FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

それを言っちゃあ韓国全体が親日派もどきだろう

韓国の「日本語好き」国会議員がまたも会議中に日本語を使用し批判浴びる

2018年11月27日、韓国・世界日報によると、韓国の「日本語好き」国会議員がまたも会議中に日本語を使用して批判を浴びた。

問題の国会議員は韓国野党「自由韓国党」所属の李恩宰(イ・ウンジェ)議員。記事によると、26日に開かれた国会予算決算特別委員会の予算案調整小委員会の席で「分配」という表現を使った。韓国語では「ブンベ」と発音するが、日本語式に「ブンパイ」と発音したとして、批判が上がっているという。ちなみに韓国で「ブンパイ」は「割り勘」のような意味合いで使われることがある。

これを受け、記事は「李議員の日本語への愛情は格別だ」と伝えている。実は今年2月27日にも国会教育文化体育観光委員会で「けん制」という日本語を使用。今月7日の予算決算特別委員会の全体会議でも「『やじ』を飛ばす議員を退場させてほしい」と表現して物議を醸していた。

なお李議員は今年8月、「教育現場に残る日帝(大日本帝国時代の)残滓(ざんし)清算」の見地から「小中等教育法」および「地方教育自治法」改正案を発議していた。「教頭」という表現が日本式であるため「副校長」に変えるという内容だった。そのため、公式の場で日本語の表現を使うことは「矛盾だ」と指摘されているのだ。

これについて、専門家らは「一時的に注目を浴びるが、長い目で見た場合に本人はもちろん党にも不利になる」と警告している。

韓国のネット上では「これで自由韓国党の日本愛が証明された」「ここまでくるともう笑いしか出てこない」「どうか年配の議員を政界に入れないで」「ハングルの日(10月9日)に見たくない国会議員ナンバーワンだろう(笑)」「日本から文化勲章もらえそう(笑)」など李議員を非難するコメントが寄せられる一方で、「工事現場やビリヤード場で使う言葉を聞いたら、きっと『日本語愛があふれる韓国の姿』と記事を書くことになるだろう」「李議員は好きじゃないけど、日本語表現を使うたびにたたくのは理解できない。英語を混ぜて使ったら頭良さそうに見えて、日本語を混ぜて使ったら浅はかになるの?」など反論の声も上がっている。(翻訳・編集/松村)


この議員が親日派かどうかなんて事は我が国にとっては別段意味のない事です。そもそも日本語ができるとか、日本語を使用したかと言う事で親日派ならば、日本にやってくる連中や在日などは親日派と言う事になるじゃないですか。しかし、そうした連中を親日派として大々的に糾弾しようと言う話も、ましてや日本行きを禁じると言う政策も存在している訳じゃなし、所詮はご都合主義で成り立っているとしか思えません。
結局の所が、この議員を糾弾しようと言う意図の方が先にあって、親日派と言うのは単なる後付に過ぎないのでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













 
スポンサーサイト

<< 裏を返せば外国は大かれ少かれ「化外の地」になっていると言う事ではないか | ホーム | 杯盤狼藉は御免こうむる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP