FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

役職・身分のかけ持ちと転籍42

「役職・身分のかけ持ちと転籍」第42回目です。
フランス帝国の台頭は必然的に神聖ローマ帝国の終焉へとつながり、かつて神聖ローマ帝国に属していた多くの国は、ライン同盟を結成して、フランスを新たな大樹として寄り添う事になりましたが、そうした時代は長続きせず、フランス帝国の没落によって、旧来の体制が復活する事となりました。もっとも、それは神聖ローマ帝国の復活ではなく、ドイツ連邦と言う、国家連合としての出発でした。
それから半世紀が経て、普墺戦争が起こりました。このいくさでオーストリアが敗れた事で、これまでドイツ連邦の中で議長国として神聖ローマ帝国以来ドイツ史の筆頭扱いであったオーストリアは、ドイツ史から転落し、それまで二番煎じであったプロイセンがドイツ史の代表としてのし上がる事となりました。
さて、オーストリアの方は敗北によって生じた国内でのごたごたを抑える意図もあって、ハンガリー王国の設置を認める事となりました。これまではハンガリー国王の肩書はあっても、それに合わせて独自の国家として運営される事がなく、単なるハプスブルク帝国の一部として存在するのみであったのが、大いなる譲歩であったのでした。
それは旧来のオーストリア帝国を(新)オーストリア帝国とハンガリー王国とに分割して、ハンガリー自身が独自の政府を以てその王国を運営すると言う物でしたが、それはあくまで内政上の話であって、外政上では従前どおりのハプスブルク帝国として存在し続ける事が前提でした。
内政上ではオーストリア帝国とハンガリー王国とが独自の政府の元に統治がなされる一方で、外政上では二重国家としての別の政府が設置される事となりました。そこでは外交と軍事、それ等に対して予算を提供する財政に関する省が設置される一方で、それらの上に立つ総理に関しては、オーストリアとハンガリーの政府の総理が兼ねる事となりました。
ちなみに我が国では、一部事務組合と言うのがあって、本来市町村ごとで行われる行政事務一部を複数の自治体の寄合で行う場合があり、そのためにこうした組合ができる訳ですが、その中での議会の構成員は、それぞれの自治体の一部の議員が出向いて成り立っていますが、オーストリア・ハンガリー帝国の場合もしかりで、両国からの一部の議員が出向いて二重国家の議会を機能させていました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト



<< もっぱら日本にばかり高望みしすぎる | ホーム | 韓国にはイケダハヤトのような人間はいるだろうか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP