FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

そこまでしてなぜ賃上げを嫌がるのか

「賃上げ以外で社員を定着させたいから社員旅行!」って誰得? 「上司も、好きでもない若者と旅行して楽しいんか」

賃金を上げずに他の施策で誤魔化そうとすることもある。先日、おーぷん2ちゃんねるに「企業『賃金を上げずに社員を定着させたい…せや!』」というスレッドが立った。本文には「社員旅行で絆を深めたろ!」との文字。スレ主はこういうやり口に辟易しているタイプなんだと思われる。

社員旅行に始まり、運動会、近所の清掃作業、ボウリング大会、割り勘の飲み会。面白くなさそうなレクリエーションを考えることにおいては、日本の会社はアイディア豊富だ。どれをとっても全く乗り気がしないし、ましてや休日開催だったら、なんで休みの日にそんなことをしなきゃならないのか、理解できない。

スレッドでも、

「大体上司サイドはどう思ってるんや。好きでもない若者と変な旅行行って楽しいんか」
「賃金はそのまま残業0にして社員がやりたいイベントを企画すればええのに」

といった意見があった。

社内イベントで絆を深めるったって、絆なんてもともと、ある程度親密な者同士でなければ深めようがない。賃金もろくに払わない企業に社員が親しみを持っているとは思えないし、イベントにコストをかけたところで思ったほどの効果は出ないんじゃないだろうか。

65%は社員旅行に反対「絶対やだ」 「行きたい」はわずか8%

キャリコネニュースは2016年、「社員旅行に行きたいと思いますか?」というアンケートを実施している。総投票数3万3115件のうち、「行きたい」という回答はたった8%だった。

大多数を占めたのが「絶対やだ」(65%)。残る27%は「行き先による」と答えている。そう、社員旅行が楽しみな労働者なんて、ごく一部。そんなことより賃金を上げろ、家でゆっくりしたいと思っているのだ。

思えば数年前、僕も某企業の熱海旅行に参加したことがあったが、陶芸体験をさせられ(これが嫌で合流を遅らせて近場で遊んでた)、快晴で気温も高い中、山登りをさせられた。このとき確信したね。「ああ、やっぱ社員旅行なんか企画する経営者は、圧倒的にズレてる」と。

これを読む経営者も何人かいることだろう。そして「賃上げなんかやらないぞ」と思っている人もいるはずだ。それはそれで任せるけど、代替案としての社員旅行だけは絶対に提案しないことをオススメする。


まずもって経営者側から見た、こうしたメリットは何なんでしょうか。旅行にかけるコスト分を給与に反映させても同じ事でしょうに、あえて給与にではなく、旅行に金をかけるメリット言う物が理解できません。それとも旅行にする方が少ない負担で済むと言う事なのでしょうか。
しかも、会社によってはそうした旅行、ある域旅行に限らず飲み会なんかでも社員から会費を集めて、要するに会社負担でなしに行うなんて事もありますからねぇ。よしんば会社負担の行為だに少なからず嫌がられると言うのに、別途会費を徴収すると言うのであれば、ますます絶対嫌だと言う人間が続出すること請け合いと言う所です。
ちなみに「脱社畜ブログ」では社員同士の飲み会の効果なんて物は、既存の人間関係の増幅でしかないと指摘して、元々仕事だけの関係だと割り切っているような人間にとってはそのような事は決して有難く思う事はないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



<< 単なる厄介事の吹き溜まりもあるかと | ホーム | 球技 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP