FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

何が友好なのか⑧

前回の「何が友好なのか」では、屁理屈ながらかの国との友好と言う視点で書いてみました。そこでは、脱北者を突っ返せ書いた訳でして、要するに現地国民の事など知った事かと言う訳です。
国民の暮らしが著しく悪しく、逃散するくらいの状態に至っているのは、北朝鮮自身の問題でして、まず以てかの国自身が解決すべき事です。それを無視して、だしぬけに国民との友好を意識した所で、結局の所がある種の裏切りに出くわすのではないでしょうか。
かの国の政策が反日であり続ける以上、そこの国民が反日的な態度を取る事は、ある種の国家の義務である訳ですから、個々人のある者が我が国との友好を実践しよう物ならば、たちまちの内に反逆者として制裁される事は必定でして、よしんば、それが彼らの本意でないにしても、反日的な立場に徹する物なのです。
わが国にあって、かの国の政府からの制裁を受ける気遣いのない環境にある在日連中ですら、我が国を害する政策を取る国家を祖国意識を持つ事をやめない以上、半島に住む連中に至っては、なおの事我が国に対する反日的態度を悪びれる事無く継続する事でしょう。
結論としては、北朝鮮政府との友好がない以上、それに属する国民との友好を期待してはいけないのです。
中国しかり、ロシアしかり、かの国との友好を実践している国は結局の所、現地国民の惨状など二の次で、まずは自国の国益ありきで、政府との友好に徹しているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 





スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< ウリが元祖ニダ | ホーム | 第二次世界大戦兵器没落列伝・魚雷編⑯ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP