FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ドイツと言えば、すぐナチスばかりを言う大馬鹿者

【萬物相】旭日昇天旗

 予定通りならば、今年7月にドイツ・バイロイトで行われた世界的に有名な「リヒャルト・ワーグナー音楽祭(バイロイト音楽祭)」の主人公は、ロシア出身の声楽家エフゲニー・ニキティンのはずだった。ニキティンは2年前、同音楽祭の開幕オペラ『さまよえるオランダ人』の主役に抜てきされ、すでにリハーサルも済んでいた。しかし、公演直前になって、ニキティンが16歳のときにヘビーメタルバンドで上着を脱ぎ、ドラムをたたく姿がドイツのテレビで放送されると、状況が一変した。彼の右胸には、ナチスのシンボルマークであるハーケンクロイツ(逆かぎ十字)の入れ墨が刻まれていたのだ。(以下略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/20/2012082001306.html

この点では朝鮮人も左巻きも等しくあほんだらとしか言いようがなく、ドイツと言えば、二言目にはナチスを引き合いに出す馬鹿さ加減。それ以前の歴史ももっと調べろよ。
まあ、この点では自分の場合は一種のマニアックと言う傾向もなくはありませんが、これらの連中はあまりに知らなさすぎるのではないでしょうか。
所詮は鉤十字は特定の一政党のシンボルでしかなく、いくさそのものを必ずしも具現しているとは言えないでしょう。
第一次世界大戦に立ち返れば、アメリカは、第二次世界大戦の時の感覚で言うならば、ヒトラーに相当する人物として、カイザー・ヴイルヘルム二世を悪党のボスとして糾弾していました。
かのチャップリンも、映画の中ではカイザーを蹴っ飛ばす事で、こいつは悪党だと称する片棒を担いでいたのです。当然、この時代にはナチ党は存在せず、ヒトラーも一兵卒の立場でしかありませんでした。
この時のドイツに対する敵意のなれの果てが、ヴェルサイユ条約に現れ、べらぼうな軍備縮小となって行きましたが、国旗ですらも変化の多いドイツにおいて、当時から現代にいたるまで金剛不壊のごとく鉄十字が軍隊のトレードマークとして生き残っている事は、既に当ブログでも紹介した通りです。
なるほどドイツでは鉤十字はべからざる代物ではありますが、鉄十字はいまだに識別マークとして諸外国に格別ブーイングを受けることなく半世紀以上継続して用いられています。
そて、我が旭日旗も海上自衛隊において使用されています。ドイツを引き合いに出すのであれば、旭日旗は鉄十字と比較すべきであり、また、鉤十字はソ連や中国国旗のような、特定政党ありきで成り立っている国の国旗と比較すべきでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< なにをどう見直すのかね? | ホーム | 真なるレイシストは彼ら自身だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP