FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

はなからプロ志向だから

【コラム】選手がいない!!! 韓国スポーツ界に押し寄せる少子化の波

「マレーシアに敗れるとは、どういうことだ」

 今月18日にインドネシアで開幕したアジア大会を観戦している韓国のスポーツファンたちは、大会序盤でサッカーやバドミントンなど韓国が得意なはずの種目で苦戦している様子を苦々しく思っている。これは「アジア大会程度なら勝って当然」という心理が根底にあるからだ。一種の錯視現象だ。

 韓国は世界の一流アスリートが出場するオリンピックではかなり前から優れた成績を残してきた。1984年のロサンゼルス・オリンピックで韓国は金メダルの数で初めて総合10位に入り、その後もメダルの数だけなら「スポーツ強国」と言ってもおかしくないほどの結果を出してきた。国の急速な発展と歩調を合わせてスポーツ界も実力をつけてきたわけだが、それも韓国国民にまた新たな誇りを持たせた。その韓国の選手たちがオリンピックよりもはるかに格下で、いわば地域限定のスポーツイベントとも言えるアジア大会で次々と敗れている。韓国国民にとってはにわかに受け入れがたい現実だ。

 先日も韓国にとって得意種目のはずのバドミントン団体戦が男女ともに敗退し、1978年のバンコク大会以来のメダルなしに終わった。男子は日本に1セットも取れないまま0-3で敗れ、女子はインドネシアに1-3で敗れた。

 一部では韓国のいわゆる「エリートスポーツ」が崩壊する前兆との見方も出始めている。しかし振り返るとこのような見方は実は20年前からあった。

 当時、記者は韓国が世界に誇っていたハンドボールとバドミントンのコーチや選手たちを取材したことがあるが、その時から協会の関係者は口を開くたびに「つらい思いをしてまでスポーツを続けたいという選手はほとんどいないし、メダルを取りさえすれば多くの恩恵が受けられた制度も見直されつつある」「われわれはそのうち間違いなく没落していくだろう」と嘆いていた。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国の場合は、我が国ほどにスポーツを道楽の範疇として考える度合いが少ないと言う事ですよ。我が国の場合は、結構道楽から始まって、たまたまそれで極まった人間がプロとして成り立つと言う事がありますが、韓国の場合は、はなからプロ目指しありきで成り立っていますからねぇ。プロとして成り立てる希望がなければはなからスポーツなんかやりたくないと言う風に割り切ってしまう傾向が多いのでしょう。
ちなみに、毎週TVKで「鉄道ひとり旅」と「お城へ行こう」を見るのですが、リポーターとして出演する吉川正洋、中島卓偉にしてみれば、元々は道楽から始まった事なのですよねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 日付間違えてやんの | ホーム | 名称を改めても中身は乱れっぱなしだからな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP