FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

2つの要素を持っていたらどちらを重視するか④

「2つの要素を持っていたらどちらを重視するか」第4回目です。
かつての陸軍大臣の地位が往々にして軍部独裁への道として指摘される事があります。こうした過去から、近年、防衛庁が防衛省へ改名する過程で、その頭の権限が大臣になる事によって拡大し、過去のやばい事態の再現へとつながって行くと言う風に解釈した唖叛堕羅が少なからず存在した事は記憶にあるでしょう。
よしんば軍事にかかわるセクションの権限が増大した所で、今の制度ではもっぱら文民政治家しかその地位に就けない以上、決して制服自衛官が就けない以上、どうまかり間違っても、彼らが主張するようなやばい過去の再現へつながるとは言えないでしょう。
かつての陸軍大臣、そして海軍大臣もそれぞれ陸軍中将以上、海軍中将以上からしか任命できないと言う事になっていて、決してよその大臣のように文民政治家が任命できないようになっているようになっていました。それは軍事にかかわる事だからと言う事でして、それ自体は別段異常な事とは言えず、世界中でも英米以外の国では良くある事だったのです。
さて、今回の話は「役職・身分の掛け持ちと転籍」と重複してしまう話になってしまいます。上記における軍事系の大臣に軍人が就くと言うケースは、行政大臣としての役目に関してならば筋が通った話でしょう。しかし、そうした人間でも大臣と言う肩書が存在している分には、国務大臣としての役目も担って、閣議に加わる事ができるようになっているのです。
今回指摘できる事としては、そうした軍事系の大臣と言うか、文民の大臣に関しても言える訳ですが、行政大臣と国務大臣の2つの要素を併せ持っている所なのです。軍事系の大臣に関して言えば、もっぱら行政大臣としての役目だけだったならば、後世指摘されるような注目を浴びる事になる権限にはならなかったでしょう。
しかし、後世に知られている所では、今の内閣が気に食わなければ陸軍大臣が辞職して内閣総辞職へと追い込むと言う話です。それが可能となっていたのは、陸軍大臣も国務大臣の1人として、総合的な国政に参与できる権限を有していたからに他ならないからです。
そこでは内閣総辞職に追い込む事ができるのはもっぱら国務大臣としての側面に他ならないはずでしたが、どうも注目を浴びるのは、軍人しか任命できない条件を作ってしまった行政大臣としての側面に対してと言う事が言えるのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ














スポンサーサイト



<< さぞ中国ではさような好条件で暮せるのだろう | ホーム | 単にいい加減で済まされない事がある事も >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP