プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

外国出でても日本的高望みを維持している

外国籍取得、日本国籍喪失で「由貴」から「Yuki」へ…「アルファベットでは親の思いが感じられない」



外国籍を取得したら、日本国籍を失うとする国籍法のルールは違憲だとして、スイス在住の男性ら計8人が、国を相手取り、日本国籍を有することの確認などをもとめた訴訟。その第1回口頭弁論が7月5日、東京地裁で開かれ、原告側の意見陳述がおこなわれた。

原告の1人で、スイス在住の白石由貴さん(33)は10代のころ、日本国籍を失って、公式な名前は「Yuki Shiraishi」となった。意見陳述で「私の名前には『自由で貴い心を持った人になるよう』という両親の思いがこめらえている」「アルファベットでは先祖とのつながりや、親の思いを表現したことにならない」などとうったえた。

この日の弁論後、原告2人と代理人弁護士は、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。白石さんは「国を相手に訴訟するのは思いもよらなかった」「ご先祖さま、親戚のことを思うと、感情が湧いてきて、泣いてしまった。すこしでも日本社会に貢献できたらと思っている」と語った。

訴状などによると、原告は、白石さんを含めて、スイス在住者ら8人。国籍法11条1項が「外国移住の自由」や「国籍離脱の自由」「幸福追求権」などを保障する憲法に反すると争っている。原告代理人によると、国側は(1)複数国籍を認めてしまうと弊害が生じるおそれがある。(2)複数国籍の国民をみとめてしまうと主権国家の本質に反する――と反論している。

(弁護士ドットコムニュース)


知らんがな。そんなわがままを言うんじゃありません。てめえの意志でスイスへ移住したのならば、全力でスイス人になりなさい。って、この話って前にも取り上げたような気がします。2月でしたな。

二重義務と言う概念はないのか

スイスだに移住して、この期に及んでいまだ日本人としての権利を欲しがるとはねぇ。そりゃ高望みですよ。世界的に見て日本がけしからんとしたら、そうした高望み志向が強い所でしょうか。国内においてもそうした傾向が付くなくない事は指摘できる所です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト

<< 負けたいい訳で差別を言うつもりか | ホーム | 缶の色でははなから一致していなかったな >>


コメント

原告の白石さん。10代のころスイスだかの国籍取得?その理由が述べられていませんね。
これを知りたいところです。

外国籍をとってアルファベット表記になったのはそうとう昔のことでしょう。外国籍をとることには先祖の思惑を考えなかったのか。
名前表記については、スイス国に漢字使用を頑強に要求すればいいのではないか。

こういうのって、なんだか日本国に向かってしのごの言うんですよね。どーしてかなー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP