FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日系人と言う幻想

「日本でなくてもいい」日系ブラジル人の「総スカン」食らった新制度 「おいしいところ」狙いでいいんですか?

約200万人とも言われる世界最大の日系コミュニティーがあるブラジル。日本にルーツがある人々の活躍を見込み、日本政府は今年3月、新たに日系4世を受け入れる制度「4世ビザ」の受け付けを始めました。年4千人の来日を見込んでいましたが、ビザが認められたのは、10月中旬までの半年で2件。申請者もほとんどいません。当事者たちは日本をどう見ているのでしょうか? ブラジルの日系人たちを訪ねました。(朝日新聞サンパウロ支局・岡田玄)

「ここでは日本語を勉強している4世は一人もいない」

 「日本語を勉強しませんか」
 
 サンパウロ州南部の小さな町、ペルイビに暮らす日系4世、戸川春美さん(26)は、現地でよく使われるSNS「WhatsApp」の地元日系4世グループに呼びかけました。

 グループのメンバーは100人以上いますが、反応はありませんでした。「ここでは日本語を勉強している4世は一人もいないんです。つまり、申請できる人はいないんです」と戸川さんは話します。

 日本政府が新設した、「4世ビザ」は、最長5年間、日本に滞在でき、「特定活動」の資格で自由に働くことができます。

 「日本語や日本文化を学ぶ」ことが主な目的とされていますが、外務省幹部は「中小企業の人手不足への対応もあった」と語り、来日して働く日系人が増えることへの期待があったと明かします。

 ところが4世ビザには、日系人の状況からはほど遠い「条件」が課されました。

 その一つが「日本語能力」の証明です。

ほぼ無条件で定住が認められていた「3世」

 日系3世までは、ほぼ無条件で定住が認められていました。日本語能力の証明もありませんでした。多くの2世や3世の人たちが日本に働きに来た90年代の日本も、現在と同じように人手が不足していました。

 そこで働き手として注目されたのが、ブラジルやペルーなど南米を中心に多くいる日系人の子孫たちでした。当時の南米は政治的に混乱し、経済的にも厳しい国も多く、外国に働きに出たいと考える人は少なくありませんでした。

 人手不足の日本と、働きに出たい日系人。両者のニーズが合致したわけです。

 外国から人を受け入れるということは、異なる文化や風習を持つ人たちと一緒に暮らすということです。それが大変だということは、簡単に想像できます。

 でも、日系人であれば、日本の言葉や文化を理解しているはずだーー。日系人の受け入れを認めた日本政府の中には、そんな見方もあったといいます。

  しかし、現実は違いました。

 2世や3世でも、すでに日本語を話せない人たちが少なくありませんでした。70年前の第2次世界大戦で、移民した先の国々は日本と敵対。日系人が「敵国民」としてスパイの疑いがかけられたり、強制収容所にいれられたりした国もありました。

 日本語での会話や教育が禁じられた影響で、日本語を話す習慣をなくした子どもたちもいたのです。

ほぼ無条件で定住が認められていた「3世」

 日系3世までは、ほぼ無条件で定住が認められていました。日本語能力の証明もありませんでした。多くの2世や3世の人たちが日本に働きに来た90年代の日本も、現在と同じように人手が不足していました。

 そこで働き手として注目されたのが、ブラジルやペルーなど南米を中心に多くいる日系人の子孫たちでした。当時の南米は政治的に混乱し、経済的にも厳しい国も多く、外国に働きに出たいと考える人は少なくありませんでした。

 人手不足の日本と、働きに出たい日系人。両者のニーズが合致したわけです。

 外国から人を受け入れるということは、異なる文化や風習を持つ人たちと一緒に暮らすということです。それが大変だということは、簡単に想像できます。

 でも、日系人であれば、日本の言葉や文化を理解しているはずだーー。日系人の受け入れを認めた日本政府の中には、そんな見方もあったといいます。

  しかし、現実は違いました。

 2世や3世でも、すでに日本語を話せない人たちが少なくありませんでした。70年前の第2次世界大戦で、移民した先の国々は日本と敵対。日系人が「敵国民」としてスパイの疑いがかけられたり、強制収容所にいれられたりした国もありました。

 日本語での会話や教育が禁じられた影響で、日本語を話す習慣をなくした子どもたちもいたのです。

ほぼ無条件で定住が認められていた「3世」

 日系3世までは、ほぼ無条件で定住が認められていました。日本語能力の証明もありませんでした。多くの2世や3世の人たちが日本に働きに来た90年代の日本も、現在と同じように人手が不足していました。

 そこで働き手として注目されたのが、ブラジルやペルーなど南米を中心に多くいる日系人の子孫たちでした。当時の南米は政治的に混乱し、経済的にも厳しい国も多く、外国に働きに出たいと考える人は少なくありませんでした。

 人手不足の日本と、働きに出たい日系人。両者のニーズが合致したわけです。

 外国から人を受け入れるということは、異なる文化や風習を持つ人たちと一緒に暮らすということです。それが大変だということは、簡単に想像できます。

 でも、日系人であれば、日本の言葉や文化を理解しているはずだーー。日系人の受け入れを認めた日本政府の中には、そんな見方もあったといいます。

  しかし、現実は違いました。

 2世や3世でも、すでに日本語を話せない人たちが少なくありませんでした。70年前の第2次世界大戦で、移民した先の国々は日本と敵対。日系人が「敵国民」としてスパイの疑いがかけられたり、強制収容所にいれられたりした国もありました。

 日本語での会話や教育が禁じられた影響で、日本語を話す習慣をなくした子どもたちもいたのです。


こいつらが日本じゃなくていいと言うのであれば、我々だって別段日系人にこだわる意味なんてないじゃないですか。全くの異民族よりも、日本語や日本の習慣に通じているだろうと言う思惑があればこそ、日系人と言う事にも意味がある訳ですが、実際は代が重なるごとに異民族との混血が進み、ましてや外国での暮らしと言う物が当たり前である以上、別段日系人と言う事に意味などなくなり、単にブラジル人でしかないと割り切っても仕方がないでしょう。
なんかここでは日本語能力なしでも四世も三世以前同様に受け入れろとまあ、虫の良い話です。そんなありさまで、家族を引き離すなと、本人的には大まじめで自然な発想なのでしょうが、本人のメンタリティがそのまんまでは同道させられる子供にとっては迷惑とは考えないのでしょうか。
親の立場としては一緒に暮らせれば安心なのでしょうが、子供にしてみれば、親が必ずしも学ばない日本語を自分だけが学ばせられると言う理不尽を考えれば、親子切り離しと言う前提が必ずしも理不尽とは言えないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













 
スポンサーサイト

<< 韓国人だに半島から距離を置きたがる | ホーム | 韓国全体がテロリストみたいな物かと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP