FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

慣用表現の直訳その2

当ブログを閲覧の皆さん、おはようございます。これまでは記事を書くのに、文字の入力に徹してきましたが、ようやく、自身で獲得した画像を挿入する手段を確立しましたので、ちょくちょく挿入いたしたくあります。では、その画像の第1号をどうぞ。ジャーン。



どうです。いいでしょう。昨年4月末にいった時の富士山です。雲ひとつない快晴のときの撮影です。絶好の被写体となりました。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


では、本題に入りましょうか。ドイツ語慣用表現の直訳です。


die Katze im Sack kaufen(ディ・カッツェ・イム・ザック・カオフェン)


直訳は「袋の中の猫を買う」です。


では、その意味はと申しますと「よく吟味せずに買い物をする」という意味です。まあ、衝動買いの時に使う言葉ですな。


使用例は


Manchmal kaufe ich die Katze im Sack.(ときどきわたしは、よく吟味せずに買い物をする。)


では、もう1つ猫に関する慣用表現をどうぞ。


die Katze aus dem Sack lassen(ディ・カッツェ・アオス・デム・ザック・ラッセン)


こちらの直訳は「袋から猫を放つ」です。


意味は「つい、本当のことをしゃべる」です。


使用例は


Endlich hat er die katze aus dem Sack gelassen.(ついに彼は、本当のことをしゃべった。)


うーん、なぜ、猫なのか。よくわからんですなぁ。(^_^;) 日本でも、ひどく忙しい時に「猫の手も借りたい」なんていいますが、それ以上の不可解振りです。


今回のドイツ語の冗談はいかがでしたか。クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : 外国語学習 - ジャンル : 学校・教育

<< 日本の再軍国化の可能性について | ホーム | 週刊アジア第17号 >>


コメント

うわー。富士山でつか。
いいですなあ。
日本に帰るたびに富士山を見ようといろいろ試みるんですが(新幹線から、とか中央線沿線の電車のホ-ムから、とか、飛行機の中から、とか)なかなか見られません。
どうしてこんなにアタシの心を揺さぶるのか・・。

ぴちょさんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

富士山を見るなら、やはり、近くへ行くしかないでしょう。たとえば東名高速に入り、足柄SAとかならば、絶景かな絶景かなですよ。

なにか謂れがあるのかは知りませんが、ぬこがらみの慣用句は多いですねw
これからは写真入りですねww

阿麗☆さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

ぬこに関する慣用表現をもう1つ

Ich habe einen Kater. 

一匹の雄猫をもったと言う直訳で、二日酔いという意味。なぜかしらん二日酔いと「ぬこ」なのだろうなぁ。(^^;???

>これからは写真入りですねww

記事との関連性はありませんが、とにもかくにも当ブログの味付けにどうぞ。 味付け?(^0^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP