FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本にとっての中国の利用価値を推測した事があるのか

日本は野心を捨てていないぞ! 「警戒を緩めれば、攻撃される」=中国メディア

中国では歴史的要因からか、「日本は今なお軍事的野心を捨てていない」と主張する声が少なからず存在する。中国メディアの快資訊はこのほど、アジア随一の先進国である日本の「隠れた野心を見過ごしてはならない」と警戒を呼びかける記事を掲載した。

 日本が再び戦争をすることは考えにくい情勢だが、記事は「日本は表立って軍事力を見せつけるようなことはしないが、それは野心を隠しているからだ」と主張。日本は平和憲法のもと軍隊の保有が禁じられており、憲法の解釈上でも空母の保有が禁じられているとしながらも、護衛艦という名称で大型の軍艦を保有しており、これらは実際は空母と同等の能力を持ち、正真正銘の空母であると主張した。

 さらに、日本は軍隊を保有することも禁じられているとしながらも、防衛費は驚くべき規模であると主張。「自国を防衛するだけでなぜそこまでの規模の防衛費が必要なのか」とし、驚くべき規模の防衛力と防衛費は「果たして自衛のためなのか」と疑問を投げかけた。また、米国が日本の軍事的野心に対する警戒を解くなか、日本は虎視眈々と軍事力を増強していると主張し、中国人は「警戒を緩めれば、攻撃される」という歴史的教訓を忘れてはならないと主張した。

 中国が近代に複数の国の侵略を受けた歴史を考えれば、再び侵略されないよう警戒すべきだと考えるのも理解できないことではない。しかし、日本の防衛費が拡大しているのは、中国が南シナ海や東シナ海で「強引」な海洋進出を積極化していることも要因の1つであり、こうした動きを見せる中国に日本も警戒しているというのが実情ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


既に日本からの難民を受け入れるかどうかという記事をエントリーしたばかりですが、利用価値がある分には受け入れるんじゃないかと推測した物です。実際、国民党も共産党も支那事変が終わった直後で、一部の日本人をしばらく留め置いて利用したと言う実績がありますからね。
中国はしきりに一方では日本の侵略を警戒しているのか、警戒しているふりをしているのか、いずれにしても、それに応じた発言がある訳ですが、では、日本が中国を征服して、どのように自国の利益に役立てるのかと言う点を推測してもらいたい物ですな。
中国は別の一方では、しきりに日本のいろんな所で驚嘆しているのです。そんなありさまならば、我が国が中国を侵略しても、反対の意味で驚嘆して、散々な苦労をすると思うのですよ。それから導き出される中国に対する攻撃があるとすれば、侵略よりも全土を焼き払う方が好ましいと思いますがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















スポンサーサイト

<< 中国統治などする物か | ホーム | 抹殺するか隔離するかのどちらかだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP