FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

平等の定義⑩

「平等の定義」第10回目です。
一方では、来日した外国人の子供が一生懸命に日本の学校で学んでいると言う表現がマスゴミは好きのようですな。自分の意志で来日してきた留学生ならばいざ知らず、親に同道して来たのに過ぎない子供に関しては、そうした「一生懸命」と言うのには少なからず違和感が生じるのです。
そんな物は所詮は親の意志に過ぎないからです。日本に在りたいと言う親の意志から始まったのならば、その種の勉強は親こそ率先して行うべきだと言うのに、多くの事例として、そうした勉強はもっぱら子供にばかり押し付けられるのみで、しかも、それに関する負担ですら、親が行う事をせずによそへ丸投げして、自己負担を免れている親のなんと多い事か。
そんな状態で、どうして子供たちが自主的に「一生懸命」足り得るのでしょうか。馬鹿親が何の負担もしないで、全くよそへ丸投げするような事態が続出するありさまを昼間限定の捨て子と称した物です。公立学校へ通わせるありさまは、一種の捨て子じゃないでしょうか。そして学業が終わった後で回収して、翌日もその繰り返し。
日本で暮らすのであれば、こう言う事が必要だと言う事態を自ら創出してしまったくせに、自らそれを解決する事をせず、子供にだけそうした苦労を押し付けて、後は高みの見物。そして自宅の中にあっては、もっぱら従前の流儀において自身が暮らし続ける事に関して我が子を付き合わせるのみで、我が子がどんな事を学んでいるかに関して理解も関心示さないとすれば、そうした子供にしてみれば親とはどんな存在でしょうか。
主観的に言って、子供にとって親はずるい存在だと不満を募らせることになるのではないでしょうか。そうした日本の側の諸所の施策と言うのも、、所詮はそうした親のぐずを野放し助長させることでしかないのではないでしょうか。それがある以上、到底子供にとっての日本が親ほどに好感が持てる存在足り得なくても異常ではなく、事によったら恨みの矛先を向けることだってあり得るでしょう。
一般的に言われる彼らの人権と言うのは、もっぱら来日ありき、日本鎮座ありきでしか考えられないのが現状で、そうした裏の面まで考えていないのが実情でしょう。彼らの来日が親の意志に引きずられたのに過ぎない以上、もっと親に対して厳しく当たる事こそ、バランスが取れると言う物でして、それがなくては決して移民と言う物がうまく行く事はないでしょう。よしんば人口減少たろうとも、もっば足手まといとしかならないのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト



<< 婦女子の依存症は野郎の場合よりもやばい場合もあるかと | ホーム | ムンの将来はその程度で済むか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP