FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国は裁判に応じろ

太古のいくさでは、火力が発達していないために、城を巡ってのいくさは寄せ手にとっては大変負担がかかる物でして、大軍で攻めても大損害を出して失敗に終わるなんてケースも少なくなかった物でして、それ故に孫子兵法でも城攻めは最悪の手段として、できるだけそれ以前の手段で決着を付けるべしと説いています。
しかし、この事は裏を返せば、守り手にとって籠城が一見有利な手段のように見られますが、守り手にとっても安易に取るべき手段とは言えません。なるほど籠城は少ない兵力で戦えるために、兵力の温存と言う意図の元では効果的でしょうが、寄せ手によって城下町や農村を荒らされてしまう事を座視しなくてはならない事でもあるので、結局の所、これは最後の手段であって、それなりに勝算があるのであれば、城を出て原野で敵を迎え撃つと言うのが守り手としてもできるだけ取るべき手段なのです。
さて、韓国は竹島を不法占有しており、しかも、我が国の側の国際裁判においての決着を付けようと言う提案にも応じません。韓国側の意識としては始めから独島(竹島)は自分らの島であって、格別領地争いなる物は存在していないとの事ですから、そんな必要はないと言う事です。
しかし、その割には、国外にまで出て独島は自分らの領地だと吹聴しています。始めからその種の争いがないと言うのであれば、むしろばっくれていた方が筋が通ると言う物でして、却って自ら争いが生じている事を暴露した事になるのではないでしょうか。
もし、韓国側に勝算があるのであれば篭城戦のごとく鎮座せずに打って出れば良いのです。そして見事裁判に勝利して、その後から我が国を非難すれば少なくとも、諸外国は日本の肩を持つ事はないでしょう。そして韓国の思惑通り、我が国を、よその国の領地を略取しようとする悪辣国家として吹聴、糾弾する事が出来るのではないでしょうか。
この件に関して、いまだ韓国側がしらを切りとおして裁判に応じないのは、自国の主張に正当性がなく、裁判に臨んでも勝算がないからと言うのに他なりません。

裁判に応じる気のない韓国に正義なし!
(#゚Д゚)ドカーン!!


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 留学あおりの記事には警戒せよ | ホーム | 風情のある暑さ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP