FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

それで威嚇になるのか

空母を対日圧力に 中国学者ら威嚇効果期待「過ち認めなければ自業自得に」

中国人民解放軍系の学者らが中国メディアを通じ、25日に海軍への配備が発表された空母「遼寧」は、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり対立が激化している日本への圧力になるとの発言を続けている。中国は公式には「空母を保有しても、防御的な国防政策を堅持することに変わりはない」(軍機関紙、解放軍報)との立場を取るが、本音では日本への威嚇効果を期待しているようだ。

 中国メディアによると、国防大教員の李大光氏は「この時期に空母を見せつけることは、釣魚島を防衛する中国の強い決意を表明することになる」と指摘。「過ちを認めなければ自業自得になると日本政府に告げる」意味があると訴えた。また国家安全政策研究委員会副秘書長の喬良少将や、中国軍事科学学会副秘書長の羅援少将も空母の「威嚇効果」を強調している。(共同)


戦艦ならばいざ知らず、空母の場合、搭載する航空機の能力次第ですからね。東シナ海沿岸の飛行場から飛び立つには手に余る遠距離まで出向いて、ちゃんと発着艦できるようにしないといけないし、それに護衛艦艇もそろえないといけません。
しかし、中国のような環境にある国の場合、護衛艦隊を従えて遠方まで出でるとなると、それに先立って、それに見合った基地を確保しておく必要があり、そうなって来ると、なんか順序があべこべのような気がします。
それを考えないと、空母の存在に見合った遠距離での作戦を行おうにも、それより先に燃料切れになる事でしょう。だからこそ、かつてのドイツ海軍も大西洋はるばる戦艦を出撃するのに、護衛艦艇なんて代物を同道させることができなかったのですよ。
まあ、中国の場合、威嚇を目指するのであれば、長距離ミサイルの方が現実的なのですが、空母を以て威嚇を意図した真意やいかに?
ちなみにわが自衛隊では、さような巨大な艦艇を持たずとも、対艦ミサイルがあって、それで戦艦だろうと空母だろうと仕留められとなれば、かつての駆逐艦のなれの果てと言うべき、護衛艦で充分なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 









スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< よしんば好ましい人物の発言でも採用してはいかんだろう | ホーム | それでいいのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP