プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

敵がもっぱら日本ばかりと言う訳でもあるまい

反日と愛国は同義なのか? 「盲目的な排除は愛国の皮を被った賊」=中国

旅行で訪日する中国人は年々増加しているが、中国では日本に対して強い反感を持つ人が存在し、中国ネット上では日本製品を購入したり、日本旅行に出かけたりする中国人を激しく罵る声が存在するのも事実だ。

 中国人にとって「愛国心を持つこと」と「日本を憎むこと」は果たして同義なのだろうか。中国メディアの快資訊は19日、日本を旅行で訪れることは「愛国に関わることなのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、中国ネット上における理性的な中国人たちの声を紹介している。

 中国では「日本に旅行に行くこと」は「愛国心がない証拠」であると批判されることが多く、議論の対象となることも多い。だが、近年は訪日中国人が増えていることからも分かるとおり、歴史問題や政治的な問題と旅行や消費を切り分けて考えるべきという中国人も増えているようだ。

 記事は、中国では「渡航先と愛国は無関係」であるという論調が存在することも事実であるとし、「本当の愛国とは、外国で暮らそうとも祖国の尊厳を守ることを片時も忘れないこと」であり、「他国を盲目的に排除し、交流を拒絶することは愛国の皮を被った賊である」という意見を紹介した。

 さらに、「国民が海外に旅行に行くことは本来、政治とは無関係」であるとし、日本を目の敵にする中国人こそ日本を訪れるべきと主張。なぜなら日本を知ってこそ、中国に欠けているものが見えてくるからだという意見もあることを紹介した。

 こうした意見が存在するということは、愛国という言葉のもとで全てを拒絶し、排除しようとする極端な愛国心ではなく、あくまでも理性的な愛国心を持つ中国人が増えているということなのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


まあなんですな。中国では、愛国と反日が両立しない事なんかよくある事なんじゃないでしょうか。例えば国内の秩序に反する行為なんかは、親日反日と無関係にありますからね。国内の秩序に反する行為は、ある意味愛国とはかけ離れた事です。愛国ならば、まずは国内の秩序に貢献する生き方をしないとね。
どこかでトラックが転倒したと聞きつければ、どんな物だろうと、搭載していた物資を奪いに周囲の人間が蝟集して来る。抗日抵抗運動と言うのも、案外そんな程度の物であって、格別愛国と言うのには当たらなかったのでしょう。
まあ、中国に限らず抵抗運動と言うのは、侵略者に対する敵対行為をやったとしても、必ずしも既存の体制復活を目指す物とは限らず、抵抗運動を隠れ蓑とした革命と言う要素をはらんだ物も存在していた訳でして、支那事変もそうした側面があった物です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



















スポンサーサイト

<< コンビ芸人注目度比較列伝⑥ | ホーム | 韓国に袖にされた朝日のこの後の態度やいかに >>


コメント

愛国には権力協力者と反権力者が同時乱立。それぞれ自分のためにやっている。

政治運動とデモと暴動と各種犯罪が同時多発するシナ。
それぞれ単発は滅多になかろうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP