FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

怪奇文化は世界それぞれ

幽霊も外国人には敵わない? 事故物件に外国人家族が住んだ結果、怪奇現象が収束したという話

先日、たまたま不動産の仲介をしている人と飲む機会があった。この人。仮にGさんと呼ぶこの中年男性が、1つだけ面白い話をしてくれた。

そもそも事故物件なんてそこらにありふれているもののようで、某事故物件照会サイトを見るまでもなく、どこそこにひしめいているんだそうだ。そして、大抵、幽霊が出るとされるのは孤独死をした独居老人のいた部屋ではなく、自殺だったり他殺だったり、とにかく不穏な死に方をした人がいた部屋なのだという。

よく知られているように、そういう部屋は相場よりも安く入居できることが多いので、お金のない若い人たちは下見をしたがるのだとか。もちろんGさんは入居を希望するお客にはその部屋が心理的瑕疵のある物件だということは告知している。告知の義務がなくても、後々面倒なことにならないように、Gさんは言って聞かせるそうだ。

たとえば「この部屋では深夜2時以降は鏡を見ないでください」みたいな物件はいくつもあるようで。そして実際、意を決して入居したものの「やっぱり出ていきます」と青い顔をして訴える人もちらほらいるという。

一方で、中にはいわくつき物件に住んでおきながら、全く幽霊の悪影響を受けない入居者もいるらしい。

日本の怪奇現象はグローバルで見ると地味?

Gさん曰く、前述のように、とにかく事故物件なんてものは、人死にが出て間もない時期なんかは特に安値で貸し出されるとのこと。そして世間には、そういった”事故物件なりたてホヤホヤ”な部屋を探しては、入居する物好きもいるそうだ。

いや、物好きというか、単純にお金がないのでそういった部屋を希望しているだけの場合が多いそうだ。とにかく、大変な勇気の持ち主である。そしてこういうタイプは大体独身男性で、幽霊が見えても気にならないか、あるいは全く鈍感で何も感じないタフなタイプに二分されるのだと、Gさんは語っていた。

さらに最強の事故物件キラーもいるという。それが外国人だ。特に数人の家族ともなると、ほとんど事故物件の影響を訴えてこないという。特にアジア圏の人たちは、事故物件のおかしな現象をものともしないことがよくあるというのである。

なんというか、日本の繊細な怪奇現象は、ワールドワイドな目線から言えば地味ということかもしれない。明らかに幽霊が見えていても「ドッカイケ!」と邪険に接する。幽霊も居心地が悪くなるのだろう、程なくするといなくなってしまうという。

来春、新社会人。あるいは大学生として新天地で一念発起する予定の人々は、ぼちぼち入居先を決める頃合いだろう。そういった人たちの中で、もしも怖いものが苦手という人がいたら、くれぐれも安い部屋は借りないことだ。Gさんは、幽霊の出る・出ないに限らず、安いには安いなりの理由があると語っていた。どうせなら相場並みの家賃で住める、普通の部屋を探すのがいい。


怪奇文化と言う概念も国それぞれと言う事ですな。日本でならばびびる事当たり前の話も、よその国ではどうと言う事がないと言う事がしかりならば、逆に日本ではどうと言う事のない事で意外と外国人がびびると言う事もあり得そうですな。
てゆーか、ここで記載されている分には、日本の怪奇文化と言うのが単にびびるだけと言う事で、よその国ではびびるだけでは済まされずに、具体的に害になる事も存在して初めて怪奇の範疇に入ると言う事なのでしょう。
まあ昼間の社会では、単にびびるだけでは済まされない、具体的に害になる事など国を問わず頻繁している訳でして、そう言う事が当たり前すぎている人間にしてみたら、びびるだけで大した事ないと、びびる間でもなく、単にうざい存在として邪険にするのでしょう。そう言う環境の国では我が国でご定番となっているお化け屋敷のようなアトラクションは成り立たないでしょう。
ちなみに我が国でのドッキリ番組でも、突然こう言う事が起こると言う事でびびると言う企画が多いなぁ。その出来事が突然でなく、ゆったりと訪れたならば大した事ではないと言う物もありました。むしろドリフのコントのように、ゴム棒でひっぱたくなんて事までやれば、外国人もびっくりしてくれるかなぁ。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト

<< 台湾での「韓流」とは | ホーム | 別に日本の利益とは関係がないからなぁ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP