FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

有給の強制は必然だ

「有給休暇」強制取得社会の始まり


■年間5日間の有給休暇取得の義務化

 2019年4月1日から、年間5日間の年次有給休暇の取得が義務化されることになる。そんな法案がいつの間に通ったのか気付きもしなかったが、2018年6月29日に成立していたらしい。

 年間10日間以上の有給休暇が付与されている労働者が対象ということだから、日本の正規労働者のほぼ全員が5日間は絶対に有給休暇を取得しなければならないということになる。
 私自身、有給休暇は年に1回取(れ)るかどうかという状態なので、有り難いと思う反面、本当に日本全国の労働者に適用できるのだろうか?という不安も同居している。

 この法案で注目すべきは、違反企業には30万円以下の罰金が課されるというところだ。政府が民間企業に命令するという意味では、完全な社会主義政策だとも言えるが、ここまでしないと日本の企業では有給休暇も満足に取れないということなのだろう。

 しかし、この場合、非正規雇用の人々はどうなるのか?という疑問も残る。最近はパートやアルバイトにも有給休暇が有る場合が多くなったとはいえ、不公平感が更に増すことになってしまうような気もする。自営業者等、出勤することによってしか給料が生じない人々には、休日が増えることは必ずしも喜びには繋がらない。
■「働かなくても給料が出る」=「働いても給料が出ない」

 日本人が有給休暇を取得できないのは、有給休暇制度そのものが不公平感を齎す制度だからでもある。
 有給休暇を多く取る人と有給休暇をほとんど取らない人がいた場合、両者の間には大きな不公平感が生じる。「働かなくても給料が出る」ということは、逆に言えば、「働いても給料が出ない」ことを意味するからだ。有給休暇を多く取る人は得をし、有給休暇をほとんど取らない人は損をするという不公平な悪平等制度であるために、真面目な人ほど、気兼ねして有給休暇を取れなくなる。

 そして、仕事ができる人が有給休暇を多く取れば嫉妬され、仕事ができない人が有給休暇を多く取れば憎まれる。そのため、どちらも気兼ねして有給が取れなくなる。
 公平な「無給休暇」であれば気兼ねすることなく取れるのだが、悪平等な「有給休暇」であるがために、気兼ねすることになってしまう。
■バランスを欠いた「やせ我慢社会」

 「嫉妬社会」であるがゆえに有給休暇制度が馴染まない。加えて、日本は、良くも悪くも「やせ我慢社会」なので、有給休暇制度が活かせない。「やせ我慢」は「武士道」に通じる概念で、責任ある立場にいる人間は休まないことが正しいという人生美学のようなものだが、幸か不幸か、その人生美学が「過労死」というものを作り出す元凶にもなっている。

 「休まずに働くことは良(善)いことだ」という高貴な精神は決して否定するべきものではないが、それが行き過ぎると「無理をしても休んではいけない」「健康に悪くても休んではいけない」ということになってしまう。

 人生に美学を持つことは大事なことだが、人生にはバランスも重要だ。働き過ぎも良くないし、遊び過ぎも良くない。働くことは良いことかもしれないが、加重なストレスを抱えながら働くことは良いことだとは言えない。
 このことは、身体を壊すほど働いた経験の有る人にしか解らないかもしれないが、実際に命の危険を感じたことの有る人なら解っていただけると思う。

 政府が罰金制度まで課さなければ有給休暇を取得できないというような社会は、明らかにバランスを欠いている。
 ついでに言うと、正規社員と非正規社員の待遇に差が有り過ぎることもバランスを欠いている。
 バランスを欠いた様々な欠陥制度をそのまま運用してきたがために、有給休暇取得の義務化などという問題も生じたのだと言える。



ある人、と言うか少なからずの人にとってはと言うべきでしょうが、土日休み当たり前と言う制度の方を好むと言うのも、こうした有給休暇の取得が困難だと言う所にある訳です。そう言う環境にある会社ならば、毎週2日会社全員で休むと言う事になっていますから、最低でもその程度の休みは保証されると言う事なのです。
一方では、それはみんなで休むと言う事が当然視される環境にある物だから、有給休暇と言う制度は、それ以外の日がみんなで働くと言う制度になっているその中にあえてへこみを作ってしまう事になってしまう物だから、ある意味嫌われるのも必然となってしまう物なのですよねぇ。
それだけに、建前でなるたけ有給の取得を推奨しても、所詮は個人のがん張りに丸投げすると言う、何やら営業に良くあるような事と同類になってしまって、結局、ここで指摘されるように強制でないと無理だと言う結果になってしまうのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 喜劇がリアルになったと言うべきか | ホーム | 外国移住を禁じないくせに棄教を認めないとは何事か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP