FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

水浴びの機会をあてがってやればちっとはましになるのだが

酷暑でも"屋外学習"を強行する学校の論理

愛知県豊田市の小学校で、小学1年生の男子児童が熱中症で亡くなった。1キロほど離れた公園で「虫捕り」の校外学習をした直後だった。なぜ酷暑にもかかわらず、屋外での授業が行われたのか。学校リスクを研究している名古屋大学の内田良准教授は「『日焼け止め禁止』という学校があるように、教育現場では健康リスクより教育的効果が重視されている。その結果、重篤な事故が起きてしまう」と指摘する――。

■5日連続で「高温注意情報」が出てていた

2018年7月17日、愛知県豊田市の小学校で1年生の男子児童が重度の熱中症である「熱射病」で亡くなった。

各紙の報道によると、当日は午前10時ごろから、1年生112人が学校から1キロほど離れた公園で「虫捕り」の校外学習を行い、午前11時半ごろ徒歩で学校に戻った。その後、児童は体調不良を訴え、午前11時50分ごろに教室で意識不明になった。20分後に市内の病院へ救急搬送されたが、意識は回復せず、午後に死亡した。

その日の最高気温は37.3度で、午前9時の段階で気温は30度を超過していた。県内には5日連続で、最高気温が35度以上と予想される「高温注意情報」が出てていた。学校によると、亡くなった児童以外にも、女児3人が体調不良を訴えていたという。
■なぜ学校現場で熱中症や脱水症状が起きるのか

なぜこのような痛ましい事故が起きてしまったのか。原因究明には詳しい調査が必要だ。ただし、多くの人はニュースをみて、こう思ったのではないか。「高温注意情報がでるような日に、なぜ日差しの照りつける中を歩いて、校外学習を行ったのか」と。

学校側は無策だったわけではない。熱中症対策のため、水筒を持参させ、こまめに水分を取るように指導していた。「疲れた」と訴えた児童には、声をかけ、手を引いていたという。だが、まだ体の小さく、体力も十分でない小学1年生に、水分補給だけでは不十分だった。その結果、児童が亡くなるという最悪の事態が起こってしまった。

最悪の事態は想像できないまでも、この気温であれば、体調を崩すことは十分予想される。それでも学校現場では、酷暑のなかで部活動や体育を行い、熱中症や脱水症状に陥ることがたびたびある。なぜそうなるのか。そこには、学校教育がもつ「ベネフィット(便益)」と「リスク」の価値観が、大きく影響しているように考えられる。
■教育活動の意義ばかりを熱心に説いても意味がない

学校の管理下で子どもに対して意図的に提供される各種活動は、基本的にすべてが「教育」である。授業はもちろんのこと、遠足も、学校祭も、そして給食を残さず最後まで食べきることも、炎天下のグラウンドで野球をすることも、トイレの便器を手袋なしで磨くことも、立派な教育活動である。

「教育」とは、「望ましい知識・技能・規範などの学習を促進する意図的な働きかけの諸活動」(『広辞苑』(第六版))である。望ましい知識・技能・規範を提供するという設計なのだから、学校や教師が計画する各種活動に、無意味なことは一つもない。

校則を設けたりそれを運用したりすることもまた、その意味で、何らかの望ましさを具現化することが期待されている。地毛証明書の提出も、下着の色のチェックも、それをやっている学校や教師の目線からすれば、それがきっと子どもたちにとってよいことなのだと信じられている。だからこそほとんどすべての学校に校則があり、今日に至るまでそれが維持されているのである。

すべての教育活動に、それなりの意義がある。したがって、教育活動に付随する問題を論じようとするとき、その活動の意義を熱心に説くことはそもそもあまり意味がない。

学校でそれがおこなわれている限り、何らかの意義があるのは当然のこと。「意義があるのは、わかった。でも、いまはそれが引き起こす問題のほうを直視しましょう」――これが、学校で起こる問題、特に校則について語るときの重要な姿勢である。



まずは、テレビで「柔道部物語」と言うOVAを見た事があるのですが、かなり前の事でしたから、当然そこには昔の価値観で話が成り立っていました。3つの学校の柔道部が合同で合宿をした時の中での事で、朝のけいこの後での休憩時間に主人公からすれば、よその学校の部員が水を飲もうとすると、そこの学校の顧問がやってきて「水を飲むな」とぶん殴る場面がありました。
昔は根性論で、やたらと水を飲むとばてるとか言われて、そうした事は禁止される傾向が多かったようですね。当時としては熱中症と言う概念がなかったのです。今では一転して、そうした事が容認されるようになって来て、今どきの小学校では水筒傾向が当たり前になってきている訳ですが、別段学校にある水道の蛇口を開いて飲むなと言う事を言うのではないのでしょう。
授業中のような時に不用意に蛇口の方へ行かないようにすると言う事があるのでしょう。となると、常時水筒携行は欠かせないと言う事ですな。ましてや、いまだに教室には冷房設置が当たり前になっていないと言うのではね。
さて、自分の業務に関してはこの時期においては炎天下にさらされると言うのが必然となっており、水分補給を促される立場にありまして、往々にして公園での水浴びにまで至る事があります。それは単独での事ですから、容認されるのでしょうが、学校での屋外授業の元ではやはり容認される事はないのでしょうな。多人数であれば、全員一巡するするのに時間がかかるし、それでは授業にならなくなってしまいますからね。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< やむを得ない事かと | ホーム | 平日と休日の間(はざま)① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP