FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

違和感だらけの話⑨

「違和感だらけの話」第9回目です。
前回も使用した言葉として「子供に罪はない」ですが、何ともおかしな言葉です。その言葉によって、子供に意志に非ずと言う事を強調したいようですが、その一方で、子供にとってそれが迷惑だと言う事に関しては決して詮索される事がないのです。全ての子供が既に日本に在る事、これから来日する事、それらを嬉々としていると思っているのでしょうか。そのように決めかかっているかこそ、日本に在る事が彼らにとって利益だと言う前提があればこそ、そのような表現がなされるのです。
しかし、もし、子供の意志に非ずと言う事が強調されるのであれば、少なからずが子供にとってはいやいやの来日、在日ではないのかと言う事が詮索されてしかるべきでしょうに、現実には子供が来日する事に関して二の足だか三の足だかを踏んでいる事など気にもされる事なく、独りよがりの人権がまかり通っているのです。
考えようによれば人権派連中の残忍さと言う物がにじみ出る話ではないでしょうか。既に日本鎮座が確定してしまえば、つまり、ある種の逃げ道がなくなった状態になってしまえば、もはや子供たちが日本鎮座に対して肯定的かどうかなんて事は知った事じゃないのです。「手厚い支援」と言うのも、単なる脱走防止の行為に過ぎないのです。
いつもながら、それら外国人はなぜ事前の準備もしないで来日するのか。しかもそう言う状態で我が子を学校へぶち込むのか。行政や人権派連中も、そうした現実を何とも思わないのか。疑問だらけです。結局それもまた、日本の人権意識の高すぎる所に原因があるのではないでしょうか。
裏を返せば、外国ではろくな人権が存在していない。その種のしかるべき価値ある物を提供できる物は日本だけだと言う思い上がりにふけっている人間が我が国では案外多く、それゆえに外国で事前にどんな事を行っても、糞みたいな物として片づけられてしまっているのではないでしょうか。それだけに事前に何もしないで来日しても気にもされないと言う事なのではないでしょうか。
カルデロン事件のようなケースにおいて、くだんの子供が既存の友だちとの別れを嫌がると言う話に対して肯定的な記事が出るほどに、来日した子供に関しては、向こうでの友だちの事が詮索されないとしたら、同様な事が言えるのではないでしょうか。こちらの方も、新たに日本で作ればいいじゃんぐらいにしか思われず、結局、外国にとどまる友だちと言うのも、糞扱いされてしまっているのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 






















スポンサーサイト



<< 越えられぬ壁・1 | ホーム | 鎮火にいそしむべしは韓国自身だぞ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP