FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国に押し付けた方が得になるのではないか

焦る韓国が繰り返す「反日」に乗るな。このままでは中国の思う壺

レーダー照射事件を巡る数々の不可解な謝罪要求など、まるで日本から絶縁宣言引き出しを狙うような韓国の挑発行為に対し、日本国内でも批判が高まりつつあります。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが読者の質問に返答する形で、韓国の反日活動は米中など大国の動向で逐一変化する点などを解説した上で、「戦略的忍耐」という日本が取るべき対抗措置の具体的方法を紹介しています。
無礼な韓国とのつきあい方

今回の話は、前回のつづきです。まだの方は、必ずまずこちらをご一読ください。そうでないとわけがわからなくなります。

● 英国に学べ。近視眼的に中国にすり寄る日本に必要な戦略的忍耐力

すでに読まれた方は、今日の本題へ。前号について、こんなメールをいただきました。

北野様

金沢のKと申します。いつもメルマガをありがとうございます。毎回楽しみにし、学ばせていただいています。

「日本に必要なのは戦略的忍耐」との今回の記事。よく分かります。大きなレベルで完全に同意いたします。では、具体的にどうするのか、教えてください。

従軍慰安婦問題では、日本は長年「忍耐」をしてきました。それじゃいけない、戦って阻止しなければならない、というのが山岡鉄秀さんの活動でした。北野さんも絶賛されていたと思います。

さて、昨年来、日本は韓国から数々の諍いを仕掛けられています。ここで、北野さんのいう「戦略的忍耐」とは具体的にどういう行動なのか、お聞きしたいです。

レーダー照射問題について山岡鉄秀さんは「動かぬ証拠を突きつけ、粉砕しなければならない」と書いています。

● 【緊急寄稿】レーダー照射問題 ここで沈黙したら日本の完敗

北野さんのいう戦略的忍耐とは、山岡さんのような強気の反論をしつつも、「国交断絶だ!」などと極論には走らないようにする忍耐、ということでしょうか。

でも、韓国の動きはどうもこれまでとは違いますよ。もう自由主義国家群から離れて中国軍門に下ったかのようで、日本から「断交」を持ち出すまで続けるように思えます。こういう相手をこちら側(日米側)から離れないようにする、それが「戦略的忍耐」だとしたら、具体的には何をどうすればよいとお考えでしょうか?具体論をぜひ教えていただけるとうれしいです。

Kさまからのご質問です。Kさまは質問されていますが、ご自分で正解を書かれています。

まず、私は「韓国のウソに目をつぶれ」とか、「金を払ってしまえ」とか、「慰安婦合意をみなおせ」などと主張しているわけではありません。対応については、「情報戦の神」山岡鉄秀先生を完全に支持します(山岡先生の対応について、必読です。「【緊急寄稿】レーダー照射問題 ここで沈黙したら日本の完敗」)。そして、Kさまは、書いておられます。

山岡さんのような強気の反論をしつつも、「国交断絶だ!」などと極論には走らないようにする忍耐、ということでしょうか。

まさに、私がいいたいのはこういうことです。「慰安婦問題」「徴用工問題」「レーダー照射問題」、ムカつくことは、いろいろいろいろありますが、それで、「国交断絶だ!!!」となれば、習近平が世界で一番喜ぶという話です。

Kさまのメールには、もう一つ、とても重要なポイントがあります。

でも、韓国の動きはどうもこれまでとは違いますよ。もう自由主義国家群から離れて中国軍門に下ったかのようで、日本から「断交」を持ち出すまで続けるように思えます。

同じように考えている人も多いことでしょう。しかし、実をいうと、韓国が中国側になったのは今回がはじめてではありません。皆さんご存知です。

2012年11月、中国は、ロシアと韓国に「反日統一共同戦線」構築を提案した。ロシアは、この提案に乗りませんでした。しかし、韓国は喜んで乗ったのです。そして、2013年2月、朴槿恵が大統領になった。この方は、世界中で「告げ口外交」と呼ばれる「反日プロパガンダ」を行った。これは、はっきりと中国主導の「反日統一共同戦線戦略」に沿ってやっていた。、日本にとっては、非常にムカつく、厳しい時期でした。

ところが、朴槿恵、15年末には日米側に戻ってきました。なぜか?北朝鮮の核の脅威が増しているのに、中国側は、全然韓国を守る姿勢を見せなかったからです。それが15年末の慰安婦合意につながった。

というわけで、「韓国は中国の軍門に下った」というより、あの国は、常に米中の間をフラフラしているのです。それが、大国に挟まれた小国の悲劇です。欧米とロシアに挟まれたウクライナも、常に欧米とロシアの間を行き来しています。

というわけでまとめると

個別の問題については、山岡先生の手法で撃破する
しかし、国交断然など全面的関係悪化は避ける。なぜなら、それは「習近平の願い」だから
韓国が米中感フラフラするのは毎度のこと。そういう国とあきらめてつきあっていく

感情的には、納得できないことでしょう。私だってそうです。しかし、「日本に沖縄の領有権はない!!!」と主張し、「反日統一共同戦線戦略」を進めている中国に勝ちたければ、忍耐するしかありません。忍耐の代償は、敗戦国から脱却して、戦勝国になることです。

韓国にはムカつきますが、それで韓国と断交し、習近平に「戦略的勝利」をプレゼントする気はありません。


韓国がしかるべき有用さを有しているのであればいざ知らず、そうでないのにもかかわらず、無理して味方としてとどめておく事に何の意味があるのでしょうか。世の中、足手まといな物は敵側に押し付けておく事によって有利になると言う話は良くある物です。「「三国志」の中に登場する人物楊松などはそれが十分当てはまっている人間でして、敵側の中にとどまっていればこそ、敵陣の内部かく乱に活用できたのでして、臣下に加わろうものならば、逆に敵によって利用されてしまう物だから、曹操としても無始末してしまえと判断したのは当然でしょう。韓国もそんな程度の感覚でならば、ちっとはましな使い道が可能なのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 鎮火にいそしむべしは韓国自身だぞ | ホーム | なくて何が悪い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP