プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

自国の参政権など糞のような物だと吹聴しているのか

韓国統一地方選:なぜ韓国では外国人が参政権を持つのか

韓国において、国内居住外国人に投票権を与えようという動きは1999年の金大中(キム・デジュン)政権時代に本格化した。日本政府に、在日韓国人への参政権付与を促すためだった。韓国国内の外国人に参政権を与えてこそ、日本に要求できる名分が生じるという論理だった。当時、右派寄りの在日団体「在日本大韓民国民団」(民団)が日本で地方参政権獲得運動を推進していた。2001年には韓国国会改革委員会特別委で選挙法改正案が合意に至ったが、02年に立法は白紙になった。韓国憲法第1条「大韓民国の主権は国民にあり、全ての権力は国民から出る」という規定に背くという指摘があったからだ。

 その後も、外国人参政権は根気強く推し進められた。とりわけ、02年の韓日FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ以降は開放基調が強まり、経済協力開発機構(OECD)加盟国の多くが外国人の地方選挙投票権を認めているという事実が判明したことで、立法の後押しとなった。地方選挙は国民ではなく住民が参加するもの-という論理で、韓国憲法第1条との衝突を避けることができた。05年8月、韓国国会で公職選挙法が改正され、国内長期居住外国人に地方選挙の投票権が与えられた。

 投票権が付与されてから初の選挙となった06年の5・31第4回地方選挙には、6579人の外国人選挙権者が参加した。このうち台湾人が6511人(99%)で、絶対多数を占めていた。そのほかは、日本人が51人(0.8%)、米国人が8人(0.1%)、中国人が5人、ドイツ人とカナダ人がそれぞれ1人だった。

イ・ボルチャン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


>日本政府に、在日韓国人への参政権付与を促すためだった

何ともあさましい発想です。連中が自国民だと言う自覚がありながら、結局それは自国でなにがしかの便宜をあてがうと言うよりは、日本に負担させると言うお決まりのたかりの発想です。連中が自国民だと言う自覚があるのならば、もっと韓国での参政権を推進したらどうですかな。
まあ、実際には、そこに居つきもしない人間にとっては魅力的な権利でないと猫またぎ状態のようですが、だったらもっと価値があるように努力しないとねぇ。にもかかわらず日本の参政権に便乗させようとは、なんとも恥知らずな奴らだ。お上からして、自国よりも日本の方が価値があると吹聴しているような物ですからね。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




















スポンサーサイト

<< 韓国では女子アナの眼鏡使用はちょんぼだったのか | ホーム | 奴らは狂気・追加2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP