プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

姓の元の意味③

ハインリヒ・フリードリヒ・フォム・シュタイン
Heinrich Friedrich Karl vom Stein

19世紀の初めにヨーロッパでナポレオン一世の台頭によって、前世紀の七年戦争以来の窮地に立たされたプロイセンが内政改革に着手した時にそれを主導したのがシュタインです。この時、農奴解放などの「上からの近代化」が始まりました。

さて、英語においてはなじみがない発想なのでしょうか。ドイツだけでなく、イタリア、フランス、スペイン辺りでは、エリート階級の人間の姓に定冠詞や前置詞が含まれる事があると言う事です。
ドイツにおいて貴族称号として使用される事がある von は3格支配の前置詞であり、すなわちその後に続く名詞は3格であると言う事です。英語ではこうした事は意識する事がなかったでしょうが、人間の名前だに何格かと言う事が問われる話なのですな。
さて、Steinとは石と言う意味を有する男性名詞でして、定冠詞を付けるとしたら、ここでは3格と言う事ですから、dem になります。
ちなみに上記における名前には von も dem もないのですが、vom と言う形によって統合されていてるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ














スポンサーサイト

<< 例によって独りよがりが強いから | ホーム | 却って目立つ迷彩 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP