FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

移動で疲れすぎてしまっては本末転倒かと

マツコ、旅行しても「何もしない派」「気分転換なら都内のホテルでできる」と持論語る

旅先では有名な観光地を残さず回ろうと予定を詰め込む人もいる。一方でゆっくりと見たいところだけ見ればいいという人もいる。マツコ・デラックスさんは9月24日、「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演し、自身は旅先でも名所旧跡を回ることはせず、「何もしない」と話した。

番組では、文筆家の荻原魚雷さんが下野新聞に寄せたコラムを紹介。荻原さんは、若い頃は「せっかく来たんだから」と観光名所に足を伸ばしていたが、30代になって「せっかくだから」という気持ちで旅すると疲れるだけで失敗の元になると気づいたという。予定を詰め込まず、行きたい場所に行けなかったら「また来ればいい」と考えるようになったそうだ。

「わざわざ成田に行って10時間飛行機乗ってって考えると、もう旅行の計画をやめる」

マツコさんはこのコラムに対して、「私は元々、何もしない派」と発言。司会のふかわりょうさんに「フランスに行ったらエッフェル塔に行かなくちゃ、モンサンミッシェルに行かなくちゃみたいな気持ちはありませんか」と聞かれると、

「モンサンミッシェルなんて遠くて行く気がしない。パリ周辺だったらいいけど。もう20年近く海外に行ってないんだけど、気分転換したいなと思ったら都内のホテルに泊まればいいことがわかって。家じゃなくせばいいのよ。それでダラっと過ごせば気分転換が出来るから、わざわざ成田まで行って10時間近く飛行機に乗ってって考えると、もう計画をやめるわ」

と答えた。観光名所を押さえたい、有名な場所に一度は行ってみたいという気持ちはないようだ。旅行に求めるのはあくまでも気分転換。それなら自宅ではなく、ホテルに泊まれば済むという。

片道10時間かけたら見るもの見たくなるのが心理?

一方、株式トレーダーの若林史江さんは、「海外に行ったらさすがに(名所旧跡に)行きたくなりますよね」と反論した。

「行きに10時間かけてるんだもん。見るもの見ておかないと。国内だったらすぐ行けるからいいけど」

海外に行くには時間もお金も掛かる。一度行ったら、二度と行かないということもあるだろう。それなら一通りの観光名所を回っておきたいと思うのも自然だ。しかしマツコさんはあくまでも手間が掛かると主張。

「イスタンブールまでは行っても、じゃあカッパドキアに行きたいなと思っていろいろ調べたら、駐車場から結構大変だと思うともう二の足を踏んじゃう」

と話していた。旅行に何を求めるかによって、旅先での過ごし方も変わってくるのだろう。


海外旅行などは論外ですが、国内だに、宿泊はやりません。夜間になったら何もやる事がないと言う事ですからねぇ。遠出はもっぱら、日中の範囲内でしか考えないと言う事です。それを終えたら、夜間には帰宅する。
前からそんな発想で物を考えていただけに、かつては相当無茶な移動をし事があった物ですなぁ。早朝5時ごろに出発して、松本城へ行ったと言う事がありました。片道何時間かかけて、現場ではせいぜい1時間程度過ごすのみ。何ともパフォーマンスの悪い遠出でした。
それに比べれば、河津七滝の方はまだましでして、現場において5時間程度滝と奥地にある渓谷の中を歩いて、さらにその中で昼休みと過ごした物ですが、伊豆半島の中は急カーブが多く、すぐに後続車に追いつかれてしまうと言うきつい道中でして、もはや自動二輪では行けませんな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















スポンサーサイト



<< ファビョンの熱気・2 | ホーム | 韓国にとっての終わりの始まりか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP