FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

こんな事でも見栄を張りたいか

日本人の「がん」に学べ、韓国でも10年以内に乳がん増

東京の都心から北に車で15分の所にある駒込という住宅街を訪れた。ここには130年の歴史を誇り、800室の病室を持つ東京都立駒込病院がある。感染病の専門病院として開業したが、高齢化が始まった1990年代にがん患者が急増したことで、病院名が「がん・感染病センター」に変わった。看護師室の状況板には、80-90代の超高齢患者の名前がびっしりと書かれてある。韓国で大腸がん患者が最も多い60代は、若い方に属する。日本では、65歳以上の人口が全人口の28%に上ったことで、がん患者はついに100万人(2017年には101万人)を突破した。人口は韓国の2.4倍だが、がんの発生率は同4.6倍に上る。がんは年齢を重ねるごとに発生率が高まりを見せる上、高齢者の割合が韓国(15%)の2倍に上っているためだ。日本は現在、一生の間に男性の62%、女性の48%がそれぞれがんを経験する。それだけがん患者の生存者も多い。これを見ても、今後訪れる超高齢社会では「がん」が宿命になるといった事実がよく分かる。

■がん患者の推計、韓国は日本の後を追う

 日本人は韓国人と遺伝的に99%同じで、食文化や生活文化が似通っている。ここ50年間で西欧化を経験し、共有した。異なっているのは、高齢化の割合だけだ。高齢化のスピードを考慮すると、日本の現在のがん発生率は約10年後の韓国の状況といえる。高齢者の割合が20%を超えた2000年代初めに、日本のがん発生率は増加し始めた。これは、近い将来韓国でも起こる現象だ。

東京=キム・チョルチュン医学専門記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


10年後ねえ。韓国の場合の10年は往々にして永遠の10年なんて言われていますが、今回の場合はやばい事に関する話ですから、おのずと話は別の物となるでしょう。
韓国はしきりに我が国を悪しくののしる事が多い一方で、自国が日本のような先進国だと思い込む所もありますから、そっちの方面で物を考えているのかも知れません。しかしですなぁ。こんな事まで「日本に倣う」必要はないんじゃないでしょうか。韓国の立場で言うのならば、こんな事においては永遠の10年でいてくれていた方が良いのですがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















スポンサーサイト



<< 実在した「マリネラ」 | ホーム | 韓国に比べて中国の場合は国内消費の度合いが高いようだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP