FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

執着心過多の男⑥

「執着心過多の男」第6回目です。
バイキングと言えば、一定のお金を出せば食い放題と言う事になっていますが、人匡の新年会に出向いておせち料理の相伴与るのも広い意味ではバイキングのような物ではないでしょうか。とりわけ両さんにとってはその傾向が強いように感じられます。
日ごろ、自分自身の行為に関して何かとやかましくしかる事で、大原部長の存在は両さんにとってひたすらうざい存在ではありますが、何かを食わせてくれると言う思惑があれば話は別でして、一旦おもむろに正月に大原家を訪問して、たらふくおけち料理を食べる事ができると、それで味を占めて、後々もそれがかないと勝手に決めかかって、それがかなう間は部長相手に嬉々とするのですが、一方の部長の方では当然いい顔をするはずもありません。
普段からしてひたすらうざいのみならず、おせち料理をあるだけ全て食べてしまうほどの無軌道な食欲を披露されてしまっては、二度と来て欲しくない奴だと言う認識が強くなるのは必然でした。そこで部長としては新年会はやらないとか、別の日を通知するとかして、何とか両さんに来られないようにする訳ですが、それでも何とか行くことができる分には、両さんは知らぬ顔で大原家の新年会に紛れ込んでしまうか、そうならずに拒否られたと言う事が明らかになろう物ならば、両さん的には招かれて当然と言う思いが強かった物だから、それは自分に対する敵対行為とばかりに逆恨みを強く抱き、それに対する意志返しのためにはテロ行為も辞さない意気込みとなりました。
もっとも、部長にしてみれば両さんの無軌道な食欲自体がテロみたいな物だったのですが。
人様の新年会には基本的に料金など請求されるはずもなく、それを催す側の好意に依存する傾向が高い訳ですが、両さん的には、一旦こうだと思い込んだならば、それに加われる事は当然だと言う認識があった事は否めません。とまあただの時ですらそのような有様です。有料であって、しかも支払いを逃れる事が出来なかったならばいかがな物でしょうか。
その時は両さん的には、大して裕福でない自分から大枚をふんだくりやがってと言う身勝手恨みが込み上がったのではないでしょうか。そして、食い放題と言う「制度」に対してしがみ付くのでした。ドラマ「半沢直樹」の「倍返し」ならぬ10倍返しと言う思いを込めて、さながら報復を目指す感覚で食事に臨むのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 




















スポンサーサイト



<< 親などが便乗できないようにするためには出生地主義でも血統主義でも改善の余地ありだ | ホーム | 南北間でご勝手に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP