プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国サッカーはよそのサッカーとは違うようだ

【コラム】なぜ韓国サッカーは魅力を失ったのか

世界各国から集まったサッカー・ファンたちに出会うことは、ワールドカップ(W杯)の現場取材の醍醐味(だいごみ)だ。ところが、今回のW杯では「赤い悪魔(韓国代表サポーター)」が見られず寂しかった。韓国のサポーターたちはスタンドの所々にポツポツと赤い点として散らばっていた。

 W杯4大会連続で現地応援をしてきたという30代のサポーターに会った。彼は「これまでのW杯応援では周囲の人々にうらやましがられ『カッコいい』と言われたのに、今はほとんどの人に『そんな所まで行って見なければならないの?」とまず言われる。韓国のサッカーはそれだけ魅力がなくなったということ」と語った。

 「韓国サッカー」は韓国のスポーツを代表する商品だった。サッカーの試合がある日は街中が胸をときめかせ、Aマッチが行われるスタジアムは常に満員になった。だが、それも「今は昔」の光景となってしまった。


単にサッカーと言えば゛良いのですが、なぜかしらん「韓国サッカー」となっています。まあ、韓国の場合はサッカーの内容がよそとは異質なのだと思えば、その通りなのでしょう。いんちき頻発、連発と言う事が強調できるのであれば、よそとの差別化、区別化は必然でしょう。
そして、韓国人のギャラリーにしてみれば、普通にサッカーのプレイを見る事ではなく、自国のチームがよその国相手に勝利する事を見たいのであれば、そうなって来ると国内戦などは意味がないでしょう。単に「サッカー」であれば国内戦にも意味があるのでしょうが、「韓国サッカー」ではねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

























 2013年6月には、現代産業開発会長の鄭夢奎(チョン・モンギュ)氏が大韓サッカー協会会長に就任して3カ月、元韓国代表の洪明甫(ホン・ミョンボ)氏が新たに代表監督になった。ブラジルW杯まで約1年という時に発足した洪明甫体制の韓国代表チームは結局拙戦の末、グループリーグで敗退した。鄭夢奎会長は「今の試練を教訓に、骨身を削る努力をしたい」と頭を下げた。

 鄭夢奎会長は16年、再選を果たした。W杯に行くまでの過程は前大会と同じだった。ロシアW杯が開幕するたった1年前、申台竜(シン・テヨン)氏が代表監督に就任したが、今回も結果はグループリーグ敗退だった。世界最強のドイツを倒しはしたが、本質的には監督選任や代表運営などで失敗した4年前とほぼ同じだった。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
スポンサーサイト

<< 「はいからさんが通る」はファビョる対象になるかも | ホーム | 民衆を守らない軍隊とはこう言うのを言うのだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP