FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

喜劇がリアルになったと言うべきか

残念!駐車違反の罰金逃れようとして道路に「駐車区画」を書いたけどバレた―中国

重慶市九龍坡区で17日、パトロール中の警察官が、路上に書かれた駐車区画が普通のものとは少々異なることに気づいた。停まっていたのは雲南省ナンバーのレッカー車だった。警察官はさらに近寄って確認することにした。

【その他の写真】

車体の下には「レッカー車専用」の文字があった。しかし、どう見ても「手書き」だ。正規に設けられた駐車区画なら、ありえない。第一、駐車区画を示す線も直線的ではない。やはり手書きだ。

警察官はナンバーにもとづいて車両の持ち主を割り出して呼び出した。持ち主は、「定められた駐車区画を探したが、見つからなかったので」と説明。「駐車違反の罰金を避けようとした。うまくいくかもと思った」と白状したという。

警察官は、笑ってよいやら嘆くべきなのか反応に困ったが、職務は沈着に遂行せねばならない。車主に200元(約3200円)の罰金を科した上で、市政府の関連部門に連絡して「駐車区画」の表示を消すよう要請したという。警察官は「私の知能指数が侮られたような気がした」と話したという。重慶市九龍警察がSNSを通じて発表した。(翻訳・編集/如月隼人)


よしんばそこが駐車区画だと認められているとしたら、あらかじめ警察の方でここはそうだと言う事を把握しているだろうし、そうでなくても、やはりここで指摘されているように、線や字を見ればすぐに違いが判るはずでして、それに気づかないとしたらよほど警察官が間抜けだと言う事に他なりません。

>警察官は「私の知能指数が侮られたような気がした」と話したという。

と言う風に反応しますよねぇ。

ちなみに、相当古い話として、マルクス喜劇のある映画ではハーポがいろんな物を普段から携行していて、その中の1つとして、消火栓のレプリカがあり、それを利用する事で、自分が駐車しようと狙った区画によその車が駐車していると、その近くにレプリカを置いて、警察官を呼んで、その車を追い出させて、その後で、レプリカを撤去して、自分の車を駐車すると言うずるを行ったと言う場面がありました。
この中国でのでき事も、そうした喜劇がリアルになったと言う事ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 国も人心も荒野・3 | ホーム | 有給の強制は必然だ >>


コメント

自分がルール法令を守れなければ、ルール法令を変えればいい・・・悪い意味で逆転の発想です。

これを人間相手にやりかねないからね。どこでもね。
自分が合わせるのではなく、相手に合させる・・・人間関係破綻の第一歩ですね(笑)

これは、意外に世界の大多数の人間の常識なのかも知れません。
怖いことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP