FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リアルドールの是非・前

今回の話は、昨年まで書いていた「絶倫ロボに見る男女の性差」の範疇で書くべきでしたな。失念していましたから、独立した形で書きます。
疑似的な形でエロ事に突き進む手段として、ダッチワイフとかラブドールとか言われる物が存在している事は周知の通りでして、それらは往々にして空気で膨らませて使用する物でありますが、当然と言うべきか、そうした物は触り心地と言う点ではあまり良い事ばかりとは言えず、そうした事から発展してリアルドールと言う物ができた次第ですが、リアルドールと言われる物も、必ずしも良い事ばかりとは言えないと言う事です。逆を言えば、リアルドールに比べればお粗末だと見られる従来のラブドールもまた悪い事ばかりとは言えないと言う事です。まあ、それは所詮は届かぬ葡萄は酸っぱい葡萄と言う事で、届く葡萄の範囲内で満足せざるを得ないと言う事なのでしょうが。
リアルドールの代表的な所として、オリエント工業で製作される訳ですが、その値は60万円以上もするそうでして、その段階でどんびけする人間が続出する事は否めません。では、金があれば万事解決かと言う事でもありません。よしんば苦心惨憺して、よそで使おうかと言う事を我慢して、リアルドール購入の費用を工面できるとしても、用法が用法ですからね。
要するにめったな事で同居者がそうした物の存在に対して良い感情を持つとは言えないでしょう。妻帯者は言うに及ばず、独身で親と同居と言う場合もまたしかりです。
よって、そうした物を購入するからには同居者の目を気にしないで済む独り住まいでと言う事が望ましいと言う事が言える訳ですが、当然それはそれで生活コストがのしかかってくる訳ですから、その上で、よその事であまり金を使わないで済む暮らしをしていると言う事もまた望まれる事ではないでしょうか。
こんな七面倒な事を思いめぐらすのであれば、ど単純に風俗へ行ってしまう事の方が良いのかも知れません。長い目で見ればリアルドールであれば、何度でも「リユース」できるのに対して、風俗の方は一回一回にかかる値はリアルドールに比べれば安価とは言え、それは消費してなくなってしまう消耗品のような物とは言え、外での行為ですから、同居者に対しても比較的容易に隠ぺいできる事ですからね。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




















スポンサーサイト



<< ただのために太るか、有料でも痩せていたいか | ホーム | 成果と負担の双方ともに一定以上を求める我が国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP