FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ただ食いや食い逃げはまっぴら御免こうむる

在日外国人の家族は日本の健康保険の恩恵を受けるべきではないのか―華字メディア

2018年11月19日、華字メディア・日本新華僑報網は、日本政府が公的医療保険(健康保険)を使える扶養家族を日本国内に住む人に限る方向で検討を始めたことを受け、「在日外国人の家族は保険の恩恵を受けるべきではないのか」とする記事を掲載した。

記事は、「日本政府は外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、医療費が膨らむとの懸念に対応するため、今回の措置を打ち出した。いわば外国人労働者家族を狙い撃ちにした形だ」と指摘。

「日本に住む外国人が健康保険料を納入し、日本人と同等の医療を3割負担で受けられるのは当然だ。しかし、日本人の家族は外国に住んでいても日本の健康保険の適用対象になるのに対し、外国人は認められないとなれば、外国人差別ということになるだろう」と続けた。

その上で、「懸念するのは、今回の問題を通して日本人の中に『外国人が日本の医療制度を悪用している』という偏見が急速に浸透している点だ」と指摘。「海外在住外国人家族による医療費は、日本全体のわずか6%にすぎない。もちろん不正行為は防がなければならないが、日本政府は外国人が将来の日本の医療制度を支える重要な担い手になると認識して改革に取り組むべきだ」と論じている。(編集・翻訳/大宮)


福祉の場合は、今だけでなく、過去と言う事も考えないとねぇ。はなからの自国民は親や祖父母と言う前の世代が税金を払っていると言う過去があるからこそ、今の制度が存在していると言えるのです。昨日今日居ついた程度の外国人を等しく考える必要などないでしょう。彼らの場合は、親や祖父母は元の国に対して税金を払ってきたのです。そう言う過去がない以上、はなからの自国民と同様に主駅舎本人の負担を等しくと言うのでは却って不平等だと言うのです。
最後の段階では、将来のためと言う事が指摘される訳ですが、それを言っては、逆に追い出す事が出来なくなり、むしろ食い逃げリスクを背負う事になります。真に将来を言うのであれば、子供世代まで問題なしに定着できれば、孫の代からは等しく享受させてやると言う程度が正論なのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 国旗も場合によって迷惑となる | ホーム | 姓の元の意味21 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP