FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

違和感だらけの話④

「違和感だらけの話」第4回目です。
中国残留孤児の話も、フィリピンでの話同様の事が言えます。最近ではレコチャ当たりで、この種の話が時たま出てくる訳ですが、一見感動もの、お涙ちょうだいもの話に見えますが、冷静に読めば支離滅裂としか言いようがありません。なにしろ、講和が成立して、それまで抑留された捕虜が釈放される訳でもあるまいに、さように養い親の恩とか言っておきながら、それでいながら、そうした孤児本人がそうした現状から離れたくないと言う風に完結しなかったのでしょうか。
どんなきれい事を言っても、嬉々と、あるいは涙ながらにかのいずれにしても、して日本へ「帰還」する事を目指したと言う事は、恩と言う概念からすれば忘恩と言うべきではないでしょうか。
しかも本人のみならず、配偶者やその間にできた子供や孫まで同道出来ると言う事に関しては益々胡散臭く感じると言う物です。彼らにしてみれば、曲がりなりにも中国は自身の生まれ国でして、それに対して後ろ髪を感じる事はなかったのでしょうか。別の視点からすれば、家族を引き裂くなと言う事で、同道が認められたと言う事なのでしょうが、中国から引き裂くのは構わないのでしょうか。それでいながら、こうした連中が、フィリピンでも言える事ですが、日本との友好の懸け橋などと言う世迷言にされています。
我が国においては、不法滞在者の存在だに、それを以て向こうの国との友好の懸け橋足り得ると言う、こちらもこちらで支離滅裂な事を主張するやからがいます。所詮、その不法滞在者にとっては、元の国は日本よりもまずい国と言う認識があって、だからこそ、元の国への帰還などまっぴらごめんと言う事なのです。そんな人間のそうした本音があっては、どうして友好になるのでしょうか。逆に向こうの国はまずい国だと言う不法滞在者の認識に同心するのみで、およそ友好と言うのに値しない行為なのです。
中国やフィリピンから日本にやって来た「残留者」一門にしても、それらの連中はむしろ友好を害する連中だと言えましょう。単にそれらの連中が日本へ移る事を欲するだけである内ならば、それはあくまでそれらの連中個人の認識と言う事で済んだでしょうが、我が国がそうした連中を引き取ったとしたら、我が国の公式の政策が、連中の本音に同心したと言う事になってしまいます。
つまり、中国もフィリピンも日本に比べればまずいと言う認識が、単なる個人の思惑を通り越して、公式の政策となったと言う事なのです。
本来ならば、中国もフィリピンも、自国がまずい国だとみなされた事で腹を立てるべきだったのですが、案外すんなり事が運んだとしたら、彼らの側の政策もまた、自国がまずい国だと言う前提で行っていると言う事になるのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 





















スポンサーサイト

<< おぞましき姦酷塵・2 | ホーム | そのホテルには非難しないのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP