FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

仕事命かどうかは知らんが

「仕事命」の親の子が学級崩壊させる理由

学級崩壊を引き起こす子供には共通点がある。中学受験塾代表の矢野耕平氏は「親が子供に無関心なことが多い。子供との時間より、自分の時間を優先したいのでしょう。その結果、学力が低下したり、問題行動を起こしたりする子が目立ちます」という。「子供は仕事の邪魔」と言い切る親の恐るべき生態とは――。
■「学級崩壊を主導する子の親は学校に一切顔を見せない」

中学受験指導を始めて20数年がたつ。わたしは主として都心部の教壇に立っているが、数年前から「うちの小学校で学級崩壊が起きている」という報告をよく耳にするようになった。ひとつの小学校を例に挙げてみよう。

その小学校は東京湾岸エリアにある。周囲にタワーマンションが続々と建ち、そこに「子育て世帯」が転居してくるため、生徒数が急速に増えている。

その小学校では、高学年の約半数のクラスで「学級崩壊」の現象が見られるという。

教員の言うことを全く聞かず、立ち歩きながら友人たちとおしゃべりに興じている子。授業の途中でやおら立ち上がり、外に出ていこうとする子もいる。学校側は解決策として生徒の親に名目上「自主的な見守り役」ということにして、多くの親を動員、その鎮静化を図ったという。「見守り役」を務めた母親のひとりは、ため息交じりにこう語った。

「わたしが行っても無意味なんです。もうどうにかできるレベルではない。一番問題なのは学級崩壊を主導している子たちの親に限って小学校に一切顔を見せないことなんです」

(中略)

そうなのだ。彼ら彼女たちは、親の「ネオ・ネグレクト」をそっくりそのまま真似ているのである。教員を自身の「親」に見立て、全身を使って懸命に反抗しているのである。親に対する「復讐心」「ルサンチマン」がそこに渦巻いているのだろう。あるいは、人をわざと困らせることで、自身が放置され、壊れかけている精神バランスを維持したいという「無意識的」な欲求がそこに潜んでいるのかもしれない。

そんな子どもたちは心の中できっとこう叫んでいるにちがいない。

「お父さん、お母さん、もっといっぱい話そうよ。もっといっぱい遊ぼうよ。もっともっとわたしのことを見てよ」

子どもたちのそんな声なき声が親の元に届くことを、わたしは切に願っている。

(中学受験専門塾スタジオキャンパス代表 矢野 耕平 写真=iStock.com)


外国人の馬鹿親と言うのも、こう言うのに気を付けた方が良いと言う事です。来日によって自らそう言う必要性を作って置きながら、てめえでは日本に関する一切合切の事を学ばず、わが子だけはただで済むからと言う事で公立学校にぶち込んで、後は学校任せでほったらかし。そんなのが少なくないのでしょうから、そうした子どもたちにとって内心では親に対するルサンチマンと言うのが渦巻いていると言う事を推測したほうが良いです。なまじ外国人だけに、もっぱら日本の側の差別で済ましてしまう傾向が多いのでしょうが、それ以前に、親の意志でその場にいさせられたと言う事こそ先に反省しなくてはなりません。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
























スポンサーサイト

<< その割には余計な事をやるほど暇だったんだな | ホーム | おぞましき姦酷塵・3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP