FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ゼロ戦もエコガソリンだった

今日は昨日と違って良い天気でいいですね。昨年いった富士山も良い天気でした。この画像はいつぞや富士山の画像を公表したことがありますが、同日撮影の物です。前回の物は、河口湖ビジターセンターでの物であるのに対して、こちらは三湖台からの撮影です。



建設廃材から燃料用エタノールを作る工場が大阪府堺市にできた。その新技術を紹介する記事を書いたところ、「それは戦争中にもやっていた」との指摘をいただいた。


元・国策パルプ工業(今の日本製紙)の技術者、鈴木宏之さんによると、今の北朝鮮、中国国境の町、新義州にあった工場で木屑からエタノールを製造していた。1941年から終戦まで続いた。


戦争で石油輸入の大半が止まり、海軍の後ろ盾で、代替燃料を作るのが目的だった。鈴木さんは、工場の責任者だった人から「ガソリン燃料に約10パーセントのエタノールを混ぜた『合成ガソリン』を作った。ゼロ戦など戦闘機にも使われた」と聞いた。木材からエタノールを作る技術は戦前にドイツかが確立していた。ドイツでも戦闘機の燃料に混ぜたと言う。


戦後は、石油の全盛時代になり、こうした技術も忘れられた。しかし、地球温暖化が進む中で、バイオ燃料がブームになりつつある。ブラジルではガソリンにバイオエタノール20パーセントを混合したE20、米国ではE10が普及している。Eには「エコ」の意味もある。日本ではE3が許可されたばかりで、利用は遅れているが、歴史をさかのぼればずいぶん昔のE10を使っていたのである。


「戦争による石油不足」と「温暖化防止に化石燃料を削減」。事情は全く違うが、技術開発の方向が似る時代になった。(引用ここまで。1月30日分)


ドイツの合成燃料と言えば、他には石炭を液化して、それに水素を加えて高温処理をすると言うものがありましたが、かなり高価で、採算性でまずかったようです。それゆえに、バイオエタノールと違って今でも省みられないようですね。


ただ当時としては、再軍備宣言の下で、軍需生産は外貨獲得につながらず、そのくせ、石油のほとんどを輸入に頼る必要から外貨の需要が多かったために、外貨節約のために、採算度外視で合成石油が出来上がりました。


エタノールと言えば、お酒でもありますが、なんかの本によると、ドイツ軍の戦車兵の中には、ひそかに分離機を用いて、燃料からアルコールを分離してお酒の足しにしたと言う者もいたようです。


まあ、こうしたバイオ燃料で必ず思うことは、燃費のほうはどうなんだろう。水増しみたいなことをしても、量を増やしたほうが有利なのだろうか、と言うことですよ。現実に商品化されているということは、多少車の性能は落ちるにしても、ガソリンの節約になって総合的には好ましいと言うことなのでしょうか。ガソリンの節約につながることはもちろん良いことですが。


クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



<< おしゃれ制服、韓国で大論争 | ホーム | 徴兵なくすと下士官が増える? >>


コメント

お久しぶりです。
やっと春期講習もおわり、
参上いたしました。

>燃費のほうはどうなんだろう。

どうなんでしょうね。
でも、温暖化がすすんでいるのは確実のようですから、
「エコ」について真剣に考えなければいけない時代のようですね。

刀舟さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

燃費のほうは、何にも混ぜないよりはまし。ガソリンの節約になればよし。そんな感覚でこうした企画は成り立っているのでしょう。そうでもなければ、やっても意味ないでしょうな。
ガソリンと違って、アルコールのほうは、比較的に容易に製造が利きますから。ただ、こうした企画は、ひょっとしたらお酒の好きな人には、後々徐々に悪影響をもたらすかも。何しろ、アルコールの需要が増大していく訳ですからねぇ。

エコと言うよりは、必要に迫られてという感じですね。
ドイツも日本も資源がないが故に輸入に頼らなければならなかったので、代用品が不可欠でした。

記事中にあるガソリン・石油もそうですし、合成ゴムもそうでしたね。

今、貸し出し中で手元にありませんが、これに書かれてました。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4883925684.html

レースでは

全車(100%)日本のHONDA-アメリカホンダだが・・・がエンジンを供給しているアメリカの人気レースのインディカートシリーズの燃料は2007シリーズから、レギュレーションで「100%エタノール」ですね。去年まではメタノールとの混合!ガソリンは使っていません。
今度日本の「ツインリンク茂木」で開催されるんですが、問題が起こったとか・・・・大量のエタノールが持ち込まれるわけですが・・酒税がかかる・・・・・結局どうなったのかな?

阿麗☆さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

戦前は外貨不足。そして、戦時中は、本当の物資不足。とにかく、代用品必要! ですね。いくさはエコに反する究極の行為。エコどころじゃないですね。

tonoさんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

>酒税がかかる

この出来事は問題ですな。お酒ではなく、燃料として用いているのに、エタノールだからで、酒税・・・ですか。(^ ^;)
ガソリンだったらガソリン税。それに代えてエタノールにすれば、酒税。どちらにしても徴税まぬかれませんな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP