所で、抑止すべき存在ではないでしょうか。父親に対しても慰謝料や養育費を払わすペナルティがあってしかるべきなのに、かの団体の行為は子供に日本国籍を与えることが優先されているために、そうした事をさせているとは思えません。
最後に、「子供に罪はない」と言う点で書きます。前回は、本当にそうであるのなら、子供は、親のエゴに振り回された存在として、人権侵害の可能性を指摘しましたが、実際、最高裁の判決で日本行きが認められた子供たちは、この決定を肯定的に受け止めているようです。
ですから、この場合、人権と無関係な親の横車に同調したと言う点で同罪と見て良いでしょう。彼らにしてみれば、1度もあったことのない、日本人父親に対して愛情を感じないのは当然としても、そのくせ、父親の血統をちゃっかり利用できているわけですからね。

国籍法改正反対!クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

見よ姦酷

China free


今日は全国的に悪天候と言うことで、休みであっても、容易に外出に値しない日でありました。まあ、それはさておき、本題行きましょう。嫌韓替え歌「見よ姦酷」です。元歌は「空の神兵」を用いました。では始まり始まりー。( ゜∀゜ノノ"☆パチパチパチパチ

1番
見よ姦酷をー 狂気ーなり 狂気ーなり
たちまちさけぶー ウーリナラマンセー
それほどすばらーしき 国ーなのかー
見よ姦酷を 付け火おおしー
見よ姦酷を 強姦おおしー
見よ姦酷をー 狂気ーなーりー

2番
紅より赤きー 大ぼーらをふーいーて
たちまち開くー 虚偽ーのーはーなー
呼吸の如きー 多い嘘ー
正直者は 損をすーる
お人よしは たかられーる
虚偽こそかれらーの いきーるーみーちー

3番
彼らの白はー ペクチョーンと白痴ーなり
いわゆる奴隷ーと馬鹿ーのーいーろー
千年ぞーっこーく すっとーぼーけ
惨めな事はないといーい
すばらし事だけみちあふーれ
歴史ねつぞーう まっしーぐーらー

4番
見よ姦酷をー 不潔ーなり 不潔ーなり
みちみちあふれーる くそーのーはーなー
キムチとふんにょーうの におーい満ちてー
トイレを出ても 手をあらわーず
なめ糞文化に 糞漬け料理
見よ姦酷をー 不潔ーなーりー

今回の替えう歌はいかがでしたかな?(*´∀`)アハハン♪ クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

国籍法改正反対!

China free


日曜日、日比混血児に関する記事を書きました。タイトルに不釣合いな、批判的な内容ではございますが、タイトルは、引用記事のタイトルを流用したものに過ぎません。さて、今回はその件に関する批判的な見解の続きとなります。
この種の話で、よく人権という言葉が出てきますが、子供の人権を尊重すべしと言うことは当然としても、どうして日本国籍という発想に到るのでしょうか。それ自体、飛躍しすぎているのではないのでしょうか。
わたしの見解としては、別段、子供の父親が日本人だからと言って日本国籍を与える必要はないと思います。いにしえからの常識に従うのならば、私生児は、まともな夫婦関係が成り立たない男女から生まれたのがほとんどで、結局、どちらかに引き取られるものです。正妻が子供を生まないために、後次ぎとして父親が引き取るケース。逆に、父親が無関心で母親が育てるケースの2通りですね。
親の道徳性の問題はともかくとしても、子供に国籍を与えるとしたら引き取った側の国籍と言う形になるのが自然な成り行きと言うことになるのではないのでしょうか。子供は、引き取った側の環境で育つのですから、そうなるしかないのですよ。
今回のケースでは、支援団体の側では子供は日本で教育を受ける権利があると主張していますが、年端も行かない子供が日本国籍を認められても、単独で行けるはずもなく、母親も同道する事が不可欠となってしまいます。いにしえの常識では、これに相当する出来事があったとしたら、それは子供を父親に引き渡す場合に限られてきます。
現実に、西郷隆盛が奄美大島で設けた島女房が生んだ子供は本土に住む西郷に引き取られることで西郷の子供として育っていきました。
今回のケースでは、別段、父親に引き取られる訳でもないのに、子供の日本行きを当然視しています。実質的に子供の日本行きを可能としているのは母親が同道すると言う点にかかっているので、母親がフィリピンにとどまるのであれば、よしんば子供に日本国籍が認められる事態にになろうとも日本行きは不可能になってしまいます。
そこに、今回のいかがわしい本質があるのです。母親が日本行きを欲する横車が子供の日本行きを決定したと言って差し支えありません。昨今、給食費未払いに関して、「子供に罪はない」と踏み倒しをしながら、公然と子供に給食を食べさせようとする親が続出していますが、恐らく、ここでも、そんな主張をする連中が登場することでしょう。
子供に罪はないと言えるのは、早い話が子供には独自の意思決定権が存在せず、親の意向に振り回された結果から生じるものであります。子供にしてみれば、親のエゴに利用されて、まったく異質な環境の社会に付き合わされる被害者になりうることも考慮しなくてはなりません。
その時、子供に罪はないと言うのであれば、単に親の不道徳の踏み倒しを黙認するのではなく、親による子供に対する人権侵害として糾弾することも考えるべきではないでしょうか。
長くなってしまいましたので、一旦ここで打ち切ります。次回を乞うご期待!

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

ドイツの珍事

China free


本日2回目の更新は「ドイツの珍事」をお送りします。どんな内容かは見てのお楽しみでーす。
ワクワクo(゚▽゚*o)(o*゚▽゚)o ワクワク ワクワクo(^▽^*o)(o*^▽^)o ワクワク

高速道路、スケボーで時速100キロ
ドイツ南部ゲッピンゲンの警察は19日、アウトバーンを時速100キロの高速でスケートボードで走行した男から事情聴取し、自宅を家宅捜索したことを明らかにした。
警察などによると、2~3ヶ月前、ヘルメットにレーシングスーツ姿の男がアウトバーンを約3キロにわたりスケートボードで走った。男はオートバイに捕まりながら進み、くだりに差し掛かったところで手を放して前傾姿勢を保ちながら疾走。この映像はユーチューブなどで紹介され、話題になった。警察は撮影映像を押収したが、男は黙秘を続けていると言う。
ゲッピンゲン警察のシュトゥックレ広報担当は「画像を見る限りその腕前に驚かせたが、絶対にまねさせない」と、高額の罰金とともに運転免許も取り消す方針だ。(引用ここまで。9月23日分)
スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!! 
でも、スケボーではブレーキなんて代物がないですから、危険極まりないですよ。やはり、ここは 
(`◇´)/■ レッドカード! となるのは仕方ありますまい。少なくともこんなことは公道でやってはいけません! こんなことを書いてしまうと、後々、これがどこかで競技として出来上がってしまうのでは、と思いました。

治療費を払わないなら抜歯
ドイツで治療費を支払おうとしない患者の家に押しかけ、治療した歯を抜いたとして歯科医が強盗傷害の疑いで警察の調べを受け、話題になっている。歯科医はアリバイを主張を主張しているが、警察は複数の目撃者がいるとして近く逮捕する方針だ。
独南部ノイウルムの警察によると、歯科医は先月22日、女性患者の家を訪問。応対に出た患者のほおを押さえて口を開かせた上で、奥歯を抜いて立ち去った。歯科医は終始無言で、女性は「怖かった」ともらしていると言う。
患者は数週間前に義歯を入れた際に、保険でまかなわれない自己負担分約400ユーロ(約6万円)を支払っていなかった。警察は「こんな事件は始めて。ちゃんと督促して、それでも支払われなければ裁判とか方法は他にもあるのに」(広報担当)と、あきれている。(引用ここまで。10月4日分)
ここでは歯科医は終始無言だったようですが、あえて、この事件にやり取りにせりふをつけてやるとしたらこんな風になるでしょう。
(# ゚Д゚) 治療費を払わないとはふてえ野郎だ。こうしてくれる。
歯泥棒!( ゚Д゚ #) 
(# ゚Д゚) 歯泥棒とはお前のことだ。つけてやった義歯に金払わないのだからな。
高すぎるわ! ( ゚Д゚ #)
(# ゚Д゚) とにかく払わんのであれば、この歯は返してもらうぞ。

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

ジャピーノにビザ。夢抱き父の日本へ

China free


日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれ、父に見捨てられるなど苦しい生活を送ってきた「ジャピーノ」と呼ばれる子と母親ら計27人が13日、日本に向う。6月に最高裁が出した国籍法違憲判決などが追い風となり、日本で学校に行ったり働いたりするためのビザが出た。
日本に行くのは7~19歳の13人とその母親ら。支援してきた「新日系人ネットワーク」の岡田理事長は「子供には日本で教育を受ける権利があり、彼らを養育するためには母親が日本で働く必要がある。今回は、日本政府が人道的見地に立って判断してくれた」と話す。
日本国籍のない子供や母親らにビザを発給した今回の措置について、政府関係者は「法改正はまだだが、最高裁判決を受けて前倒しで対応したのではないか。単純労働につく母親に、子供の養育のためにビザを出したのも画期的だ」と話している。(引用ここまで。10月11日分)
これから改正されるらしい国籍法では、外国人との間にできた私生児にも、父親が認知すれば国籍が認められるそうですが、これについては、他のブログでも、偽装認知が大いにありうると危険視しています。
確かにそうですね。しかも、偽装結婚よりも軽い気持ちでありえるでしょう。何しろ、認知する側としては、別段、国籍を認める子供を自分の子供として引き取る必要がない。母親と婚姻関係を持つ必要はない。認知しても、自分の既存の家庭生活に影響が生じる気遣いがないままに、謝礼が得られるのですからね。
しかし、国籍を認める子供が、その男性の蒔いた種の産物であることが事実であるとしても、こうした行為がまともだとは思いません。本来、その子供は種を蒔いた男性の子供として1つの家庭の下で暮らすべき存在ではなかったのでしょうか。よしんば私生児だとしても、自分の子供として認知して引き取るという試しは昔には良くあったはずで、それで後継ぎになれた子供もいたのです。
一方、母親の側も、その男性とねんごろになった結果が、その子供の出産だったわけで、結婚したいという思いはなかったのでしょうか。よしんば相手の男性に妻子がいて、別れてくれないからだとしても、それならばペテンとして訴えるなり、そこまで行かずとも、子供の養育費をよこせという発想に到るのが自然ではないでしょうか。
母子家庭として暮らすことは、日本人でもフィリピン人でも容易なことではなく、養育費を要求することは、予期せざる出来事が生じたことに対する代替措置であり、フィリピンで養育費を受け取って暮らすのが普通ではないでしょうか。そうする代わりに、ビザをよこせと言うことは、そうした母親に別の思惑があったとしか考えられません。
要するに、こうした女性が日本男性とねんごろになったのは、日本鎮座と言う一種の玉の輿に乗りたいがための手段に過ぎず、その願望を貫徹することがすべてに優先していたと考えられます。ですから、単に養育費よこせでは、その願望が果たせないので、ビザをよこせという発想につながったのです。早い話が、この母親は、自分の生んだ子供を、自身の願望を貫徹させるだしとして利用したわけであります。
父親の側に戻ります。当然、彼らの態度にも不道徳さが否めません。自分の子供として引き取るわけでもない子供が日本へ入国できるように認知するメリットなど元来あろうはずもないでしょうに、恐らくは、相手の女性との間に、養育費を払わずに済ます代わりに、子供がビザを持てるように協力すると言う談合があったに違いありません。
かように両者の間にいかがわしい談合があったことが予測される以上、こうした事を援助する団体と言うのもいかがわしさが窺えます。どうもわたしには、こうした活動に好感が持てません。これらの母子家庭がフィリピンで暮らせるようにしても良いのではないのでしょうか。どうして日本でなくてはだめなのでしょうか。両親のいかがわしい談合を推進するだけの行為でしかないのに、ビザを与えて日本入国ができるようにしてやることが真なる人権なのでしょうか。
わたしは、こうした団体に対してこう主張したいですね。子供がフィリピン人であることはそんなに非人権な事なのでしょうか。罪なことなのでしょうか。あたかもフィリピン政府がこうした母子家庭に対して何もしてくれないと決めてかかっているようで無礼だと思います。
よしんば、贖罪意識からこうした事を行っているのだとしたら、それは件の男性個人が養育費を支払いを行うことであります。そうした事をさせないで、日本政府に付回しをさせるようなことはしないでもらいたい!

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

韓国抵抗運動馬鹿列伝⑰

China free


最近は、不精になってしまい、更新が遅れ気味になってしまいました。<(_ _)>
そういう訳で久々ながらの更新であります。今日は「韓国抵抗運動⑰」となります。では始まり始まりー。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

抵抗運動礼賛を批判する者の立場として、なぜ、そうした事を批判するのか。抵抗運動によって生じた戦いはたいていが、勝とうが負けようが結局終われば自分の根拠地に引きあげてしまうところにあります。そうなって来ると、彼ら自身の主張する勝利を立証する客観的な事実が残らないのではないのでしょうか。
この辺のところは、すでに「抵抗運動礼賛の功罪」でも取り上げたとおりでございます。よしんば勝った戦いでも、敵側からすれば、たいていの場合は、征服地に居座っている事実には変化なしと言うのであれば、抵抗運動を行う側としては最終目的を果たせていない訳ですから。
これに引き換え、正規軍の戦いの場合は、逆に負けいくさでも周辺環境に恵まれていれば、勝利と主張できる場合があります。ソ連映画の「ヨーロッパの解放」の第一部では「クルスク大戦車戦」がありました。この映画の終わりでは対するドイツ機甲軍団が壊滅し、師団長の1人が自殺を図る場面がありましたが、実のところは、ソ連軍のほうが損害がはるかに多く、師団長の自殺もありませんでした。
しかし、もともとドイツ軍のほうが少ない兵力で戦っており、しかも、この時、西側連合軍がシチリア島に上陸したこともあって、そちらへの兵力移転が必要となりました。そうでなくとも、ドイツ軍は損失を補充することはますます困難になるご時勢。対するソ連軍は無尽蔵とも言える補充。結局のところ、ソ連軍はより多くの損害を出してもドイツ軍を押し捲ることが可能であり、そのために、ドイツ軍を壊滅させたと言う主張も決して的外れとは言えなかったのであります。
これに対して韓国では、日本軍の討伐軍に対して巧みに迎撃を行って大打撃を与えた事を歴史に記述している訳ですが、その種の「勝利」が彼らの最終目的にてきめんに貢献したかどうかと言う点こそ最も指摘されるべきではないのでしょうか。
事実、日本は彼らの抵抗運動によって半島から引き上げることをせず、そればかりか抵抗運動鎮圧のためにより多くの兵力を誘引すると言うような事態に発展することなどなかったのです。こうした客観的な事実は、彼らの主張を疑わしめるに充分であり、よしんば勝利が事実であったとしても、そうした勝利を最終目的に結びつける事に失敗した事になるわけで、彼らがとある戦いでの勝利を主張すれば主張するほど、自身の馬鹿さ加減をさらけ出す事になっていくのではないのでしょうか。

(# ゚Д゚)バ~カ <`д´; >

続きはまた次回ということで失礼いたします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


 BLOG TOP