FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

北を援助するなら北と同罪でますます韓国とは距離を置くべしと言う事だ

北の非核化前に早くも経済協力ムード…圧力維持は日本だけ
トランプ発言「最大限の圧力という言葉はもう…」 誤ったシグナルとなる恐れ
中国、中朝会談後に再び抜け道用意か
韓国・ロシアも経済協力に積極的

北朝鮮が正式な非核化の措置を取る前に、国際社会の対北朝鮮制裁が先に揺らぐことへの懸念が広まっている。米国のトランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の親書を受け取った際に「『最大限の圧力』という言葉はもう使いたくない」と述べたことが懸念に火をつけた。「対北朝鮮制裁はすでに有名無実化した」という誤ったシグナルを発信し、非核化の成果を確認する前に北朝鮮経済が息を吹き返すきっかけを与えることになるというわけだ。中国はすでに、米朝の対話局面を機に、北朝鮮に再び「抜け道」を用意する動きを見せている。

■韓・中・露は対北朝鮮事業に積極的

 米国のラジオ「自由アジア放送(RFA)」は3日(現地時間)、金委員長の2度にわたる訪中の後、中国から生活用品が北朝鮮に入り、北朝鮮のチャンマダン(市場)の物価が安定していると報じた。同放送のインタビューに応じた咸鏡北道の消息筋は「先日、咸鏡北道の貿易局の幹部が貿易部門の関係者会議で『それでも我々が信じるのは中国しかない』と公言した」として「中朝首脳会談で習近平主席が我々を積極的に支援すると述べたことを明らかにしたものだ」と話した。

 ロシアもこうした流れに乗る準備を進めている。ロシアのプーチン大統領は先月31日、訪朝したラブロフ外相を通じ、金委員長に「経済協力」を強調する内容を盛り込んだ親書を手渡した。プーチン大統領は4月27日の南北首脳会談の2日後に行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談でも「南北首脳会談の成果が韓国・北朝鮮・ロシアの3か国の協力事業に結び付くことが必要だ。ロシアの鉄道、ガス、電力などが韓半島(朝鮮半島)を経てシベリアに連結すれば、韓半島の安定と繁栄に寄与するだろう」と述べた。

 韓国政府も、北朝鮮への経済協力に積極的な態度を見せている。政府は東海線(道路)・京義線(鉄道)の連結・近代化問題などについて近く南北実務会議を開催する予定だ。1日に行われた南北閣僚級会談で開城工業団地への南北共同連絡事務所の設置が決まったことをめぐり、一部では「開城工団再開」に向けた事前措置ではないかとの観測も示されている。

 周辺国の首脳の中では日本の安倍晋三首相だけが2日「核武装した北朝鮮を日本は決して受け入れられない。圧力を高め、抜け道を許さない」と「圧力維持」を強調した。

■米NEC委員長は強い制裁継続を強調

 トランプ大統領の発言が、北朝鮮を非核化に導くための「餌」だという分析も出ている。峨山政策研究院安保統一センターのシン・ボムチョル所長は「トランプ氏の発言が出た状況を考えると、いまだ迅速な非核化措置を決心できずにいる金委員長を説得して『決断』させるための発言だった可能性がある」と話した。3日(現地時間)に米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長が「対北朝鮮制裁は非常に厳格かつ強力に稼働している。時間がたてば(制裁が)緩和されるかもしれないが、現段階ではそうではない」と述べたのも、トランプ氏の発言の波紋を収拾するためと解釈できる。マティス米国防長官も「北朝鮮が検証可能で不可逆的な非核化を実施したときだけ、制裁が緩和される可能性がある」と述べた。

 それにもかかわらず、トランプ大統領の発言が北朝鮮との事業再開を願う国・企業にとって「青信号」となるという懸念は依然として存在する。一度骨抜きになった経済制裁を復活させるのは極めて困難だ。米国戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ朝鮮部長は「仮に非核化交渉がうまくいかなければ、米国は再び制裁に転じるだろうが、そのとき韓国と中国は米国に倣おうとはしないだろう」と指摘した。

金真明(キム・ジンミョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


アメリカはともかく、イワンと中国は前々からの事でして、別段態度変更と言うのには当たらないのではないでしょうか。
それにしても、韓国は別の所で、韓国全経連、日本自民党に「韓日通貨スワップ」再開を建議なんて事を意図しているのですからねぇ。考えようによれば、スワップ再開と北への援助は同列に考えて良いのではないかと言う気になります。韓国の立場としては、スワップ再開がなければ、にっちもさっちもいかない所がありまして、そのままだと、北への援助を欲しても出来っこないと言う事でして、結局、日本の負担で自分らがいい子面をすると言う虫の良い話になってしまいます。
どの道、北との関係はなしにして、純然たる韓国との2国間だけで考えても、スワップ再開に応じる必要などはないのです。一昨日どころか、おととしきやがれと言う事です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

















スポンサーサイト

<< 去るもまた可し | ホーム | 日本と韓国とでは違う「崩壊」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP