FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

もっぱら日本にばかり高望みしすぎる

「インド戻れば殺される」入管に長期収容、命絶った男性

不法滞在の外国人の収容の長期化は、収容者が自殺する事態にもなった。法務省は「気の毒な境遇の収容者もいるが、ルールはルール」との立場だが、専門家からは、難民申請者らに対する日本の姿勢の問題を指摘する声も出ている。

不法滞在の外国人、収容が長期化 半年以上が700人超

 茨城県牛久市郊外にある法務省の東日本入国管理センターには7月末の時点で、収容期間が6カ月以上になる男性が約330人暮らす。出身は約40カ国。全員が、日本政府から退去を命じられている。

 インド北西部パンジャブ州出身のディーパク・クマールさん(当時31)もその一人だった。だが、4月13日、シャワー室で自殺した。

 極貧家庭の5人きょうだいの末っ子。家族らによると、インドでは靴職人として働いたが、月収は家族7人で計7千~8千ルピー(1万2千円程度)。同州の1人あたりの平均月収すら下回る。家計を助けるため金融会社でも働いたところ、借金を肩代わりする羽目になった。「殺す」と脅され、身を守るために2017年4月、「安全」と聞いた日本へやってきた。

 だが、ビザは短期滞在しか認められない「乗り継ぎ」名目。不法滞在を理由に17年7月、東京入管に収容された。「インドに戻れば殺される」と、帰国は拒否。難民認定を申請したが、結果は不認定。センターの外に出られる仮放免の申請も認められなかった。

 命を絶ったのは、仮放免不許可…


これってひどいんじゃないでしょうか。何がひどいかと言えば、くだんのインド人が全く自国の政府をあてにしないで、もっぱら日本に対してのみ高望みしていると言う事です。
こうした事はインドにおいて解決すべきです。インド政府の方も、自国民のある者がこのような行動に出る事で、業腹になるか情けない思いをすべきじゃないでしょうか。それとも、一種の口減らしになるとほくそ笑んでいるのでしょうか。
本人的には、あてにならない自国政府よりも日本の方が自身の安全を確保してくれると言う駆け込み寺のような感覚なのでしょうが、中には、単なる借金や犯罪の踏み倒しのために逃げてくるやからもいるのでしょう。

実際過去にこんな記事がありました。
刑罰にも多文化共生の発想を

ここで登場したイラン人はイランでの刑罰を踏み倒すために、日本に居座るのです。己の所業はすくなからず従前どおりの意識の元で行うくせに、自身が被りそうなリスクに関しては、日本の制度に便乗すると言う虫の良い話です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 














スポンサーサイト



<< 狂気に呑まれる・2 | ホーム | 役職・身分のかけ持ちと転籍42 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP