プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

あいも変わらず他人ごとなんだからな

留学生の不法就労が相次ぐ日本、いったい何が起きている?―中国メディア

2018年3月8日、人民網は、日本で留学生の不法就労が相次いでいる理由について分析した。

記事は最近、日本の人気ラーメン店「一蘭」で、中国人などの留学生を週28時間の上限を超えて働かせたなどとして、同社の社長や労務担当責任者らが書類送検されたことを紹介。日本メディアがその背景について分析したことを伝えた。

記事によると「日本国内でアルバイトとして働く留学生の数は増加し続けており、厚生労働省によると昨年10月末時点で、国内で働く留学生は約26万人に達し、3年間で倍増した」という。

しかし、「昨年1〜6月、約4600人の外国人が不法に就労したとして退去強制処分を受けている」と紹介。「外国人の労働問題に詳しい関西学院大の労働経済学の井口泰教授によると『大都市圏の人手不足と、日本語学校の集中が結びついた』ためだ」と伝えた。

記事によると、井口教授は「08年に政府が公表した留学生30万人計画を背景として、大都市圏では東南アジアからの留学生を狙った日本語学校が急増し、その多くは渡航費などを含めて借金をして来日しており、アルバイトで稼ぐことを目的とした人が多い」と分析している。

だが、井口教授は「日本で1日働けば現地での数カ月分の給料を稼げると言われて来るが、実際には授業料や生活費で手元にはわずかしか残らない」と指摘した。

また、「これらの留学生は借金返済のために少しでも多く働きたいし、大都市圏のサービス業は人手不足に悩んでいて、利害が一致する」と分析。「そのため出入国管理法違反事件が次々と発生している」とした。記事は例として、「17年に関西を拠点とする大手スーパーや串カツチェーン店などが、それぞれ罰金30万〜100万円の判決を受けた」ことも紹介している。

記事によると、こうした事件では、会社だけでなく留学生も逮捕や書類送検されているという。井口教授は、「こうした事件は本人へのダメージも大きい。留学生は借金を前提とした教育ビジネスに巻き込まれることもある。こうした留学制度については根本から見直すべきだ」と述べたという。(翻訳・編集/山中)


この手の記事ってのは往々にして、送り出す側からしてあいも変わらず他人ごとなんだからな。

>その多くは渡航費などを含めて借金をして

とりわけこんな話は、来日前の行為なんだから、送り出す国、当然それは中国に限った事ではないのです。もっとその段階で解決すればいいじゃないですか。借金をして苦労をすのは自国民だと言うのに、自らそれを保護しなくてはならないと言う自覚がない。いったん日本に行ってしまえば、後は万事日本任せで、我関知せずと言う感覚だからね。我が国の視点では彼ら留学生のやっている事は犯罪なんですから。あえて借金苦の被害者と言う風に解釈できるのは、送り出す側の方でして、そのようにならないように中国を含めた送り出す側の方で真剣に考えるべきですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト

<< 愛国も反日も利用しているだけ | ホーム | 将来を先取りした話かと >>


コメント

地下の人材紹介業者がいるに決まってる。
とうぜん、甘い言葉を吹き込むし、さくらは日本に言って儲けたホラを吹きまくって、一攫千金の射幸心をあおるわけやね。

しかも、そいつらはカネ貸しも兼ねる。
相場が決まってる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP