プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

名前の上で性別を明らかにすべし

【海外発!Breaking News】娘に「ブルー」と名付けた両親、「性別がわかりにくい」と裁判に(伊)

我が子の名付けは、その子の将来を考えるとその分の責任も大きい。世の中にはキラキラネームを付ける親も存在するが、名前を付ける権限はなんといっても親にある。しかしイタリアでは、思いを込めて名付けた娘の名前を「性別がわかりにくい」という理由で、裁判所から名前の変更を言い渡された夫婦がいた。『Mirror』『The Local』などが伝えている。

ヴィットリアさんとルカさんは現在1歳半になる女児が生まれた時、娘を「Blu(ブルー)」と名付けた。英語では「blue」と表記され、色のひとつであるが、ルカさんは我が子に「bella(美しい)」「luminosa(明るい)」「unica(ユニーク)」の頭文字をとって「Blu」にしたという。

ところが出生届やパスポート申請の手続きができたにもかかわらず、今頃になって裁判所から娘の名前について出廷命令を受け、「もっと性別がわかりやすい名前に変更するように」と言い渡されたのである。もし子供の名前を変更しないのであれば、裁判官によって新たな名前が決められて変更されるという。ルカさんはそれを「不合理な差別」と地元メディア『Il Giorno(イル・ジオルノ)』で反論している。

色に関連した名前を我が子に付けているのは、なにもこの夫婦に限ったことではない。セレブではビヨンセとJay-Zの長女が「Blue Ivy(ブルー・アイヴィー)」と名付けられており、イタリアの統計機関「国立統計研究所(Istat)」の調査でも2016年には「Blu」と名付けられた女児が6人いるという。また2015年には同じ名前の女児が5人いたようだ。さらにミラノに限ると、イタリア語で「緑」を表す「Verde(ヴェルデ)」と名付けられた女児も2人いるそうだ。

「男女の性別が明確になる名前をつけるように」という大統領令が2000年に発令され、イタリアではほとんどの人が子供に保守的な名前を付けているようだが、2012年にはフローレンスに住む夫婦が女児に「Andrea(アンドレア)」と命名したことで裁判沙汰になった。英語圏で「Andrea」は女児に付ける名前として人気だが、イタリアでは男児に名付けられるのが一般的である。結果としてこの夫婦は裁判で勝訴し、裁判所が用意していた別の名前「Giulia(ジュリア)」に変更する必要はなくなった。

今回の「Blu」ちゃんは果たしてどうなるのか。なお今年3月には、フランスでも「Liam(リアム)」と娘に名付けた両親が裁判所から「性別がわかるような名前に変更するように」と命じられていた。

画像は『Mirror 2018年5月24日付「Parents told to change their baby’s name because ‘it is not gender appropriate’ - or have one chosen by the court」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)


名詞に性別と言う概念がある言語の国では人名の上で性別を明らかにしなくてはいけないと言う事なのでしょうか。これがドイツ語ならば、形容詞ならではの格変化語尾を付けて、男ならば Blauer 女ならば Blaue とすれば解決なんですがねぇ。それに比べて、日本では名前の上で性別を明らかにする必要がない物ですから、そう言う習慣がある国の人間からしたら、いろんな所で勘違いするケースが出て来る事でしょうねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















スポンサーサイト

<< 抹殺するか隔離するかのどちらかだろう | ホーム | 姦酷狂騒曲・追加2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP